トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科・インプラント矯正

当院の矯正歯科治療

矯正歯科

当院の矯正歯科の目的は、患者さまの歯をキレイに並べ、美しい口元と健康的な噛み合わせによって患者さまに生活の豊かさを提供することにあります。見た目の美しさはもちろんのこと、しっかりと噛めて健康的な人生を送るための矯正治療をご提供しています。

アメリカでは大半の人が当たり前のこととして、子どもの頃に矯正治療を受けますが、日本では、費用や治療の効果に対する不信から、治療に踏み切れないでいる患者さまが数多くいらっしゃいます。

矯正治療は早期の開始をおすすめします
「笑顔に自信が持てず口を開けて笑えない」「歯並びが悪く、むし歯になりやすい」という悩みの多くは、矯正治療を受けることで解消されます。また矯正治療は早く始めるほど、治療の負担が軽く、その効果を存分に発揮します。

特にあごの骨が柔らかいお子さまの場合は、歯がきちんと収まるようにあごを拡大する治療を行うことで、歯を抜くことなく(症例によっては抜歯が必要な場合もあります)一生涯、美しく健康的な歯並びを手にすることができます。

矯正治療の終了は正しいブラッシングまでと考えます矯正治療
また、当院では決して安くはない費用と時間を費やして手に入れた美しい歯並びを、いつまでも美しく健康的に維持していただきたいという思いから、正しいブラッシングの習慣を定着させるまでが矯正治療であると考えています。

矯正の最大のメリットはむし歯や歯周病のリスクを軽減できることにあります。矯正治療中も徹底したブラッシング指導を行ってまいりますので、ぜひ根気強くお付き合いください。

当院では「愛と感動と笑顔があふれる歯科医院」をモットーに、愛のこもった矯正治療を通し、一生自分の歯で食べることができ、笑顔で健康的な人生を送るためのサポートをさせていただきたいと考えております。

矯正治療には人生を変える力があります。歯並びにお悩みをお持ちの患者さまは、ぜひ当院までご相談ください。

お子さまの矯正について

子どもの矯正に力を入れております矯正治療
当院では特に子どもの矯正治療に力を入れています。歯並びの乱れは、主にあごの大きさと歯の大きさのバランスの悪さが原因です。最近、硬いものを噛む機会が少なくなったことなどにより、昔に比べ現代の子どものあごは小さくなっています。

あごが小さくなってしまったことにより、歯が並びきれずに歯並びが乱れるのであれば、あごを大きくすることで、自然と正しい位置に歯は収まるはずです。当院ではお子さまに矯正治療をする場合、矯正装置の装着によってあごを拡大する治療方法をご提案しています。

子どものあごを拡大する矯正装置は、自分で取り外しができ、装着の痛みもないことからお子さまでもストレスなく矯正治療に取り組んでいただけます。また、成長してから行う矯正のように、抜歯をせずに美しい歯並びを手に入れることができます。

お子さまの矯正治療は小学校5年生くらいまでに

矯正治療しかし、あごの拡大による矯正治療ができるのは、小学校5年生くらいまでが限界です。それ以上の年齢になるとあごの骨が硬くなり拡大できなくなるため、場合によっては、歯を抜いて矯正しなければならなくなります。

お子さまの歯並びに疑問を感じたら、できるだけ早めに当院までご相談ください。小学校の低学年のお子さまであれば充分にあごを拡大することが可能ですので、歯を抜かなくてもきれいに矯正することができます。

小学校低学年からの矯正治療のメリット

・歯を抜く必要がない(症例によっては抜歯の必要な場合もあります)
・矯正装置装着時の痛みがほとんどない
・ワイヤーを使わないため目立ちにくい
・自分でも取り外しができる
・あごの成長を促す
・大人になってからの後戻りの可能性が少ない
・将来的にむし歯や歯周病になるリスクが減る

美しい歯並びは、一生涯にわたっての何よりの贈り物です。当院では矯正治療を通して、お子さまの美しい歯並びと噛み合わせの獲得と、健康的な人生を歩んでもらうためのお手伝いをさせていただいております。

日本矯正歯科学会認定医が診療致します
当院の矯正歯科では、日本矯正歯科学会に認められた矯正歯科の認定医が、確かな技術と豊富な経験、知識をもって治療にあたっております。誰にでも最新の治療技術知識を最適な形で提供し、美しい歯並びはもちろんのこと、きちんと噛める治療を施すことを大切にしています。

【日本矯正歯科学会認定医とは】
「認定医」になるには、5年以上「日本矯正歯科学会」に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において矯正臨床の5年以上にわたる経験が必要です。また、学術誌に報告を発表し、審査に合格した者に与えられます。

当院の矯正歯科医師は、この厳しい審査に合格したハイレベルな治療を保証できる矯正治療のエキスパートです。難症例から、小さなお子さま・年配の方の症例まで、数多くの歯並びを改善してきました。

尚、現在約20,000軒ある全国の矯正歯科医療施設の中で、認定医は2000人ほどしかいません。
 

インプラント矯正

インプラント矯正当院では、インプラント矯正を行っております。

インプラント矯正は一時期にあごの骨に埋め込んだ矯正歯科用のインプラントを固定用の柱にすることにより治療期間短縮と今までの矯正治療では難しかった歯の動きを可能にした、新しい矯正治療方法です。わずらわしいヘッドギアなどの装着もいりません。

インプラント矯正のメリット
・歯の移動が容易
・治療期間が短い短期間ですむ。
・煩わしいヘッドギアなどの装着が不要
・矯正対象ではない歯に負担がかからない
・抜歯も最小限に抑えることができる

インプラント矯正のデメリット
・インプラントを埋入するための15分~30分程度の簡単な手術が必要
・インプラントを浅く埋入するため、まれに脱落する場合がある
・万が一インプラントが脱落した場合、再度埋入する必要がある
・骨が完成していない18歳未満の患者さまには適用できない
※インプラントの脱落の可能性は10%前後です
※インプラントが脱落した場合の再度の手術は無料です

矯正用インプラントの埋入方法
矯正用インプラントは骨の表面の皮質骨に埋入するため、麻酔も浅く済み、1本あたり20分程度の短時間で手術が済みます。

インプラント矯正Q&A

Q:術後の痛みはありますか?
A:個人差もありますが、まったく痛みを感じないか、もしくは麻酔の効果が切れる頃にわずかな痛みがある程度です。

Q:インプラントをはずす時は痛いですか?
A:麻酔をしますので、痛みはありません。

Q:インプラントを入れておく期間はどのくらいですか?
A:矯正期間中の一時期のみです。症例によってばらつきがありますが、6ヶ月程度が一般的です。部分矯正(MTM)などでは、2~3ヶ月と短く、逆に大きく歯を動かす場合は、もっと期間がかかる場合もあります。

Q:インプラント矯正の費用はどれくらいかかりますか?
A:通常の矯正費用とは別に1本31,500円~52,500円(税込)です。インプラント矯正をすることによって、治療期間が短縮され調整料が少なくすむので、一般の矯正治療とトータル的な費用はほとんど変わりません。
※お選びいただくインプラントの材質によって多少価格が前後します。

カテゴリー一覧


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科・インプラント矯正


タニダ歯科医院へお越しの方

宝塚、三田、神戸、大阪からのアクセス

宝塚市宝塚市から 所要時間 約10
三田市三田市から 所要時間 約25
神戸、大阪阪神高速
神戸、大阪から 所要時間 約30~40
神戸駅神戸駅から 所要時間 約40
大阪駅大阪駅から 所要時間 約25

JR宝塚線「西宮名塩駅」徒歩4分

ご相談・ご予約はこちら インターネット初診予約 精密拡大治療のご相談


TOP