2013年11月 « トップへ » 2014年10月

2014年9月25日

「歯医者さんになってみよう!2015」

2015年8月5日  夏休み特別イベント第7回
「歯医者さんになってみよう!2015」開催しました!

夏休み特別イベント「歯医者さんになってみよう」も今年で7回目になり、すっかりタニダ歯科医院の夏の恒例行事になっています。
歯科医師や歯科衛生士の指導のもと、子供達にプロが使う本物の器具を使ってもらって歯医者さんの疑似体験をしてもらいました。

この体験を通して子供たちに歯のことに興味を持ってもらうことによって、すこしでもお口の健康に役立てたらと思います。
今年はイベントの日時を発表してから1週間くらいで予約がいっぱいになってしまい、参加していただけない方もでるほどになっています。

今年もゲームや、これも恒例になったお化け屋敷(かなり怖いみたいです)など、いろいろ趣向をこらしました。
来年も多くの方にご参加していただけるよう、いっそうパワーアップをしていきたいと思っております。

歯医者さんになってみよう! 2015

当日の写真をすべてご覧になりたい方は、こちら!

 

2014年9月22日

「歯医者さんになってみよう!2014」

2014年8月6日  夏休み特別イベント第6回
「歯医者さんになってみよう!2014」開催しました!

夏休み特別イベント「歯医者さんになってみよう」も今年で6回目になり、すっかりタニダ歯科医院の夏の恒例行事になっています。
歯科医師や歯科衛生士の指導のもと、子供達にプロが使う本物の器具を使ってもらって歯医者さんの疑似体験をしてもらいました。

この体験を通して子供たちに歯のことに興味を持ってもらうことによって、すこしでもお口の健康に役立てたらと思います。
最近ではイベントの日時を発表してから2週間くらいで予約がいっぱいになってしまい、参加していただけない方もでるほどになっています。

今年もゲームや、これも恒例になったお化け屋敷など、いろいろ趣向をこらしました。
来年も多くの方にご参加していただけるよう、いっそうパワーアップをしていきたいと思っております。

歯医者さんになってみよう! 2014


当日の写真をすべてご覧になりたい方は、こちら!
 

2014年9月17日

2014年6月

今年も東山ポポ保育園で恒例になっている「むし歯教室」を開催させていただきました。
今年も当院の衛生士を中心としたスタッフがチームを組んでお話しをさせていただきました。
子供たちがいつも真剣に話を聞いてくれるので、この講演をわたしたちは毎年楽しみにしています。

傾向的に子供たちのむし歯は年々減少傾向になっています。
とくに東山ポポ保育園の子供たちにはほとんどむし歯がありません。
年に2回の歯科検診での早期発見、早期治療がこの結果に表れていると思われます。
うれしいかぎりです。
今後この状態が維持できるようにお手伝いができれば幸いです。

保育園むし歯教室保育園むし歯教室保育園むし歯教室

2014年9月 5日

出来るだけ歯を抜きたくない方へ

精密根管治療

生涯にわたって、自分の歯で食事をするうえで大事なことはできるだけ歯を削らない事だと考えています。しかし、むし歯が深い所にまで達していた場合や、歯の根っこの先に病巣があった場合には、やむをえず治療が必要になり、歯の根の治療をせざるを得ない場合もあります。この根の治療こそが歯の寿命を左右するのです。

根の治療は建物で言うと、基礎にあたる部分の治療です。基礎がしっかりできていないと、建物もすぐに倒れてしまいます。歯も同様で、適切な根っこの治療が施されていない歯に、かぶせ物を入れたとしても、後々、歯根の中に膿が溜まってきたり、根のまわりに腫れが起こったりして、せっかくかぶせ物をしても、再度治療が必要となってしまう場合があります。最悪の場合、歯を抜かなければならなくなるかもしれません。

この基礎工事、根管治療の最大のポイントは、根っこの中をしっかり目視し、感染物質を除去することにあります。タニダ歯科医院の精密拡大治療治療では、暗く狭い根の中の部分も拡大できるため、非常に有効です。言いかえれば精密拡大治療は歯を長持ちさせる治療なのです。

従来の根管治療の問題点
・根っこの中は、非常に複雑に入り組んでおり、入り口も小さいため、肉眼で直接見ることができない
・肉眼で見えないため、手探りの治療になってしまう
・治療後にふたをする際、細かな隙間が出来ている可能性があり二次感染が起こる可能性がある

2014年9月 4日

なぜ、かぶせ物と歯ぐきのさかい目が黒く見えるのか?

審美歯科

「以前に差し歯を入れたけど、どうしても隣の歯と合っていない」、また、「歯ぐきのさかい目が黒く見えてしまう」などと言ったお悩みをお持ちの方が、当院には多くご来院されます。高額な自由診療をしていないからと思って諦めていらっしゃるかたも多いようですが、実は審美治療において一番重要なことは、詰め物、被せ物の精度です。

保険診療と自由診療の一番大きな違いは、詰め物や被せ物の素材にあります(もちろん、値段の高い素材の方が、審美面、機能面では有利になりますが)。逆を言えば、素材が違うだけで、基本的な治療技術は一緒、すなわち、ブラックライン(かぶせ物と歯肉の間ができ黒っぽく見える現象)の理由である、適合精度においては、保険診療と自由診療でも大差がないのです。

その精度を極限までにあげるのが拡大精密治療です。拡大鏡を使用して、かぶせ物と生体をきっちりと適合させるために数ミクロンという精度で治療しています。タニダ歯科では治療をする歯科医師から、被せ物を製作する歯科技工士までが拡大鏡を使用しています。これにより、保険診療でも非常に精密で生体との調和がとれたかぶせものができ、長持に口腔内で機能させる事が出来ます。

基本のクリーニングだからこそ、一番大切に

予防歯科

生涯できるだけ自分の歯で過ごすためには早期発見、早期治療によって、できるだけ歯を削らないことです。そのためには定期健診は絶対に欠かせません。定期健診では必要に応じてレントゲン等を使用しての画像診断もしますが、やはり一番重要になってくるのは視診です。

初期の虫歯の中でレントゲンには写ってこないものや、また肉眼では判別が困難な歯の破折線(ヘアラインクラック)、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)からの排膿など、早期発見、早期処置が望まれるものは、拡大鏡を使っての高倍率目視下でなければ見つけられないものも多々あります

タニダ歯科医院の定期健診では、すべての患者さまにテレスコープを使い拡大視野での検査を行っております。裸眼では見つけられないものも、拡大することによって早期に見つけられます。精密拡大して診断するということは、生涯にわたって自分の歯を残すということにつながるのです。


2013年11月 « トップへ » 2014年10月


タニダ歯科医院へお越しの方

宝塚、三田、神戸、大阪からのアクセス

宝塚市宝塚市から 所要時間 約10
三田市三田市から 所要時間 約25
神戸、大阪阪神高速
神戸、大阪から 所要時間 約30~40
神戸駅神戸駅から 所要時間 約40
大阪駅大阪駅から 所要時間 約25

JR宝塚線「西宮名塩駅」徒歩4分

ご相談・ご予約はこちら インターネット初診予約 精密拡大治療のご相談


TOP