«  2020年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2020年4月 2日

こんにちは。タニダ歯科医院の歯科医師の法貴拓也です。

4月になり花粉も本格的に飛んでいるので
個人的に花粉症対策を怠れない日々が続いています。
4月といえば入学式や入社式など新生活が始まる季節です。
入学生及び新社会人の皆様おめでとうございます。
期待と不安が入り混じった新生活が始まると思いますが、
新型コロナウイルスも流行しているので体調管理には気を付けて頑張ってください。

今回は単純ヘルペスウイルス感染症について書いていきたいと思います。
単純ヘルペスウイルスの特徴は、初感染病変が治癒してもウイルスが、
三佐神経節や脊髄後根神経節に潜伏感染することで、誘因によって再活性化し、
皮膚や粘膜で再発病変を生じます。
潜伏感染とは、潜伏感染部位の細胞内に感染性ウイルス粒子は証明されませんが、
完全な感染性ウイルスを産生する能力を保持した状態で、
単純ヘルペスウイルス感染症のDNAは核内で染色体に組み込まれずに
環状エピゾームとして存在します。
潜伏期間時にはウイルス遺伝子の転写のLAT以外は抑制された状態です。
単純ヘルペスウイルス感染症は神経節内の神経細胞に潜伏しているとされています。
また、単純ヘルペスウイルス感染症は1型と2型に分けられるが、
口腔に感染するのは、ほとんどが単純ヘルペスウイルス感染症1型です。

 口腔内ではヘルペス性歯肉口内炎及び口唇ヘルペスが認められます。

ヘルペス性歯肉口内炎は、単純ヘルペスウイルス感染症1型の初感染によって
惹起される歯肉口内炎です。初感染後3~7日で発症することが多く、
通常発熱、倦怠感があり、その後口腔内症状が発現します。
歯肉、口唇粘膜、舌、口蓋などの粘膜に主として小潰瘍がみられます。
広範囲に口腔粘膜の発赤を伴うことがあります。
また、接触痛、刺激痛のため摂食が困難になります。
両側性に頸部リンパ節が腫脹し、圧痛がある。
数日で解熱し、約二週間で口腔病変は瘢痕を残さずに治癒します。
治療には抗ウイルス薬であるアシクロビルを投与します。

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス感染症1型の再発によって
口唇及びその周囲皮膚に小水疱を集簇性に形成する疾患です。

20200402 houki 1.jpg

通常成人に多く、紫外線暴露、発熱、疲労等が再発の誘因となります。
前駆症状として、小水疱形成の数時間前より皮膚に掻痒感や灼熱感がみられます。
小水疱は破れ、びらんとなり痂皮を形成して1週間程度で治癒します。
治療としてはアシクロビル軟膏を塗布します。

 お口のことで気になることがあればタニダ歯科医院に気がるに相談してください。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2020年3月26日

こんにちは。訪問担当歯科医師の岩本です。
今回は、誤嚥を防ぎ、安全に食事をとるための
「姿勢」についてお伝えしたいと思います。
20200326 iwamoto 1.png
皆さんは、傾いた妙な姿勢で食事をしていて、
のどに詰まってむせたことはないでしょうか。
上手く飲み込むため、正しい姿勢をとることは
案外、重要です。

健康な方の場合は筋力があるため、
少々変な姿勢でも食べることは可能ですが、
疾病や加齢により筋力や反射が衰えている方は、
正しい姿勢で食事しないと
誤嚥しやすくなります。

では飲み込みやすい姿勢とは?
以下の3つの条件が大事なポイントとなってきます。
20200326 iwamoto 2.jpg
1.うなずき頭位
   試しに、座った状態で上を向いて
   唾液を飲み込んでみてください。
   まっすぐ前を向いている時より
   飲み込みにくいかと思います。
   
   これは、上を向くと喉の前面の筋肉が伸ばされ、
   飲み込みの時に収縮すべき筋肉が
   収縮しづらくなるためです。
   また、この角度で嚥下すると
   咽頭から気管への角度が直線的になり、
   食道ではなく気管へ落ち込みやすくなる、
   つまり誤嚥を招きやすくなります。
   
   この状態を頚部過伸展位と表現しますが、
   背中を丸めて座り、
   首を前に突き出している姿勢  
   もこれに当たります。
   
   誤嚥を防ぐには、頚部前屈位といって、
   少しだけ顎をひく姿勢
  (あまりうつむき過ぎても良くありませんが)
   をとることが望ましいです。
   
2.体幹保持
   安定して嚥下するには、
   体幹がしっかりささえられていて、
   体に無理な力がかからないように
   する必要があります。

   筋力が低下してしっかり座れない場合は、
   体幹がなるべくまっすぐに保たれるように、
   クッション等で補正してあげることが重要です。
   
3.足底接地
   うなずき頭位で食事をとるには、
   体重の10%程もある重い頭部を
   体幹で支える必要があります。
   そのためには、食事の間中、
   足の裏で踏ん張って
   バランスをとらなければなりません。
   また、喉を動かして飲み込む力を出すためにも
   踏ん張りは必要です。
   ですから、足の裏がしっかり地面についている
   必要があります。

   そして、足裏の位置は、
   膝よりも手前にあることが重要です。
   
   足裏が膝よりも前方に位置していると、
   体幹のバランスをとるために
   だんだん腰が前方に流れていき
   背中が丸くなります。
   
   そして、首を突き出す格好になるため、
   うなずき頭位が取れなくなってしまいます。
   また、背中が丸くなることで、腹圧が上昇し、
   胃食道逆流の可能性も生じます。

   簡易型の車椅子では、
   足底を乗せるフットレストは
   膝よりも前方にあるため、
   体重をしっかりかけて踏ん張ることができず、
   上記のような姿勢の崩れを招きます。
   
   車椅子で食事をとる際は、
   フットレストではなく、
   脚の長さに合わせた踏み台
   を用いることが望ましいです。
 
   ベッド上の場合も同様に、
   3つの条件を満たすようにして、
   どこにも無理な力が入らないよう、
   嚥下に集中できるような姿勢を作ります。

ご高齢の方の中には
麻痺があったり関節が固まっている方も多く、
上記のような姿勢をとるのが非常に難しそうに
思える時もあります。
訪問診療先で、介護職員さんが
てきぱきとあちこちにクッションを挟んで
あっという間にポジショニング完成
するのを見ると、
見事なプロの技だなあと感心します。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2020年3月19日

こんにちは、歯科医師の豊原です。

この春、御卒業の皆様、御卒業おめでとうございます!
東京オリンピックに向けて盛り上がっていくはずの2020年が、
まさかの新型感染症の流行で、世界中が色んな意味で心配な今日この頃ですが、
皆様は体調管理はいかがでしょうか?ここ兵庫県でも感染者の報告が相次ぎ、
近場では宝塚第一病院や三田市でも感染患者の報告がされており、
いよいよかと緊張の毎日ですね。

そこで今回はウイルスについて書きたいと思います。
ウイルスといえば、今まではインフルエンザウイルスや
ノロウイルスが良く知られていましたが、
ウイルスは細菌とは違うというのはご存知ですか?
多くの方々が、発熱やお腹・嘔吐風邪の時に抗生物質が必須とお考えですが、
必ずしもそうではないのは、これらの症状が細菌ではなく、ウイルスに起因するならば、抗生物質は全く効果を発揮しないからです。日本は国民皆保険制度の為か、
国民性としてお薬が大好きな民族な為、すぐに薬を飲もうとしますが、
基本的にウイルスが原因の病気では体の免疫力が重要なのです。
ウイルスに対抗する手段としましてはワクチン接種が挙げられますが、
今回のような新種のウイルスではまだワクチンが仕上がっておらず、
やはり自分の体の免疫力しか頼りになりません。個々のウイルスに対しては、
例えばC型肝炎だったり、ヘルペスだったり、インフルエンザだったり、
エイズだったりとそれぞれに治療薬は開発されています。
しかし、そういうウイルス治療薬は抗生物質と違いほんのわずかしかありません。
そのため、まずはウイルスに感染しないための手洗いうがいの励行が重要だし、
もし感染してしまっても、そのウイルスと自分の体の免疫細胞達が
戦って勝てるだけのパワーを蓄えておくことが大切です。
日頃のからの体作りの心掛けが大切なのです。

そもそもウイルスは細菌の50分の1程度の大きさで、
とても小さく自分で細胞を持ちません。ウイルスには細胞がないので、
他の細胞に入り込んで生きていきます。たとえば、ヒトの体にウイルスが侵入すると、
ヒトの細胞がもっているDNAやRNAの増殖機構を借りて、
自分のDNA(またはRNA)を増殖させ、自分のコピーを作らせて、
細胞が破裂することでたくさんのウイルスが飛び出し、
さらにほかの細胞に入りこみます。
このようにして、ウイルスはどんどん増殖していきます。
すなわち、ウイルスは、他の生物の細胞の中に侵入して
「寄生」しないと増えることができないのです。
こんな厄介なウイルスの新型の流行り病ですが、人類は感染症と常に戦ってきました。
必ずコロナウイルスに打ち勝つ新薬が開発されるでしょうし、
ワクチンも開発されるはずです!
20200319 toyohara 1.jpeg
それまでは、我々一人一人が自分の範囲内でできることをしっかり行っていきましょう!


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2020年3月12日

こんにちは、歯科医師の久貝です。

さて、3月・・・季節はもう春ですねぇ・・・・。
チョット前までは、あんなに「寒い寒い!」って、言っていたのに
最近では お昼に散歩をしていると、軽~~く汗をかく様子です。
春と言えば、3月は卒業式、続いて4月に入学式、
それぞれの方が、それぞれの新しい門出を迎える季節ですが
皆さんは、どのような春を過ごしていますか?

・・・とは言っても、ここ最近では例のアレが世間を賑わしていますよね

そうアレです「コロナウイルス」

マジでビビります。凄い勢いで拡散していますね・・・・ちょっと引きます。
まぁ、そのコロナの影響を受けて、子供の卒園式は両親の参加では無く、
片親のみの参加になってしまいました(泣)。

・・・とは言っても、そのような行事を中止にしている幼稚園もあるようなので、

卒園式を開いてくれるだけでも、ありがたいのですが。

たくさんの人が集まる・・・特に体育館や、
ホールのような密閉された場所に多くの人が集まると、
やはり感染のリスクが上がるんでしょうね。
20200312 kugai 5.png
そんなご時世なので、ウガイや、手洗いは徹底しなきゃいけませんね。
また自分だけでなく周囲への配慮も忘れず、「マスクの着用を!!」ですね。
20200312 kugai 1.png

厚生労働省のほうからも、ウイルス予防、感染予防のポスターが配布されてます。
また皆さんも確認してみて下さいね。


さて、それでは我々病院では普段 どの様な予防・感染対策をしているのでしょうか?

よく「病院では しっかりと消毒しているんでしょう?」みたいな事を
言われることがありますが、チョット違います。

「消毒」と「殺菌」、「滅菌」です。

「消毒」は、対象物に存在している病原性のある微生物を、
その対象を使用しても害のない程度まで減らすことです。

「殺菌」は、特定の細菌を殺し、病原性や有害性を有する糸状菌、細菌、
ウイルスなどの微生物を死滅させる操作です。

「滅菌」は、有害・無害を問わず、対象物に存在しているすべての微生物
およびウィルスを完全に殺滅させるか除去することである。
確率的な概念からは菌数をゼロにすることはできません、
なので「ほぼほぼ」無菌性保証レベルという意味合いです。

手洗いなどの際「ヒトの手指を消毒する」ことはできるが、
「滅菌」することはできません。
「ヒトの手指を滅菌する」ことはすなわち「手指の細胞ごと全部殺す」ことになるので、ヤバイですよね。
20200312 kugai 2.png
歯科医院では、どのような物を滅菌しているのでしょうか?
歯科医院の滅菌では基本的に器材(デンタルミラー、ピンセット、スケーラー等)は
洗浄されて、滅菌パックに入れて密閉し、オートクレーブという専用の滅菌機械で
滅菌されます。
20200312 kugai3.png
20200312 kugai 4.png
オートクレーブとは滅菌温度は121℃、滅菌時間が約25分で器具を滅菌できる
機械の事です。
滅菌が終われば紫外線滅菌灯という専用の保管場所に保管されます。
患者さんに使うグローブ、注射の針や、患者さんのコップ、
エプロンなど使い捨てできる物は一人一人に用意して、治療が終わったら捨てます。
最近ではスリッパも使い捨ての所も増えています。
使い捨てだと今のエコの時代には少しもったいないような気もしますが、
医療現場などの、血を扱う場所では「使い捨て」は必要です。
特に今のような時期だからこそ、我々スタッフは患者さん1人1人の安心と安全ために
設備投資・院内整備をし、消毒・滅菌・安全管理を行っています。
今後とも、どうか安心した気持ちでタニダ歯科へ、ご来院下さい。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2020年3月 5日

はじめまして。歯科医師の村山と申します。
訪問歯科診療に携わっているため、
タニダ歯科医院へ来院される皆様とはあまりお目にかかる機会がないですが、
訪問では施設や在宅の患者様のお口やおからだの健康管理のお手伝いを
させて頂いております。
どうぞよろしくお願い致します。

早速ですが「歯」とはどういうものか考えられたことがありますか?
歯医者さんへ行くと図や絵で説明を受けられた方も多いと思います。
まず歯は歯冠(しかん)と歯根(しこん)に大別されます。
歯冠の表面はエナメル質、歯根の表面はセメント質で覆われています。
また歯冠と歯根の境目を歯頚部(しけいぶ)と呼びます。
20200305 murayama 2.jpeg
上図は歯の断面図で左は前歯、右は奥歯です。
もう少し詳しくみていきましょう。
・エナメル質:人体で最も高度に石灰化した組織。
つまり骨よりも硬く、歯の磨耗に対して強い抵抗性を持ちます。
しかし硬いがもろいという弱点もあります。
・象牙質:歯の大部分を占め、硬いが弾力性を持っています。
エナメル質を支え、そのもろさを補っているほか、
象牙質には知覚があり歯がしみたり痛いと感じることができます。
・歯髄(しずい):象牙質で取り囲まれ歯の中央に存在します。
 歯の神経とも呼ばれ、歯の栄養や知覚をつかさどる役割があります。
・セメント質:歯根を覆っており、
 エナメル質に多いハイドロキシアパタイトとコラーゲンを含み、
 骨と非常に類似した組織です。
・歯肉(しにく):歯槽骨を覆い歯を直接取り囲んでいる粘膜です。
・歯根膜(しこんまく):歯と歯槽骨の間にある結合組織で、
 噛む時の圧力を緩和させる役目があります。
 また噛んだ圧力そのものを感じる知覚も持っています。
・歯槽骨(しそうこつ):いわゆる顎(あご)の骨のこと。
 歯が失われると徐々に退縮していくという特徴があります。
・根尖孔(こんせんこう):歯髄に分布しているおもな血管と神経が通過する所。

ここでは歯肉やあごの骨も含めてご説明しましたが「歯」といっても、
たくさんの組織が集まってできている事がわかります。
したがって「歯が痛い」と感じられてもそれが歯の表面のエナメル質や象牙質に
問題があるのか、歯肉に問題があるのか、また歯を包む歯根膜に問題があるのか等、
歯医者さんで精査する必要があります。
そしてたくさんの組織が集まってできているからこそ、
時に治療が大変になる事もあります。
はじめは小さな違和感だったものが、
適切な治療がなされず時間が経って顔が腫れてくる......
これは虫歯や歯周病を放置した結果、
炎症があごの骨にまでひろがって顔貌を変えるほど悪化してしまっているのです。
こうなると抗生剤や消炎剤、鎮痛剤を投与し、
腫れた部位を切開して膿(うみ)を出したり、
のちに原因となった歯を抜いたりする必要もあります。
「あの時に歯医者さんへ行っていれば......」と後悔しないためにも
定期健診や早期の受診をおすすめします。
誰にでもお口の悩みはあると思います。
少しでも悩みを減らしていつまでも食事が楽しめるようにしたいものです。

20200305 murayama 2.jpeg


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2020年2月27日

こんにちは、歯科医師の池田です。

前回は「虫歯」について記載させていただいたので、
今回は「代用甘味料」について記載していこうと思います。

「代用甘味料」という言葉はあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、
実はみなさん知らないうちに食べていたり知っている物になります。
「代用甘味料」とは、砂糖(スクロース)の替わりに用いる甘味料の総称です。
糖尿病でも安心して食べられる高血糖を生じない甘味料、肥満対策に用いる低カロリーのダイエット用甘味料、そして虫歯の原因にならない甘味料などがあります。

「キシリトール」はみなさん知っているし、ガムやラムネや飴を食べたことがあると思います。
この「キシリトール」が「代用甘味料」の1種になります。

キシリトール=虫歯予防というイメージがあると思いますが、
その理由を今回は説明していこうと思います。


歯の表面に付いている歯垢(プラーク)は、膨大な細菌のかたまりです。
これらの細菌の多くは、私たちが口にした糖質の一部を分解して酸を産生し、
歯の表面を酸性にします。
細菌が糖質を分解し酸を産生することで、歯を溶かし虫歯になります。
キシリトールは細菌により分解されないため、酸が発生しないので、虫歯の原因にはなりません。

代用甘味料の中にはいろいろな種類がありますが、酸を産生しないのはキシリトールのみになります。
また、キシリトールは砂糖と同じ甘味度を持っています。
キシリトールは溶けるときに熱を奪うので、口の中に含むとスーッとした冷たい感覚があります。そのため、ミントの味によく合うことから、キシリトールを使ったお菓子には、ミント味が多く見られます。
その特徴のために、残念ながら全てのお菓子に使うことができません。

キシリトールが虫歯を防ぐ理由は、大きく二つに分けることができます。
一つは、キシリトールだけではないですが、唾液分泌の促進と再石灰化作用です。
唾液分泌促進と再石灰化では、甘みがあるため、口腔内に入れると味覚を刺激し、唾液分泌を促進します。
また、ガムとして噛んだ場合には、咀嚼により唾液分泌も促進されます。
ただし、唾液分泌が促進されても、唾液そのものには虫歯の原因菌の数を減少させる効果はありません。
またキシリトールにより歯垢中のカルシウムレベルが上がるので、歯の再石灰化に役立ちます。
さらに、キシリトールとカルシウムの複合体は歯の硬組織中に進入して再石灰化を促進し、歯を硬くします。
もう一つはキシリトールだけが持つ酸を作らないことと、歯垢中の酸の中和促進、虫歯の原因菌の代謝の阻害です。
他の代用甘味料のソルビトールやマルチトールなどは少ない量ではありますが、口腔常在菌によって酸を作ります。
しかし、キシリトールは口腔常在菌が利用できないため、全く酸を作りません。
また、キシリトールには歯垢中に存在するショ糖を分解する酵素(シュクラーゼ)の活性を低下させ、歯垢中で酸ができにくくする作用に加え、アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進する働きがあります。

キシリトールの効果が期待できるお菓子は、ガムかタブレットに限られます。
これ以外のお菓子や食品、例えば、ケーキやジュース類にキシリトールが含まれていても、虫歯予防の効果は期待できません。
なぜなら、ガムやタブレット以外でキシリトールが口の中に長くとどまるものがないからです。
また、これらのお菓子には、キシリトールができるだけ高濃度(50%以上)で含まれていることと、砂糖などの発酵性の甘味料が含まれていないことが必要です。
ですから、「シュガーレス」表示を確かめるか、パッケージの成分表示をよく見て、糖類が0gであることと、糖質中におけるキシリトールの割合が50%をこえていることを確認してください。

「歯に信頼マーク」といって虫歯の心配のない食品につくマークもあります。
20200227ikeda.jpeg
間食をしないというのは難しいので、キシリトールなどを利用して虫歯にならないように対策をしていきましょう。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2020年2月20日

こんにちは、歯科医師の武田です。
今回から「エナメル質形成不全」について数回に
わけてお話していきます。
どうぞよろしくお願いします。

◆ 歯の形成障害って

 歯質の形成障害は、エナメル質の形成障害、
象牙質の形成障害、セメント質の形成障害に
分けることができます。
このなかで象牙質の形成障害は、そのほとんどが
象牙質形成不全症や象牙質異形成症のような遺伝性疾患
であるか、骨形成不全症に随伴する象牙質形成不全症や
X連鎖低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病に随伴する
象牙質形成障害のように全身疾患の一症状として
現れる場合が多いです。
また、セメント質の形成障害も低ホスファターゼ症に
随伴して現れる場合のように、限られた要因で発症します。
 それに比べて、エナメル質の形成障害は様々な原因で
発症し、その症状も多岐にわたります。
その原因を大別すると遺伝するもの(遺伝的要因)と
遺伝しないもの(全身的原因、局所的原因)に分かれます。
前者は遺伝性エナメル質形成不全症であり、
すべての歯が罹患し、血族内で遺伝します。
これまでに、エナメル質基質タンパク質遺伝子や
その他のエナメル質形成に関わる遺伝子の変異を原因とする
症例が数多く報告されています。
後者は、エナメル芽細胞の機能が障害されたために
引き起こされるエナメル質形成不全であり、原因となる
全身疾患は象牙質やセメント質の形成障害に比べてはるかに
多く、さらに顎骨内の歯胚に何らかの原因で障害がおよぶと
エナメル芽細胞はその影響を受けやすく、エナメル質形成不全は
局所的な原因によって引き起こされる場合が多く存在します。
また、エナメル質形成不全はその症状からエナメル質が
通常より菲薄でその形成量が低下したエナメル質減形成と
エナメル質の石灰化が不十分でその質が低下した
エナメル質形成不全に分類されてきました。
しかし、実際には多くの症例でこの二つの症状が混在するため、
いまではこの両者を総じてエナメル質形成不全
と呼ぶことが多くなっています。

最近では、このような以前より知られていたものに加えて、
新型のエナメル質形成不全ともいうべき
Molar Incisor Hypomineralization(MIH)に注目が集まり、
世界の小児歯科学会のトピック的な話題となっています。
これは20年ぐらい前からその存在が明らかになってきた
エナメル質形成不全であり、日本においても患者はかなり
多いにもかかわらず、その認知度はまだ低く
う蝕や単なる着色としている可能性も考えられます。

20200220 takeda 1.jpg

歯質の形成障害はほとんどの場合において、歯の萌出とともに
その存在が小児期に明らかになります。
しかし、歯質の形成障害は小児期だけでなく、
将来の不正咬合や歯の疾患に大きな影響を及ぼす可能性が大きいため、
その症状を断片的に捉えてはいけないといえ、
小児期の現在の症状を成長発達における通過点の症状と考え、
長期の管理と加療を行う必要があります。
さらに、十分に認識しなければならないことは、歯の形成障害は
過去の発育異常の証であるということです。
歯は一度形成されると骨のようなリモデリングがなく、
形成障害は歯に刻みこまれるため、
しばしば全身的な疾患の一症状を示すのです。

今回の「いただきます」
20200220 takeda 2.jpg


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2020年2月13日

こんにちは、歯科医師の川村です。
今回は、虫歯の処置についてです。

虫歯の処置っていっても進行具合により、治療方法が変わってきます。
(歯髄が保存できる場合)
また、歯の種類や部位により修復する材料が異なってくる場合があります。

虫歯になったときに歯の形を修復する材料には、レジン(プラスチックのような
もの)と金属があります。
もし、前歯が虫歯になったとき使う材料はどれでしょうか? 
基本的に金属は見た目の問題で使えないので、レジンを選択します。
奥歯の場合、虫歯の場所・大きさ・深さにより金属を選択したり、
レジンを選択したりします。
特に歯と歯の間に虫歯があったときは、強度的な問題から金属修復
(一部レジンのつめものを選択することもあるが、強度的に劣る)
を選択することが多いです。

手順としては、先ず虫歯の除去です。
虫歯を取るとき、主に3種類の器具機械を使うことが多いです。
機械で取ることもありますし、手用の器具を用いて虫歯をとることもあります。

20200214 kawamura 1.jpg
20200214 kawamura 2.jpg

虫歯を取り終わったら形を整えます。この時点で修復する材料が決定します。
金属修復をする場合、形に条件があります。
それは、歯の咬む面から見て先細りにしないといけないということです。
直接口腔内で修復するわけではなく、技工所で金属の修復物を作り、口腔内に入れます。咬む面から見てハの字の状態になっていると、金属の修復物が先の方まで出来ません。(模型から外せなくなるため)

形を整えたら、レジンの場合は直接口腔内で修復していきます。
金属修復の場合は型取りをして後日金属のつめものを入れるようになります。
金属のつめものの作り方は以前に書いたと思うので、レジンでの直し方について
軽く説明したいと思います。

①前準備
基本的に水分が付着、混入してしまうと、レジンの性質が悪くなってしまいます。
歯の周りにロールワッテを置いたりして、水分が修復面に入らないようにします。
「口を開けたままにしてください」と言われた覚えのある方もいらっしゃると思
います。
口を閉じてしまうと修復面に唾液が混入してしまい、操作がやり直しになります。
なので、もちろんうがいも出来ません。

②表面処理
歯とレジンは別の性質の物になります。何もしないで接着することはありません。
必ず表面処理をすることになります。表面処理剤を歯の修復面に塗布し、
乾燥させて光で固めます。

③レジンを流し込む
修復面にレジンを流し込みます。底の方からゆっくりとレジンを流し込みます。
歯と歯の間にレジンを流し込む際には、隣の歯とくっつかないように、
仕切りを入れてからレジンを流し込むこともあります。
流し終われば、光で固めます。

④形態修正
最後に形を整えます。かみ合わせを確認にして、高ければ修正します。

レジンの材料は、基本的には歯に接着しません。
表面処理をして歯に貼り合わせているような感じになります。
なので、かみ合わせの所だったり、力がかかるところでは外れることもあります。
その場合は、再度レジンをつめたり、金属修復に変えたりします。

簡単ですが、虫歯の治し方について書かせて頂きました。
虫歯は、早期発見・早期治療がベストです。
定期的な健診をお勧めいたします。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2020年2月 6日

こんにちは。歯科医師の村重です。
二月に入り、少しずつ日も伸びてきて春が待ち遠しいですね。
世間の話題は新型コロナウイルス一色ですが、現状適切な予防と
健康管理を心がけながら過ごしていくしかないようで、肝に銘じようと思います。
さて、今回は前回に引き続いて摂食・嚥下障害についてお話させていただきます。
前回のブログでは、摂食・嚥下障害がおこる原因について紹介しましたが、
今回は、その診査診断についての内容です。

まずは、質問紙などを用いた問診や食事風景の観察を行ったのちに、
以下の検査を実施します。

1.スクリーニング(簡易)検査
スクリーニング検査とは、より多くの人を対象に比較的簡易的な検査を行い、
何らかの疑いがある人を絞り込む検査です。摂食・嚥下障害のスクリーニング検査は、
嚥下機能を「反復唾液嚥下テスト」「改訂水飲みテスト」「フードテスト」
などにより評価します。
A)反復唾液嚥下テスト(RSST)
まず、嚥下障害が疑われたときに最初に行うのが、反復唾液嚥下テストです。
反復唾液嚥下テストは30秒の間に、唾液を何回飲み込めるのかを計測していきます。
飲み込めた回数が2回以下の場合、摂食嚥下障害の可能性が高くなります。

B)改訂水のみテスト(MWST)
少量(3mlほど)の冷水を口腔内に入れ、嚥下動作を2回行います。"むせこみ"の有無や、嚥下動作に対する呼吸状態の変化、声の変化を確認します。

C)フードテスト
茶さじ1杯(約4g)のプリンやゼリーなどの半固形物、または、
お粥や液状の食べ物を食べ、飲み込んだ後に、口の中に食物が残っていないか、
"むせこみ"がみられないか、呼吸の変化はないかなどを観察します。

フードテストと併行して、頸部の聴診も行います(頸部聴診法)。
食べ物を飲み込む動作のとき、聴診器を使って、首の部分で嚥下音が聞こえるかどうかを聴診します。
この検査では、飲み込む前後での呼吸の音の変化を確認しています。

2.嚥下造影(VF)検査
エックス線による透視下で、実際の嚥下動作を確認する検査です。
造影剤を混ぜた飲み物、とろみを付けた飲み物やゼリー、または実際の食事の一部などを、実際に飲み込みます。口腔内から咽頭にかけての、
実際の食物の飲み込みの様子を観察できるため、嚥下中に食塊が通過する様子や、
喉頭、咽頭に残っていないか、誤嚥していないかなどを、
目で見て確認することができます。
この検査によって、摂食嚥下障害がどの部位の障害(どの時期)で起こっているのかが
わかります。

20200206murashige1.jpeg

3.嚥下内視鏡(VE)検査
鼻咽腔ファイバーという内視鏡をのど(咽頭)に入れ、食物の飲み込み(嚥下)の様子を観察する検査で、唾液や喀痰の貯留の有無、食物を飲み込んだ後の咽頭内への食物の残留の有無や気管へ流入(誤嚥;ごえん)などを評価することができます。また、嚥下に影響を与えることのある声帯の動きも評価することができます。
また、VF検査と違ってエックス線を使用しないため、自宅のベッドサイドなどでも行えることが特徴で、当院が訪問診療で実施している検査法です。

20200206murashige2.jpeg

以上のような方法を組み合わせて、診断を行います。次回は摂食・嚥下障害に対する治療や対応についてご紹介します。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2020年1月30日

こんにちは。
歯科医師の今泉です。
コロナウイルスによる新型肺炎が世界的に流行の兆しを見せていますね。
予防策としては咳エチケット•手洗い・マスクなどを行う事がとても大事のようです。
今回は歯科とも関係の深い肺炎について説明したいと思います。
 


それは誤嚥性肺炎です。

物を飲み込む働きを嚥下機能、口から食道へ入るべきものが気管に入ってしまうことを、
誤嚥と言います。誤嚥性肺炎は、嚥下機能障害のため唾液や食べ物、
あるいは胃液などと一緒に細菌を気道に誤って吸引することにより発症します。

症状

高齢者では肺炎としての症状、すなわち発熱、咳、痰といった、
肺炎の典型的な症状に乏しく、何となく元気がない、食欲がない、傾眠などといった
症状で発症することが多いのが特徴です。食事摂取との関係や、
むせこみなどの症状がなく、睡眠中など知らないうちに気管や肺へ唾液が垂れこみ、
いつの間にか誤嚥を繰り返している不顕性誤嚥も、高齢者に特徴的です。

20200130 imaizumi 1.jpg

発症のメカニズム

高齢者や神経疾患などで寝たきりの患者では、
口腔内の清潔が十分に保たれていないこともあり、
この場合、口腔内で肺炎の原因となる細菌がより多く増殖してしまいます。
また、高齢者や寝たきり患者では咳反射が弱くなり嚥下機能が低下します。
その結果、口腔内の細菌が気管から肺へと吸引され、肺炎を発症します。
また、栄養状態が不良であることや免疫機能の低下なども発症に関与してきます。
他方、嘔吐などで食物と胃液を一度に多く誤嚥して発症する場合もあります。


治療
肺炎を起こした細菌に対して有効な抗菌薬による治療を行います。
全身状態、呼吸状態が不良な場合は入院による治療を行います。
一般的に、食事や飲水とともに誤嚥が発生しやすいため、
誤嚥性肺炎と診断された場合には、一旦飲食を禁止して治療を行います。
そのため体力や栄養状態の低下が生じやすくなります。
また再発を繰り返しやすく、繰り返す抗菌薬治療により、
抗菌薬に抵抗性の耐性菌が発生し、体力の低下、呼吸状態が悪化して、
予後不良となる場合も少なくありません。


肺炎の重症度判定
レントゲンや身体所見による重症度判定で以下の5項目のうち3項目以上を
満たした場合、肺炎は重症と判定されます。

1. レントゲンで肺炎の広がりが左右どちらかの肺の2/3以上
2. 体温が38.6℃以上
3. 脈拍数が1分間に130回以上
4. 呼吸数が1分間に30回以上
5. 脱水あり

 検査による重症度判定で以下の5項目のうち3項目以上を満たした時、
肺炎は重症と判定されます。
1. 白血球数が20000以上
2. 白血球数が4000未満
3. CRPが20mg/dl以上
4. PaO2(動脈血の中の酸素の量)が60Torr以下
5. SpO2(血中酸素飽和度)が90%以下
 これらの重症度判定で重症と判断された場合、
他の基礎疾患がある場合(肺癌・慢性の肺疾患・糖尿病など)、
酸素投与が必要な場合、食事が摂れないとき、高齢者で通院が難しい場合は、
入院して治療が行われます。
 
誤嚥性肺炎を起こしやすい高齢者の特徴
 
 ・飲み込みが悪くっている
 ・胃液が逆流しやすい
 ・薬の副作用 
 ・認知機能や咳反射の低下
 ・口腔内が不衛生
  などがあげられます。

口腔ケアの重要性
  
  肺炎の成立因子である口腔内の細菌のコントロールという意味では口腔ケアは、
誤嚥性肺炎の予防に最も重要と思われます。
口腔細菌数、特に咽頭細菌数を減少させることが必要とされています。
口腔細菌数を減少させるには、プラークコントロールが重要となります。
歯がある方やや義歯装着者の場合には、歯および義歯の清掃にも十分な配慮が必要です。
デンタルプラークは典型的なバイオフィルム(菌のバリア)であるため、
個人的に行うブラッシングのみでは完全に除去することが不可能です。
ましてや、要介護者においては専門家による口腔ケアが必要となります。
バイオフィルムは機械的な方法いわゆるPMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)を用いない限り、化学的な方法のみでの除去は不可能です。
この場合には、歯科医、歯科衛生士の果たすべき役割は大きいと言えます。

20200130 imaizumi 2.jpg

タニダ歯科医院では訪問診療でも口腔ケアを行っており、お悩みや分からない点などありましたらお尋ねください。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

Categories

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ