«  2018年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年5月31日

こんにちは。歯科医師の村重です。

雨の降る日が増え、
蒸し暑さを感じることも多くなりました。
皆さん如何お過ごしでしょうか。

最近、特に若い患者さんから
「口を開けると顎がカクカクする」
「物を噛んだときに顎が痛い」
といった相談を受けることがよくあります。
口を開けたり、食事をするのは
日々の生活のなかで不可欠なことなので、
これらに不自由があると
日常生活の質を大きく下げることにも繋がります。
こういった症状の際によく耳にするのが
「顎関節症」という言葉だと思います。
テレビなどで取り上げられることもあり、
よく知られています。

20180531murasige.png


では、顎関節とはどういった病気なのでしょうか。

まず、大きな特徴として

①口を開こうとすると
顎関節(耳の穴の前にあります)や顎を動かす筋肉が痛む。
②十分には大きく口を開けられない。
③口の開け閉めで顎関節に音がする。

という症状がでます。

このうち一つでも当てはまるものかあり、
鑑別診断で他の疾患がない病態を
「顎関節症」といいます。
また、一言に顎関節症といっても原因は様々で、
以下に示すような分類があります。

1)筋肉の障害によって起こるタイプ(Ⅰ型)
筋肉が何らかの原因で緊張して硬くなり
血液の循環が悪くなるために痛みを生じる。
咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋からなる
咀嚼筋を中心に痛むので頬やこめかみのあたりが痛むが、
痛みは鈍く部位を特定しにくい。
また、押すと強く痛むトリガーポイントという
コリコリしたしこりができることがある。
頭部、首、肩など離れたところに関連痛が起こる。

2)関節包・靱帯の障害によって起こるタイプ(Ⅱ型)
顎関節の関節包みや靱帯などの線維組織に
力が加わって捻挫を起したようになり痛みを生じる。
関節包炎、滑膜炎などを起し、
あごを動かすと顎関節部が痛む。


3)関節円板の障害によって起こるタイプ(Ⅲ型)

関節円板が本来の位置から前に
ずれたままになってしまう状態のことで
「関節円板前方転位」という。


<クリック(カクカク音)>
口を閉じたとき本来は
下顎窩の中にあるべき関節円板が、
下顎窩の前方にズレて出てしまっている。
口を開けようとすると
回転して前にすべり出してきた下顎頭が
関節円板の下に強引にもぐり込み、
上に乗せたときに「カクン」と音が出る(クリック)。
口を閉じるときに
下顎頭から関節円板が外れるときも同様に音が出る。
(口を開けたときには関節円板が本来の位置に戻るので
「復位を伴う関節円板前方転位」という)

<ロック(クローズド・ロック。口が大きく開けられない)>
さらに進むと、
口を開けようとするとき前に出ようとする下顎頭が
関節円板の下にもぐり込めなくなり関節円板を
上に乗せられなくなる。
こうなると関節円板が邪魔して
下顎頭が下顎窩の前に出られなくなるので、
口が大きく開けられなくなる。(クリック音はしない)
(口を開けたときも関節円板が本来の位置に戻らないので
「復位を伴わない関節円板前方転位」という)


4)変形性関節症によって起こるタイプ(Ⅳ型)
顎関節に繰り返し強い負荷がかけられたり、
長い間続いたときに、
下顎頭の表面が吸収されてその回りに
新しい骨がつくられることがある。
口を開け閉めすると
「ゴリゴリ」「ジャリジャリ」といった音がして、
滑膜炎など周囲の炎症を伴うと顎関節が痛む。
骨の変形は必ずしも異常な変化ではな
く無症状の場合もあり、
またある程度進むととまる場合が多い。


次に、顎関節と診断された場合の治療法について説明します。
上記の分類によっても細かくは異なり、
症状によっては外科的な治療を行う場合も希にありますが、
基本的には保存的治療で対処します。
通常は鎮痛薬の規則的な服用で
関節内の炎症を鎮めるとともに、
スプリントといわれる、プラスチックの板を
歯列全体にかぶせる治療が一般的です。
スプリントは、
噛みしめ時の顎関節の負担を軽くする治療法です。
これで痛みが軽快しないときは
関節の中(関節腔内)に局所麻酔をして、
徒手的にズレた関節円板を治したり、
また炎症がひどいときは、点滴注射で関節の中を洗い、
潤滑剤を注入することもあります。
これらの治療法に理学療法や場合によっては
手術を組み合わせて治療に当たっていきます。

20180531murasige1.jpg

また、御自身で行えることで
一番大切なことはアゴの関節に負担をかけないことです。
うつぶせ寝、睡眠不足、フランスパン、
ビーフジャーキー、タコ、イカなどの硬い食品や
大きな食品を避ける、
歯を噛みしめる癖を直すことが大事です。
さらに筋肉のマッサージは自宅でもできます。
直接顎に負担のかからない生活を心掛けましょう。
なにかおかしいな、と思ったら
歯科医院にて早めにご相談頂ければと思います。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年5月24日

こんにちは。歯科医師の今泉です。

今回は喫煙者の方には辛い内容ですが、
タバコについてお話ししたいと思います。


今やタバコは百害あって一利なしと言われ、
吸える場所も減り値段も上昇と
タバコを吸う方にとって辛い時代になっていますね。
私はタバコを吸われてる方に禁煙指導をしていますが、
「やめたくてもやめれない」や
「歯には関係ないでしょ」とよく言われます。

では、なぜタバコはやめれない方が多いのでしょうか❓

20180524imaizumi.jpg



❶タバコの成分

タバコの煙には、
4,000種類の化学物質が含まれています。
その中には、何と200種類以上の有害物質が含まれ、
発がん性物質は50種類以上にのぼります!
有害物質のなかでもよく知られているのは、
ニコチン、タール、一酸化炭素です。
そのほかにも、
ペンキ除去剤に使われるアセトンや、
アリの駆除剤に含まれているヒ素、
車のバッテリーに使われているカドミウムなど、
体に大変有害な物質がタバコの煙に含まれています。

❷やめれない理由

実は、タバコを吸って落ち着くのは、
体内のニコチンが切れて
「イライラする(ストレス)」ところに、
タバコを吸ってニコチンを取り込んだことで、
イライラが解消されるためです。
ニコチンの欠乏と補給に左右される症状は、
ニコチン依存症によるものです。
ニコチンは依存性の強い物質です。


私たちの周りには、
お酒やコーヒーなどの嗜好品があり、
それぞれアルコール、カフェインといった
依存性物質が含まれていますが、
適量であれば健康に問題はありません。
ところが、ニコチンは
危険薬物のヘロインやコカインよりも依存の危険が高く、
しかもニコチン依存症になってしまうと、
使用を中止するのは非常に難しくなります。
いつでもタバコをやめられると思っていたのに、
なかなかやめられないのは、
このニコチン依存症が原因なのです。


❸禁煙の新しい手段

禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。
病院のサポートを受けながら、
禁煙を続けてみませんか?

禁煙外来は、
総合病院のほか、内科や循環器科、
婦人科、外科、心療内科、耳鼻咽喉科など、
さまざまな診療科で行っています。
禁煙外来では、
医師が、あなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、
禁煙補助薬の処方、
治療の経過を見守ってくれることです。
禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、
診察で相談できるので、
うまく続けていくことができます。
また、現在では条件を満たせば、
健康保険等を使って禁煙治療ができます。

❹加熱式タバコ

•加熱式タバコの煙にも、ニコチンが含まれています 。
•加熱式タバコの煙には、
紙巻タバコと同様に、さまざまな有害物質が含まれています 。
•主な症状: のどの痛み、目の痛み、気分の悪化、
他の痛みやそれ以外の症状。
•加熱式タバコ使用者の72%が、紙巻タバコも使用しています 。
•完全な禁煙に向けて、
加熱式タバコが役立つという科学的な根拠は確立されていません。


次にタバコを吸う事で起こる
お口の中への影響についてお話しさせて頂きます。

20180524imaizumi1.jpg

❶虫歯になりやすくする
 
1.唾液の量が低下すことで、
お口の中の汚れをとる力が弱まり、
歯垢が溜まりやすくなる。
初期むし歯を修復しようとする再石灰化作用が弱くなる。

2.タバコに含まれるヤニが歯の表面にこびりついてしまい、
そこに歯垢が停滞し安い環境を作る。


❷歯周病を悪化させるタバコの作用

1.歯周病菌と戦う白血球の機能が低下し、
歯ぐきの抵抗力と免疫力が低下する。
2.タバコのニコチンにより血管が収縮してしまい、
歯ぐきに酸素や栄養が十分に行きわたらない。
3.歯ぐきを修復するために
必要な線維芽細胞の働きが抑制される。
4.歯と歯ぐきの境目にある溝の中の酸素が不足し、
酸素が嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう。

20180524imaizumi2.jpg

❸味覚異常を起こすタバコの作用

1.タバコを吸う事で活性酵素が体にたまり、
体にダメージを与えます。
それを防ぐため味覚に使われるはずの亜鉛が低下する。

2.タバコの主成分である
「タール(ヤニ)」や「ニコチン」が
舌の味蕾と呼ばれる器官の機能をマヒさせます。
味蕾はこれは甘み」「これは酸味」「これは塩味」
などの味の識別することができる器官です。

最後になぜやめるべきか


❶体に悪いから
タバコでがんになることはよく知られていますが、
そのほかにも脳卒中や心筋梗塞、
動脈硬化、高血圧、糖尿病、メタボリックシンドローム、
胃潰瘍、COPD、肺炎、喘息、うつ病、
バセドウ病、骨粗鬆症、EDなど、
全身の病気のリスクを高めることがわかっています。
また病気のリスクだけでなく、
妊娠・出産への悪影響や
乳幼児突然死症候群の発症リスクにも関連してきます。


❷周囲の人の健康にも影響を与える

タバコに含まれる有害物質や発がん物質は、
あなたの健康を奪うだけでなく、
家族や友人、職場の同僚など、
あなたの大切な人の健康も奪います。
タバコの煙には、
タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、
火のついた先から立ち上る「副流煙」に分かれます。
この副流煙には、
主流煙に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、
一酸化炭素が4.7倍も含まれています。
この副流煙を、
自分の意思とは関係なく吸い込んでしまうことを
「受動喫煙」といいます。
受動喫煙にさらされると、
がんや脳卒中、心筋梗塞、呼吸器疾患などの
さまざまな病気のリスクが高くなり、
さらには妊婦や赤ちゃんにも
悪影響を及ぼすことがわかっています。
このため、受動喫煙は近年、
社会全体で取り組むべき問題として認識されています。

喫煙されている方には
頭が痛くなる内容だとは思いますが、
自分自身のため、
大切な家族や友人のため
喫煙への一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。


 


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年5月17日

こんにちは、歯科医師の重田です。

すっかり暖かくなり、沖縄では梅雨入り。
早くも夏が近づいてきたという感じです。
気温が変化しやすく体調管理も必要です。
天気予報をしっかり確認して、
みなさんご注意なさってくださいね。

さて、本日は歯科の麻酔のお話をしようと思います。


だいたいの方は歯科で
麻酔をご経験されたことがあるのではないでしょうか。
実際何を使っているのか、
何をされているのかわからない方も多いかと思います。
本日は麻酔について普段説明しきれないことをお伝えします。


まず、麻酔といっても
歯科で用いることが多いのは局所浸潤麻酔です。
一部分にだけ麻酔液を注入し、
浸透させることで神経の感覚を鈍らせるというメカニズム。
主な成分はキシロカインを用いることが多いです。

20180517sigeta.jpg


基本的には顎の一部分に麻酔をかけ、
治療の間痛みを感じないようにします。
注射自体もそれほど痛いものではありませんが、
人によって、あるいは部位によって
痛みの感じ方が違います。


①麻酔の仕組み
冷たい水、酸、風や治療時の刺激により
歯の神経が刺激され興奮することにより痛みを感じます。
そこで麻酔は、その神経の興奮を抑え込むことにより
痛みを誘発しないという仕組みです。


②効果
まず一番は処置時の痛みを除くことができるということ。
また、麻酔が効いているということで
患者が緊張することなく治療を受けることができる。
血圧が高い方、精神的に不安要素が強い方に対しても
安全に処置をすることができる。
エピネフリンという成分が含まれているため、
血管収縮作用により出血を抑えることができる。


③デメリット
麻酔をする際に針の刺入により痛みを伴う。
血管収縮作用により血圧が上昇する。
非常に稀ではあるが、
アドレナリン中毒やアナフィラキシーショックなど
副作用が生じることがある。
また、麻酔に対して恐怖心を抱く患者も多く、
麻酔により逆にショックを起こしたり、
気分不良が生じることがある。

続いて、
麻酔が切れるまでの注意事項などについてお話しします。

麻酔は量や部位によって効果時間が違います。
治療後は約2時間効いている、
とお伝えすることが多いですが、
完全に感覚が戻るまでは
もう少し時間がかかることもしばしばあります。


ですから、時間帯によっては、お食事は
治療の前に召し上がってこられることをおすすめします。


なぜ麻酔が効いているときに食事がよくないか??


麻酔をされた方はわかると思いますが、
感覚が鈍いため運動も鈍くなります。
すると食事の際に頬粘膜や舌を
噛んでしまったりすることがあります。
また噛んだ際も痛みがないため
反射的に噛むのをやめるということがありませんので、
深い傷になることも多いのです。
あとは熱いものに関しても同じです。
熱さを感じにくいため、
気づかないうちに熱傷を起こすことがあります。


以上のことから麻酔が効いているときは、
よく噛む必要があるものや熱いものは控える。
食べるとしてもやわらかくて
すぐに飲み込めるようなもの、常温以下のものに限ります。
何も食べないのがベストですが、
どうしても召し上がりたいときは上記のことに気をつけて
召し上がってください。

また、治療によっては麻酔が切れると
痛みが出てくる場合があります。
これは治療によって異なり、
抜歯や神経を取る処置、歯肉を切ったりしたときなどは
代表的ですが、麻酔が切れると痛みがでることがあります。
歯科医師より処置後説明があると思いますが、
その際は麻酔が効いているうちに
痛み止めを服用することをお勧めします。
当院では、説明をしっかり受けていただくことを
モットーとしているとともに、
患者様自身に歯科治療の知識をつけていただき、
安心して治療を受けていただくことも大切にしています。


治療の内容がわからないときは、いつでもご質問してくださいね。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年5月10日

こんにちは。口腔外科専門医の豊原です。
ゴールデンウィークが終わり、
緑がきれいな清々しい季節になりました。
歩いているだけで、気分爽快になる今日この頃ですね。


今回は、比較的よく見られますが、
やや注意が必要な疾患について触れてみたいと思います。


一つ目は白板症です。


20180510toyohara.jpeg

これは口腔粘膜に現れる白色病変で、
短期的に変化せず、拭っても剥がれないものをいいます。
下顎の歯肉(29%)に発生することが多く、
舌(25%)、頬粘膜(24%)の順に多くみられます。
最終的には顕微鏡検査による病理組織診断が必要ですが、
確定診断された場合は、
数パーセント(5~8%)の割合で
悪性化することがあるため、
長期的な経過観察が必要となります。

特に舌にできたものは悪性化の可能性が高いようです。
この病変は痛みを伴うことは少なく、
歯科検診時に指摘され見つかることが多いのですが、
白色病変の周囲に赤いびらんを伴うこともあり、
この場合 は接触痛や食事の際にしみたり、
いわゆる口内炎のような痛みを感じます。
痛みを伴うものは注意が必要です。

発症の原因はわかっていませんが、
喫煙は明らかな起因要素です。
アルコールによる刺激、
合わない義歯や金属による慢性の機械的刺激、
ビタミンAやBの不足、
加齢なども起因要素と考えられています。
女性よりも男性に多いとされ、
50歳から60歳代に多くみられます。
普通の口内炎と違って、
将来癌化する可能性があることから、
前癌病変といわれています。

治療としては、
刺激になっているような補綴物などがあれば、
まずはその原因を除去します。
もちろん、禁煙も大切な試みです。
次に薬物療法としてビタミンAの投与が有効ですが、
副作用も強いため、
全ての方に用いられることはありません。
しかし、重度であれば、
試してみる価値はあると思います。
その後は長期の経過観察に入りますが、
少しでも形状の変化を認めれば、
すぐに組織採取し顕微鏡検査を行い、
悪性の細胞の有無を確かめることが大切です。
悪性の変化を早期に見つけることができれば、
癌の予後は非常に良好です。


次に紅板症が挙げられます。

20180510toyohara1.jpeg

肉眼的には境界が明瞭で、
表面粘膜は平滑、光沢を有する鮮紅色の病変です。
一部分に潰瘍や、
表面が肉芽様または小顆粒状を呈することがありますが、
病変部の硬結はありません。
先ほどの白板症と違い、
強い刺激痛を伴うことが多いようです。
多くの場合、痛みが受診動機になるようです。
口底粘膜や、下顎歯肉、舌の側面に多く見られ、
60歳以上の高齢者が全体の80%を占めます。
男女差はありません。
白板症同様原因はわかっていませんが、
喫煙や不適補綴物は一因と考えられています。
その為、まずは不適補綴物の除去を行い、
症状の改善があるか経過観察します。
禁煙も必須です。

刺激痛については
鎮痛剤や洗口剤などで緩和療法を行います。
しかし、紅板症の約50%が悪性化するといわれており、
初期治療により改善がみられなければ、
早期に外科的切除も含めた確定診断を行う治療に
進むことをおすすめします。
切除後も悪性化や再発の可能性が高いため、
長期にわたり、経過観察を行うことが大切です。
次回もまた、この続きをブログします。

梅雨が始まるまでの爽やかな季節。
是非ハイキングや森林浴などにお出かけくださいね。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ