2013年5月 2日 « トップへ » 2013年5月 8日

2013年5月 7日

タニダ歯科医院へようこそ

タニダ歯科医院(福田浩明氏設計:2010年11月14日『大改造!!劇的ビフォーアフター』に"ひだまりのシンフォニスト"として出演)をご案内しましょう。

外観

医院の大きさと広さは関西有数の規模になっており、地域の基幹歯科医院として皆様のニーズに対応できるよう努力しています。夏の照り返しや冬の寒さを防ぐ、環境に優しい天然芝の駐車場を13台ご用意しています。

スロープスロープ
車イスやお年をめした方でも、安心して御来院できます。お手伝いが必要な時は、一声受付までお声をかけて下さい。お手伝い致します。また院内はバリアフリーになっており、チェアサイドまで車イスで来れます。

入り口入り口
院内の快適な温度環境を維持するため、風除室を作っています。ドアは全て自動ドアになっています。

殺菌スリッパ殺菌スリッパ
タイプの違った2種類の殺菌スリッパを設置しています。2ヶ月に1度は全て新品と入れ替えています。

受付

受付

受付カウンターです。スタッフが笑顔でお出迎え致します。診療室の中で聞きづらいことは受付でお気軽にお声をかけて下さい。また拡大鏡を設置してありますので、問診表を書くときなど御自由にお使い下さい。受付はホテルのフロントのようなイメージで作りました。

デンタルグッズ隣には歯ブラシなどの各種デンタルグッズを販売しております。むし歯予防に役立ててください。

待合室

待合室

待合室よく「ホテルのようですね」と言っていただけます。大型モニターで環境映像を流し、音楽は有線が入っています。雑誌も常時20冊以上そろえており、またアロマをたいてなるべく皆様にリラックスしていただけるようにしています。冬には床暖房が入ります。

アルマの香りが漂うフロアでゆったりおくつろぎください。アロマ

キッズスペース

キッズスペース

お子さま連れの方は、こちらをご利用下さい。おもちゃや多数の絵本をご用意しています。キッズスペース専用のアニメ映像も流しています。

おもちゃ「カンガルークラブ」で治療をがんばったお子さまにはおもちゃのプレゼントがあります。

カウンセリングルーム、顕微鏡ルーム

カウンセリングルーム

患者さまの様々な悩みやご要望にお応えするために、個室のカウンセリングルームを完備しております。悩みはもちろん、費用や期間のことなど、どうぞお気軽にご相談ください。

顕微鏡ルーム顕微鏡ルーム
当院では歯周病には、特に力を入れているため、専用の顕微鏡ルームを作り、歯周病菌の分析をしています。

化粧室、トイレ

ブラッシングルーム

診療前、時間がなくて家で歯磨きできなかった、という方も大丈夫。当院では化粧室を完備していますので、お気軽にご利用ください。化粧室は2人でも並べるよう広めにとっています。

トイレ画像小トイレは皆様に気持ちよく使っていただく為に1時間ごとに清掃チェックをしています。トイレは完全全自動(使用ごとに自動洗浄)の最新型です。

診療室ご案内

診療室内は、完全個室、半個室などさまざまなタイプの部屋に13台のチェアーが配置されています。各チェアーは患者さま同士が直接顔が見えないように、充分に配慮されています。

予防専用ルーム

1番 予防専用ルーム

予防専用ルーム

2番 予防専用ルーム

診療室

3番 診療室

診療室

4番 診療室

診療室

5番 診療室

診療室

6番 診療室

診療室

7番 診療室

診療室

8番 診療室

診療室

9番 診療室

診療室

10番 診療室+オペ室
インプラント、歯周外科用の完全個室です。


院内エレベーターで2Fへ

院内エレベーター

院内エレベーター1F待合室のカンガルーのぬいぐるみの隣にエレベーターがあります。当院はバリアフリーを重視していますので、階段ではなくエレベーターを設置いたしました。

画像小2F専用待合室。ゆっくりとくつろいでいただけます。

2F 診療室ご案内

2F診療室2F診療室

2Fフロアはアジアンリゾートの雰囲気をかもしだした空間になっております。安らぎを与える緑も随所に配置しています。

2F診療室

2F診療室への通路です。

2F診療室

11番 診療室

2F診療室

12番 診療室

2F診療室

13番 診療室

2F診療室

14番 診療室

2F診療室

15番 診療室


スマイルクリエーター 川崎 文香

スマイルクリエーター:川崎 文香
氏 名:川崎 文香
星 座:さそり座
血液型:B型
趣 味:岩盤浴
今年の目標:常に笑顔を絶やさずに...スマイルNo.1 目指します!!

元気が出るセルフトーク
失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい

あなたへのメッセージ
怖がらずに来て下さい。笑顔でお待ちしています。

スマイルクリエーター 蔭山 知子

スマイルクリエーター:蔭山 知子氏 名:蔭山 知子
星 座:いて座
血液型:O型
趣 味:映画鑑賞
今年の目標:謙虚。

元気が出るセルフトーク
「まだまだ大丈夫がんばろう!!」

あなたへのメッセージ
あたたかくお迎えする気持ちを忘れずに大切にします。

スマイルクリエーター 横山 あい

スマイルクリエーター:横山あい氏 名:横山 あい
星 座:かに座
血液型:AB型
趣 味:旅行 フラワーアレンジメント
今年の目標:新しい事に挑戦。

元気が出るセルフトーク
いつも笑顔で前向きに。

あなたへのメッセージ
大切な歯を守るお手伝いをさせていただきます。

スマイルクリエーター 古川 万貴

スマイルクリエーター:古川万貴氏 名:古川 万貴
資 格:介護福祉士
星 座:みずがめ座
血液型:AB型
趣 味:散歩、旅行
今年の目標:精神面を成長させる

元気が出るセルフトーク
失敗してもくよくよせず、次にいかせるようにいつも前向きに。

スマイルクリエーター 尾方 麻由葉

スマイルクリエーター:尾方 麻由葉氏 名:尾方 麻由葉
星 座:おひつじ座
血液型:A型
趣 味:温泉
今年の目標:毎日笑顔で元気に!

元気が出るセルフトーク
上を向いて歩こう

あなたへのメッセージ
おもてなしの心を大切にしてひとりひとりの患者様と向き合います。

スマイルクリエーター 谷口 未来

スマイルクリエーター:谷口 未来氏 名:谷口 未来
星 座:おうし座
血液型:A型
今年の目標:努力と笑顔を忘れない!

元気が出るセルフトーク
自分で自分をあきらめない、自分を信じて1歩ずつ前へ!


あなたへのメッセージ
患者様の小さな声にも耳を傾けられるように、1一人一人の患者様に誠意をもって対応いたします。

スマイルクリエーター 仲山 ひと美

スマイルクリエーター:仲山ひと美氏 名:仲山 ひと美
星 座:かに座
血液型:O型
趣 味:山歩き
今年の目標:努力を惜しまず、一つ一つを確実に。

元気が出るセルフトーク
自分を信じて突き進め!!

あなたへのメッセージ
「あなたの顔を見てホッとした!」と思って頂ける様に、常に患者様の身になって行動します。宜しくお願いします。

スマイルクリエーター 古賀 裕子

スマイルクリエーター:古賀裕子氏 名:古賀 裕子
星 座:ふたご座
血液型:A型
趣 味:料理、マッサージ
今年の目標:笑顔と気配りを大切にしたいです!

元気が出るセルフトーク
やればできる!

あなたへのメッセージ
快適に来院していただけるように、明るく、笑顔でおむかえいたします。

スマイルクリエーター 三木 冴

スマイルクリエーター:三木冴氏 名:三木 冴
星 座:おとめ座
血液型:B型
趣 味:買い物、食べること
今年の目標: 落ち着いて、ひとつひとつの物事を着実に行う。

元気が出るセルフトーク
為せば成る

あなたへのメッセージ
少しでも安心していただけるようにがんばります。

スマイルクリエーター 木村 友樹

スマイルクリエーター:木村 友樹氏 名:木村 友樹
星 座:てんびん座
血液型:A型
趣 味:音楽鑑賞
今年の目標: 笑顔を絶やさず、時間を大切に行動する。

元気が出るセルフトーク
明日は明日の風が吹く!後ろは向かない、前を向く!

あなたへのメッセージ
お口の健康に関するお手伝いを精一杯させていただきます。

スマイルクリエーター 中澤 有菜

スマイルクリエーター: 中澤 有菜氏 名: 中澤 有菜
星 座:てんびん座
血液型:A型
趣 味:料理、お菓子作り
資 格:医療事務士
今年の目標: いつでも笑顔で。

元気が出るセルフトーク
自分が笑顔でいると周りも笑顔が増える。
周りが笑顔でいると自分も笑顔になれる。

あなたへのメッセージ
少しでも不安をやわらぐようにあたたかく笑顔でお迎えいたしますのでぜひお越しく
ださい。

技工士 久保 晶

技工士:久保 晶氏 名:久保 晶
星 座:ふたご座
血液型:A型
趣 味:犬の散歩、釣り
今年の目標:生体と調和のとれた、人に優しい技巧物をつくる

研修歴
大阪セラミックトレーニングセンター研修
ITI インプラントスーパーストラクチャーコース研修
デグサ社 アタッチメントAPS、マイクロデグセーフ研修
     ドゥッセラム、GGSセラミック研修
ATD ジャパンサンライズセラミック、シェードティキング研修
川島 哲氏 キャストパーシャル研修
星 久雄氏 ブレードティース、コンプリートデンチャー研修
小出 先生 日本臨床歯科補綴研修会
ヘラウス PFPミリングコース研修
他多数

元気が出るセルフトーク
笑顔の先には幸せが待っている

あなたへのメッセージ
患者さまの真の笑顔を得れる様に真心を持って取り組んでいきたいと思っています。

歯科衛生士 初田 朋子

歯科衛生士:初田 朋子氏 名:初田 朋子
出身校:尼崎歯科専門学校
星 座:おひつじ座
血液型:O型
趣 味:アウトドア、料理
今年の目標:どんなときでも笑顔を忘れないようにする。

元気が出るセルフトーク
どんな時でも、笑っていたい。笑う門に福来る

あなたへのメッセージ
歯の健康を維持していく為のお手伝いをしていきたいと思っています。

歯科衛生士 松瀬 美紗

歯科衛生士:松瀬 美紗氏 名:松瀬 美紗
出身校:大成学院大学歯科衛生専門学校
星 座:おうし座
血液型:B型
趣 味:スノボ・ドライブ・買い物
今年の目標:常に向上心を持って頑張りたいです。

元気が出るセルフトーク
いつも明るく元気よく

あなたへのメッセージ
患者さまが笑顔で帰って頂けるように心掛けていきたいと思います。

歯科衛生士 八尾 典江

歯科衛生士:八尾 典江氏 名:八尾 典江
資 格:ケアマネージャー
出身校:関西女子短期大学歯科衛生士学科
星 座:おうし座
血液型:A型
趣 味:お買い物
今年の目標:患者さまに喜んで頂けるよう、今よりもさらにレベルアップした技術を身につける。そのためにも、いろんな勉強を基本からもう1度していきたいと思います。

元気が出るセルフトーク
なんとかなるさ

あなたへのメッセージ
ここの歯科医院に来てよかったと思って頂けるようにがんばります!!

歯科衛生士 尾沼 由加里

歯科衛生士:尾沼 由加里氏 名:尾沼 由加里
出身校:なにわ歯科衛生専門学校
星 座:みずがめ座
血液型:A型
趣 味:ゲーム、音楽鑑賞、お買物
今年の目標:一日でも早く一人前になって、患者さまに「気持ちよかった」と言って帰って貰うことです。

元気が出るセルフトーク
一球入魂

あなたへのメッセージ
リラックスした時間を提供出来るよう務めます。

歯科衛生士 池田 有紀

歯科衛生士:池田 有紀氏 名:池田 有紀
出身校:太成学院大学歯科衛生専門学校
血液型:B型
趣 味:音楽鑑賞、プランター菜園、スノーボード
今年の目標:体調管理を含め、自分に出来る最善を患者さまに尽くす事。

元気が出るセルフトーク
何事も絶対に諦めません☆

あなたへのメッセージ
患者さまの不安をやわらげられる言葉かけや心遣いを今まで以上に出来るよう努力していきます。また、患者さまがこの歯科医院に来たいと思っていただけるように。

歯科衛生士 石飛 恵

歯科衛生士:石飛 恵氏 名:石飛 恵
出身校:大阪産業大学付属歯科衛生士学院専門学校(旧)
    なにわ歯科衛生専門学校(現)
星座:かに座
血液型:AB型
趣 味:旅行、リアル脱出ゲーム
今年の目標:心にゆとりを持ち、広い視野で柔軟に物事をみる

元気が出るセルフトーク
小さな一歩を恐れるときは、大きな一歩を踏み出すときである

あなたへのメッセージ
歯科医院は決して怖いところではありません。分からないことや困ったことはご遠慮なくなんなりとご相談下さい。美容院に行くのと変わらない感覚でお口のケアに来て頂けるよう、私達も常に最善を尽くしたいと 考えております。

歯科衛生士 田口 理惠

歯科衛生士:田口 理惠氏 名:田口 理惠
出身校:兵庫歯科学院専門学校
星 座:蠍座
血液型:B型
趣 味:消ゴムはんこ作り、映画鑑賞
今年の目標:向上心・探究心をもって行動する

元気が出るセルフトーク
自分の発した言葉が未来をつくる

あなたへのメッセージ
お口の健康を守らせていただきたいと思います!

歯科衛生士 森 早弥香

歯科衛生士:森 早弥香氏 名:森 早弥香
出身校:兵庫歯科学院専門学校
星 座:乙女座
血液型:B型
趣 味:お買い物
今年の目標:いつでも笑顔で頑張ります!

元気が出るセルフトーク
いつも笑顔で前向きに

あなたへのメッセージ
タニダ歯科に来てよかったと思える様に頑張ります!

歯科衛生士 仲石 亜季

歯科衛生士:仲石 亜季氏 名:仲石 亜季
出身校:大成学院大学歯科衛生専門学校
星 座:しし座
血液型:O型
趣 味:映画鑑賞
今年の目標:患者さまとのコミュニケーションを大切に。いつも笑顔で頑張ります。

元気が出るセルフトーク
人との出会いに感謝

あなたへのメッセージ
タニダ歯科医院に入社してまだまだ日の浅い新人衛生士です初めてタニダ歯科医院に来た時は医院の広さ、スタッフの多さにビックリしました。他にもスタッフの患者さまへのしっかりした対応・声かけなど、患者さまを第一に考えているところが素晴らしいと思いました。

医院が広い分覚えることはたくさんありますが、先輩方に助けてもらいながら早く一人立ちできるよう頑張ります。患者さまにもいつも笑顔を忘れず、お役にたてる様に努めていきたいと思います。

歯科衛生士 池田 美穂

歯科衛生士:池田 美穂氏 名:池田 美穂
出身校:なにわ歯科衛生専門学校
星 座:かに座
血液型:B型
趣 味:音楽鑑賞
今年の目標:衛生士として少しでも早く成長できるように頑張ります。

元気が出るセルフトーク
明るく元気に笑顔で!

あなたへのメッセージ
患者さまがこの歯科医院に来てよかったと思ってもらえるように最善をつくしたいと思います。

歯科衛生士 青山 侑加

歯科衛生士:青山 侑加氏 名:青山 侑加
出身校:行岡医学技術専門学校
星 座:魚座
血液型:B型
趣 味:スノボ、ダイビング、音楽鑑賞
今年の目標:歯科衛生士として、1日でも早く成長したいです!

元気が出るセルフトーク
その瞬間を大切に!

あなたへのメッセージ
タニダ歯科に出会えてよかったと思えるように頑張りたいです!!

舌側装置による矯正治療 ―力学的考察について―

舌側装置による矯正治療 ―力学的考察について―
Orthodontic Treatment with Lingual Appliance ―Dynamical study―

アスカ矯正歯科クリニック
  義澤 裕二
田中矯正歯科医院
  田中 勝治
ひまわり矯正歯科
  三根 治

1.はじめに
1970年代、Fujitaが世界で初めて舌側装置による矯正治療を発表1)して以来、数種類の舌側装置が新たに開発され今日に至っている。

舌側装置による矯正治療(以下、便宜上、舌側矯正と略す)と唇側装置による矯正治療(以下、便宜上、唇側矯正と略す)では、歯の抵抗中心に対する力の作用が異なる点、また、ブラケット間の距離が短い点などから著者らは当初、舌側矯正による治療を行う上で戸惑いを感ずることが多かった2)。そこで今回、舌側矯正の持つ力学的特徴を理解することが、このシステムの持つ臨床上の利点、欠点を把握する上で非常に重要であるとの認識から、舌側矯正における「力とモーメント」および「力とたわみ」について唇側矯正と比較しながら考察した。

「力とモーメント」、「力とたわみ」を考察する上でModern Edgewise Mechanics and The Segmented Arch Technique (C. J. Burstone著)3) およびCommon Sense Mechanics (T. F. Mulligan著4)、翻訳本:《明解》歯科矯正メカニクス5) )を参考文献として使用し、本文においては一部、両文献より改変した図を引用した。力とモーメント:抵抗中心に対する力線からの垂直距離と力の積がモーメントである。同じ力であれば垂直距離の大きい方がモーメントは大きくなる。力線が抵抗中心を通るときにはモーメントは生じない(玉突きの概念 図1A,B)。

力とたわみ:一方を固定したワイヤーに力を加えると「たわみ」が生じる。同じたわみを生じさせるための荷重は、ワイヤーの長さの3乗に反比例する。例えば、一方を固定したワイヤーにαmmのたわみを生じさせる力をFとすると、ワイヤーの長さを1/2にしたとき、同じたわみを生じさせるには8Fの力が必要となる。一方、ワイヤーの長さを2倍にしたとき、同じαmmのたわみを生じさせるには1/8Fの力が必要となる(飛び込み板の概念 図2A,B,C)。

センターベンドとオフセンターベンド:図3Aに示す様にセンターベンドでは、ティップバックベンドとトルクベンドが等しい角度関係にあり、垂直的な力はお互いに打ち消されて生じない。オフセンターベンドでは図3Bに示す様に、ティップバックベンドよりもトルクベンドが大きい場合、臼歯部に加わる圧下力が前歯部に加わる圧下力よりも大きいため、実際には臼歯部では圧下力、前歯部では挺出力が加わる。トルクベンドがティップバックベンドより小さい場合は臼歯部で挺出力、前歯部では圧下力が加わる。

2.舌側矯正と唇側矯正の「力とモーメント」の違いについて
図4に示す様なアングル・級1類のケースを上顎左右第一小臼歯抜歯、下顎非抜歯で治療する場合をモデルとして下顎および上顎における「力とモーメント」についてそれぞれ検討した。

A.下顎
スピー彎曲を持った下顎歯列にフラットなラウンドワイヤーを装着し結紮した状態を想定したとき、図5に示す様に垂直的な力は小臼歯部では歯冠側に、前歯部と大臼歯部では歯根側に向かって働く。このとき、切歯部、犬歯、小臼歯部および大臼歯部において、どの様なモーメントが生じているのかを舌側矯正と唇側矯正で比較検討した。参考資料として、ゴム枠に植立された人工歯に舌側装置(Ormco社製Kurzブラケット)を装着した模型を用いた。フラットなラウンドワイヤ一を装着した前後の状態を図6A,Bに示す。

a.切歯部:矢状断でみると、舌側矯正では唇側矯正と比較してブラケットに加わる垂直力が歯の抵抗中心に近いため、垂直力が等しいと仮定すると歯に加わる圧下力はより強く、また、モ一メントによって生じるラビアルクラウントルクはより少ない(図7A)。舌側傾斜の強いケースや歯根が短いケースではリンガルクラウントルクが生ずることも考えられる(図7B,C)

そのため、臨床上以下 のことが考えられる。

利点(1):D.Trammellは唇側矯正において、下顎前歯に-5°のトルクを付与することにより、下顎歯列弓に他の力は一切加えることなく、-6°のアンギュレーションを組み込んだ下顎第一大臼歯が直立し、下顎前歯の位置はほとんど変化しないことを示した6)。したがって、ラビアルクラウントルクが生じにくい舌側矯正においては、大臼歯部を直立しスピー彎曲を改善する際に、唇側矯正よりも強い固定源を下顎前歯部に求めることができる、と考えられる。

利点(2)圧下力がより強く働くため、バイトオープニングイフェクト7), 8) (図8)によるバイトオープニングはより効果的になると考えられる。但し、上顎第一小臼歯抜歯ケースでは欠点となる面もあるので、詳細に関しては上顎の項で述べる。

b.犬歯:前額断でみると舌側矯正では基底結節部にブラケットが装着され、スロット部はかなり舌側に位置するため唇側矯正と比較して、ブラケットに加わる歯根側への垂直力は歯の抵抗中心に対してほとんどのケースで舌側に位置するものと考えられる。そのため、モ一メントによりリンガルクラウントルクを生じる(図9)。したがって、臨床上以下のことが考えられる。

欠点:適宜にトルクをコントロールしないと、頬側皮質骨に歯根が圧迫される傾向が生じる。

c.小臼歯部:前額断でみると舌側矯正では唇側矯正と比較して、ブラケットに加わる歯冠側への垂直力は歯の抵抗中心に対して舌側に位置するため、モーメントによりバッカルクラウントルクを生じる(図10)。したがって、臨床上以下のことが考えられる。

欠点:逆スピー彎曲を与え過ぎると、小臼歯部は頬側にふくらむ傾向を生じる(図6B)。したがって、非抜歯ケースであっても本来トランバースボーイングイフェクトを防止するためのボーインベンド7).9).txt10)(図11)を付与し、歯列弓の膨らみを抑える必要がある。

d.大臼歯部:前額断でみると舌側矯正では唇側矯正と比較して、ブラケットに加わる歯根側への垂直力は歯の抵抗中心に対して舌側に位置するため、モ一メントによりリンガルクラウントルクを生じる(図12)。

B.上顎
舌側矯正においては唇側矯正と比較して前歯部のリトラクションの際、前歯部のトルクの維持が困難であるとされている。そのため、同じ第一小臼歯抜歯でも傾斜移動を主体とした下顎と比較して、上顎において特に歯体移動で前歯部のリトラクションを行う必要があるケースでは、十分に「カとモ一メント」を把握することが不可欠であると考えられる。

a.前歯部:舌側矯正と唇側矯正で同じ量のトルクをワイヤ一に与えた場合 、どの様な力がどの程度生じているのかを図13に示す。舌側矯正と唇側矯正で 同じたわみmを加えたときの力をそれぞれF、F'とすると、F=F'×(1.51/1)3 ≒3.4F' 、唇側矯正と同じトルクを加えたとき、たわみ量はこの場合2/3となるので必要な力F"はF"=F×2/3=3.4F'×2/3≒2.3F'となる。

つまり、図13に示す状態においては同じトルクを得るために、舌側矯正では唇側矯正の約2.3倍の力が必要となる。著者らは臨床経験上、舌側矯正では 一歯当りに加わる力が強いため、歯根や歯周組織の保護を考慮し、ワイヤーには唇側矯正よりも弱いベンドを付与する様に心掛け、また、前歯部リトラクションの際ラビッティングを生じやすい点から、前歯部には少し強めのラビアルクラウントルクを付与していた( 図14A')。

しかし、この様なワイヤ-を使用すると前歯部よりのオフセンターベンドとなり(図14A)、唇側矯正、舌側矯正ともに前歯部に加わる圧下力P、P'は弱く、臼歯部に加わるそれぞれの圧下力F'、F"、特にF"は前歯部に加わる圧下力P'に比べてかなり大きいものとなる。その結果、唇側矯正、舌側矯正それぞれにおいて垂直力として臼歯部にはF'-P、F"-P'の圧下力が加わり、前歯部にはその反作用とし てF'-P、F"- P'の挺出力が加わる(図15)。

この挺出力は舌側矯正においては唇側矯正の約2倍であり、その結果、図16に示す様に、抵抗中心の唇側に歯冠部方向に力線が作用するため新たなモーメントによりリンガルクラウントルクが生じ、ワイヤ一に付与したラビアルクラウントルクの一部をキャンセルしてしまう。またこの状況下で前歯部のリトラクションを行うとブラケットから遠心方向に力線が作用し、新たなモ一メントによりリンガルクラウントルクが加えられ(図17) 、ワイヤ一に付与したラビアルクラウントルクの一部はさらにキャンセルされる。つまり、以下の図式が成り立つ(図18)。

総体的には上顎前歯部に期待した程のラビアルクラウントルクはかからずに、歯列全体は時計回りに回転していくものと考えられる。また、舌側矯正にお いては前歯部をリトラクションする際に、バーティカルのボーイングイフェクト7)(図19) が生じやすいことが知られているが、上述した様に前歯部に加わる挺出力と遠心方向への力によって生じるリンガルクラウントルク(図16、17)がその要因の一つであると考えられる。

センターベンド(図14B)の場合は一歯に加わる力を考慮すると前歯部には十分なラビアルクラウントルクは付与できないので、前歯部に挺出力が生じないセンターベンドであってもラビアルクラウントルクはかかりにくいものと考えられ、一方では臼歯部には圧下力も加わらないため前歯部よりのセンターベンドにおけるリンガルクラウントルクによる皮質骨固定(図20,21)も得られない。

臼歯部よりのオフセンターベンドでは図14Cに示す様に前歯部に挺出力は加わらないが、十分なラビアルクラウントルクは得られない。つまり、舌側矯正における上顎抜歯ケースではセンターベンド、オフセンターベンドのいずれにおいても前歯部にラビアルクラウントルクはかかりにくいが、前歯部の挺出さえ抑えることができれば前歯部よりのオフセンターベンドがラビアルクラウントルクを付与するためには一番有効であり、また、臼歯部に加わる圧下力により皮質骨固定が生じ、アンカレッジにおいても有利であると考えられる。一般的に上顎第一小臼歯抜歯ケースにおいては前述した様に前歯部よりのオフセンターベンドになるので、後述する内容はこれに則っている。

尚、下顎第一小臼歯抜歯ケースでは前歯部のリトラクションは主に傾斜移動となるので、上顎前歯部の様なラビアルクラウントルクをワイヤ一に付与する必要はなく、したがって、センターベンドあるいは臼歯部よりのオフセンターベンドとなり(図22A,B)前歯部に挺出力は加わらないものと考えられる。

ここでバイトオープニングイフェクトについて考えてみる。

(1)ワイヤーを装着していなければ、図23Aに示す様に上下顎前歯部の圧下(全体的には上顎前歯部の方が下顎前歯部よりも大きいため、圧下量は下顎前歯部の方が大きいと考えられる。)と臼歯部の挺出によりバイトオープニングイフェクトが得られるものと考えられる。

(2)上顎第一小臼歯抜歯、下顎非抜歯のケースでは前述した様に、大臼歯部には圧下力が加わるため(図5、14A)バイトオープニングイフェクトは前歯部の変化によって得られる。フェイシャルパターンやワイヤ一に付与したラビアルクラウントルクの量にもよるが上顎前歯部には挺出力、下顎前歯部には圧下力が加わっている点、また、歯の大きさから考えると上顎前歯部では挺出か原状維持、下顎前歯部では圧下が生じバイトオープニングイフェクトが得られるものと考えられる(図23B)。

(3)上顎第一小臼歯抜歯、下顎第一小臼歯抜歯のケースでは上顎大臼歯部には圧下力が加わるが、下顎大臼歯部には次に示す二つの状況が考えられる。

(a)センターベンドの状態、アンテリアーセグメントはポステリア一セグメントより小さいので実際には下顎前歯部は少し圧下するものと考えられる(図22A)。

(b)臼歯部よりにオフセンターベンドの状態で前歯部には圧下力が加わる(図22B)。

(a)の場合バイトオープニングイフェクトは前歯部の変化によって得られる。フェイシャルパターンやワイヤ一に付与したラビアルクラウントルクの量にもよるが上顎前歯部には挺出力、下顎前歯部は少し圧下する点、また、歯の大きさから考えると上顎前歯部では挺出か原状維持、下顎前歯部では圧下が生じバイトオープニングイフェクトが得られるものと考えられる(図23C)。

(b)の場合バイトオープニングイフェクトは下顎大臼歯部の挺出と前歯部の変化によって得られる。上顎前歯部には挺出力、下顎前歯部には圧下力が加わっている点、また、歯の大きさから考えると上顎前歯部では挺出か原状維持、下顎前歯部では圧下が生じバイトオープニングイフェクトが得られるものと考えられる(図23C)。
著者らが経験した舌則矯正で治療を行なったアングル・級1類、上顎抜歯ケースおよび上下顎抜歯ケースにおける術前、術後のFacial axis(FX,°)、U1 to Frankfort plane(U1 to FH,°)、U1 incisal edge to Palatal plane(U1 to PP,Perpendicular distance,mm)、L1 incisal edge to Mandibular plane(L1 to MP,Perpendicular distance,mm)、Occlusal plane to Frankfort plane (OP to FH,°)それぞれの変化を表1に示す。考察については後述する。

したがって、臨床上、以下のことが考えられる。

利点:前歯部よりにオフセンターベンドを付与することで前歯部に強い挺出力、臼歯部に強い圧下力が生じるため、オープンバイトの治療には有効である。         
欠点(1):上顎抜歯ケース、あるいは上下顎抜歯ケースにおいては何か工夫をしないと咬合平面の傾斜が強くなるため、いわゆるガミ一スマイルの積極的な治療ができない、また、咀嚼運動の際、臼歯部のディスクルージョンが弱く、早期接触を起こしやすくなる、などの欠点が生じる。

欠点(2):上顎前歯部のボディリィなリトラクションが困難である。
上記の欠点をカバーするためには前歯部に加わる挺出力を抑えるための工夫が必要となる。著者らは上顎前歯部のリトラクションを行う際、図24に示す様なレジンのキャップを作製しハイプルJフックタイプのヘッドギアを使用している。治療例を図25A、B、C、表2に示すが、顎内および顎間固定を使用せずハイプルJフックタイプのヘッドギアのみを用いることでマキシマムアンカレッジが得られ、しかも前歯部の挺出は生じることなく十分にトルクをコントロールしながらリトラクショ ンを行うことができた。

治療にはKurzブラケット(0rmco社製)をC.L.A.S.S.(Custom Lingual/ Labial Appliance Set-up Service)システムにて使用した。b.小臼歯部および c.大臼歯部:前額断でみると舌側矯正では唇側矯正と比較して、ブラケットに加わる歯根側への垂直力は歯の抵抗中心に対して舌側に位置するため、モ一メントによりリンガルクラウントルクを生じる(図20,21)。

したがって、臨床上以下のことが考えられる。
利点:皮質骨固定により強固なアンカレッジが得られる。

3.舌側矯正と唇側矯正の「力とたわみ」の違いについて
舌側矯正ではブラケット間の距離は唇側矯正と比較して短い。図26に示す様に、仮にある部位においてブラケット間の距離が2倍違うとすると同じ量のたわみを加えた場合、歯に加わる力は舌側矯正においては唇側矯正の8倍となる(図2)。そのため、臨床上以下のことが考えられる。

欠点(1):ライトフォースを心がけないと、一歯に加わる力は唇側矯正と比較して強いものとなる。
欠点(2):ワイヤ一とブラケット間のフリクションが強く、スライディングメカニクスを用いる場合は唇側矯正と比較してスムースな動きは得にくい。

4.症例呈示
次に、顎内、顎間および顎外固定を用いずに舌側矯正で治療を行なったアングル・級1類、片顎抜歯の症例を呈示し、ワイヤーの力とバイトオープニングイフェクトのみによる舌側矯正の力学的特徴について考察したい。

症例
A.患者:初診時年齢40歳10カ月の女性。主訴は上顎前突、叢生である。側貌においては上下口唇の突出が認められる(図27B)。第一大臼歯の咬合関係は両側とも・級でオーバーバイトは6mm、オーバージェットは8mmである。上顎前歯部には中等度の叢生、下顎前歯部には中等度の叢生(アーチレングスディスクレパンシー:-3mm)と著しい咬耗が認められる。スピー彎曲は-5mmである。頭部X線規格写真所見を図27C、表3に示す。

B.診断:ブレイキーフェイシャルパターンのアングル・級1類。

C.治療法:下顎前歯部の位置(L1 to APO;+4mm)、アーチレングスディスクレパンシー; -3mm、第一大臼歯の強い・級関係などから上顎左右第一小臼歯抜歯、下顎非抜歯による大臼歯部・級仕上げを目標とした。治療にはKurzブラケット( 0rmco社製 )をT.A.R.G.(Torque Angulation Reference Guide)システム7).8).11)にて使用した。全治療期間中、顎内、顎間および顎外固定は使用しなかった。

D.治療経過:治療経過、治療結果を図27A、B、C、表3に示す。

5.考察
舌側矯正では下顎を非抜歯でレべリングする場合、図7Aで示す様に唇側矯正と比較して前歯部のフレアーアウトは生じにくいと考えられる。呈示症例ではアーチレングスディスクレパンシーが-3mmあり、下顎のレべリングの際、顎内、顎間および顎外固定を使用しなかったにもかかわらず、図27C、表3に示す様に前歯部のフレアーアウトを生じることなくレべリングが達成されており、レベリングにおいて前歯部が固定源と成り得ることが確認された。

舌側矯正では唇側矯正と比較してブラケット間の距離が短いため、荷重たわみ率の関係から一歯当りに加わる矯正力は強くなりがちである。上顎第一小臼歯抜歯ケースにおいて上顎前歯部をリトラクションする際にも、唇側矯正と同じ量のラビアルクラウントルクを加えた場合、前歯部には約2倍の力がかかることになり歯根や歯周組織の保護を考慮するとワイヤ一には唇側矯正よりも弱いベンドを付与する必要がある。この様な条件下では前歯部に付与するラビアルクラウントルクが優先され、図14Aに示す様な前歯よりのオフセンターベンドになるため舌側矯正では図18に示す様な「悪循環」が生じやすい。

著者らの経験したアングル・級 1類、上顎抜歯ケースおよび上下顎抜歯ケースでは表1に示す様に上顎前歯では平均1.8mmの挺出が、下顎前歯では平均2.3mmの圧下がみられ、咬合平面は平均3.8° 増加しており、また、FXの変化は0.2°と少なかった。

「下顎前歯部」および「上顎前歯部」の項で示した様に舌側矯正では、下顎において、前歯部はワイヤ一の力によって非抜歯ケースでは圧下力、抜歯ケースでは原状維持か圧下力、大臼歯部は非抜歯ケースでは圧下力、抜歯ケースでは原状維持か挺出力が加わり、上顎においてはリトラクションの際オフセンターベンドの状態となり前歯部には挺出力、大臼歯部には圧下力が加わるため、バイトオープニングイフェクトは主に前歯部の変化によって得られる。つまりFXに大きな変化は生じない。

また、上下顎前歯部の大きさ、ワイヤ一によって生じる力から判断するとバイトオープニングイフェクトは上顎前歯部の挺出か原状維持、下顎前歯部の圧下によって得られる、などの点が確認された。U1 to FHにおける変化量の平均値は-18.8°であり図18に示したラビッティングの傾向が確認された。顎内 、顎間および顎外固定を使用せずに治療した呈示症例においても、同様の傾向が認められた(図27C、表3)。

したがって、舌側矯正では上顎前歯部をリトラクションする際に前歯部のバーティカルコントロールに工夫をしないと、ガミ一スマイルの積極的な治療やボディリィなリトラクションが十分にできない、また、咬合平面の傾斜が強くなるために早期接触が生じやすくなる、といった問題を解決できない。著者らは前歯部のバーティカルコントロールに図23に示す様なレジンのキャップを作製しハイプルJフックタイプのヘッドギアを用いることで対処しており、まだ統計的に各計測項目を検討するまでに至つてはいないが、図25A、B、C、表2に示す様に前歯部は十分バーティカルコントロールおよびトルクコントロ ールされ良好な結果を得ている。

抜歯ケースにおいて上下顎大臼歯部に加わる圧下力はモ一メントによりリンガルクラウントルクを生じ、皮質骨固定による強固なアンカレッジが得られる。呈示症例においても顎内、顎間および顎外固定を使用しなかったにもかかわらずモデレイトアンカレッジにて治療が達成され(図27C、表3)、強固なアンカレッジが確認された。

6.結論
(1)舌側矯正では下顎非抜歯のレべリングにおいて、顎間および顎外固定を用いなくても前歯部のフレアーアウトは生じにくい。

(2)舌側矯正では上顎前歯部をリトラクションする際、前歯よりのオフセンターベンドとなりやすいため前歯部には挺出力が加わる傾向がある。この挺出力によってラビアルクラウントルクはかかりにくくなり、ラビッティングか生じやすくなる。

(3)上顎抜歯および上下顎抜歯ケースではバイトオープニングイフェクトは主に前歯部の変化によって得られるため、FXはあまり変わらない。前歯部の変化は上顎では挺出か原状維持、下顎では圧下である。その結果、咬合平面がスティープになるため、何か工夫をしないとガミ一スマイルの積極的な治療ができない、また、咀嚼運動の際、臼歯部のディスクルージョンが少なくなり干渉が生じやすくなる、などの欠点が生じる。

(4)上顎抜歯ケースにおける前歯部のバーティカルコントロールにレジンキャップを用いたハイプルJフックタイプのヘッドギアを用いた所、前歯部の挺出が抑制され十分トルクをコントロールしながらリトラクションできることが示唆された。

(5)上顎抜歯ケースにおいて大臼歯部に加わる圧下力はモーメントによりリンガルクラウントルクを生じ、皮質骨固定により強固なアンカレッジが得られる。

連絡先
  ・アスカ矯正歯科クリニック  義澤 裕二
   千葉県柏市旭町1-2-8 ネモト第3ビル4F
   TEL (0471) 46-2727  FAX (0471) 46-1742
  ・田中矯正歯科医院      田中 勝治
   岐阜県大垣市郭町3-25  
   TEL (0584) 73-8817  FAX (0584) 81-0101
  ・ひまわり矯正歯科      三根 治
   岐阜県各務原市那加住吉町1-16 木下ビル2F
   TEL (0583) 82-9955  FAX (0583) 80-1063

文献
1)Fujita, K. : Development of Lingual Bracket Technique, Esthetic and Hygiene Approach to 0rthodontic Treatment, J Jpn Res Soc Dent Mater Appliances, 46 : 81-86, 1978.

2)義澤 裕二、岩澤 忠正 : 舌側矯正装置によるAngle・級1類の治療ーT. A. R. G. システムによる2治療例ー ,Nihon Univ. J. 0raI Sci. 21 : 149-162,1995.

3)Burstone, C. J. : Modern Edgewise Mechanics and The Segmented Arch Technique, California, 1995, 0rmco Corporation.

4)Mulligan, T. F. : Common Sence Mechanics, Phoenix, 1982, CMS.

5)Mulligan, T. F.≪明解≫歯科矯正メカニクス,翻訳・監修  出口 敏雄,花田 晃治,東京,1994年4月,東京臨床出版株式会社.

6)Alexander, R. G. : アレキサンダーの矯正臨床, The Vari-Simplex Discipline, 東京, 1985年, 株式会社日本歯科出版, 19-20.

7)Smith, J. R. , Gorman, J. C. , Kurz, C. and Dunn, R. M. : Keys to Success in Lingual Therapy Part l, J Clin 0rthod, 20 : 252-261, 1986.

8)Gorman, J. C. : Treatment with LinguaI Appliances : The Alternative for Adult Patients, Int J Adult 0rthod 0rthognath Surg, 2 : 131-149,1987.

9)Gorman, J. C. , Hilgers, J. J. and Smith, J. R. : Lingual 0rthodontics, A Status Report Part 4 Diagnosis and Treatment Planning, J CIin 0rthod, 17 : 26-35, 1983.

10)Smith, J. R. , Gorman, J. C. , Kurz, C. and Dunn, R. M. : Keys to Success in Lingual Therapy Part 2, J CIin 0rthod, 20 : 330-340, 1986.

11)Marks, M. and Corn, H. : Atlas of Adult 0rthodontics, Philadelphia, 1989, Lea & Febiger, 607-622

歯科衛生士 中条 由香子

dh_Nakajo.jpg氏 名:中条 由香子
出身校:尼崎歯科専門学校
星 座:かに座
血液型:O型
趣 味:旅、食べること
今年の目標:ゆかいに生きていく!

元気が出るセルフトーク
人は優しい、ほんとうにやさしい

あなたへのメッセージ
いつもスマイルであなたのもとへ行かせていただきます。

歯科科衛生士 滝井 彩加

歯科衛生士:滝井 彩加氏 名:滝井 彩加
出身校:神戸常盤大学短期大学部口腔保健学科
星 座:山羊座
血液型:A型
趣 味:カメラ、旅行、温泉
今年の目標:何事にも一生懸命、笑顔を忘れずに頑張ります!

元気が出るセルフトーク
幸せはいつも自分の心が決める

あなたへのメッセージ
患者さまの気持ちに寄り添い『この歯科医院に来て良かった』と笑顔でお帰りいただけるように努めたいと思います。

歯科衛生士 金本 信子

dh_Kanemoto.jpg氏 名:金本 信子
出身校:大阪府歯科医師会付属歯科衛生士専門学校
星 座:双子座
血液型:B型
趣 味:温泉(お風呂)
今年の目標:丁寧な仕事をすること

元気が出るセルフトーク
おもいやり

あなたへのメッセージ
少しでも長く、美味しくお食事を召し上がっていただけるお手伝いができればと思っております。

歯科衛生士 金本 信子 (日本臨床歯周病学会認定歯科衛生士)

dh_Kanemoto.jpg氏 名:金本 信子
出身校:大阪府歯科医師会付属歯科衛生士専門学校
星 座:双子座
血液型:B型
趣 味:温泉(お風呂)
今年の目標:丁寧な仕事をすること

元気が出るセルフトーク
おもいやり

あなたへのメッセージ
少しでも長く、美味しくお食事を召し上がっていただけるお手伝いができればと思っております。

歯科衛生士 内山 結迪

dh_uchiyama.jpg氏 名:内山 結迪
出身校:新大阪歯科衛生士専門学校
星 座:おとめ座
血液型:A型
趣 味:おいしい物を食べること
今年の目標:何事もひたむきに取り組む

元気が出るセルフトーク
諦めない!

あなたへのメッセージ
安心して来院していただけるよう努めます

歯科衛生士 山田 夕海沙

dh_yamada.jpg氏 名:山田 夕海沙
出身校:兵庫歯科学院専門学校
星 座:うお座
血液型:A型
趣 味:買い物、雑貨集め
今年の目標:笑顔を忘れないで、一日一日を大切にする。

元気が出るセルフトーク
何事も諦めない

あなたへのメッセージ
患者さまの気持ちを第一に考え、タニダ歯科医院に出会えてよかったと思っていただけるようにがんばります。

歯科衛生士 藤原 有紗

dh_fujiwara.jpg氏 名:藤原 有紗
出身校:兵庫県歯科医師会付属兵庫歯科衛生士学院(旧:兵庫歯科学院専門学校)
星 座:乙女座
血液型:B型
趣 味:買い物、モノづくり
今年の目標:感謝の気持ちを忘れない

元気が出るセルフトーク
明日はもっといい日になる!

あなたへのメッセージ
いつまでも元気で過ごしていけるよう最善を尽くし笑顔でお帰りいただけるよう頑張ります。

矯正治療中に下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクトボンディング法

矯正治療中に下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクトボンディング法

田中矯正歯科医院(大垣市)
  田中 勝治
ひまわり矯正歯科(各務原市)
  三根 治
アスカ矯正歯科クリニック(柏市)
  義澤 裕
日本大学松戸歯学部歯科矯正学教室
  葛西 一貴

Indirect bonding system for locating a mandible in centric relation during orthodontic treatment

Tanaka Orthodontic Office
  Katsuji TANAKA
Himawari Orthodontic Office
  Osamu MINE
Asuka Orthodontic Office
  Yuji YOSHIZAWA
Department of Orthodontics Nihon University School of Dentistry at Matsudo
  Kazutaka KASAI

キーワード:インダイレクトボンディング, ストレート・ワイヤー法, 中心位, 顎関節
ランニングタイトル「矯正治療中に下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクトボンディング法」

連絡先:田中勝治
田中矯正歯科医院
岐阜県大垣市郭町3-25

【緒言】
Roth1-4)らは、治療目標の一つに矯正治療後の咬頭嵌合位を中心位に一致させることを挙げ、この目的達成のために矯正治療前にスプリントを用いて顎位を安定させ、S.W.A. (Straight wire Appliance)を用いて治療の簡略化を行っている。しかしながら、この方法では、"歯の形態の多様化ならびにアイデアル・オクルージョンの個別化に対応していないこと"および"矯正治療中にスプリントを装着することが困難なため治療前に決定された顎位が不安定になること"などの問題点があげられる。そこで著者らは、これらの欠点を補うべく新しいインダイレクト・ボンディング・システムを構築した。今回はその作成方法について報告する。

【方法】
1. 中心位でのオリジナル模型の付着。
2. セット・アップ模型の作製。
3. フル・スロットのアイデアル・アーチにセット・アップ模型の歯に対応したブラケットを結紮。
4. ブラケット・ベース面の作成:セット・アップ模型の臨床歯冠の中央にフル・スロットのアイデアル・アーチに結紮したブラケットを可及的に近づけ、歯牙とブラケットの空隙を即時重合レジンで埋める。
5. Original transfer tray5)の作成(上顎、下顎前歯部): ブラケット・ベース面と連結するよう、また切縁、頬側咬合面を覆うよう即時重合レジンを盛る(図1)。
6. 各ブラケットをアイデアル・アーチから外し、フルスロットの連結用ワイヤーを各ブラケットにセットした後、original transfer trayと連結用ワイヤーを即時重合レジンにて連結する(図2)。
7. ブラケットとoriginal transfer trayを分離する。
8. オクルーザル・スプリントの作成(下顎小臼歯・大臼歯部):オリジナル模型をfirst contactまで切歯ピンを下げ、5のブラケットを術前の下顎歯列へもどし、対合歯が均等に接触するよう臼歯部の咬合面に即時重合レジンを添加および削合し調整する(図3)。
9. 9口腔内でのボンディング(図4)。
10. オクルーザル・スプリント以外のoriginal transfer trayを撤去する。
11. レベリング用ワイヤーの装着。
12. 歯の動きにより、オクルーザル・スプリントの添加および削合(図5)

本論文の主旨は、第56回日本矯正歯科学会大会において発表した。

【参考文献】
Roth, R.H. : Functional occlusion for the orthodontist, J. Clin. Orthod. 15 : 32-51, 1981.
Roth, R.H. and Rolfs, D.A. : Functional occlusion for the orthodontist Part ・, J. Clin. Orthod. 15 : 100-123, 1981.
Roth, R.H. : Functional occlusion for the orthodontist Part ・, J. Clin. Orthod. 15 : 174-198, 1981.
Roth, R.H. and Gordon, W.W. : Functional occlusion for the orthodontist Part ・, J. Clin. Orthod. 15 : 246-265, 1981.
Ryoon, K. H. and Byung, C. S. : Customized indirect bonding method for lingual orthodontics, J. Clin. Orthod. 30 : 650-652, 1996.

田中矯正歯科医院(大垣市)
  田中 勝治
ひまわり矯正歯科(各務原市
  三根 治
アスカ矯正歯科クリニック(柏市)
  義澤 裕
日本大学松戸歯学部歯科矯正学教室
  葛西 一貴

矯正治療中において下顎を中心位に位置づけるための一考察

矯正治療中において下顎を中心位に位置づけるための一考察
A consideration for locating a mandible in centric relation during orthodontic treatment

田中勝治, 義澤裕二*
Katsuji Tanaka, Yuji Yoshizawa*

田中矯正歯科医院(岐阜県大垣市開業),
*アスカ矯正歯科クリニック(千葉県柏市開業)
Tanaka Orthodontic Office (Ogaki city, Gifu Pref.)
*Asuka Orthodontic Office (Kashiwa city, Chiba Pref.)

緒言
近年、R. H. RothらによりCondylar Positioning Indicator (以下C.P.I.と略す)、Axi-pathなどの下顎の機能診査を診断の一助としてとり入れ、下顎を中心位に位置づけた上での咬合の確立を治療目標とする矯正治療が行われている1)ー4)。
具体的には、顎関節に障害があるケース、C.P.I.データにより中心位と最大咬頭嵌合位のディスクレパンシーが大きいケース、左右非対称のケースなどの顎位が不安定な場合にはスプリントにより顎位を安定した後、矯正治療を行う。矯正治療にはS.W.A. (Straight Wire Appliance)すなわち歯の解剖学的情報を組み込んだブラケットを用いることにより矯正治療の簡略化をおこなっている。これらの診断から治療までの一連の体系化されたシステムにより、従来の矯正治療をより正確で確実で簡便なものとした。このことは近代矯正歯科界に多大な貢献をしたと思われる。
しかし、矯正治療中にスプリントを装着することは困難なため、顎位が不安定になったり、顎関節症になる症例も稀に経験している。そこで今回の目的は、矯正治療中に下顎を中心位に位置づける試みを行った結果、良好な結果が得られたので報告する。

症例
A.患者:
初診時年齢15歳3カ月の女性。主訴は上顎前突、口元の突出である。側貌においては上下口唇の突出が認められる(図1)。第一大臼歯の咬合関係は両側とも・級でオーバーバイトは2mm、オーバージェットは2mmである(図2)。上下顎前歯部には叢生(アーチ・レングス・ディスクレパンシー:-4mm)がほとんど認められない(図3)。中心位での咬合器付着状態を図4、5に示した。上顎左側第一小臼歯頬側咬頭内斜面と下顎同側第一小臼歯頬側咬頭にファ-スト・コンタクトを認める(図6)。治療前のC.P.I. を図7に示した。側貌セファロを図8に、正貌セファロを図9に示した。パノラマX線写真を図10に、顎関節規格写真を図11、12に示した。

B.診断:
ブレイキー・フェイシャル・パターンでオトガイ筋の緊張をともなったアングル・級上下顎前突である。

C.治療法:
下顎前歯部の位置(L1 to APO;+7mm)、アーチ・レングス・ディスクレパンシー; -4mmなどから上下顎左右第一小臼歯抜歯とした。V.T.O. (Visual Treatment Objective)5)を図13に示した。

D.治療経過:
'95年12月26日(治療開始)バンディングおよびボンディング。上下顎.0175レスポンド・ワイヤーにてレベリング開始(図14)。'96年1月19日(治療開始1ケ月後)上下顎.016ニッケル・チタニウム系ワイヤ-(以下Ni-Tiと略す)にてレベリング後、'96年5月8日(治療開始5ケ月後)まで.016×.022、.019×.025のNi-Tiにてレベリングを行った。

'96年7月1日(治療開始7ケ月後)から.019×.025ステンレス・スティール・ワイヤーのダブル・キーホール・ループにて上下顎前歯の舌側移動を開始した(図15)。図16は治療開始8ケ月後の口腔内写真を示す。

'97年3月17日(治療開始15ケ月後)ミッドライン・コレクションの目的でダイアゴナル・エラスティックの装着を試みたが、効果が得られなかったため、
'97年4月7日(治療開始16ケ月後)図17に示すような一歯づつ独立したスプリント(以下Mini Occlusal Splint=M.O.S.と略す)を上顎左右臼歯部に4メタ系レジンにて接着し、中心位で可及的に多くの歯が左右均等に接触するよう調整した。図18に示すようにM.O.S.接着約3ケ月後顎位は安定し、ミッド・ラインも一致した。

'97年7月1日(治療開始19ケ月後)M.O.S.を除去し、.021×.028メモ・フレックスにてディーテイリングを行った。

'97年7月29日(治療開始19ケ月後)ブラケット、バンドおよびワイヤーを除去した。
矯正治療後の結果は以下のとおりである。顔面写真を図19に口腔内写真を図20、21に中心位での咬合器付着状態を図22~24に示し、C.P.Iデータを図25に示した。側貌セファロを図26に、正貌セファロを図27に示した。パノラマX線写真を図28に示した。動的治療期間は1年7ケ月であった。

M.O.S.の作製方法
作製にあたり、正確で可及的に再現性の得られる中心位の採得が必要であり、中心位の記録に関しては中沢の方法6)を参考にした。

1. GC社のパターンレジンを錬和する。
2. 少量の水を入れ、餅状になるまで錬和する。
3. 前歯部のバイトを採り、レジン硬化後下顎前歯の圧痕が少し残る程度に削除し、口腔内に戻して再現性を確認する(図29)。
4. 臼歯部のバイトを即時重合レジンにて採得する。この際、ブラケットのウィング、スロットなどにレジンが入らないよう十分に注意する。
5. 上顎の面にはM.O.S.の外形と歯式を油性ペンにて記録する(図30)。
6. 下顎の面には咬頭頂を油性ペンにて記録し、僅かに圧痕が残る程度にレジンをフラットに削除する。
7. 外形に従い、一歯づつ分離する(図31)。
8. 4メタ系レジンにて上顎大臼歯の咬合面に接着する(図32)。
9. 下顎を中心位に誘導しながら、M.O.S.が左右均等に接触するよう、できるだけ小臼歯部付近で誘導するよう口腔内において調整する。また、下顎に自由度を持たせるため、咬合面はフラットに仕上げる。

考察
矯正治療前にアシンメトリーが認められるケースにおいては要因が何であるかを明らかにすることが重要であると思われ、要因として考えられるのは(1)骨格の変形(2)下顎の変位(3)歯の正中の変位の3つである。

矯正歯科医が対処できる要因は(2)下顎の変位(3)歯の正中の変位である。したがって、骨格の変形が要因であれば外科手術の併用を考慮しないと治療目標を達成することは大変困難であり、治療前に骨格の変形か下顎の変位かの鑑別診断が大変重要になってくる。そのためには、矯正治療前にスプリントにより、顎位を安定させるというステップは大変重要になる。

呈示症例においては矯正治療前の正貌セファロにおいて骨格的アシンメトリーは認められず、C.P.I.データでも下顎の変位は認められない。さらに口腔内写真においてもミッド・ラインがずれておらず、犬歯のオーバー・ジェットに左右差は認められない。以上のことから、矯正治療前にはアシンメトリーの要因は全く認められない。
しかしながら、抜歯スペース閉鎖開始時つまり矯正治療開始7ケ月後でミッド・ラインがずれ、犬歯のオーバー・ジェットの左右差が認められ、9ケ月後ではさらに大きくずれている。初診時年齢15才3ケ月の女子であるため、アブノ-マル・グロ-スの可能性は低く、矯正治療中において抜歯スペースは上下顎とも均等に閉鎖していることを考慮すると、矯正治療中にミッド・ラインがずれてきた原因として一番最初に考えられるのは"下顎の変位"である。したがって、下顎を中心位に安定させることが大変重要であると思われる。

しかし、この状況では上下顎6前歯を舌側に移動している途中であるため、通常のスプリントを装着することは困難である。そこでM.O.S.を用いることにより、矯正治療を中断することなく、下顎を安定させることができ、その結果ミッド・ラインを一致させることができた。このケースのように、下顎が変位しているためにミッド・ラインが一致していない場合にはM.O.S.の装着が大変有効であると思われる。

その他の症例においては、矯正治療中に咀嚼筋および顎関節部に自発痛を訴えた患者30名にM.O.S.を接着したところ、28名において症状の軽減を認めている。

結論
1. アシンメトリーが認められる症例において骨格の変形か下顎の変位かの鑑別診断をする上で、顎位を安定させることは大変重要であると思われる。

2. 左右均等に接触するM.O.S.を臼歯部に接着する事により矯正治療中の歯の動きによっても歯を削る事なく、また、矯正治療を中断することなく、顎位を安定させる事ができた。

参考文献
1)Roth, R.H. : Functional occlusion for the orthodontist. J. Clin. Orthod., 15 : 32-51, 1981.

2)Roth, R.H. and Rolfs, D.A. : Functional occlusion for the orthodontist Part ・. J. Clin. Orthod., 15 : 100-123, 1981.

3)Roth, R.H. : Functional occlusion for the orthodontist Part ・. J. Clin. Orthod., 15 : 174-198, 1981.

4)Roth, R.H. and Gordon, W.W. : Functional occlusion for the orthodontist Part ・. J. Clin. Orthod., 15 : 246-265, 1981.

5)根津 浩,ほか: 歯科矯正学バイオプログレッシブ診断学.第2版:100-144,ロッキ-マウンテンモリタ社(東京),1987.

6)中沢勝宏:入門顎関節症の臨床.第1版:100-104,医歯薬出版株式会社(東京),1992.

校正責任者:田中 勝治
連絡先:〒503-0887 岐阜県大垣市郭町3-25
(医)機能美会 田中矯正歯科医院
TEL:0584-73-8817、FAX:0548-81-0101

R. H. Roth and others have incorporated mandibular function analysis using C.P.I. (Condylar Position Indicator) and Axi-Path Recorder as part of orthodontic
diagnosis to achieve the treatment goal of establishing centric occlusion with the condyles seated in centric relation. Their approach is to stabilize the mandibular position with a splint prior to orthodontic treatment in patients with unstable mandibular positions due to Temporo-Mandibular Disorder, major CO-CR
discrepancy based on C.P.I. data, or facial asymmetry. The treatment procedures are simplified by utilizing the Straight Wire Appliance or SWA with necessary anatomical information built into the brackets, which are directly bonded to tooth surfaces. This comprehensive system integrating all the steps from diagnosis to treatment has improved the accuracy, reliability and simplicity of orthodontic treatment, contributing greatly to the advancement of modern orthodontics.

However, the loss of mandibular stability during orthodontic treatment is unavoidable due to difficulty of wearing a splint with an orthodontic appliance. This paper introduces the mini occlusal splint developed by the authors to compensate for this shortcoming.

The patient had no midline deviation initially. The C.P.I. data showed no discrepancy. There was no difference in the amount of cuspid overjet between the right and left sides. Space closure was accomplished equally on both sides. However, the midline deviation was noticed with a difference in the amount of cuspid overjet between the two sides at the time of space closure or 6 months after the beginning of orthodontic treatment. The midline deviation increased further 9 months into treatment. The most probable cause was "mandibular displacement". However, the patient was in the midst of maxillary anterior retraction, making it difficult to wear a regular splint. The mini occlusal splints were bonded onto the occlusal surfaces with an adhesive resin so that a maximum number of teeth could come into equal occlusal contact in CR. The mandibular position was stabilized and the midline deviation was eliminated approximately 3 months after the placement of the occlusal splints.

1) GC pattern resin is mixed. Pour in a small amount of water and mix to the consistency of a dough.

2) Take an anterior bite with the resin. Trim the resin to leave shallow indentations of incisal edges of the lower anterior teeth. Replace it in the mouth to check its reproducibility.

3) Take posterior bites with a quick-cure resin. Mark an outline of each splint and the tooth number on the upper side of the posterior bite and lower cusp tips on the bottom side with an indelible pen. Trim the resin to leave only cusp tip indentations. Grind each splint along the recorded outline.

4) Bond the splints to the occlusal surfaces of the upper molars.
1. It is very important to make a differential diagnosis to determine if the problem is skeletal or not. For this purpose, it is necessary to achieve a stable mandibular position prior to orthodontic treatment with a centric splint.

2. This case effectively demonstrates the effectiveness of the mini occlusal splints when midline deviation is caused by mandibular displacement.

3. In our practice, 30 patients have developed TMD symptoms during orthodontic treatment. The symptoms were eliminated in 28 patients of these patients.

図1 治療前の顔面写真
図2 治療前の口腔内写真
図3 治療前の口腔内写真
図4 中心位での咬合器付着状態(治療前)
図5 中心位での咬合器付着状態(治療前)
図6 中心位での咬合器付着状態(治療前)
  上顎左側第一小臼歯頬側咬頭内斜面と下顎同側第一小臼歯頬側咬頭にファ-スト・コンタクトを認める。
図7 治療前のC.P.I.
図8 治療前の側貌セファロ
図9 治療前の正貌セファロ
図10 治療前のパノラマX線写真
図11 治療前の顎関節規格写真
図12 治療前の顎関節規格写真
図13 V.T.O. (Visual Treatment Objective)
図14 治療開始時の口腔内写真
図15 治療開始7ケ月後の口腔内写真
図16 治療開始8ケ月後の口腔内写真
図17 治療開始16ケ月後の口腔内写真
  M.O.S.を上顎左右臼歯部に4メタ系レジンにて接着したところを示す。
図18 治療開始19ケ月後の口腔内写真
  顎位は安定し、ミッド・ラインも一致した状態を示す。
図19 治療後の顔面写真
図20 治療後の口腔内写真
図21 治療後の口腔内写真
  上下顎咬合面とTooth Positionerを装着した状態を示す。
図22 中心位での咬合器付着状態(治療後)
図23 中心位での咬合器付着状態(治療後)
図24 中心位での咬合器付着状態(治療後)
図25 治療後のC.P.I.
図26 治療後の側貌セファロ
図27 治療後の正貌セファロ
図28 治療後のパノラマX線写真
図29 前歯部での中心位の記録
図30 上顎の面にはM.O.S.の外形と歯式を油性ペンにて記録する。
図31 外形に従い、一歯づつ分離する
図32 4メタ系レジンにて上顎大臼歯の咬合面に接着する。

院長 谷田 英輔

院長:谷田英輔氏 名:谷田 英輔
星 座:てんびん座
血液型:A型
趣 味:最新の医療を学ぶこと
今年の目標:誠心誠意、人々に愛と笑顔と感動を!

厚生労働省指定 臨床研修指導医

略歴
1984年 関西学院大学法学部法律学科卒業
1990年 朝日大学歯学部卒業(旧岐阜歯科大学)
1996年 タニダ歯科医院開設
2000年 第1次タニダ歯科医院増改築
2002年 医療法人社団タニダ歯科医院へ法人化
2007年 第2次医療法人社団タニダ歯科医院増改築
2013年 第3次医療法人社団タニダ歯科医院増改築

(所属学会・終了研修会)
厚生労働省指定臨床研修施設指導医
社団法人日本糖尿病協会 歯科医師登録医
大阪口腔インプラント研究会所属
大阪口腔インプラント研究会100時間コース
JIADS 3I インプラントコース
Nobel Biocare ブローネマルク&リプレース インプラントコース
JIADS歯周病コース
JIADS再生療法エムドゲインコース
JIADS再生療法GTRコース
JIADS Endoコース
SOB 矯正セミナー Step up Course
SOB 矯正セミナー Wake up Course
SOB 矯正セミナー Get up Course
床矯正研究会セミナー
国際歯周内科学研究会所属
国際歯周内科学研究会 生田コース
国際歯周内科学研究会 塚元コース
国際歯周内科学研究会 福重コース
国際歯周内科学研究会 花田コース
3Mix-MP法 ベーシックコース
3Mix-MP法 アドバンスコース
CO2レーザー臨床研修会
DENTRADE ホワイトニングセミナー
ドッグスベストセメント臨床セミナー
日本救急医学会認定ICLSコース
他多数

(校医・その他)
日本歯科医師会 会員
西宮市歯科医師会 会員
東山台小学校校医
東山幼稚園園医
名塩小学校校医
ポポ保育園園医

元気が出るセルフトーク
なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人の なさぬなりけり

あなたへのメッセージ
私が日ごろ心掛けていること

・病気を治すのではない。病人を治すのである。
・最終的に病気を治すのは機械や設備ではない、人である。
・人々に愛と笑顔と感動を与え続ける。
・おしつけの治療はしない、その人にとって何がベストの治療かを考える。
・どこよりもくわしい説明を心がける。
・決してあきらめない。
・常に最新の設備の導入と最先端の技術を研修し続ける。
・人に優しい治療。
・感謝の心を忘れない。

以上のような理念を実現する為に
院長コメント

歯科医師 豊原 幸代(日本口腔外科学会専門医・医学博士)

歯科医師:豊原 幸代氏 名:豊原 幸代
星 座:やぎ座
血液型:O型
趣 味:美味しい物を食べること、旅行
今年の目標:地域の患者さまのニーズを察知できるよう努力し、またそれに応えられるよう自分の技術を高める

略歴・取得資格
<経歴>
徳島大学卒業 医学博士
最終勤務地 兵庫医科大学病院

<所属学会> 
日本口腔外科学会(専門医取得)
日本口腔科学会
日本癌学会

元気が出るセルフトーク
「ニコッて、笑って!」

あなたへのメッセージ
少しでもここに来て良かったと感じて頂けるように、私が出来ることを一生懸命致します。

歯科医師 重田 晋佑

歯科医師:重田 晋佑氏 名:重田 晋佑
星 座:いて座
血液型:A型
趣 味:テニス、サッカー、音楽鑑賞
今年の目標:みなさんに笑顔でお帰りいただけるよう、日々努力します。

略歴
徳島大学歯学部卒業

元気が出るセルフトーク
一期一会

あなたへのメッセージ
お口の中の健康を精一杯サポートさせていただきたいと思っています。

歯科医師 片山 瑛三

歯科医師:片山 瑛三氏 名:片山 瑛三
星 座:うお座
血液型:A型
趣 味:読書、アウトドア
今年の目標:患者さまに満足してもらえるように治療をがんばります。

略歴
朝日大学歯学部卒業

元気が出るセルフトーク
work of love

あなたへのメッセージ
おいしくお食事をしていただけるようがんばります。

歯科医師 池田万智子

歯科医師:池田 万智子氏 名:池田 万智子
星 座:やぎ座
血液型::AB型
趣 味:映画鑑賞
今年の目標:温厚篤実
略歴
朝日大学歯学部卒業
最終勤務地 大阪歯科大学付属病院総合診療・診断科

元気が出るセルフトーク
できることから、コツコツと。

あなたへのメッセージ
少しでも安心感を持って治療を受けていただけるように頑張ります。 

歯科医師 白矢 晃靖(日本口腔外科学会認定医)

歯科医師:白矢晃靖氏 名:白矢 晃靖
星 座:おひつじ座
血液型:O型
趣 味:サッカー観戦
今年の目標:患者さま一人一人としっかりコミュニケーションを取り、満足していただけるように頑張ります。

略歴・所属学会
大阪歯科大学卒 大阪歯科大学歯科口腔外科在籍

<所属学会>
日本口腔外科学会(認定医取得)

元気が出るセルフトーク
日々努力

あなたへのメッセージ
来ていただいた患者さまが笑顔で帰っていただけるよう頑張ります。

歯科医師 村重 仁崇

歯科医師:村重 仁崇氏 名:村重 仁崇
星 座:いて座
血液型::O型
趣 味:スポーツ観戦、旅行
今年の目標:常に患者さまの側に立ち、最善を尽くす。
略歴
徳島大学歯学部卒業

元気が出るセルフトーク
明るく、元気に

あなたへのメッセージ
みなさんに満足して帰っていただけるよう、一生懸命頑張ります。些細なことでも、気軽に質問して下さい。

歯科医師 今泉 健太

歯科医師:今泉 健太氏 名:今泉 健太
星 座:乙女座
血液型::A型
趣 味:映画鑑賞、食べ歩き
今年の目標:万里一空
略歴
大阪歯科大学卒業
大阪歯科大学歯周治療科在籍

(所属学会)
日本歯周病学会

元気が出るセルフトーク
精神一到

あなたへのメッセージ
患者さまに治療内容をご理解いただき、納得して治療していただけるよう頑張ります。

歯科医師 久貝 真仁

歯科医師:久貝 真仁氏 名:久貝 真仁
星 座:おうし座
血液型::O型
趣 味:カメラ、映画鑑賞、ドライブ
今年の目標:いつでも笑顔

略歴
徳島大学卒業

元気が出るセルフトーク
人間万事塞翁が馬

あなたへのメッセージ
自分の家族の様に、丁寧な説明と、診療を心掛けています。

歯科医師 川村 利憲

歯科医師:川村 利憲氏 名:川村 利憲
星 座:牡牛座
血液型::A型
趣 味:ドライブ
今年の目標:分かりやすい説明、丁寧な治療。
略歴
東京歯科大学 卒業

元気が出るセルフトーク
1歩1歩着実に

あなたへのメッセージ
皆様のQOL(生活の質)の向上に努めます。

医学博士 筧 康正


歯科医師 医学博士・特命助教 筧 康正 タニダ歯科医院口腔外科分野顧問(2011~2017当院在籍) 

神戸大学医学部付属病院・臨床研修推進センター
神戸大学大学院医学研究科・外科学系口座口腔外科学分野

訪問嚥下診療担当医 川嶋 美奈

川嶋 美奈略歴・所属学会
滋賀医科大学医学部看護学科 卒業
東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業
仁愛会 自由が丘クリニック 研修医修了
東京医科歯科大学 歯学部附属病院 研修医修了
聖翔会 リーデンタルクリニック 勤務
東京医科歯科大学 高齢者歯科学分野 大学院研究生

<所属学会>
日本摂食嚥下リハビリテーション学会 会員
日本老年歯科学会 会員

インプラント担当医 中村 征一郎

インプラント担当医:中村征一郎氏 名:中村 征一郎
星 座:やぎ座
血液型:A型
趣 味:読書

略歴
平成元年大阪歯科大学卒業
大阪歯科大学口腔外科学第2科入局
元 財団法人 日本生命済生会付属 日生病院 歯科・歯科口腔外科 医長
元 特定医療法人 大道会 ボバース記念病院 歯科診療部 口腔外科部長

<所属学会>
日本口腔外科学会
日本顎関節学会
日本障害者歯科学会

元気が出るセルフトーク
過猶不及

矯正医 田中 勝治

矯正医:田中勝治氏 名:田中 勝治
Study Club Orthodontic Brains主催
一般歯科医師に矯正を教えています。

略歴
昭和60年 日本大学松戸歯学部 卒業
平成元年  日本大学大学院松戸歯学研究科 博士課程 終了
     (同大学院 矯正歯科学専攻)
平成2年  日本大学松戸歯学部矯正研究室 非常勤講師

<所属学会>
日本矯正歯科学会(認定医取得)

論文発表
矯正歯科治療のための抜歯に関する一考察
~開咬症例にフォーカスを絞って~
田中勝治
ザ・クインテッセンス、vol.21 No.4、P179-191、2002年

矯正歯科治療のための抜歯に関する一考察
~叢生症例にフォーカスを絞って~
田中勝治
ザ・クインテッセンス、vol.20 No.8、P173-186、2001年

Relationships among facial type,buccolingual molar inclination,and cortical bone thickness of the mandible.
Toyohiko Masumoto,Ikumasa Hayashi,Akira Kawamura,Katsuji Tanaka,Kazutaka Kasai
European Jounal of Orthodontics23, P15-23, 2001年

矯正治療中において下顎を中心位に位置づけるための考察
田中勝治、義澤 裕二
日本顎咬合学会誌、Vol.19 No.3、P319-327、1998年

矯正治療中に下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクトボンディング法
田中勝治、三根 治、義澤裕二、葛西一貴
日本矯正歯科学会雑誌、 Vol.57 No.4、1998年

舌側装置による矯正治療-上顎の治療システムの簡略化について
義澤裕二、田中勝治、三根 治、林 揚春
矯正臨床ジャーナル、第13巻、第10号、p67-85、1997年

舌側装置による矯正治療-力学的考察について
義澤裕二、田中勝治、三根 治
矯正臨床ジャーナル、第21巻、第10号、P51-66、1996年

学会発表
顎関節を配慮した矯正治療
田中勝治
第3回日本顎咬合学会中部支部学会、1998年、10月

下顎頭の顎関節窩内での安定化とその臨床的意義
池田和己、酒井 優、足立 敏、青木英明、田中勝治、三木正夫、白井英俊、中島祥博、 池田伊佐世、高橋一朗
第57回日本矯正歯科学会大会、1998年、10月

顎関節を配慮した矯正治療 その1 中の重要性について
安田孝司、田中勝治、白井英俊、葛西一貴
第57回東京矯正歯科学会大会、1998年、7月

顎関節を配慮した矯正治療 その2 矯正治療の顎関 節症へのアプローチ
田中勝治、安田孝司、中島祥博
第57回東京矯 正歯科学会大会、1998年、7月

A trial for maintaining the stability of Centric relation during Orthodontic treatment.
TANAKA K.
Roth / Williams International Society of Orthodontist 5th Annual Meeting、May 21-23, 1998.

Indirect Bonding System for Locating the Mandible in Centric Relation during Treatment.
TANAKA K., MINE O., YOSHIZAWA Y.,KASAI K.
98th American Association of Orthodontists(アメリカ矯正歯科学会)May 15-20, 1998.

矯正治療中において下顎を中心位に位置づけるための考察
田中勝治、三根 治、義澤裕二
第16回日本顎咬合学会学術大会、1998年、4月

下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクト
田中勝治、義澤裕二、三根 治
第56回日本矯正歯科学会大会、1997年、9月

舌側装置による矯正治療-上顎の治療システムの簡略化について
義澤裕二、田中勝治、三根 治
第56回日本矯正歯科学会大会、1997年、9月

舌側装置による矯正治療-力学的考察について
義澤裕二、田中勝治、三根 治
日本舌側矯正学会、1997年、9月

舌側装置による矯正治療-力学的考察について
義澤裕二、田中勝治、小川武志、三根 治
第55回日本矯正歯科学会大会、1996年、10月

矯正医 丸山 裕

矯正医:丸山裕氏 名:丸山 裕
星 座:やぎ座
血液型:B型
趣 味:読書、仕事
今年の目標:より多くの患者さまに笑顔をプレゼントできるようにする。

略歴・所属学会
平成7年 大阪歯科大学卒業
平成7年 大阪大学歯学部歯科矯正学講座入局
平成12年 日本矯正歯科学会認定医取得

<所属学会>
日本矯正歯科学会(認定医取得)
日本口蓋裂学会
日本咬合学会

元気が出るセルフトーク
笑う門に福来る

あなたへのメッセージ
私自身、幼いころから矯正治療に通っていて、治療を終えた時の喜びを忘れていません。食べやすさ発音のしやすさ、人からの第一印象の良さ、様々なことが私の喜びとなりました。そんな喜びを皆様と共有出来る日を夢見て、矯正専門医になりました。個人差はありますが、治療とは、長い付き合いになります。そんな中、検査結果はもちろんのこと、患者さまの声をよく聞き、納得して頂いた上での治療を心がけたいと思います。皆様の、美・健康・幸せを少しでもお手伝いさせて頂けると幸いです。

スマイルクリエーター 谷口未来

スマイルクリエーター:谷口 未来タニダ歯科医院は、院長はじめ、スタッフみんな明るく笑顔がたくさん溢れる医院です。

患者様との接し方、治療の流れなども1から丁寧に教えて頂き、現状に甘んじることなく、患者様に向き合い、常に前に進む院長を筆頭に日々学び、成長させていただいてます。

今までスマイルクリエーターとして、多くの患者様に接し、ドクターの治療や歯科衛生士さんの指導などを目の当たりにしてきて、素直にもっと知りたい、学びたい!っていう気持ちがじわじわと大きくなり、今は歯科衛生士を目指して専門学校で学んでいます。

私がそう思えたのも、タニダ歯科のような素晴らしい環境とドクターや歯科衛生士の方々の、一人一人の患者様に対する丁寧で気持ちのこもった治療などを近くで見てきたからであり、近い将来、絶対私もそうなりたい、そんな仕事をしたい!と目指して頑張っています!!

学校との二足のわらじの私をサポートしてくださる院長はじめ、スタッフの方々に本当に感謝です。この気持ちを忘れず、これからも頑張っていきたいです。

スマイルクリエーター 仲山ひと美

スマイルクリエーター:仲山ひと美私が初めてタニダ歯科に来たのは面接の日でした。
なんて綺麗な医院だろう!院長を始めスタッフの皆さんが、なんて素敵な笑顔でイキイキとしてキラキラしてるのだろう!ここで私も「働きたい‼︎」と思う反面、半分(以上?)採用は無いなぁ...とも思いました。なので採用の連絡を頂いた時の喜びはすごく、いま思い出してもドキドキします。
大人になって褒めてもらう事など近年無かった私に院長は「良かったョ!」「今のイイね〜」と言ってくださり、諸先輩方は優しく丁寧に指導し見守ってくださいます。
まだまだ駆け出しで、失敗ばかりですが、これからもこの感動や感謝の気持ちを忘れること無く日々、努力していきたいと思います。

スマイルクリエーター 古賀裕子

スマイルクリエーター:古賀裕子私はタニダ歯科医院で働く前は、整形外科で医療事務の仕事を2年ほどしていました。次に働くところも医療の仕事がいいと思い、医療専門の求人HPを見てタニダ歯科医院を知りました。
最初はとても大きな医院なのにビックリしました。スタッフの数も多くて、とても忙しそうで...最初は不安もありましたが、院長を始め、スタッフの方たちは皆さんとても親切に教えてくださるので、とてもいい環境で仕事をさせてもらっています。
まだまだ、ヒヨコ前の卵同然の私ですが、いつか、患者様に名前と顔を覚えてもらえるくらい、立派に成長していきたいと思います。

スマイルクリエーター 三木冴

スマイルクリエーター:三木冴この春からタニダ歯科医院で働くことになった新人です。
私自身 歯科の知識は全くなく、初めてのことばかりで自分にできるのかとても不安でした。ですが、先生や先輩方はとても優しく、「わからないところない?」と声をかけてくださったり、治療の流れ・器具やお薬の名前など、丁寧な指導のおかげで少しずつ覚えていくことが できています。
不安な気持ちで来られた患者様に少しでも安心していただけるようにがんばりたいと思っています。

スマイルクリエーター 木村友樹

スマイルクリエーター:木村友樹私がタニダ歯科に入ってまず思った事は
①広い!②綺麗!③スタッフが多い!でした。

慣れるまでは何度も心折れそうになりながらも、人数が多いからこそ助け合い、励まし合い、刺激し合い、自分自身が成長できる環境に出会えた事に今では本当に良かったと感じています。

院長をはじめ、明るく優しいドクターや先輩スタッフの方々を見て、私も早く一人前になれるよう、日々感謝・笑顔・努力を忘れず学んでいきたいです。

スマイルクリエーター 中澤 有菜

スマイルクリエーター:中澤有菜  今まで学生だった私は歯科の学校へ通っていたわけでもなく、医療事務の仕事
に就きたくて病院を探していました。ハローワークで求人を見てHPを見てここが良い!!と思いました。
「大きな歯医者さん、子供から高齢の方と関わることができ、スタッフの多さや働く事にやりがいを感じる事が出来そう」と言う安易な思いで面接を受け、働かせていただける事になりました。

その時に院長から「何もわからないと思うから何もわからないままで良いから」と言われて言われるがまま、初日の日に。。社会人として初めての職場、本当に緊張して、初めのうちは先輩の後ろについて行くので必死だったけれど、処置の一つ一つゆっくり詳しく教えてくれる先輩方やドクターのおかげで徐々に処置の内容や仕事の流れをつかんで行く事ができ、1人でアシストに付くようになり、わからない事があればスタッフの皆さんやドクターに聞くと全て教えてくれます。

今、現在 タニダ歯科医院で働いて2ヶ月が経ちますが、まだまだわからない事や出来
ない事がたくさんあります。ですが、先輩方に教えてもらって日々成長できます。

働き出した時は、本当に大変でしんどい思いばかりでしたが、笑顔あふれるタニダ歯
科医院で働けている今が本当に楽しいです。


2013年5月 2日 « トップへ » 2013年5月 8日


タニダ歯科医院へお越しの方

宝塚、三田、神戸、大阪からのアクセス

宝塚市宝塚市から 所要時間 約10
三田市三田市から 所要時間 約25
神戸、大阪阪神高速
神戸、大阪から 所要時間 約30~40
神戸駅神戸駅から 所要時間 約40
大阪駅大阪駅から 所要時間 約25

JR宝塚線「西宮名塩駅」徒歩4分

ご相談・ご予約はこちら インターネット初診予約 精密拡大治療のご相談


TOP