«  2018年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年7月19日

こんにちは!歯科医師の今泉です。
突然ですが題名でもありました、
かかると嫌で、役に立つものとはなんでしょう?


それは唾液です!
興奮して喋り相手にツバが飛んでしてしまったり、
うたた寝していたらツバが腕にべっとり付いていて
テンションが下がってしまうことありませんか?

また、唾をつけるや天に唾するなど
あまりいい意味にも使われない可哀想な液体です。


ちょっと嫌われがちなツバ(唾液)ですが実はすごいんです!!
今回はみなさんに唾液のすごさを知ってもらい
唾液の名誉を回復したいと思います。

唾液ってどんなことしてくれるの❓

1️ 細菌が入ってくるのを防いでくれる

唾液には抗菌作用があり、
口を通して細菌がからだの中に侵入することを防いでくれます。

2️ 虫歯になりにくくする

むし歯菌が食べものの付着した歯の表面に生息すると、
そこの付着物を取り込んで酸を出します。
この酸は歯を溶かし穴があけ、むし歯にしてしまいます。
唾液には、酸性に傾いたお口の中のを
中性に戻す作用があります。
こうした作用を緩衝作用といいます。
緩衝作用が強ければ強いほど
むし歯に強い環境を作り出してくれます。

補足
緩衝作用とは
酸性とアルカリ性をある一定の範囲に保つ作用です。
酸性・中性・アルカリ性とは
食酢や果汁のように、すっぱい味のするものは酸性、
草木を燃やしたあとにできる
灰を水に溶かした灰汁(あく)のように、
苦い味のするものはアルカリ性です。
その中間が中性です。
お口の環境は中性が理想なんです!


3 虫歯になりにくくする

むし歯になると自然に治ることはありませんが、
むし歯に至る一歩手前の状態があります。
そんなときは、歯の表面が過度に白くなっています。
唾液の中には、
カルシウムやリン酸といった
さまざまな無機物成分が含まれています。
これらの成分が、むし歯の前段階である、
歯の表面が白くなった状態のときに、
元の状態に戻そうとしてくれる作用を発現します。
(再石灰化作用)


4️ 口の中に傷をできにしてくれる

口の中には舌や頬、唇などの軟らかい部分があります。
歯は、骨よりも硬いという性質があり、
そんな硬い部分が話をする時、食べる時、
ずっと軟らかい部分に当たり続けています。
唾液には、
軟組織部の動きを滑らかにする潤滑剤の作用があり、
こすれて傷を付けるのを防いでくれています。


5️ 食べ物を消化を助けてくれる

唾液の中には、
アミラーゼという酵素成分が入っています。
これは、でんぷんを分解する作用がある消化液の一種です。
食べ物を噛めば噛むほど、唾液はたくさん出されます。
言い換えれば消化液がたくさん出てくることになり、
お米やパンなどの炭水化物が消化されることになります。
この作用があるおかげで、消化時の胃腸の負担を軽くしてくれます。

唾液を少し認めてもらえましたでしょうか❓❓

20180719imaizumi1.jpg

唾液は成人では1日あたり1~1.5リットル程度出されます。

しかし、30代をピークにして減少し始めます。
70代にはピーク時の3割ほどにまで減少してしまいます。

どうしても加齢とともに減少してしまうのですが、
唾液を出す方法はいくつかあります!
その方法や対策など
タニダ歯科医院で説明させていただきますので、
お困りの方は是非お越しください。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年7月12日

こんにちは、歯科医師の重田です。

この度、西日本では各地で大雨による災害が起こりました。

多くの方が犠牲になり、
現在でもたくさんの方が避難され、
厳しい日々が続いています。
犠牲にあわれた方に対して遺憾の意を表するとともに、
一刻も早く日常が戻ることを願っています。

さて、4年に一度のサッカーW杯も
大詰めを迎えようとしています。

僕は色んなスポーツが好きなんですが、
サッカーを観るのが一番好きなので、
寝不足の毎日からようやく解放されそうです。
それと同時にサッカーを観れる毎日が
終わってしまう寂しさでいっぱいです。
大会前から公言していますが、
僕の優勝予想はフランスです!
決して決勝に進んだからではないです笑

サッカーのお話はこれぐらいにして、、、


本日は歯周病について。

歯周病といっても
歯周病と糖尿病との関わりについてお話します。

20180712sigeta.JPG

まずは、ペリオドンタルメディシンという言葉。

これは歯周病と全身疾患との因果関係、
関連性を解明する学問をさします。
ヒトの口腔内には
300〜500種類もの細菌が生息しています。
口腔内に原発する病巣感染が
二次的に全身疾患の原因となりうるという概念は、
歯性病巣感染説として、
1910年代より提唱されていました。
歯性病巣感染と最近性心内膜炎の関連性はその代表例です。

近年、歯周病は単純に口腔局所の感染症としてではなく、
細菌の供給源としてあるいは末梢の種々の
臓器に影響を及ぼす可能性のある軽微な慢性炎症として
とらえられるようになりました。

これまで歯周病と関連すると報告されている疾患は、
糖尿病、冠状動脈心疾患、肥満、早期低体重児出産、
誤嚥性肺炎、骨粗鬆症、免疫疾患などがあります。


①糖尿病と歯周病
糖尿病はいくつかに分類され、
1型糖尿病、2型糖尿病が主を占めます。

1型糖尿病の多くは若年期に発症するため、
加齢、喫煙といった歯周病に対するリスクファクターが
排除されるため、糖尿病と歯周炎の関連性を考察しやすい。
若年性の1型糖尿病患者では
およそ10%以上が歯周炎に罹患しているのに対して、
全身的に健康的な同年代の若年者群では
約1%程度にすぎない。


2型糖尿病と歯周病の関連性は、
2型闘病病患者は同年代の非糖尿病者に比べ、
歯周病の新規発症率が約3倍高いと報告されています。


歯周治療が2型糖尿病に及ぼす影響として、
局所抗菌薬投与を併用した歯周治療を行うことで、
腫瘍壊死因子の血中濃度が減少し、
インスリン抵抗性が改善することが示されている。
すなわち慢性歯周炎を放置することは
インスリン抵抗性を介して、
2型糖尿病の病態への
負の影響を及ぼすことになる。


ここでインスリン抵抗性とは、
種々の原因により
インスリン負荷に対してブドウ糖の組織摂取量が
低下すること、
すなわちインスリン感受性の低下と定義されています。
インスリン抵抗性は、
肥満、感染症、ストレス、過剰脂質摂取などの
環境要因により惹起され、
なかでも内臓脂肪蓄積型肥満は
種々のメカニズムを介して
インスリン抵抗性の成立に関与する。
脂肪細胞はインスリン感受性細胞であるが、
脂肪細胞からは
アディポサイトカインと総称される生理活性物質が
産生、分泌されており、
これがインスリン抵抗性は
もとより肥満患者に高頻度に発症する
動脈硬化の成立に関与すると考えられている。


また、糖尿病と歯周病の相互作用についてです。

1)糖尿病から歯周病への作用

糖尿病が歯周病のリスクファクターとなる機序としては、

タンパク質が非酵素的に
酸化反応を繰り返してつくられる最終糖化産物が
関与するとの説が提唱されている。
タンパク質や脂肪が糖化した最終糖化産物は、
マクロファージのスカベンジャー受容体を介して
マクロファージに取り込まれる際に
TNF-α、IL-6といった炎症性サイトカインや
活性酵素を産出させ、
これらが歯周組織破壊に関与すると考えられた。


2)歯周病から糖尿病への作用

歯周病が進行した状態では
一過性の菌血症やリポ血症が頻発し、
その結果抗原物質の血中濃度が上昇する。
生体側では活性化された免疫担当細胞が
多数集積し、種々の生理活性物質を絶えず産生する。

TNF-αをはじめとする炎症性サイトカインは、
このような状況下で多量に産生される。

すなわち、歯周病を放置することは、
恒常的に炎症性サイトカインを増加させ、
インスリン抵抗性を介して
糖尿病の病態を悪化させることになる。

このように歯周病は歯だけの問題ではありません。

全身の健康のためにも歯周病の予防は大切なんですね。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年7月 5日

こんにちは、口腔外科専門医の豊原です。


すっかり夏になり、
毎日かなりの暑さが続いていますが、
皆さま夏バテなどされていませんでしょうか?
ワールドカップにウィンブルドンなど、
ついつい夜更かししてしまう今日この頃ですが、
日本は大健闘でしたね。
寝不足だけど、なんだか爽やかな余韻に浸れました。


20180705toyohara1.png

さて今回は、神経痛について触れたいと思います。
口腔領域で神経痛というと、
顔面神経痛を思い浮かべるでしょうか。
もちろん顔面神経は口腔領域の重要な神経ですが、
歯の痛みはこの顔面神経が関与するのではなく、
三叉(さんさ)神経の支配によるものです。
三叉神経は文字通り
神経の根元から三つに分かれて出てくる神経で、
眼と上顎と下顎に向かいます。
知覚だけでなく、
口を開け閉めする筋肉にも作用し、咀嚼を司ります。
これに対し、
顔面神経は顔の表情筋、涙や鼻の分泌、味覚に
関与しています。

顔面痛の約半数が特発性と言われ、
三叉神経に多発します。
特発性とは、
①原因不明
②発作性の激痛
③発作のないときは異常がない
④前駆症状がない
⑤発作の誘発部位がある
⑥痛みが解剖学的に神経支配領域に一致する、
等に該当するものを指します。
すなわち、
反対側におよぶ痛みや持続する痛みは
症候性神経痛といって、
疼痛を引き起こす原疾患がある場合が多く、
その治療を行うことで痛みが軽減します。

特発性の三叉神経痛は
40~60歳の女性に多くみられ、
数日に1回から一日数十回の発作が生じます。
初期は発作は数秒間ですが、
次第に時間は延長し、
発作間隔も短くなる傾向があります。
また、疼痛範囲も拡大し、
広範囲に及ぶこともあります。
激痛時は苦悶状態となり、
流涙、唾液分泌過多を起こします。
顔面筋の痙攣を伴うこともあります。
発作は自発的に生じることもあれば、
咀嚼や圧迫、洗顔、風に当たる、
ひげを剃るなどの接触、
精神緊張などが動機になり得ます。
睡眠中や入浴中は発作は起きず、
入浴により痛みは軽減します。
痛みの原因の神経はレントゲンには写らないうえ、
痛み自体、患者さんの主観であるため、
神経痛の診断はなかなか難しいものです。
特発性の神経痛なら
その特徴を的確に捉えれば診断は可能ですが、
主観的な痛みは教科書通りにはいかず、
診断に苦慮することも多々あります。
いわゆる症候性の神経痛の場合、
脳腫瘍や脳血管疾患、耳鼻科領域の腫瘍、
歯科領域の他の疾患(虫歯や歯根の疾患、骨病変、
副鼻腔炎、顎関節症、義歯の不適合、
粘膜炎、唾液腺炎、癌、)、
帯状疱疹、内科疾患が関与することもあり、
顔の痛みだけど、
専門の脳外科や耳鼻科、内科を
受診するのも大切なことです。

神経痛の治療としては、
普通の鎮痛剤はあまり効果がなく、
カルバマゼピンの内服が有効です。
しかし、この薬は副作用も伴うため、
慎重な管理が重要です。
内服治療があまり有効でない場合は、
神経ブロックを行うこともあります。
神経ブロックはペインクリニックで行うのが一般的です。
これらの対症療法でも効果が明白でない場合は、
脳外科的な外科治療や
東洋針治療が有効であることもあるようです。

ワールドカップ、
この先は日本を破ったベルギーを応援したいと思います。
スポーツって素敵だなと改めて思わせてくれた
日本代表選手に感謝です。
皆さんもスポーツを色んな形で楽しんで下さいね。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年6月28日

こんにちは。

さて皆さん最近どうでしょう?
朝晩の寒暖の差が激しくて風邪は引いていませんか?
6月中旬にもなり、
最近では学校検診の結果を持った子供たちが増えてきました。
皆さんのお子様のお口の中は状態はどうです?
・・・って、言いながら
自分の子供の口の中に
ちゃっかり虫歯を作ってしまった歯科医師の久貝です。


皆さんのお子様は歯医者さんは好きです?嫌いです?
一応自分の子供は
「あぁ~、お父さ~ん!」って言いながら、
治療台の上に乗ってきてくれます。
ですが、やっぱり怖いですよねぇ...歯医者・・・
自分も小さい頃は死ぬほどにイヤでした・・・歯医者
なので、泣かずに治療台の上に寝ている子供たちが
本当に偉いと思います。
歯医者は大人でも怖い、痛い
というイメージを持ってしまいますよね。
大人なら怖いと思う気持ちがあっても、
それを我慢する事ができますが、
小さい子供は我慢ができませんから、
頑張ってはみるんだけど
途中から怖くて泣き出してしまったり、
じっとしていられず暴れてしまうのも無理ありません。

子供が歯医者で暴れるのは、恐怖心と痛みです。
ほとんどの場合はそれほど痛くはないのに、
口の中に金属の得体の知れない物を入れられ、
眩しいライトで周囲がよく見えず、
消毒液とかのニオイがいかにも病院をイメージさせ、
痛くはないけど怖い方が勝ってしまうのがほとんどです。

観念して治療を受け入れようとした時に、
麻酔の針の痛みや、
治療に使うタービンが回転する音にびっくりしてしまう、
先生は大丈夫だって言ったのに痛いよ?と
わけが分からなくなり、
その結果パニックになってしまうのです。
こうなったら大人でもちょっと怖いですから、
それを2歳、3歳、4歳ほどの子供に
我慢しろという方が無理ですよね。

こういう時に大切なのが、
子供に恐怖心を植え付けない事です。

普段家では歯磨きをどうしているでしょうか?
例えば普段から歯磨きをしない子供に、
「歯医者さんに行って痛い事してもらうよ!」
なんて脅かすような事を言ってしまうと、
子供は歯医者を怖いところというイメージを
持ってしまいます。
「自分が悪い子だから歯医者に連れてこられた!」など、
誤解を招く事はしないのが一番です。

歯医者は怖いところではなく、
虫歯を治療するところということを理解させる事が大切。

虫歯を放置すると痛くなってもっと大変になるから、
日頃から歯磨きが大切な事を教え、
もしも虫歯になったら早く治す方が痛くない、
怖くないんだという事も教えておくと
子供も少し安心できます。
安心してから治療に入れば、
いきなり泣き叫ぶ、暴れる事も少なくなります。
頑張ったけどダメだった、
さらに医師に怒られるでは
子供も自信喪失状態になってしまうでしょう。
それでは何かしら、
子供の不安を取り除く方法は無いでしょうか?

「笑気ガス麻酔」というものがあります。

20180628kugai1.png

聞いたことはありますか?
歯科治療への恐怖心を取り除くために行う「笑気麻酔」は、
医師の管理下ならば危険性が低い上、
保険適用の鎮静法です。

しかし、その詳しい効果については
あまり知られていないと思います。
その効果や、安全性について知ることができれば、
歯医者を遠ざけていた方々も、
歯医者に行ってみよう! 
という気持ちになれるかもしれません。

笑気ガス麻酔っていうのは、
本来「笑気吸入鎮静法(しょうききゅうにゅうちんせいほう)」
といわれるもので、
その名のとおり、
「笑気」を吸って不安や恐怖心を軽減させ、
気持ちを落ち着かせる方法です。

笑気は全身麻酔にも用いられますが、
歯科治療における笑気麻酔では、
30%以下の低濃度笑気を、
70〜80%の高濃度酸素と混ぜて使用します。

大学病院では普通に使用していたので、
その効果は僕も目の当たりにしていました。
その効果は絶大でした。
実際に麻酔がどのように行なわれるのかも気になるところです。
簡単に手順をお伝えしましょう。
麻酔は通常の診察台を少し起こした、楽な体勢で行われます。

20180628kugai2.png

20180628kugai3.png


①笑気吸入装置に繋がった、専用のマスクを鼻に乗せます
②鼻だけで呼吸し、ガスを吸入しはじめます
③5分ほどで効果が表れます
④ガスを吸入し続けながら、治療を開始
⑤治療終了後マスクをはずし、自然呼吸に戻します
⑥意識がハッキリするまで数分間安静にします
(100%酸素を吸入する場合もあります)
⑦フラフラしたり気分が悪かったりしないことを
確認して、帰宅

笑気麻酔を受けた患者さんからは、
「ぼーっとした」「手足がぽかぽかした」
「音が遠くに聞こえた」「ほろ酔い気分」
などの感想が多く聞かれます。

全身麻酔では意識が消失し、
静脈内鎮静法では治療の記憶がほぼないほどウトウトします。
しかし、笑気麻酔の場合、
笑気の濃度が薄いため麻酔作用も薄く、
治療中も意識があり、医師との会話もできますし、
治療中の記憶も残ります。
ただ少し頭がぼんやりし、
緊張が和らいで治療中もリラックスしていられるのです。
笑気麻酔には、不安を和らげ、緊張をとき、
精神的にも肉体的にも
リラックスした状態にする作用があります。
治療中の痛みや不安を感じづらくなるため、
治療もスムーズに行え、治療後の疲労感も違ってきます。
歯医者嫌いの方でも病院に行きやすくなるでしょう。
また、歯医者さんへ気兼ねなく行くことができれば、
病気の早期発見、早期治療がしやすくなります。

僕の見ていた子供の患者も、
最初は泣いて嫌がってましたが、すんなりできました。
また、子供の中でも「自分で出来た!!」
っていうのが自信に繋がったのでしょうね。
2回目からは、笑気ガス無しで自分から診療台に上がり、
すんなり口を開ける事が出来ました。
僕も流石にびっくりしました。
もしも、子供の治療でお困り方が居られましたら、
ご相談ください。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年6月21日

こんにちは、歯科医師の池田です。

「歯を白くする方法=ホワイトニング」
と考えている方が多いと思いますが、
歯の状態や白くする内容によって方法が変わってきます。


歯の着色(ステイン)の場合
色の濃い食べ物・飲み物は歯の着色の主な原因の一つです。
例を挙げると、
カレー、コーヒー、ワイン、チョコレートなどが代表的です。
食べ物ではありませんが、
タバコも歯の色に大きな影響を与えます。
食べたりした場合は、
なるべく歯に色が移らないうちに
早めに歯を磨いたり口をゆすいだりする、
というケアが有効です。
また唾液は、
歯の色素沈着を防いでくれるはたらきがあります。

ホワイトニング歯磨き粉にも
研磨剤が含まれており、歯の表面、
その奥に付着したステイン・着色を落としてくれます。
この研磨剤により歯についてしまったステイン・着色が
落ちて白くなったと実感できますが、
実際に歯の表面を白くしてくれるわけではないです。
しかし、研磨剤は歯の表面を傷つけてしまうことで
余計に着色しやすくなってしまう場合もあります。

上記の方法を使っても落ちなくなった
しつこい汚れやステインは、
お口のクリーニングで使用する専用の器具で
ステイン除去と表面をツルツルに磨くことができます。

20180621ikeda.jpeg

昔治療した所の着色
虫歯の保険治療などで使用される詰め物や被せ物は、
時間が経つと変色してしまいます。
表面を研磨することで着色を落とせる場合もありますが、
それでも変わらない場合は
詰め直しや被せ物の作り直しが必要になります。


元々の自分の歯を白くする方法
ホワイトニングはこれにあたります。
ホワイトニングには生きている健全な歯に行う場合と、
歯の神経を取っている歯に行う場合があります。

生きている健全な歯に行う場合
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。
オフィスホワイトニングは
歯科診療所で行うホワイトニングです。
濃度の高いホワイトニング剤を使用するため、
回数は少なくホワイトニングを行えますが、
歯にしっかり薬剤が浸透しないため
後戻りまでの期間が短めになります。

ホームホワイトニングは
自宅で行うホワイトニングです。
自分で扱いやすいよう
濃度の低いホワイトニング剤を使用するため、
色の変化は緩やかで時間と回数がかかります。
オフィスホワイトニングと比べて
後戻りまでの時間が少し長くなります。


歯の神経を取った歯に行う場合
歯の神経を取った場合時間が経つと
本来の歯の色よりも濃く変色してくることがあります。
これを白くする場合は
インターナルブリーチとよばれ歯の根の治療の後に、
歯の神経があった部分に
ホワイトニング剤をいれて白くしていきます。
ただし、ガスなどが発生し内圧が上がることから
ヒビなどが入っていないが
丈夫な歯質が残っていることが条件になります。


ホワイトニングの注意点としては、
歯が白くなったという実感には
個人差があるということです。
また、望み通りの白さにはならないこともあります。
そのため、
ホワイトニング前の状態を写真に撮っておき、
定期的に見比べることで、
自分の歯がどれだけ白くなっているかを
確認した方がよいと思います。


後戻りを防ぐ方法としては、
最初に記載した着色のしやすい食べ物や
タバコなどを控えることをオススメしますが、
難しい場合はやはり口をゆすいだり、
歯磨きをすぐに行う方がよいです。


食べ物のほとんどに色が付いているため、
日々着色はしていきます。

歯の色が気になる方も多いかと思いますが、
自分がどのタイプなのか気になる方は
気軽に相談してくださいね。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年6月14日

こんにちは、歯科医師の川村です。

歯石って・・・何?


20180614kawamura.jpg

百科事典を調べてみると、
『歯および義歯などの表面に堆積する硬い物質』をいう。
歯石は血清または唾液中の無機塩類が沈着して、
歯垢が石灰化することによって形成される。
形成初期の歯石は軟らかいが、
古くなると無機質の含有量を増して硬くなる。
歯石は歯垢と並んで
歯肉炎または歯周炎の有力な原因である。
歯石中の無機質は
リン酸カルシウム75.97%、
炭酸カルシウム3.17%、
リン酸マグネシウム3.77%であり、
有機質はタンパク質8.34%、
脂肪2.71%、
水分その他6.04%
となっている。

歯石は堆積する場所によって
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石とに分けられるが、
化学的組成はほぼ同じである。
歯肉縁上歯石は、
歯肉の辺縁より上部(歯冠部)に堆積する帯黄白色の歯石で、
直接観察することができる。
歯肉縁下歯石は、
歯周炎によって歯肉が歯の表面から剥離したために
形成される「すきま」(歯周ポケット)の
歯根表面に堆積する黒褐白の歯石で、
歯肉縁上歯石より硬く、
また強固に付着している。
と書いてあります。
少し分かりづらいですね・・・。

分かりやすく言うと、
歯石(calculus)とは、
歯に付着したプラークが石灰化したもので、
容易に除去できない歯の沈着物のことです。
歯肉縁(歯と歯茎の境目)より
上にできるものを歯肉縁上歯石、
歯肉縁より下(歯周ポケット内)にできるものを
歯肉縁下歯石と呼んでます。
音だけ聞くの難解に聞こえますが、
漢字で書くと何となく分かってくれるような気がします。
歯肉縁上歯石は、
少し黄色がかった白色をしています。
歯肉縁下歯石は、少し黒っぽい色をしています。


よく健診に来て頂いた時に、
口の中の写真を見ると思います。
特に下の歯の裏側
の写真を見ることが多いと思います。
その時に、歯の縁についている白い物・・・。
それが歯石です。

下の歯の裏側は、
よく歯石が溜まりやすい部分になります。
では、どうして??
歯石は、どうやって出来るのでしょうか? 
上部に書いてある通り、
歯石は、歯垢に唾液の成分が沈着して石灰化したものです。
なので・・・、
唾液の出口の近くは歯石が出来やすいのです。
また、下の前歯の裏側は、
歯ブラシでの清掃が難しい所で、
歯垢が溜まりやすいということも理由に加味されて、
歯石のつきやすい場所になっています。

因みに・・・、
唾液の出る場所は大小いろいろあるのですが、
一番多くの唾液が出る出口が、
舌下小丘と言われる場所です。
(読んで字のごとく、舌の下にある小さな丘)
舌を上に上げると
スジの根元の両側に少し高まりがあると思います。
そこが舌下小丘です。そこから唾液が出てきます。

下の前歯の磨き方は、
歯ブラシを縦にして、毛先を歯の裏にしっかり押し当てて、
上下に動かしてみがく。
下の前歯の裏側は、ハブラシのかかとを使うと、
うまく磨けます。
ただ、どうしても自分で磨くには限界があります。
そこは定期的な健診、クリーニングで除去していきましょう。

画像引用:臨床歯周病学会


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年6月 7日

こんにちは、タニダ歯科医院の歯科医師の片山です。
今回のブログはメタルフリー修復についてです。
昨今、口腔内の金属によるアレルギーが問題視されています。

金属アレルギーが疑われる場合は、パッチテストと言って、どの金属がアレルギ-を引き起こしているか調べることが可能です。
歯科で使う金属は合金ですので、数種類の金属が混ざっています。
パッチテストではそのすべての金属でのアレルギー反応を調べます。
もし金属アレルギーが疑われる場合はご相談ください。

そこで金属を使わずに口腔内の欠損部を修復する方法が進化していきました。
それにはどのような材料があるかといえば
陶器、硬いプラスチックなどです。
陶器と硬いプラスチックを混ぜたハイブリッドと呼ばれる材料もあります。
それぞれの材料にはそれぞれメリット、デメリットがあります。
陶器のデメリットは硬いが靭性、つまり粘り強さが無いので、
衝撃に弱く割れやすいです。
しかし、最近の陶器には靭性の少なさをカバーするくらいの硬さがあるジルコニアという名前の材料もあります。
陶器のメリットは、色調が綺麗で透明感があることがあります。
更に、磨かれた陶器にはプラーク、つまり、磨き残しがほとんど付かないことにあります。
なので被せ物が陶器の場合、歯茎に接しているところの歯肉は安定しやすいということになります。
硬いプラスチックのメリットは操作性に優れているということがあげられます。
口腔内で固められ、歯に接着する材料が含まれている場合には強固に歯にくっつきます。
デメリットは硬さが脆く欠けやすいことが第一に挙げられます。
なので、歯が広範囲に失われている場合や、歯と歯の間に修復する場合には、使えない場合があります。
歯の神経を抜いた場合には土台を立てて、その上に修復していきます。
この土台にもメタルフリーの流れがきており、
ファイバーと呼ばれる材料が使われるファイバーコアと呼ばれるものがでてきました。
ファイバーコアは竹のようにしなり、歯の破折のリスクを減らすことができます。
歯が破折してしまっては被せ物どころか抜かなくてはならないことがあり、
とても良い修復方法です。
この土台を装着した上に被せ物がきます。
それはメタルフリーの場合には先程あげさせていただいた陶器や硬いプラスチックなどがあります。
メタルフリーで陶器で全て被せ物をすると上記であげた以外にもメリットがあります。
それは、歯茎が下がりにくくかつ、光を透過するので、
歯茎の際が被せ物の影により、黒くならないことにあります。
光が歯茎を通って暗くならないのを表現している写真光を貼っておきます。

20180607katayama1.png

向かって右側が全てセラミックで出来た被せ物で、左側が内面に金属を使った表面が陶器の被せ物です。

土台も実は歯茎の色調に関係しています。
メタルを使っている場合は、メタルの金属が溶出し、歯茎が黒くなることがあります。
全部が全部、そうなるわけではないのですが、キワの歯茎が暗くなります。
当院で使わせてもらっているファイバーコアとメタルコアの説明用の用紙の写真を貼ります。
お渡しすることも出来ますので、いつでも言ってください。
20180607katayama3.png

わからないことも沢山あると思いますので、お気軽にお尋ねください。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年5月31日

こんにちは。歯科医師の村重です。

雨の降る日が増え、
蒸し暑さを感じることも多くなりました。
皆さん如何お過ごしでしょうか。

最近、特に若い患者さんから
「口を開けると顎がカクカクする」
「物を噛んだときに顎が痛い」
といった相談を受けることがよくあります。
口を開けたり、食事をするのは
日々の生活のなかで不可欠なことなので、
これらに不自由があると
日常生活の質を大きく下げることにも繋がります。
こういった症状の際によく耳にするのが
「顎関節症」という言葉だと思います。
テレビなどで取り上げられることもあり、
よく知られています。

20180531murasige.png


では、顎関節とはどういった病気なのでしょうか。

まず、大きな特徴として

①口を開こうとすると
顎関節(耳の穴の前にあります)や顎を動かす筋肉が痛む。
②十分には大きく口を開けられない。
③口の開け閉めで顎関節に音がする。

という症状がでます。

このうち一つでも当てはまるものかあり、
鑑別診断で他の疾患がない病態を
「顎関節症」といいます。
また、一言に顎関節症といっても原因は様々で、
以下に示すような分類があります。

1)筋肉の障害によって起こるタイプ(Ⅰ型)
筋肉が何らかの原因で緊張して硬くなり
血液の循環が悪くなるために痛みを生じる。
咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋からなる
咀嚼筋を中心に痛むので頬やこめかみのあたりが痛むが、
痛みは鈍く部位を特定しにくい。
また、押すと強く痛むトリガーポイントという
コリコリしたしこりができることがある。
頭部、首、肩など離れたところに関連痛が起こる。

2)関節包・靱帯の障害によって起こるタイプ(Ⅱ型)
顎関節の関節包みや靱帯などの線維組織に
力が加わって捻挫を起したようになり痛みを生じる。
関節包炎、滑膜炎などを起し、
あごを動かすと顎関節部が痛む。


3)関節円板の障害によって起こるタイプ(Ⅲ型)

関節円板が本来の位置から前に
ずれたままになってしまう状態のことで
「関節円板前方転位」という。


<クリック(カクカク音)>
口を閉じたとき本来は
下顎窩の中にあるべき関節円板が、
下顎窩の前方にズレて出てしまっている。
口を開けようとすると
回転して前にすべり出してきた下顎頭が
関節円板の下に強引にもぐり込み、
上に乗せたときに「カクン」と音が出る(クリック)。
口を閉じるときに
下顎頭から関節円板が外れるときも同様に音が出る。
(口を開けたときには関節円板が本来の位置に戻るので
「復位を伴う関節円板前方転位」という)

<ロック(クローズド・ロック。口が大きく開けられない)>
さらに進むと、
口を開けようとするとき前に出ようとする下顎頭が
関節円板の下にもぐり込めなくなり関節円板を
上に乗せられなくなる。
こうなると関節円板が邪魔して
下顎頭が下顎窩の前に出られなくなるので、
口が大きく開けられなくなる。(クリック音はしない)
(口を開けたときも関節円板が本来の位置に戻らないので
「復位を伴わない関節円板前方転位」という)


4)変形性関節症によって起こるタイプ(Ⅳ型)
顎関節に繰り返し強い負荷がかけられたり、
長い間続いたときに、
下顎頭の表面が吸収されてその回りに
新しい骨がつくられることがある。
口を開け閉めすると
「ゴリゴリ」「ジャリジャリ」といった音がして、
滑膜炎など周囲の炎症を伴うと顎関節が痛む。
骨の変形は必ずしも異常な変化ではな
く無症状の場合もあり、
またある程度進むととまる場合が多い。


次に、顎関節と診断された場合の治療法について説明します。
上記の分類によっても細かくは異なり、
症状によっては外科的な治療を行う場合も希にありますが、
基本的には保存的治療で対処します。
通常は鎮痛薬の規則的な服用で
関節内の炎症を鎮めるとともに、
スプリントといわれる、プラスチックの板を
歯列全体にかぶせる治療が一般的です。
スプリントは、
噛みしめ時の顎関節の負担を軽くする治療法です。
これで痛みが軽快しないときは
関節の中(関節腔内)に局所麻酔をして、
徒手的にズレた関節円板を治したり、
また炎症がひどいときは、点滴注射で関節の中を洗い、
潤滑剤を注入することもあります。
これらの治療法に理学療法や場合によっては
手術を組み合わせて治療に当たっていきます。

20180531murasige1.jpg

また、御自身で行えることで
一番大切なことはアゴの関節に負担をかけないことです。
うつぶせ寝、睡眠不足、フランスパン、
ビーフジャーキー、タコ、イカなどの硬い食品や
大きな食品を避ける、
歯を噛みしめる癖を直すことが大事です。
さらに筋肉のマッサージは自宅でもできます。
直接顎に負担のかからない生活を心掛けましょう。
なにかおかしいな、と思ったら
歯科医院にて早めにご相談頂ければと思います。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年5月24日

こんにちは。歯科医師の今泉です。

今回は喫煙者の方には辛い内容ですが、
タバコについてお話ししたいと思います。


今やタバコは百害あって一利なしと言われ、
吸える場所も減り値段も上昇と
タバコを吸う方にとって辛い時代になっていますね。
私はタバコを吸われてる方に禁煙指導をしていますが、
「やめたくてもやめれない」や
「歯には関係ないでしょ」とよく言われます。

では、なぜタバコはやめれない方が多いのでしょうか❓

20180524imaizumi.jpg



❶タバコの成分

タバコの煙には、
4,000種類の化学物質が含まれています。
その中には、何と200種類以上の有害物質が含まれ、
発がん性物質は50種類以上にのぼります!
有害物質のなかでもよく知られているのは、
ニコチン、タール、一酸化炭素です。
そのほかにも、
ペンキ除去剤に使われるアセトンや、
アリの駆除剤に含まれているヒ素、
車のバッテリーに使われているカドミウムなど、
体に大変有害な物質がタバコの煙に含まれています。

❷やめれない理由

実は、タバコを吸って落ち着くのは、
体内のニコチンが切れて
「イライラする(ストレス)」ところに、
タバコを吸ってニコチンを取り込んだことで、
イライラが解消されるためです。
ニコチンの欠乏と補給に左右される症状は、
ニコチン依存症によるものです。
ニコチンは依存性の強い物質です。


私たちの周りには、
お酒やコーヒーなどの嗜好品があり、
それぞれアルコール、カフェインといった
依存性物質が含まれていますが、
適量であれば健康に問題はありません。
ところが、ニコチンは
危険薬物のヘロインやコカインよりも依存の危険が高く、
しかもニコチン依存症になってしまうと、
使用を中止するのは非常に難しくなります。
いつでもタバコをやめられると思っていたのに、
なかなかやめられないのは、
このニコチン依存症が原因なのです。


❸禁煙の新しい手段

禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。
病院のサポートを受けながら、
禁煙を続けてみませんか?

禁煙外来は、
総合病院のほか、内科や循環器科、
婦人科、外科、心療内科、耳鼻咽喉科など、
さまざまな診療科で行っています。
禁煙外来では、
医師が、あなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、
禁煙補助薬の処方、
治療の経過を見守ってくれることです。
禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、
診察で相談できるので、
うまく続けていくことができます。
また、現在では条件を満たせば、
健康保険等を使って禁煙治療ができます。

❹加熱式タバコ

•加熱式タバコの煙にも、ニコチンが含まれています 。
•加熱式タバコの煙には、
紙巻タバコと同様に、さまざまな有害物質が含まれています 。
•主な症状: のどの痛み、目の痛み、気分の悪化、
他の痛みやそれ以外の症状。
•加熱式タバコ使用者の72%が、紙巻タバコも使用しています 。
•完全な禁煙に向けて、
加熱式タバコが役立つという科学的な根拠は確立されていません。


次にタバコを吸う事で起こる
お口の中への影響についてお話しさせて頂きます。

20180524imaizumi1.jpg

❶虫歯になりやすくする
 
1.唾液の量が低下すことで、
お口の中の汚れをとる力が弱まり、
歯垢が溜まりやすくなる。
初期むし歯を修復しようとする再石灰化作用が弱くなる。

2.タバコに含まれるヤニが歯の表面にこびりついてしまい、
そこに歯垢が停滞し安い環境を作る。


❷歯周病を悪化させるタバコの作用

1.歯周病菌と戦う白血球の機能が低下し、
歯ぐきの抵抗力と免疫力が低下する。
2.タバコのニコチンにより血管が収縮してしまい、
歯ぐきに酸素や栄養が十分に行きわたらない。
3.歯ぐきを修復するために
必要な線維芽細胞の働きが抑制される。
4.歯と歯ぐきの境目にある溝の中の酸素が不足し、
酸素が嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう。

20180524imaizumi2.jpg

❸味覚異常を起こすタバコの作用

1.タバコを吸う事で活性酵素が体にたまり、
体にダメージを与えます。
それを防ぐため味覚に使われるはずの亜鉛が低下する。

2.タバコの主成分である
「タール(ヤニ)」や「ニコチン」が
舌の味蕾と呼ばれる器官の機能をマヒさせます。
味蕾はこれは甘み」「これは酸味」「これは塩味」
などの味の識別することができる器官です。

最後になぜやめるべきか


❶体に悪いから
タバコでがんになることはよく知られていますが、
そのほかにも脳卒中や心筋梗塞、
動脈硬化、高血圧、糖尿病、メタボリックシンドローム、
胃潰瘍、COPD、肺炎、喘息、うつ病、
バセドウ病、骨粗鬆症、EDなど、
全身の病気のリスクを高めることがわかっています。
また病気のリスクだけでなく、
妊娠・出産への悪影響や
乳幼児突然死症候群の発症リスクにも関連してきます。


❷周囲の人の健康にも影響を与える

タバコに含まれる有害物質や発がん物質は、
あなたの健康を奪うだけでなく、
家族や友人、職場の同僚など、
あなたの大切な人の健康も奪います。
タバコの煙には、
タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、
火のついた先から立ち上る「副流煙」に分かれます。
この副流煙には、
主流煙に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、
一酸化炭素が4.7倍も含まれています。
この副流煙を、
自分の意思とは関係なく吸い込んでしまうことを
「受動喫煙」といいます。
受動喫煙にさらされると、
がんや脳卒中、心筋梗塞、呼吸器疾患などの
さまざまな病気のリスクが高くなり、
さらには妊婦や赤ちゃんにも
悪影響を及ぼすことがわかっています。
このため、受動喫煙は近年、
社会全体で取り組むべき問題として認識されています。

喫煙されている方には
頭が痛くなる内容だとは思いますが、
自分自身のため、
大切な家族や友人のため
喫煙への一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。


 


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年5月17日

こんにちは、歯科医師の重田です。

すっかり暖かくなり、沖縄では梅雨入り。
早くも夏が近づいてきたという感じです。
気温が変化しやすく体調管理も必要です。
天気予報をしっかり確認して、
みなさんご注意なさってくださいね。

さて、本日は歯科の麻酔のお話をしようと思います。


だいたいの方は歯科で
麻酔をご経験されたことがあるのではないでしょうか。
実際何を使っているのか、
何をされているのかわからない方も多いかと思います。
本日は麻酔について普段説明しきれないことをお伝えします。


まず、麻酔といっても
歯科で用いることが多いのは局所浸潤麻酔です。
一部分にだけ麻酔液を注入し、
浸透させることで神経の感覚を鈍らせるというメカニズム。
主な成分はキシロカインを用いることが多いです。

20180517sigeta.jpg


基本的には顎の一部分に麻酔をかけ、
治療の間痛みを感じないようにします。
注射自体もそれほど痛いものではありませんが、
人によって、あるいは部位によって
痛みの感じ方が違います。


①麻酔の仕組み
冷たい水、酸、風や治療時の刺激により
歯の神経が刺激され興奮することにより痛みを感じます。
そこで麻酔は、その神経の興奮を抑え込むことにより
痛みを誘発しないという仕組みです。


②効果
まず一番は処置時の痛みを除くことができるということ。
また、麻酔が効いているということで
患者が緊張することなく治療を受けることができる。
血圧が高い方、精神的に不安要素が強い方に対しても
安全に処置をすることができる。
エピネフリンという成分が含まれているため、
血管収縮作用により出血を抑えることができる。


③デメリット
麻酔をする際に針の刺入により痛みを伴う。
血管収縮作用により血圧が上昇する。
非常に稀ではあるが、
アドレナリン中毒やアナフィラキシーショックなど
副作用が生じることがある。
また、麻酔に対して恐怖心を抱く患者も多く、
麻酔により逆にショックを起こしたり、
気分不良が生じることがある。

続いて、
麻酔が切れるまでの注意事項などについてお話しします。

麻酔は量や部位によって効果時間が違います。
治療後は約2時間効いている、
とお伝えすることが多いですが、
完全に感覚が戻るまでは
もう少し時間がかかることもしばしばあります。


ですから、時間帯によっては、お食事は
治療の前に召し上がってこられることをおすすめします。


なぜ麻酔が効いているときに食事がよくないか??


麻酔をされた方はわかると思いますが、
感覚が鈍いため運動も鈍くなります。
すると食事の際に頬粘膜や舌を
噛んでしまったりすることがあります。
また噛んだ際も痛みがないため
反射的に噛むのをやめるということがありませんので、
深い傷になることも多いのです。
あとは熱いものに関しても同じです。
熱さを感じにくいため、
気づかないうちに熱傷を起こすことがあります。


以上のことから麻酔が効いているときは、
よく噛む必要があるものや熱いものは控える。
食べるとしてもやわらかくて
すぐに飲み込めるようなもの、常温以下のものに限ります。
何も食べないのがベストですが、
どうしても召し上がりたいときは上記のことに気をつけて
召し上がってください。

また、治療によっては麻酔が切れると
痛みが出てくる場合があります。
これは治療によって異なり、
抜歯や神経を取る処置、歯肉を切ったりしたときなどは
代表的ですが、麻酔が切れると痛みがでることがあります。
歯科医師より処置後説明があると思いますが、
その際は麻酔が効いているうちに
痛み止めを服用することをお勧めします。
当院では、説明をしっかり受けていただくことを
モットーとしているとともに、
患者様自身に歯科治療の知識をつけていただき、
安心して治療を受けていただくことも大切にしています。


治療の内容がわからないときは、いつでもご質問してくださいね。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

Categories

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ