トップへ » 矯正治療中に下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクトボンディング法

矯正治療中に下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクトボンディング法

矯正治療中に下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクトボンディング法

田中矯正歯科医院(大垣市)
  田中 勝治
ひまわり矯正歯科(各務原市)
  三根 治
アスカ矯正歯科クリニック(柏市)
  義澤 裕
日本大学松戸歯学部歯科矯正学教室
  葛西 一貴

Indirect bonding system for locating a mandible in centric relation during orthodontic treatment

Tanaka Orthodontic Office
  Katsuji TANAKA
Himawari Orthodontic Office
  Osamu MINE
Asuka Orthodontic Office
  Yuji YOSHIZAWA
Department of Orthodontics Nihon University School of Dentistry at Matsudo
  Kazutaka KASAI

キーワード:インダイレクトボンディング, ストレート・ワイヤー法, 中心位, 顎関節
ランニングタイトル「矯正治療中に下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクトボンディング法」

連絡先:田中勝治
田中矯正歯科医院
岐阜県大垣市郭町3-25

【緒言】
Roth1-4)らは、治療目標の一つに矯正治療後の咬頭嵌合位を中心位に一致させることを挙げ、この目的達成のために矯正治療前にスプリントを用いて顎位を安定させ、S.W.A. (Straight wire Appliance)を用いて治療の簡略化を行っている。しかしながら、この方法では、"歯の形態の多様化ならびにアイデアル・オクルージョンの個別化に対応していないこと"および"矯正治療中にスプリントを装着することが困難なため治療前に決定された顎位が不安定になること"などの問題点があげられる。そこで著者らは、これらの欠点を補うべく新しいインダイレクト・ボンディング・システムを構築した。今回はその作成方法について報告する。

【方法】
1. 中心位でのオリジナル模型の付着。
2. セット・アップ模型の作製。
3. フル・スロットのアイデアル・アーチにセット・アップ模型の歯に対応したブラケットを結紮。
4. ブラケット・ベース面の作成:セット・アップ模型の臨床歯冠の中央にフル・スロットのアイデアル・アーチに結紮したブラケットを可及的に近づけ、歯牙とブラケットの空隙を即時重合レジンで埋める。
5. Original transfer tray5)の作成(上顎、下顎前歯部): ブラケット・ベース面と連結するよう、また切縁、頬側咬合面を覆うよう即時重合レジンを盛る(図1)。
6. 各ブラケットをアイデアル・アーチから外し、フルスロットの連結用ワイヤーを各ブラケットにセットした後、original transfer trayと連結用ワイヤーを即時重合レジンにて連結する(図2)。
7. ブラケットとoriginal transfer trayを分離する。
8. オクルーザル・スプリントの作成(下顎小臼歯・大臼歯部):オリジナル模型をfirst contactまで切歯ピンを下げ、5のブラケットを術前の下顎歯列へもどし、対合歯が均等に接触するよう臼歯部の咬合面に即時重合レジンを添加および削合し調整する(図3)。
9. 9口腔内でのボンディング(図4)。
10. オクルーザル・スプリント以外のoriginal transfer trayを撤去する。
11. レベリング用ワイヤーの装着。
12. 歯の動きにより、オクルーザル・スプリントの添加および削合(図5)

本論文の主旨は、第56回日本矯正歯科学会大会において発表した。

【参考文献】
Roth, R.H. : Functional occlusion for the orthodontist, J. Clin. Orthod. 15 : 32-51, 1981.
Roth, R.H. and Rolfs, D.A. : Functional occlusion for the orthodontist Part ・, J. Clin. Orthod. 15 : 100-123, 1981.
Roth, R.H. : Functional occlusion for the orthodontist Part ・, J. Clin. Orthod. 15 : 174-198, 1981.
Roth, R.H. and Gordon, W.W. : Functional occlusion for the orthodontist Part ・, J. Clin. Orthod. 15 : 246-265, 1981.
Ryoon, K. H. and Byung, C. S. : Customized indirect bonding method for lingual orthodontics, J. Clin. Orthod. 30 : 650-652, 1996.

田中矯正歯科医院(大垣市)
  田中 勝治
ひまわり矯正歯科(各務原市
  三根 治
アスカ矯正歯科クリニック(柏市)
  義澤 裕
日本大学松戸歯学部歯科矯正学教室
  葛西 一貴


トップへ » 矯正治療中に下顎を中心位に位置づけるためのインダイレクトボンディング法


タニダ歯科医院へお越しの方

宝塚、三田、神戸、大阪からのアクセス

宝塚市宝塚市から 所要時間 約10
三田市三田市から 所要時間 約25
神戸、大阪阪神高速
神戸、大阪から 所要時間 約30~40
神戸駅神戸駅から 所要時間 約40
大阪駅大阪駅から 所要時間 約25

JR宝塚線「西宮名塩駅」徒歩4分

ご相談・ご予約はこちら インターネット初診予約 精密拡大治療のご相談


TOP