«  2018年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« 歯周病細菌界の武将をやっつけろ! | メイン | 指しゃぶりについて »

2018年1月25日

こんにちは。歯科医師の村重です。

今年に入ってから週替わりで暖かくなったり寒くなったり、、、
今週は首都圏でも大雪が降り、
ニュースを賑わしていましたね。
気温の大きな変化は免疫力を下げる要因となりますので、
皆さん体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

さて、今回のテーマは皆さんも一番よくご存知の「虫歯」です。
・黒くなって穴があく
・そのうち痛くなってくる
・歯磨きをサボるとできる
・甘いお菓子が良くない

など様々なイメージがあると思いますが、
そこからもう少し掘り下げて、
虫歯ができる原因を解説していこうと思います。


要因①歯(の質+唾液)
歯が作られる時の環境の違いなどで個人差がありますが、
エナメル質や象牙質の状況(=歯の質)によって、
むし歯になりやすい人もいます。
特に乳歯や永久歯が生えたばかりの子どもは注意が必要です。
また、唾液の量や質によっても虫歯のなりやすさには差がでます。


要因②虫歯菌
いわゆる虫歯菌(ミュータンス菌)は約1μmの球状の菌です。
歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着し、
糖質から酸を作り出します。
その酸が、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かして歯をもろく、
スカスカにしてしまいます。


要因③糖
食べ物に含まれている糖(糖質)は、
ミュータンス菌が酸を作る材料に使われます。
間食が多い人や、キャンディーやドリンクなど
甘いものをよく摂る習慣のある人は、
歯の表面が酸にさらされる時間が長いため、
虫歯になりやすくなります。

20180125murasige.png

以上の3つの要因が、
すべて揃ったときに初めて虫歯ができ始めます。
逆に言うとどれか一つでも欠けたら虫歯は作られないのです。
そのため、仕上げ磨きを嫌がって
毎食後歯垢を除去するのが難しい小さいお子さんなどは

①の歯の質をフッ素によって強化する
③の糖を摂取する量を減らす

といったことが、
より効果的な虫歯の予防法となります。


そして、この三つの要因が揃ってしまい、
虫歯菌が生成する酸によって
歯が溶けはじめることを脱灰と言いますが、
この時点では、
まだ大きな穴が空くような虫歯になることはありません。

20180125murasige1.jpg


上の図は、ヒトの歯垢(プラーク)のpHを最初に測定し、
プラーク中のpHの変化を表したものです。


前述したようにプラーク中に存在する虫歯菌が
口腔内の糖を使って酸をつくります。
その酸により口腔内のpHは急激に低くなりますが、
唾液の緩衝作用によって徐々にもとの状態に回復します。


このpH変化は、飲食物の炭水化物、
プラーク中の細菌の種類及び量、
唾液の分泌速度と緩衝能に大きく影響されます。
とくにpHの回復に唾液は非常に重要な働きをしています。
口腔内においてpHの低い状態が一時的なものであれば、
唾液緩衝能により酸性から中性域に戻り
再石灰化が起こり虫歯にはなりません。
間食をしたり飲食を続けていると、
口腔内ではpHの低い状態が続き、
再石灰化の生じる時間がなく初期むし歯が発生してしまいます。


つまり、虫歯が大きくなるために必要な最後の要因として

④時間(食べてから歯磨きまでの時間)

が挙げられます。
よく"食べたらすぐ歯を磨きましょう"
というのはそういった理由からなのです。


少々難しい話も挟んでしまいましたが、
虫歯ができるには以上のような仕組みがあり、
それぞれの面からのアプローチによって様々な予防法があります。
しかし、一定以上に進行してしまった虫歯は
自力では再生しないのもまた事実です。
そういった歯であるかどうかの診断、
また治療に関しては私達歯科医師の仕事ですので、
定期的な健診で、
お口の健康維持のお手伝いをさせてもらえたらと思います。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4303

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ