«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 他人事ではない?災害時の口腔ケア(誤嚥性肺炎予防のためにも) | メイン | 義歯 »

2018年4月 5日

こんにちは、タニダ歯科医院の片山です。

今回のブログは当院でみさせていただい症例についてです。
どのような症例かというと
歯の中に異物が取り残されていたものです。
歯の中には神経と血管などが入っている歯髄というものがあります。
その歯髄に感染を起こした場合、
歯の中をファイルと呼ばれる細長い器具で
機械的に掃除をしていきます。
今回の症例はその器具の先端がおれてしまっていました。
レントゲン写真の矢印の先の白いところです。
金属はレントゲン写真では白く映ります。
金属の破片が歯の中にある場合、
積極的に除去、つまり取った方がいいかというと、
痛みもなく、根の先が化膿していない場合は
そのままにしておくこともあります。
しかしながら、今回の症例の歯の場合、
根の先で化膿しており、
それが歯の際から出てきているような状態であり、
予後不良ですが、
患者様と相談の上、治療させていただくことになりました。

20180405katayama.jpeg


どのようにして、折れた器具を取っていったかを説明します。
特殊な器具を使って、折れた器具の周りの歯を削っていきます。
そこに細い掃除する器具を入れていき、
引っ掛けて取りました。
その器具の写真を次に載せます。


20180405katayama1.jpeg

歯をできるだけ削らないように折れた器具の周りを削りました。
今回のように周りを削っても
しっかりと入り込んでいる時は
なかなか取れないこともあります。
取ったものの写真を次にあげます。

20180405katayama2.jpeg


この詰まったものを除去した時に、
根の先から膿がでてきました。
おそらく、この破折したものが原因で
膿が溜まってきていたと考えられますので、
歯の中を清掃して行く予定です。
まだ治療中であり、予後はどうなるかはわかりませんが、
またブログで紹介させていただければと思っております。
できるだけ歯を抜かずに治療するような日々、研鑽するように努めていきます。

歯の根の形態は人によって様々です。
根が細い人もいれば、強く湾曲している方もおられます。
一人として同じ形態の方はおられません。
ゆえに歯の根の治療はどうしても回数がかかります。
でも妥協はできません。
なぜならば根の治療は、建物で言えば基礎の部分にあたるからです。
基礎に不安があれば、上にどんなかぶせ物をしても常に予後の不安がつきまといます。
みなさんにも歯の根の治療の重要性をわかって頂ければと思います。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4313

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ