«  2018年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2018年2月22日

歯科医師の久貝です。

さあ、この前新年を迎えたかと思ったら、
あっ!!
と言う間に、もう二月の終わりです。
本当に「時間が経つのは早い」ですねぇ・・・
て、感じたら「歳ですね。」って
感じる歯科医師の久貝ですが
何か問題でもあります?
はい、無いですね?
さぁ、皆さん 
この年末年始で何か変わったことはありましたか?
新年を迎え、新しい目標を立てた人もいるかもしれませんねぇ
年末に結婚して、新年から色々と
新しい生活が始まった人もいるかもしれません。

学生さんなら、進学、就職の決まってくる時期で、
新しい生活に期待と不安でドキドキしている頃ですかね。

我が家では、年末に新しい家族が増えて大忙しです。

今さっきまで子供を寝かせていましたが、
時計を見たら・・・・はい、二時ですね。

・・・・マジで眠いです・・・・。

でも、少子化の世の中で、
子供を授かることが出来たのは、
ホントに幸運なことで神様に感謝です。
子供は「子宝」で、「賜りもの」なので大切に育てたいですね。

さて、子供が無事に産まれ、
奥さんも一段落したところですが
皆さん、「妊産婦検診」って聞いたことありますか?
妊娠して歯科検診に行った方が良いのか
悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
又、よく耳にするトラブルで

「妊娠中に虫歯が増えてしまった」
「歯茎が腫れやすく歯ブラシをした時に出血してしまう」

など感じている方も多いと思います。
妊娠中は体だけではなく、
お口の中にも変化が起こりますが、
なぜ変化が起こりやすいのでしょうか?・・・判ります?

それは
「女性ホルモンの変化と細菌」
に関係があります。


20180222kugai1.png

今回は妊娠中の歯科検診についてお伝えしますので、
妊娠期のお口の変化に悩まれる方の参考になればと思います。
まず妊娠初期(〜15週)は
胎児の感受性が高い為一般的には控えて頂いた方が良いです。
つわりも減退してくる安定期(4か月)から
歯科治療を受けて下さい。
また妊娠後期(28週〜)はお腹が大きくなり椅子を倒す際に
「仰臥位性低血圧
(お腹が圧迫され苦しくなったり気分が悪くなってしまう症状)」
を起こしてしまう恐れがあります。
様々な理由から、妊娠中は積極的な治療が難しくなります。
痛みが出た際、非妊娠時に出されていた薬が
服用できず痛みに悩まされる事もあります。

よって
「痛くなってから歯科医院にかかる」
のではなく、
「安定期に入ったら積極的に検診」
を受け口腔内を整えて下さい。

さて、では妊娠中によくあるトラブルを
今から説明していきますが、
そもそも、「なぜ妊娠中にトラブルが起こるの?」
ということですが、妊娠中は
「非妊娠時に比べホルモンが10倍〜1000倍に増える」
と言われています。
これらのホルモンは口腔内にも影響を及ばします。

その結果
1.歯肉炎になり易い。
2.虫歯になり易い
3.お口の中のネバネバ・口臭が起きやすい
4.妊娠性エプーリスが起こり易い
5.口内炎になり易い

20180222kugai.png

①は、妊娠中はホルモンの変化と
プラークの存在により歯肉炎になりやすいです。
中期〜後期にかけて症状が現れ悪化しやすくなります。
また、歯肉炎の原因となるプラークは
炎症関連物質であり血液に運ばれ
子宮の収縮を起こし「早産の原因」とも言われています。


②は、妊娠初期は、
つわりの影響によりブラッシング困難になります。
非妊娠時も同じ事ですが
ブラッシング不足は虫歯の原因となります。
それに加え妊娠時は、
つわりにより胃酸が逆流し口の中を酸性にします。
口腔内が酸性に傾くと虫歯のリスクが上がります。
結果、虫歯になりやすくなります。
妊娠時は積極的な薬の服用が難しいため
痛みに悩まされストレスを感じ、
母体だけではなく胎児にも影響を及ぼします。

③は、妊娠中は細菌の変化やストレスにより
唾液の分泌量が減少します。
唾液には
「自浄作用(自然に生じる殺菌、消毒効果)」
があるので口腔内が乾燥すると
細菌が繁殖しお口のネバネバや口臭が起こります。


20180222kugai2.png


④は、妊娠時独特の症状であり
上の前歯の歯肉が大きく腫れてしまう症状です。
妊娠16週前後に症状を感じやすく
出産後には消失してしまうのが特徴です。


⑤の口内炎の原因の一つとしてはビタミン不足です。
妊娠時がしっかり栄養を取らなくてはならないですが
つわりや口腔内の変化により
栄養が偏りがちになります。
バランスの良い食事を心がけて下さい。

妊娠中は口腔内の細菌の変化で
歯肉炎や虫歯になりやすいので
安定期に入ったら積極的に検診を受けましょう。
痛くなってからでは遅いですし母子共にストレスになります。
生まれてくる赤ちゃんの為にも
まずは母親の口腔管理は必須です。
何か疑問に思っている事や不安な事があれば
掛かりつけの歯科医師や歯科衛生士に質問して
なるべくストレスを抱え込まないようにしましょう。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年2月15日

こんにちは、歯科医師の池田です。

今回は「歯並び」について、
ご紹介させていただこうと思います。

歯並びが気になるという方は多いと思いますが、
歯並びも様々な分類に実はわ分けられています。


①叢生
歯並びが凸凹になったり重なり合ったりしている状態を言います。
あごの大きさに比べて歯が大きいことが主な原因です。
歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、
虫歯や歯周病になるリスクも高いと言われています。


②上顎前突(出っぱ)
上の前歯が強く前に傾斜していたり、
上あご(上顎骨)の歯全体が前に出ていたりする状態を言います。
俗称で「出っぱ」と言われています。
前歯の角度異常や、上あごの過成長、下あごの成長不足、
指しゃぶりなどの口腔習癖が主な原因と言われています。


③下顎前突(受け口)
下の歯が上の歯より前に出ている状態を言います。
俗称で「受け口」などと言われます。

奥歯に虫歯ができやすかったり、
「サ」行や「タ」行などの発音がしにくかったりする場合があります。


④開咬
奥歯は噛み合ってても、
前歯の上下は開いていて噛み合わない状態を言います。
前歯が開いているので、
前歯で物を噛み切ることができません。
子どものころからの指しゃぶりや舌を突き出す癖、
口呼吸などが原因ともなります。


20180215ikeda1.jpg

⑤過蓋咬合
上の歯と下の歯の重なりが深く、
下の前歯が見えないほど噛み込んでいる状態を言います。
深く噛み込んだ歯が歯肉を傷つけたり、
歯と歯が接触している部分に噛む力が多くかかり、
歯が摩耗しやすい不正咬合です。

20180215ikeda.jpg

⑥空隙歯列
あごの大きさに比べて、歯が小さかったり、
歯の数が少なかったりすることが原因で、
隙間が多くなっている歯並びを言います。
歯の隙間に食べ物が挟まったり、
前歯の隙間が目立つことに悩みを持っている方も多いです。


⑦正中離開
前歯の間に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」のことを言います。
正中埋伏過剰歯(萌出することなく骨の中にとどまっている余分な歯)
が原因で起こる場合と、
上唇小帯(上唇の裏側にあるスジ)の発育異常による場合があります。


歯並びは遺伝的な要因もありますが、
それ以外にも悪習癖にも影響を受けることも多いです。

歯並びは、舌の押す力と唇の押す力により
キレイなアーチを作っていきますが、
悪習癖があると片方の力ばかりがかかってしまい
歯列不正を引き起こしてしまいます。


例えば、
口呼吸、指しゃぶり、舌突出などがあげられます。
子どもの時にこれらの悪習癖が原因で
歯列不正を引き起こしてしまうこともあります。
また矯正治療をしキレイな歯並びになっても
悪習癖が残っていれば、
歯列不正を引き起こしてしまうこともあります。


歯並び・かみ合わせの悪さは、
身体全体のバランスにも関係し、
頭痛・腰痛・肩こり・めまいなどを誘発する恐れがあります。

①虫歯や歯周病のリスク
歯と歯の間や歯と歯ぐきの隙間に
歯ブラシをきちんと当てることが難しく、
磨き残しを作ってしまいます。
時間が経つと磨き残しは、
"プラーク"(歯垢)とよばれる細菌のかたまりになり、
虫歯や歯周病の原因となります。


②発音障害
歯と歯の間に隙間があると、
空気が抜けて話しづらくなることがあります。
また、ガタガタの歯並びであると、
舌の動きが制限され、発音の悪さに影響がみられます。


③咀嚼障害
食べ物を前歯で噛み切ることや、
奥歯でしっかりと噛んで飲み込むことができません。
よく噛まずに飲み込むと、
消化を助ける"唾液"が出ません。
そうなると、食べ物のすべてを胃や腸で分解することになり、
消化器官に負担をかけてしまいます。
また、噛む回数が少ないと、脳の血流が悪くなり、
知能や運動機能の発達に影響が出るともいわれています。


④顎関節症
噛むときにあごにかかる力が均等に分散されず、
あごの関節への負担が大きくなり
顎関節症を引き起こすのリスクがあります。


歯並びは審美的な問題だけではなく、
身体に様々な影響をあたえます。


矯正治療は針金を歯にくっつけて
歯を動かしていくというイメージがあると思いますが、
針金は使わずマウスピースのような装置を使う矯正治療もあります。

歯を動かす方向や年齢や環境によって
装置は変わってくるため、
お気軽に相談をしてみてくださいね。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年2月 8日

こんにちは、歯科医師の川村です。

毎日寒いですね。
体調に気をつけて、お過ごし下さい。

義歯(一般的には、入れ歯)についてです。

20180208kawamura.JPG


歯を抜いてしまったり、抜けてしまったり・・・。
残念ながら歯を失ってしまったあとの治療法には、
ブリッジ・義歯・インプラントの3つがあります。
その中の義歯についてです。

義歯を作ったことのある方、
これから初めて義歯を作る方、いらっしゃると思います。
義歯を作っていく時に
必ず説明される項目の1つに、来院回数があります。
4回~5回かかりますよ、1か月半位かかりますよ、
と言われた記憶ございませんか?
義歯を作っていくにはいくつかの工程が必要になります。


<工程1(場合により2回)>
●型どり
歯医者で何か作る時(修復物)に必ずすることは?
そう、型を取ること!
義歯を作るのにも、もちろん型どりをします。
ただし、詰め物や被せ物を作る時の型どりとは、異なります。
歯肉、粘膜の型も取らなくてはいけません。
ですので、精密な型どりをする必要があります。
精密な型どりをする場合、工程が2回になります。


<工程2>
●咬合(かみあわせ)
型どりをして、上と下の模型が出来上がりました。
ここで重要なのは、どこで噛んでるのか?になります。
上下的な位置(高さ)、左右的な位置を再現しなくてはいけません。
そこで、噛み合わせを取るための装置を使って噛み合わせを取ります。
噛み合わせがずれてしまうといけないので、慎重に取っていきます。
何回か、開けて~、噛んで~と、言いながらやります。


<工程3>
●試適
完成一歩手前の状態です。
実際に、金属のバネや人工の歯を並べてきます。
もし、噛み合わせがずれていたりすれば、
1つ前の工程に戻ることもあります。
鏡をみてもらい、問題ないようであれば終わりです。

<工程4>
●完成
義歯が出来上がりました。
バネの強さや噛み合わせの高さなど、微調整をしていきます。


義歯の完成までの工程は以上です。
しかし、これで終わりではありません。
何回かの義歯調整が必要です。
実際に食事をして噛んでみると
痛いところや違和感がある所が出てくるかもしれません。
何回かの調整をしていき、使ってもらえる義歯にしていきます。

最後に、
義歯(一般的に言うと、入れ歯)は、毎日の手入れが、必要です。
部分的な義歯の場合、金属のバネがあるので、
そこの隙間からものがつまりやすかったりします。
ですので、食事の度に外して、軽く水洗いしなければなりません。
お湯につけてしまうと、
義歯のピンク色の部分が変形してきてしまうので避けて下さい。
ご自宅等で洗われる際に、
歯ブラシや洗浄剤を使われる方もいると思います。
あまり歯ブラシで強く擦ってしまうと、
義歯の表面に非常に細かい傷ができてしまい、
汚れや匂いの原因となることがあります。
柔らかいブラシで軽く洗って下さい。
歯磨材の中には、研磨剤が含まれていますので、
使用してしまうと、傷の原因となることがあります。
汚れが気になるようになりましたら、
市販の義歯洗浄剤を使って頂いても結構です。
毎日使う必要はないです。
汚れが気になりましたら、使って下さい。
義歯の材質にもよりますが、一般的な義歯は、乾燥に弱いです。
外した後は、水を入れた容器の中で保管しておいて下さい。

また義歯は定期的なチェックも必要です。
使っていると歯肉との間に隙間ができて落ちやすくなったり、食べているときに動いたりします。
そうなると歯肉に痛みが出たり、場合によっては残っている歯に負担がかかったりします。
定期的に歯科医院で見てもらって、必要があれば裏打ち(リベース)したり、新しく作成したりすることが大事です。

当院では検診時に専用の強力な洗浄液で、家庭では落としきれない義歯の汚れも落とすサービスをしていますのでご活用ください。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年2月 1日

こんにちは、タニダ歯科医院の勤務医の片山です。

今回のブログは指しゃぶりについて書かさせていただきます。
指しゃぶりについて
患者さんのご家族に質問されることも踏まえていくつもりです。

まずはじめに指しゃぶりの時期についてです。
指しゃぶりは早いお子様だと新生児の頃から、
もっともっと早いお子様だと胎児の時にしているそうです。
一般的には生後、2か月前後から始める事が多いようです。
指しゃぶりはいつまで続くのかと言えば、
これも始まりと同様に個人差がありますが、
3歳から5歳に止めるお子様が多いです。
幼稚園にいきはじめると
ピタッとしなくなるお子様もいれば、下に弟や妹ができて、
始めてしまうお子様もいらっしゃいますので、
一概には言えません。
2歳から3歳の間に少しずつ気長にやめさせていくのが
いいかと思います。急に止めるのは大人でも難しいですから。

次に指しゃぶりによる歯並びへの影響についてです。
指しゃぶりが夜眠る時など、
時間が限られている場合には然程影響はありません。
しかし、日中何時間もしているようであれば
歯並びに影響してきます。
指しゃぶりの影響を受けた歯列は、
上の前歯が唇の方に開き、低くなります。
下の前歯も同様に、低くなり開いていきます。
親指の場合は中央が開き、
人差し指の場合は真ん中より少しずれて、
上の前歯と下の前歯が噛まない状態になります。
このような歯列を開咬といいます。
ではこのようになってしまった場合、どうすればいいのかといえば、
年齢、指を吸う時間によって変わります。
年齢が2歳までなら様子をみます。
3から5歳なら積極的に止めるように仕向けなければなりません。
まず、第一に、指しゃぶりを止めるように
お子様の心のケアが大事になるので
ご両親と一緒に原因や、方法を探ります。
なぜなら指しゃぶりは
心の安定を求めてしていることが多いからです。
指にその子の好きなキャラクターのバンドエイドを貼ったり、
嫌いな食べ物、わさびを塗ったりと、様々です。
しかし、指しゃぶりで出来てしまった開咬は、
自然に治ることがほとんどです。
5歳頃までになら、ひどくない開咬なら自然に治ることが多いです。
でも、開咬の場合、
舌突出癖という悪習癖が起こっていることがあります。
つまり、指しゃぶりだけでできた軽い開咬なら問題ありませんが、
開咬がひどい場合には舌突出癖が併発していることがあり、
指しゃぶりをやめても、開咬は無くなりません。
舌突出癖というのは、
日頃のずっと開咬の空いている前歯の間に舌があるというよりは、
物を飲み込む時に陰圧にする為に
舌を前歯の隙間に持っていく癖がほとんどです。
舌突出癖は専用の装置を入れたり、
口輪筋を鍛える方法などで治療していきます。
まとめますと、
3歳までには指しゃぶりを止める様にしていただき、
6歳頃まで続けてしまい、
舌突出癖が出てきている場合には
矯正治療が必要になる可能性があるということです。
前歯の生え変わりだけでは
開口が治らないことがありますので注意が必要です。
お子様のを診療させていただく時には、
そういった癖などがないか、隈なくチェックしています。
なので安心してご来院ください。


20180201katayama.jpeg

写真は親指にある吸いだこです。
よく吸う指には吸いだこができますので、指をよく見てください。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ