«  2019年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« Chiba 講習会(歯科医療感染症予防) | メイン | シーラントって? »

2016年12月10日

こんにちは。歯科医師の武本です。
どんどん寒くなってきていますが、皆様元気にお過ごしでしょうか?

私は先日インフルエンザの予防接種を受けてきました。

インフルエンザ対策としては「手洗い、うがいの徹底」や
「マスクの着用」などはよく言われますが
「歯磨き・口腔ケア」が予防効果を高めることは、
あまり知られていないと思います。

お口の中の細菌は、インフルエンザウイルスを
粘膜に侵入しやすくする酵素を出すため、
不潔にしているとインフルエンザに感染しやすくなります。
また、歯周病による炎症もウイルス感染を促進させます。

さらに、インフルエンザウイルスは
お口の中の雑菌の出す酵素によって増殖します。
タミフルなどのインフルエンザ治療薬は
この酵素の働きを妨げることでウイルスの感染を防ぎます。
口腔ケアを行い、お口の中の雑菌を減少させることで、
雑菌が産生する酵素の発生を少なくすれば、
インフルエンザ感染を抑制できる可能性があるようです。

また、バイオフィルムという言葉を聞いたことはありますか?
バイオフィルムとは歯磨きをしていても除去できない強力な汚れです。
例えて言うなら、台所の三角コーナのヌメリです。

このヌメリは残念なことに歯磨きだけでは完全に落とし切ることはできません。
バイオフィルムは虫歯菌・歯周病菌などにとってのバリアのようなものです。
このバリアを壊さない限り、虫歯菌や歯周病菌に
直接効果的な攻撃を加えることはできないのです。

このバイオフィルムを除去するためには、
定期的にPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる
機械を用いた歯のクリーニングが必要です。

20161210takemoto.png

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4015

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ