«  2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ブラキシズム | メイン | 歯ブラシだけではダメ? »

2017年10月 5日

こんにちは、歯科医師の久貝です。
さて、みなさん頑張っていますか?
・・・・え?
「何を?」って・・・
「歯磨き」です。
ねぇ、面倒くさいですよね。
夜眠たい時、
遅くまで遊んで家に帰った時・・・etc・・・

ではでは、
「歯磨きってなんで やらなきゃイケないの?」
って思うでしょ?
理由は簡単です。
「虫歯を作らないため」
「歯周病の予防のため」
これが大きな理由です。

まぁ、口臭予防であったり、
衛生面であったり、
色々と理由は挙げられますが、
最も大きな理由は上に挙げた2つです。

特に歯周病、これは大きいです。
日本人の80%は歯周病に罹患していると
言われていますし、
世界で最も感染者が多い感染病として
ギネス記録にもなった位です。

それでは これから一緒に
「歯磨きの綺麗な持ち方」、
「歯磨きの上手な方法」を考えてみましょう。

歯ブラシの正しい持ち方

持ち方は大きく分けて
「ペングリップ」と「パームグリップ」
に分かれます。
握力が強い方や弱い方でも
適度な力で磨けるようになっているので、
自分の状態に合わせて
持ち方を変えることが大切です。

ペングリップは名前の通り、
鉛筆を持つように握る方法です。
余計な力が入りにくく、小回りが利き、
毛先が動くため歯にしっかり当てて
磨くことができます。
通常、歯医者などでよく教わるのはこの持ち方で、
一般的な握力がある方向けの方法になります。

パームグリップは歯ブラシを手の平全体で握り、
親指をグリップに添える持ち方になります。
この持ち方は高齢者や手に麻痺がある方など、
握力が低下している方向けの持ち方になります。
力をかけやすいので、握力が小さくても
ヘッドに力をかけて磨くことができます。

基本的な歯の磨き方
さて、今回は色々な歯磨き方法がある中で、
歯周病の予防から歯周病になっている人にまで
効果がある磨き方を3つほど紹介します。

まず、「バス法」
と言う名前を聞いたことありますか?
どんな磨き方かというと、

①歯ブラシを歯の列に平行に当てる
②歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に入れる
③歯ブラシを歯に対して45度に傾ける
④毛先の位置は変わらないくらい
こちょこちょ磨きをする
「角度は45度」
バス法はやっているつもりでも
歯ブラシが歯に対して直角になりがちです。

え・・・チョット難しいですか?

それでは次に、
スクラッビング法にいってみましょう。
軟毛歯ブラシを用い、歯肉溝や歯周ポケットの内容物、
歯面の汚れなどを取り除く方法です。

①歯ブラシの毛先を歯面に直角に当て、
②毛先が歯と歯の間に入る程度に軽く押し付け、
③2~3mmの幅で小刻みに前後に振動させるように、
1歯ずつ丁寧に磨いていきます。
咬む面も歯ブラシを直角に当て小刻みに前後させます。

次は フォーンズ法です。
上下の歯の表側を同時に磨く方法です。

①上下の歯を軽く噛み合わせた状態で、
②歯ブラシの毛先を歯の表面に直角に当てて、
③円を描くように、奥から前へ、上下の歯、
1歯ずつに歯ブラシが当たるように
ぐるぐる回しながら移動させ磨きます。
④歯の裏側は歯ブラシの毛先を当てて、
小刻みに前後に動かして磨いていきます。
前述の2つの方法よりも簡単で、
力のない幼児や高齢者に適しています。

20171005kugai.png


便利な歯ブラシアイテム
歯並びが悪い人や、磨きにくい奥歯、
磨いているんだけど磨き残しが気になる、
歯磨きすると吐き気(えづきやすい)という人には
ワンタフトブラシを使ってみることをおすすめします。
ワンタフトブラシはヘッドが小さく
小回りが利くため
狭い部分や磨きにくいところを
ピンポイントで磨け汚れを落とすことができます。
そして歯の面についた歯垢(プラーク)を
こすり落とすのでなく、
毛先で歯垢を破壊して、
毛細管現象で歯垢を吸い取る仕組みで歯を磨けます。

20171005kugai1.png

これは、子供の歯磨きの仕上げ磨きの時にも
結構役立ってくれるので、
是非ともご使用してみて下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4285

タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ