«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯ぎしりとナイトガード | メイン

2018年1月 3日

明けましておめでとうございます。

本年もタニダ歯科医院をよろしくお願い致します。
院長ブログ・勤務医ブログでは昨年に引き続き、口腔内のさまざまな疾患をできるだけわかりやすく解説してまいります。

冬になると冷たい水がしみるという患者が増えてきます。

もちろん虫歯ができても冷たい水はしみますが、今年の1回目は知覚過敏のお話です。
テレビでも知覚過敏のCMは結構多いですよね。
それだけ悩んでいる方が多いという事でしょうか。

そもそも知覚過敏とはなんなのか。
言葉はよく聞くけど、知覚過敏イコールしみるというぐらいしか一般の方は思い浮かばないのではないでしょうか。
そこから解説しましょう。

歯を輪切りにするとその真ん中には神経があります。
その神経の外側を象牙質が、さらにその外側をエナメル質が覆っています。
神経からは象牙細管という神経が入っている管が無数に表面に向かって伸びています。
この象牙細管が何らかの原因で露出するのがしみる原因です。

s-IMG_6535.jpg


象牙質には象牙細管が通っています。
歯の表層のエナメル質には象牙細管は通っていません。

すなわち口腔内で象牙質が露出している部位がしみるのです。

では象牙質が露出するケースとはどのようなものがあるのか。

1.歯周病で歯を支えている骨が下がり、それにつれて歯肉も下がります。
歯肉が下がると、歯根が露出します。
一見すると歯が伸びたように見えますが伸びたわけではありません。

歯根の表面はエナメル質ではなくて象牙質です。
象牙質には神経の枝(象牙細管)の末端が来ているのでしみるという事です。
一般的にはこのパターンが一番多いです。
定期的な歯周病の治療が必要です。

2.ハブラシの圧力が強すぎると歯肉が下がってやはり歯根が露出してしみます。
歯肉が下がらなくても、歯の表面のエナメル質が削れて象牙質が露出してしみる事も多々あります。

ハブラシは軽く握って、あまり強く押しつけない事です。
人それぞれ歯肉の状態は違うので、わからない方は一度歯医者さんでブラッシング指導をしてもらうと良いかもしれません。
あと電動ハブラシでも歯肉は下がりやすいです。
ですから歯肉が下がりやすそうな方には、私は電動ハブラシは勧めません。

3.歯肉が下がる原因の一つに、過度のくいしばりや歯ぎしりがあります。
過度のくいしばりや歯ぎしりが有ると、歯に強い力がかかって歯肉が下がり、なおかつ歯の根元が欠けて象牙質が露出し冷たい水がしみます。
誰もが多かれ少なかれくいしばりや歯ぎしりはします。

口を開いたままひと晩中寝てる人はいないわけですから。
就寝中に歯ぎしりやくいしばりを自分でコントロールする事は出来ません。

対処法としてはナイトガードというマウスピースを就寝中に装置する事です。
オーダーメイドで作成するので、ほとんど違和感なく装置できます。
もちろん保険適用です。

知覚過敏その部分への処置としては、まず薬物塗布です。
但し現在出ている薬物(硝酸カリウムの作用機序で象牙細管を塞ぐ)で1回で完全に知覚過敏を止める薬は残念ながらまだ出ていません。
通常は3〜4回の薬物の塗布です収まってくるケースが多いです。

あとはレーザーを照射する方法もありますが、歯の神経に炎症を及ぼす可能性があるので私は使いません。

あとは歯磨剤の中に知覚過敏効果のあるものを使う手もありです。

但し使用を止めると再発する傾向にあるようです。
しみるという症状は口腔内で割と多く起こる現象であり、歯科医院への来院のきっかけでは一番かもしれません。

しみるという症状は口腔内のかなりの疾患にでる症状です。
まとめると
①虫歯②歯周病③口内炎④咬合性外傷による摩耗⑤知覚過敏⑥不良なプラークコントロール⑦ヘルペス⑧酸の過剰摂取(炭酸飲料など)⑨歯ブラシ摩耗など多々あります。

口腔ガンの症状の中にもしみる症状はあります。

風邪は万病のもとという言葉がありますが、お口の中がしみる場合も安易に考えないで、歯医者さんで確定診断をしてもらう事をお勧めします。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院 院長 谷田英輔

医療法人社団
タニダ歯科医院

院長 谷田英輔

症例、お口や歯に役立つ情報などを掲載していっています。タニダ歯科がどんな治療方針や治療そのものを知ることができます。

<略歴>
1984年 関西学院大学法学部法律学科卒業
1990年 朝日大学歯学部卒業(旧岐阜歯科大学)
1996年 タニダ歯科医院開設
2000年 第1次タニダ歯科医院増改築
2002年 医療法人社団タニダ歯科医院へ法人化
2007年 第2次医療法人社団タニダ歯科医院増改築
2013年 第3次医療法人社団タニダ歯科医院増改築

<所属学会・終了研修会>
臨床研修施設指導医
大阪口腔インプラント研究会
NDIF(日本歯科インプラント連盟)
国際歯周内科学研究会
大阪口腔インプラント研究会100時間コース
JIADS 3I インプラントコース
Nobel Biocare プローネマルク&リプレース インプラントコース
SOB 矯正セミナー Step up Course
SOB 矯正セミナー wake up Course
SOB 矯正セミナー Get up Course
社団法人日本糖尿病協会 歯科医師登録医
日本救急医学会認定ICLSコース
The Japan Institute for Adbanced Dental Studies 歯周病コース
JIADS 再生療法 エムドゲインコース
JIADS 再生療法 GTRコース
国際歯周内科研究会 生田コース
国際歯周内科研究会 福重コース
国際歯周内科研究会 塚本コース
3Mix-MP法 ベーシックコース
3Mix-MP法 アドバンスコース
CO2レーザー研修会 By Dr.堀江
DENTRADE ホワイトニングセミナー
床矯正研究会セミナー
他多数

<校医・その他>
日本歯科医師会 会員
西宮市歯科医師会 会員
東山台小学校校医
東山幼稚園園医
名塩小学校校医
ポポ保育園園医

勤務医ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ