トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科(小児精密むし歯予防) » むし歯が好む環境を作らないために

むし歯が好む環境を作らないために

・歯の質小児歯科
歯の質を強くするために、歯科医院ではフッ素の塗布による歯の強化をご提供しています。

・細菌
無菌状態のお子さまのお口の中にむし歯の原因菌を入れないようにしましょう。保護者の方のむし歯が同じ食器やキスなどによってお子さまに移ってしまうこともあります。

・糖分
むし歯はお菓子などに含まれるショ糖が大好きです。おやつを与える時間や種類などをしっかり管理してあげることが大切です。

・歯を磨くまでの時間
一度食事をするたびに、食べ物の作用で歯は目に見えないレベルで一度溶けます。唾液などの作用により、また元に戻りますが、だらだら食いや、食後の歯磨きを怠ることでむし歯の好む環境を作ってしまいます。

お子さまのお口の健康を維持するためにも、この4つの条件がそろわないように注意することがポイントです。

子どものむし歯予防処置のススメカンガルークラブ
当院では、むし歯になりやすいお子さまのお口の健康を守るため、下記の予防法のご提案と措置を行っております。進行が速いお子さまのむし歯には、積極的な予防措置が有効です。当院のカンガルークラブで、こまめに定期検診をうけ、むし歯に強い歯を育てましょう。

タニダ歯科が推奨するむし歯予防
・フッ素
フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の質を強化しむし歯の初期の症状からの回復を促進させる効果があります。フッ素は、必須栄養素のひとつでいろいろな食べ物の中にも僅かながらに含まれている物質です。

・シーラント(溝埋め)
奥歯の溝をレジンと呼ばれる歯科用のプラスチックで埋める治療法です。むし歯が好む小さな溝を埋めることにより、むし歯を予防します。

生えて間もない6歳臼歯は特に有効な予防方法ですが、長い間、使用しているとはがれてしまい、わずかにできたレジンと歯の間に汚れがたまることでむし歯を引き起こしてしまうことがあるため、定期的な健診で溝を埋めなおしておくことが大切です。

・キシリトール
キシリトールはむし歯の原因である食事中の酸の発生をおさえ、歯の表面が溶けることを防ぎます。また酸がないと、歯垢が粘つかず歯の表面に付着しにくくなり、歯ブラシでも落としやすくなるというメリットがあります。

キシリトールは世界中の国々で、その予防効果と安全性が認められた成分ですので、小さなお子さまにも安心してご利用いただけます。

※製品に含まれるキシリトールは多いほど予防効果が高くなります
※キシリトールが含まれる割合が50%未満だと効果がありません。
※他の糖分が入っているとキシリトールの効果は半減してしまいます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科(小児精密むし歯予防) » むし歯が好む環境を作らないために


タニダ歯科医院へお越しの方

宝塚、三田、神戸、大阪からのアクセス

宝塚市宝塚市から 所要時間 約10
三田市三田市から 所要時間 約25
神戸、大阪阪神高速
神戸、大阪から 所要時間 約30~40
神戸駅神戸駅から 所要時間 約40
大阪駅大阪駅から 所要時間 約25

JR宝塚線「西宮名塩駅」徒歩4分

ご相談・ご予約はこちら インターネット初診予約 精密拡大治療のご相談


TOP