«  2017年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年9月28日

こんにちは、歯科医師の池田です。

朝晩は涼しくなりましたが、
日中はまだ暑い日が続きますね。
体温も変化しやすく、風邪を引きやすい時期ですので、
服装には気を付けてくださいね。

前回「顎関節症」について記載させていただきましたので、
今回は、「ブラキシズム」について記載させていただきます。
「ブラキシズム」とは、睡眠時や覚醒時を問わず、
歯を動的、若しくは静的にすり合せたり、
咬みしめたりすることです。


20170928ikeda.JPG

まず「ブラキシズム」には、
「睡眠時」と「覚醒時」と分けられます。

「睡眠時ブラキシズム」とは、
睡眠中の歯ぎしりや咬みしめを伴う
無意識の下顎の運動になります。

「覚醒時ブラキシズム」とは、
習慣性咬みしめ、口腔習癖、歯牙接触癖などの
さまざまなものを含みます。

また、医学的疾患や服用薬剤が
ブラキシズムに影響を与える可能性があるので、
そのような医学的背景の有無による分類も必要になります。

睡眠時ブラキシズムは
「クレンチング」と「グラインディング」とに分類できます。
「グラインディング」とは、「咬みしめ」とも呼ばれ
下顎の運動を伴わないものを指し、
「グラインディング」とは、
一般に「歯ぎしり」と呼ばれる下顎の運動を伴い、
歯ぎしり音を発するものです。

ブラキシズムのリスクとなる可能性のある嗜好品、薬剤は、
睡眠時、覚醒時ブラキシズムの
両方のリスクとなる可能性が指摘されています。
また、睡眠や運動機能、精神状態など
さまざまな機能に影響を与えることがわかっています。

①嗜好品、薬物
明確な作用機序はわかってはいませんが、
飲酒、喫煙、カフェイン摂取は
睡眠時ブラキシズムを悪化させる可能性があります。

②遺伝的要因
夜間の歯ぎしりを自覚する人の約50%の家族、親族が
歯ぎしりを自覚しています。
このため、睡眠時ブラキシズムには
遺伝的な要因が関わっている可能性があります。

③性格傾向、ストレス
歯ぎしりを自覚する人はそうでない人よりも、
不眠傾向を示すことが多いようです。
一方、軽度の睡眠時ブラキシズム患者は
重度の患者よりも高いストレスを感じます。
また、睡眠時ブラキシズムレベルが
日常生活のストレスレベルの影響を受けやすい
一群もいるようですが、その理由はよく分かってはいません。

20170928ikeda1.JPG


睡眠時ブラキシズムは、
浅いノンレム睡眠で発生します。
また、睡眠は加齢とともに変化していきます。
睡眠時ブラキシズムの発生率は、
子どもで20%前後で、
60歳を超えると2%程度にまで減少します。
しかし、加齢変化により
睡眠時ブラキシズムを有するリスクは低いものの、
睡眠の質の低下によって
筋肉の活動が増加するリスクを擁する可能性があります。


ブラキシズムを自覚する理由が親や子ども、
あるいはルームメイトなど、睡眠同伴者の指摘であれば、
実際にブラキシズムをしている可能性が高いですが、
咬みしめあるいは食いしばりは、
いわゆる歯ぎしり音を発しないため
睡眠同伴者がいてもブラキシズムが指摘されにくいことがあります。

また、歯は失われてもブラキシズムは続きます。
少数しか歯が残っていない場合には、
ブラキシズムの力が残存歯へと集中し、
過度な歯の磨耗や動揺度の増大が起きることもあります。


前回も記載しましたが、今のところ安全で
効果的に睡眠時ブラキシズムを止める方法はありません。
よって、睡眠時ブラキシズムの悪化要因となりうる因子を
除去、減少することによって、
顎や口腔系に作用する力を減じる方策をとりながら、
口腔内に生じうる力を配分、コントロールすることを
目的とした対応が必要になってきます。


自分が睡眠時ブラキシズムをしているかどうかの判断は
難しいと思います。
歯科で、お話を聞くことで解決する場合もありますので、
相談してみてくださいね。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年9月21日

こんにちは。
歯科医師の川村です。

9月も半ばになり、
少しは暑さが和らいだような・・・。
体調に気をつけて、
お過ごしのことと思います。

今回のテーマは、根管治療についてです。
根管って何??
国語辞典には、
『歯根の中軸にある管状の部分。
象牙質に囲まれていて歯髄が詰まっている。歯根管。』
と載っています。
簡単に言えば、歯の神経が入っている空間のことです。
つまり、根管治療とは、
歯の根の中(歯根)の治療のことになります。

根管治療の中には、
大きく分けて2つの治療があります。

①歯の神経を取る
②細菌感染を起こした歯の根の治療

今まで根管治療を受けた経験のある方も
いらっしゃると思います。
治療回数がかかった記憶ありませんか?
実は、この根管治療は、
歯科の治療の中で回数がかかる治療になります。
それには、理由があります。

①目に見えないところの処置
虫歯の治療だと、目に見える部分の治療になります。
実際に目で見て、虫歯を削って治療します。
ですが、根管治療では、歯の根の中を治療していきます。
もちろん、根管の上部は見えますが、
基本的には目で見えません。
目で見えない部分を、小さな器具を使って、
手の感覚を使い治療していきます。
ですので、少しずつ少しずつ治療していくので、
回数がかかります。
特に奥歯(臼歯)は、口の中の奥にあるので、
器具も届きづらいですし、難しいです。

②歯の根の数が1つだけではない
歯の根の数は、
前歯(切歯、犬歯)も奥歯(臼歯)も1つだけ・・・
と思っている方いらっしゃいませんか?
確かに、前歯(切歯、犬歯)は根っこは、1つです。
ですが、奥歯(臼歯)は1つの歯もありますが、
2つ・3つある歯があります。
単純に考えて、
やはり、根の数が多くなるほど回数がかかります。

③根管の形が複雑
基本は、1つの歯根に、根管は1つです。
ですが、中には、1つの歯根に
2つ根管がある歯もあります。
すると、処置しなければいけない根管の数が増えるので、
回数がかかります。
また、根管は真っ直ぐとは限りません。
真っ直ぐですと、器具も先まで通りやすいです。
ですが、大抵の場合、彎曲していることが多いです。
(特に臼歯)やはり、彎曲していると
器具を先まで到達させるのは難しくなります。
また、根管自体が狭窄している場合もあります。
狭窄していると、中々器具が先まで通ってくれません。
徐々に道を開けていかなくてはいけないため、
回数がかかります。

このような理由があります。
あとは、最終的なお薬を
つめることが出来る形態まで拡大し、
根管内がきれいになり、痛み等がなくなり、
最終的な薬をつめることが出来ると判断した時に、
最終的な薬をつめていきます。
これで、ようやく根管治療が終了になります。
根管治療は、回数がかかります。
大体、週1のペースで
根管内のお薬を交換していきます。
途中で中断してしまったり、
仮封が取れてしまったまま
そのまま放置していたりすると、
なかなか治らなかったりします。
現在根管治療中の方、回数がかかりますが、
頑張って治療に通って下さい。
もし、仮封が完全に取れてしまったら、
直ぐに来院して下さい。

20170921kawamura1.jpg

20170921kawamura2.jpg
画像引用:歯内療法学会ホームページ「歯内療法パンフレット」


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年9月14日

こんにちは、歯科医師の片山です。

妊娠すると虫歯になりやすいということを耳にしたことはありませんか?
妊娠中は虫歯だけでなく歯周病など
口腔内に病気を起こしやすい時期であります。
しかも、口の中の病気が早産を引き起こす可能性があり、
適切な処置をできるだけ早くしておかなければなりません。
そこで今回は、妊婦さんが虫歯になりやすい原因や
妊娠中の治療法、予防法をブログにさせていただこうと思います。

まず、伝えなければならないことですが、
妊娠前から虫歯があり、かつ、虫歯になりやすい方で
その方が妊婦になることもあると思いますが、
今まで虫歯にならずにいたのに 又はしばらくなっていなかったのに、
妊娠した途端、虫歯ができてしまった、という方が多いということです。

妊婦さんが虫歯になりやすくなってしまう原因には様々な原因がありますが、
体質の変化としてホルモンバランスの乱れが虫歯を引き起こすといわれています。
虫歯の原因菌や歯周病原因菌には女性ホルモンを栄養とするものがあり、
歯周病や虫歯を増やしてしまうといわれております。
ほかにも、いくつか妊娠中特有の原因があり、
具体的にまとめていきたいと思います。

まずはつわりについてです。
つわりには沢山の種類がありますが、特に影響しやすいのが吐きつわりです。
さらにつわりで気持ち悪いとどうしても歯みがきが不十分になり、
磨き残しが多くなります。
つわりがひどい方だと、歯磨き粉の味や匂いがダメだったり
歯ブラシを口に入れることもできなかったりします。
ついつい歯磨きを怠るようになると、虫歯菌が増えやすい状態になり、
虫歯の発症や進行のリスクが高くなります。
先ほど言わさせていただいた吐きつわりですが、
吐いたものはもちろん口腔内を通ります。
そうすると、確実に口腔内は酸性になります。
この酸性になるというのがとても問題です。
酸性に傾くと歯は溶けてしまいます。
吐いた場合、絶対にゆすぐようにしてください。
キシリトールのガムを噛むのも有効です。

ホルモンバランスの変化は、女性ホルモンを栄養とする虫歯菌や
歯周病原因菌を増殖させてしまうだけでなく、
唾液の性質が変化して粘り気が出るため、細菌が活動しやすくしてしまいます。
また、妊娠すると唾液の量が減り、アルカリ性から酸性になりやすいのですが、
酸性の口内は歯の再石灰化の働きが弱くなり、
虫歯になりやすい状態に近づいてしまいます。
さらに食事によって口の中は酸性に傾きます。
その酸性状態を唾液によって中和するのですが、
子宮が大きくなり胃が圧迫されると
少量ずつ何度も食事をするようになると、
食事の間隔が短くなり、唾液での中和時間が足りなくなります。
それによって、虫歯が増える、といわれています。
虫歯になってしまったからには、治療が必要ですよね。
赤ちゃんがいても虫歯の治療はできます。
麻酔の効果が切れた後に痛み止めの薬を服用する点についても、
影響のない薬を処方させていただきます。

ほかにレントゲン撮影も気にされるとは思いますが、
口の部分のみに照射し、かつお腹周りにはカバーをかけたりします。
なので、問題ないといえます。
しかし、ご心配であるようなら撮らずに治療することもあります。

ただ一番なのは妊娠前に治療することです。
もし歯周病や虫歯の可能性があれば、
できるだけ早く治療をしなくてはいけません。

歯周病も妊婦さんについてかかさせていただきます。
歯周病になった妊婦さんは、そうでない一般の妊婦さんに比べて、
早産のリスクが7倍、低体重児を出産するリスクが5倍になるといわれています。
タバコやアルコール摂取による早産リスクよりも
はるかに大きな数字だという報告例があります。
具体的には、子宮収縮の作用があるプロスタグランジンという成分が、
細菌などへの感染・炎症を抑えるサイトカインという分泌によって
活発化することが原因とされています。
プロスタグランジンが子宮を収縮しようとしてしまい、
早産を引き起こす可能性が出てしまいます。

また出産後は子育てで大変になります。
なので、子供ができる前に、歯科医院にかかられて、
虫歯は小さいうちに、歯周病は妊娠する前に治療されておくことを勧めます。
最後につわりなどで吐いた時になる酸蝕症の写真を載せたいと思います。

20170914katayama.jpg

写真は
https://matome.naver.jp/m/odai/2140146158886468801
より使わさせていただきました。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年9月 7日

こんにちは。歯科医師の村重です。

9月に入って朝晩の気温もぐっと低くなり、
半袖だと肌寒さを感じるようになりました。
体調面には気を遣う季節ですね。

さて突然ですが皆さん、
今、自分の舌(ベロ)がどこに位置してるかわかりますか?
一度、読むのを止めて確認してみて下さい。
下の歯に当たっている人は要注意です。
実は、正しい舌の先端の位置は、
何もしていない状態や物を飲み込む時は
スポットと言われる上の前歯の少し後ろの位置にあります。

20170907murasige1.JPG


顎や歯は頬の筋肉や舌の筋肉の力によって
形や歯並びが決まってきます。
特に舌は筋肉の塊で、強い力を持っており、
そのため悪い舌の位置や間違った飲み込みの時の動きは
歯並びを悪くします。
顎の骨や筋肉が成長途中である小児においては
より顕著な影響があると言えるでしょう。


舌の先が下顎に位置している状態を"低位舌"と呼び、
上顎の成長を助ける舌が
上あごを前方・側方に押さないため、
上あごの歯列が狭くなり、
反対咬合や交叉咬合の原因になります。
下顎と下顎の歯を押すため、
歯と歯の間に隙間ができ下顎の成長が過剰になり、
受け口や、開咬になります。
気道を狭くして、口呼吸になり、いつも歯が見えていて、
お口が開いている状態になりやすくなります。
口を開いていると、
重力で顎が下がり、成長の過程で顔が長くなります。
このように歯並びや顎の成長に
悪影響を与える習慣を"口腔悪習癖"といって、
他にも以下のようなものが挙げられます。


指しゃぶり・・・
指しゃぶりは、指で上下の咬み合わせを悪くする状態になるほか、
上の前歯を裏から押し続けることになるため、
開咬や上顎前突を引き起こしやすくなります。

口呼吸・・・
慢性的な鼻炎などで鼻がつまり口呼吸が習慣化すると、
常に口が開いた状態になり、
顔面の筋肉や骨格、咬み合わせに悪影響を及ぼします。

歯ぎしり、食いしばり・・・
歯ぎしりや食いしばりが習慣化すると、
歯や顎に過度な負担がかかり、
歯並びの乱れや顎関節症を引き起こすことがあります。

片咬み・・・
食べ物を噛む歯が片方に偏っていると、
顔の歪みや変形を引き起こすことがあります。

爪咬み、唇咬み・・・
爪や唇を咬む癖は、歯や歯ぐきに大きな負担になります。
不自然な顎の動きが習慣化して、顎関節に悪影響を及ぼします。

頬杖・・・
頬杖は、人間の身体の中でも
もっとも重い頭部を顎で支える行為。
重みが一点に集中することで、
顎が変形してしまうことがあります。

うつ伏せ寝、横向き寝・・・
うつ伏せや横向きの状態で寝ていると、
顎の骨に負担がかかります。
長時間の睡眠となるとその影響は少なくありません。

早食い、丸呑み・・・
よく噛むことは、
顎の正常な発達に大きな役割を果たします。
しかし、やわらかい食品が多くなったことで、
よく噛む習慣は薄れつつあります。
顎の成長のためにもよく噛むことが重要です。
こういった悪習癖に対する治療法として
口腔筋機能療法(MFT:Myofunctional Therapy)
というものがあります。
これは、後天的な筋肉の不調和を舌や口唇、頬などの
口腔顔面筋のトレーニングを通して整えていく療法です。
咀嚼時、嚥下時、発音時、安静時の舌や唇の位置の改善、
および呼吸をはじめとした口腔機能の改善効果が期待できます。

20170907murasige.jpg


具体的なトレーニング方法は
また別の機会にさせてもらおうと思いますが、
歯並びの治療=器具を使った矯正治療
だけではないことを頭に入れておいて頂ければ幸いです。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ