トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療(精密除菌治療)

歯ぐきの出血、口臭、ぐらくら。原因は歯周病です

歯周病になってしまうと・・・
・顎の骨を溶かして、歯が抜けてしまいます
・口臭の原因になります

歯周病

歯周病治療多くの方は、年をとることやむし歯が歯を失う原因と思われていますが、現実はそうではありません。46歳~55歳の方の歯が抜ける原因の約半分は、歯周病によるものです。

歯周病とは、歯を支えている歯茎の中にある歯槽骨(しそうこつ)という骨を溶かしてしまう病気です。歯槽骨(しそうこつ)がなくなってしまうと、当然、上にのっている歯も土台を失い抜け落ちてしまいます。

自覚症状がなく進行し、歯を脱落させます

自覚症状のあるむし歯と違い、歯周病は患者さまが気づかない間にゆっくりと進行し、大切な歯を根元から奪っていく大変危険な病気です。実際に、当院にむし歯の痛みで来院された患者さまの半数以上が軽度から重度の歯周病を患っていらっしゃいます。自分には関係ないと思われるかもしれませんが、現在、日本の成人の80%以上が歯周病の何らかの段階に入ると言われております。

残存歯数

一度溶けてしまった歯槽骨はもとに戻すことができません。歯周病があごの骨まで進行してしまうと、外科的手術が必要になってしまうとても厄介な病気です。歯の表面であれば、悪いところを削って詰めて、かぶせ物をすることで補うことができますが、歯茎の下にある歯槽骨を削ってつめることはできません。一部、条件によっては再生療法という方法で、溶けた歯を復活させることができますが、大きな費用と時間を負担しなければならなくなります。

進行を止めることはできても完全に治すことが不可能な自覚症状のない進行性の病気、それが歯周病です。

口臭の原因は、歯周病菌です

歯周病治療歯周病は、実は口臭の一番の原因になっています。本来、歯と歯ぐきは密着し、さかい目の深さは、健全な状態で、1〜2mm程度になっています。ところが、歯周病が進行すると歯ぐきが炎症を起こし、だんだんと歯ぐきの密着を剥がして行き、歯周ポケットと言われる深い溝を作ります。

一度歯周ポケットができてしまうと、そのポケットに歯周病菌が繁殖しやすくなります。歯周病菌は代謝の過程でメチルメルカプタンや硫化水素(生ごみなどの匂い物質)を生成し、それが口臭の原因になっているのです。

歯周病になってしまったらどのように治すのか?

当院では2つの治療方法を合わせて歯周病治療を行っています
・精密歯周ポケット清掃
・お薬による歯周病菌のコントロール

精密拡大治療が歯周病根治のカギとなりますテレスコープ
歯周病は歯周病菌によって引き起こされる感染症です。その歯周病菌が存在する場所が歯と歯肉の間の歯周ポケットです。

歯周病の治療は、この歯周ポケットに存在する歯周病菌をいかに減らすかがポイントになってきます。そのためにはテレスコープを使った徹底的な歯周ポケットの清掃が重要です

歯周ポケットの清掃は、通常ではその大部分が手探りでの操作になります。しかし精密拡大治療ではポケット内も見る事が可能になり、細かな歯石や汚染物質の取り残しも防げます。

また重度の歯周病の場合は歯周外科処置をする場合も有りますが、そのときでも縫合をするときに拡大治療であれば血管も見えるので、正確に処置する事が出来ます。その結果、治癒も早く見た目もきれいに治ります。

このように精密拡大治療は歯周病治療にとって欠かさないものと考えています。タニダ歯科では歯科医師はもちろん歯周病の治療を担当する歯科衛生士全員が拡大鏡を使用して治療にあたっています。

お薬を使った新しい治療方法・除菌療法
除菌療法歯周病を治療する上で一番大切な事は歯周病菌のコントロールです。当院では、お薬の服用によって歯周病菌をコントロールする新しい治療方法をご提供しています。

従来の歯周病治療では歯石の除去や歯周ポケットにたまった汚れを歯科医院で除去しながら殺菌し、毎日のブラッシングによって進行を止めることが一般的でした。しかし、当院ではテレスコープを使った徹底した清掃に加え、新しいお薬も併用して歯周病菌をコントロールすることで、歯周病根治と再発防止を目指して治療を行っています。

結局、進行してしまった場合には麻酔をして外科的な処置を施すしかなかった歯周病ですが、歯科医療の進歩により、今ではコントロールすることができるケースもでてきました。

効果的な除菌の為に位相差顕微鏡で歯周病菌を特定します

歯周病予防当院では、当院の1万人以上の患者さまの歯周病菌のデータベースを元に分析を行い、位相差顕微鏡を使って患者さまのお口の中の菌種類を正確に特定し、患者さまの原因菌のタイプにあった効果的なお薬を処方いたします。

菌種が分からないまま闇雲にお薬を処方しても、効果がないばかりか、逆に副作用が現れてしまう場合もございますので、位相差顕微鏡でのチェックを欠かさずに行っています。

また、お薬を服用されている間は定期的に患部の細菌を採取し、細菌の活動の変化を患者さまの目で顕微鏡の画像を確認していただきながら治療を進めてまいります。お薬を飲むだけの治療ですが、ご自分のお口の菌の状態の変化が一目でわかるため患者さまにご好評をいただいております。

当院では、歯周病の患者さまに歯周病菌の除菌療法についても、詳しく説明させて頂いておりますので、服用するお薬や体調のことなどご不明な点があれば遠慮なくお問い合わせください。

位相差顕微鏡による画像と、適切な処方

除菌前
(症状:歯茎からの出血・口臭・口の中のネバネバ感・以下は代表的な歯周病菌です)

■トレポネーマ・デンティコーラ

■カンジダ菌

■口腔トリコモナス

効果的な薬剤を投与
矢印

除菌後
(症状:除菌前の症状は消失しています)

■正常菌相

毎日の予防にはブラッシングと歯石除去が大切

歯周病治療歯周病予防のメンテナンスとして当院では
・歯周病の程度に合わせた歯石の除去
・歯の表面のクリーニング
・歯磨きのチェックと正しいブラッシングの指導
・患者さまにあった歯ブラシ、歯間ブラシのご提案

などを行っています。

歯周病予防に大切なお手入れは、何と言っても毎日のブラッシングです。どの患者さまも歯磨きくらいなら毎日していると思われると思いますが、歯を磨いているのと歯が磨けているのでは、その意味が大きく変わってきます。

患者さまに合った正しい磨き方を行っていれば、歯周病の予防効果が高まりますが、我流のブラッシングでは利き手や磨き癖により、汚れが落としきれていない箇所ができてしまい、常に同じところに汚れがたまっているという患者さまがほとんどです。

また、歯石も歯周病菌の大好物です。通常、歯の表面はツルツルと滑らかですが、歯石がついてしまうとザラつき、さらに汚れをためる原因になってしまいます。歯石の除去も、歯周病予防には重要になってきますが、残念ながらご自宅で取り除くことはできません。

歯の正しい磨き方を知って頂き、プロの手による歯石の除去のためにも、当院では3~4ケ月に一度、歯周病予防のメンテナンスを患者さまみなさんにおすすめしています。

チェックシート:こんな症状はありませんか?

痛みない方でも下記の項目にお心当たりのある方は、歯周病が進行している恐れがありますので自覚症状がなくても、一度当院の診察をお受けになることをおすすめします。

□ 歯石がたまっている
□ 歯茎が赤くはれている
□ 歯茎がむずがゆく歯が浮いた感じがする
□ 歯をみがくと出血する
□ 朝起きたとき口の中がネバネバする
□ 「口臭がする」と人に言われることがあり、自分でも気になる
□ 最近噛み合わせが変わってきたような気がする
□ 歯茎が下がって以前より歯が長くなった気がする
□ 歯と歯の間によく食べ物がはさまる
□ 冷たい水がしみる
□ 歯が動いている

当院では、最新設備と熟練した経験、技術をもって、歯周病について不安やお悩みがある患者さまに、歯周病のない健康なお口を保つための歯科医療サービスをご提供しています。

カテゴリー一覧


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療(精密除菌治療)


タニダ歯科医院へお越しの方

宝塚、三田、神戸、大阪からのアクセス

宝塚市宝塚市から 所要時間 約10
三田市三田市から 所要時間 約25
神戸、大阪阪神高速
神戸、大阪から 所要時間 約30~40
神戸駅神戸駅から 所要時間 約40
大阪駅大阪駅から 所要時間 約25

JR宝塚線「西宮名塩駅」徒歩4分

ご相談・ご予約はこちら インターネット初診予約 精密拡大治療のご相談


TOP