トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » インプラントの説明

インプラントの説明

インプラント失った歯を補う3つめの方法がインプラントです
インプラントのメリットはブリッジと入れ歯の欠点がないことです。インプラントというのは、人工のチタンでできたネジのようなものを歯の根っこの代わりとして顎の骨の中に埋め込み、その上にかぶせ物を装着するというものです。

天然の歯が顎の骨の中に植わって、顎の骨で支えられているのと同じように、インプラントも顎の骨によって支えられるために、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。したがって、入れ歯やブリッジのように支えとなる歯に負担をかけることがありませんので、他の歯が抜けやすくなってしまうなどの問題が発生しません。

インプラントさらに、インプラントは顎の骨の中に植わってますので、噛んだときの感触、噛み応えが自分の歯に限りなく近い感覚になるのです。そして、脳への刺激も強くなりますので、これまで入れ歯だった方がインプラントをいれると多くの方が若々しく、活力に満ちた人生に切り替わることが多いようです。

最近は、インプラントの認知度も上がってきているようです。しかし、インプラントについては間違ったイメージもあるようです。

「手術が恐い」
というイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。確かに、「手術」と聞くと、恐いイメージを持ちます。そのお気持ちはよく分かります。しかし、実際には親知らずを抜くような手術ですので、ケースにもよりますが、そのほとんどが小手術だと思っていただければと思います。

手術に伴う痛みも親知らずを抜いたときと同程度だと考えてください。

ですので、当院では全身麻酔ではなく、歯を抜くのと同じように局部麻酔をして、だいたい1時間以内で手術は終わりますし、手術後の腫れについても、2~3日経てば治っていますし、まったく腫れない方もおられます。

自分の悩みを抱えたまま生きて行くのと、少しの間、手術の恐怖と戦うのとどちらが良いでしょうか?その手術の恐怖に勝った時に手に入る世界はどのような世界でしょうか?

「インプラントは高い」インプラント
インプラントについてこのように考える方もいらっしゃいます。確かに、保険で作ることが出来る入れ歯に比べれば高いです。インプラントは1本40万円ぐらいします。

また、「歯はたくさんあるから、1本ぐらいなくても良いでしょ」と思う方もいらっしゃるようです。

これは大いなる間違いです。

例えば、下顎の前から6番目の歯が抜けてしまって、そのまま放っておくと、どのようなことが起こるでしょうか?実は、次のようなことが起こる可能性が高いのです。

1.噛み合わせる下の歯がないので、上の歯が出てきてしまう
上の歯は下の歯がなくても、噛む機能を維持しようとして、噛む相手を探して伸びてきてしまうのです。そうなると、後で下の歯を入れるときには噛み合わせがズレているので、上の歯を削らないといけなくなってしまいます。

2.一番奥の7番目の歯が抜けた歯のスペースに倒れこんでくる
歯が斜めに倒れこんでしまうと、これを治すには矯正治療が必要になってしまいます

3.モノが挟まって噛みづらいので反対側でばかり噛んでいると、体のバランスが悪くなる
噛み合わせは全身の体のバランス、全身の健康にも大きな影響を与えています。その際に、1本1本の歯が重要な役割を果たしているのです。食べられれば、しゃべることができれば何でも良いというのとは違うのです。

このように、歯は見えないし、動かないから1本1本の役割が軽視されがちですが、非常に重要な役割を担っているのです。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » インプラントの説明


タニダ歯科医院へお越しの方

宝塚、三田、神戸、大阪からのアクセス

宝塚市宝塚市から 所要時間 約10
三田市三田市から 所要時間 約25
神戸、大阪阪神高速
神戸、大阪から 所要時間 約30~40
神戸駅神戸駅から 所要時間 約40
大阪駅大阪駅から 所要時間 約25

JR宝塚線「西宮名塩駅」徒歩4分

ご相談・ご予約はこちら インターネット初診予約 精密拡大治療のご相談


TOP