«  2017年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年1月31日

こんにちは、歯科医師の重田です。

今年は大寒波が到来したり、
急に暖かくなったりと、
体調を崩しやすい気候が続いていますが、
みなさん体調いかがでしょうか?
ぼくは熱を出しながら年越しをしました。。。笑
2017年、今年は体調管理も
徹底していきたいと思います。

本日お話をさせていただくのは、
歯を抜くこと、、、ではなく、
歯を抜いたあとのお話です。

当然、我々歯科医師もできれば
患者様の歯を抜きたくありませんが、
歯の状態によっては止むを得ず
抜歯しないといけません。

「歯を抜いた後、そこはどうなるの?」
「やっぱり入れ歯なの?」
、、、いろんな不安があると思います。

結論から述べますと、
歯を抜いたままにして良い場合もあります。
ただし、それは条件をクリアしたのみです。

主な条件は以下の3つ。

①見た目
②噛む力
③周りの歯への影響

みなさん①、②は自覚症状がありますから、
ご理解頂きやすいと思います。
ただ、実は大事なのは③です。

20170130shigeta.jpg

歯がなくなるとその隙間に向けて何が起こるか。
上記の写真を見ていただけるとわかる通り、
歯の移動がおこります。

残っている歯が虫歯もなくて
良い状態だとしても、
歯が倒れてしまったりすると
使えなくなる場合があります。

特に奥歯は見た目も気にならないし、
一つくらい抜いたところで噛むのも大して困らない。
そうして5年、10年経つと、
すでに容易に手がつけられなくなってしまうことも。

当院では抜歯をする前に
その後の治療プランを必ず説明し、
そういった不安を取り除くことを
心がけています。

抜歯をした後どうしたら良いかよくわからない、、、
そんな疑問をお持ちの方はぜひご相談ください。

参考文献   口腔ケア基礎知識(永末書店)


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年1月27日

こんにちは、口腔外科専門医の豊原です。

口腔検診で衛生士さんのお掃除の後、
「先生、少し歯肉が腫れている所があるのですが...」
と言われ、私達歯科医が目にする疾患の中に
エプーリスというものがあります。

20160127toyohara.jpg

これは、時々目にする疾患で
特に珍しいものではありませんが、
腫脹により歯の一面が隠れてしまうこともあり、
ブラッシングがしにくく、
出来る場所によっては、発音障害も来たしかねません。

原因は不適な充填物や歯周病などの慢性炎症、
妊娠などによる女性ホルモンの影響
などが考えられています。

エプーリス自体は良性の疾患で、
外科的に摘出しますが、
妊娠性のものは分娩後に自然消失することもあります。
ただ、やや再発しやすい疾患です。

口腔内で気になる症状がございましたら、
お気軽に相談してください。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年1月24日

こんにちは、歯科医師の白矢です。

2017年になりましたね、
今年も1年よろしくお願いします。

さて、早速ですが、私は今年1回目の
セミナーに参加してきました。

去年セミナーを受講した月星先生が主催する
セミナーで、イタリアで開業されている
リクッチ先生による根管治療(歯の神経の治療)や
虫歯治療について聞くことができました。

20160124shiraya1.JPG

20160124shiraya2.JPG

イタリア語での講演のため、
同時通訳を介して聞くのは大変でしたが、
海外で根管治療を専門とし、
それまで培った知識をもとにしてくださる講演は
とても新鮮で勉強になりました。

その講演で虫歯治療や根管治療に対する
新しい知識も得ることができ、
今後の診療に役立てれるよう、
これからも頑張りたいと思います。

20160124shiraya3.JPG

今年もタニダ歯科をよろしくお願いします。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年1月20日

口腔外科専門医の筧康正です。

大寒の候、
厳しい寒さがしみる
今日この頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は昨年夏の学会で
神戸大学が主催する
日本外傷歯学会において
全身麻酔時の挿管の際の歯の損傷について
発表をさせて頂きました。

全身麻酔で気管挿管する際には、
図のように喉頭鏡という器具で
気管を見えるようにして
気管内にチューブを挿入します。

20160120kakei.jpg

その際に歯が割れたり抜けたり
被せが外れたりすることがございます。
特に歯周病で歯が揺れていたり、
口が開きにくい方に起こりやすく、
その際にマウスピースを装着すると
歯の保護が出来ると言われています。

せっかくいれた前歯の被せが
欠けたり外れたりしたら嫌ですよね。

神戸大学では今後、
手術前の患者様にマウスピースの希望がある方には、
事前に装着して手術を受けれることを
麻酔科と予定しています。

全身麻酔の手術前に、
歯科でマウスピースを作られるか、
すでにお持ちの方はそれを使っていいかを
担当の先生に御相談頂ければと思います。

安全な全身麻酔の為に
歯科医師としてお役に立てれればと存じます。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年1月17日

こんにちは
歯科医師の池田です。

現在私は矯正治療中ですが、
矯正治療といえば、
金属のワイヤーをまず想像するかと思いますが
私のつけている装置はワイヤーのない
マウスピースの物になります。

20160116ikeda.jpg

「インビザライン」といって
マウスピースを定期的に交換していって
ゆっくり歯を動かしていく矯正治療です。

透明なマウスピースなので
ぱっと見ただけでは
矯正装置をつけているようには見えず、
マウスピースを外してしまえば
歯磨きも普通にでき、糸ようじも通すことができます。

ただし、
1日22時間近く装着していないと
きちんと歯が動いてくれないため、
自分できちんと管理する必要があります。

当院でもインビザラインの治療は
行っているため、
気になる方は相談してくださいね。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年1月13日

こんにちは。
歯科医師の武本です。
新年を迎え、寒さも厳しくなっておりますが、
皆様お元気でしょうか?

寒くなると、水道水も冷たいので
歯磨きのときに歯がしみたりすることはありませんか?

虫歯ではないのに、しみるだけなら
知覚過敏かもしれません。

知覚過敏は、
何らかの原因で歯の象牙質がむき出しになり、
冷気、冷水、歯磨きなどの擦過刺激により、
一過性に痛みを感じる症状です。

原因には、固い歯ブラシを使っていたり、
ブラッシング圧が強かったり、
歯周病、歯ぎしりやくいしばりなどで起こります。

知覚過敏用の歯磨き粉もありますが、
効果に個人差があります。

当院でも、しみ止め対策はできますし、
虫歯の可能性もあるので、
歯がしみることにお悩みの方は
ご来院くださいね。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年1月10日


こんにちは、歯科医師の川村です。
新年を迎え、まだまだ寒さ厳しいですが、
如何お過ごしでしょうか?

新年初回のテーマは、義歯についてです。

義歯(一般的に言うと、入れ歯)は、
様々な形があります。
材質も1種類のものもあれば、
2種類のものもあります。
そのような義歯を長く使っていくには、
お手入れが必要です。

部分的な義歯の場合、金属のバネがあるので、
そこの隙間からものがつまりやすかったりします。
ですので、食事の度に外して、
軽く水洗いしなければなりません。
冬場は、水がとても冷たいですが、
お湯で洗ってしまうと、義歯のピンク色の部分が
変形してきてしまうので避けて下さい。

ご自宅等で洗われる際に、
歯ブラシや洗浄剤を使われる方もいると思います。
あまり歯ブラシで強く擦ってしまうと、
義歯の表面に非常に細かい傷ができてしまい、
汚れの原因となることがあります。
柔らかいブラシで軽く洗って下さい。

歯磨材の中には研磨剤が含まれていますので、
使用してしまうと、傷の原因となることがあります。
汚れが気になるようになりましたら、
市販の義歯洗浄剤を使って頂いても結構です。
毎日使う必要はないです。
汚れが気になりましたら、使って下さい。

義歯の材質にもよりますが、
一般的な義歯は乾燥に弱いです。
寝る前に外して、そのままケースの中に
入れていたりしていませんか?
外した後は、水を入れた容器の中で
保管しておいて下さい。

歯茎の形は、変わっていきます。
合わない義歯を使っていませんか?
定期的な管理も必要になりますので、
1度調整に来てみて下さい。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2017年1月 6日

開けましておめでとうございます。
タニダ歯科医院の片山です。

今回のブログは
急性壊死性潰瘍性歯肉炎について書きます。

この病気の原因は、
口腔内のある種の歯周病原菌が、
免疫などが下がることにより、
一時的に増えて起こります。

免疫が下がる理由は
白血病やHIV感染、ストレスなど様々であり、
原因を特定することが難しいことも多いです。

症状は歯の直ぐ近くの歯茎に潰瘍、
つまり白くなって一層剥がれた状態になり、
触れるだけでかなり痛む状態になります。

20170106katayama.JPG

病気の治療は原因を取り除くことで治癒しますが、
先程も書いた様に、
原因を特定することが困難な病気であるため、
抗生剤を飲んでいただき、
口腔内をなるべく清潔に保ってもらうことが肝要になります。

最後になりましたが、今年もスタッフ一同
皆様のお口の健康を守るために
尽力していきますので、
何卒よろしくお願い致します。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ