«  2018年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 専門的な口腔ケアについて講演させていただきました。 | メイン | 口腔内は細菌の巣!!!  »

2017年12月27日

こんにちは、豊原です。
今年も残すところ、後三日となりました。
師走とはよく言ったもので、
今年の師走は私には短距離走並みで、
あっという間に過ぎていきました。
そして、寒い日々が続いており、
インフルエンザや様々な風邪も流行り出しています。
 

今回は比較的よく見られる外骨症について
触れてみたいと思います。
外骨症とは、骨の外周面に生じる非腫瘍性の骨増生で、
上顎の中央のど真ん中に発生すると口蓋隆起、
下顎の内側の小臼歯あたりに発生すると下顎隆起と呼ばれます。
これら以外に、
上顎の臼歯部の外側に多発性に生じることもあります。
発生原因は不明ですが、
咬合機能の影響や食物との関連などの環境因子と、
遺伝的因子が関係すると考えられています。
日本人では18歳以上の男性の35%、
女性の50%くらいに何らかの外骨症がみられます。
しかし、小児期にはほとんど見られないことから、
青春期以降に次第に増生してくるようです。
また、人種間での差異が大きく、
白人は非白人より少ないとされています。

20171228toyohara2.png

口蓋隆起は周囲との境界が明瞭で
健康な粘膜に被覆された結節状、分葉状、
台地状の左右対称性の骨性隆起として認められます。
まれに片側性のこともあります。
触った感覚は骨のような硬さで、
無痛性で自覚症状に乏しく、
御自身で気づいて居られないこともしばしばあります。
しかし、左右をまたぐような比較的大きな義歯を作る際は、
この骨隆起が邪魔になり、吸着を阻害したり、
隆起部に義歯がこすれて粘膜が発赤したり
潰瘍ができたりしやすくなります。

20171228toyohara4.png


下顎隆起も下顎小臼歯部の内側に、
原則として、左右対称性の健康粘膜におおわれた
半球状の境界明瞭な隆起として認められます。
非定所性の外骨症で、
上顎の臼歯部の外側に見られるものは、
境界がやや不明瞭な結節状あるいは
凹凸不整な骨膨隆として認められるものが多く、
健康な歯肉粘膜によりおおわれ、
左右対称性に生じることもあれば、片側性の場合もあります。


いずれの骨隆起も治療は特に必要としませんが、
義歯製作の障害となる場合その基部より切除し摘出します。
すなわち、粘膜を切開剥離し、
骨の隆起部を骨ノミやバーで削除し摘出するため、
小外科処置が必要となります。
本来はこういった処置が望ましいケースでも、
患者様にとっては小外科処置が負担となるようで、
実際の臨床では、骨隆起を我慢して
義歯を装着される方が多いように思います。
我慢する結果、潰瘍ができやすく義歯が痛く感じられたり、
義歯が隆起部を起点として破折しやすかったりします。


今現在、御自身の歯がしっかりしておられ
奥歯でしっかり物が噛める方の中で、
こういった骨隆起をお持ちの方は、
是非今あるしっかりした歯を
いつまでも保っていかれるようお勧め致します。
毎日のきちんとした歯磨きと
定期的なメインテナンスが大切ですので、
来年もまた、お口の健康に関心を持たれて下さいね。
 


皆様にとって、
来年がすばらしい年になりますようにお祈り致します。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎え下さいませ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4300

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ