«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« かかると嫌だが役に立つ!(唾液の役割) | メイン | 口腔内からみる全身疾患 »

2018年7月26日

こんにちは。歯科医師の村重です。
3月のブログで、
災害時における口腔ケアについて書かせて頂きましたが、
大阪北部地震、西日本豪雨と
大きな災害が連続して発生する事態となってしまいました。
特に西日本豪雨については
現在も広い地域で被害が生じている状況で、
一日も早い復旧と、
被災された方々が日常の生活に戻れることをお祈りしております。

さて、今回のブログですが、
皆さんは自分の口の匂いについて気になったことはありませんか?
口臭とは、もし自分が気になっていなくとも
他の人からは不快に思われていたり、
また、逆に他人は気づかない程度でも
自分自身ではすごく気になっていたりと
デリケートな側面を持っています。
その原因はどこにあるのでしょうか。
まず口臭の種類は以下のように分けられます。
20180726murasige3.png

①生理的口臭

誰にでもある口臭で、
朝起きた時が最も強くなっています。
夜寝ている間は唾液の分泌が減り、細菌が増殖します。
そしてこの細菌が口の中の汚れ成分を分解し、
口臭の原因物質がつくられるのです。

②病的口臭

ほとんどの口臭の原因は
口の中にあります(まれに全身的な疾患が原因の場合もあります)。
口の粘膜は皮膚の垢(あか)と同じように、
細胞が剥がれ落ちて、舌に白く溜まり腐敗します。
これが舌苔(ぜったい)です。
舌苔は最大の口臭源で、口臭の6割が舌苔から発生します。
食事を歯できちんとかまなければ
舌苔が増え口臭の原因になります。
食べ物は歯を汚す一方で、「かむこと」で舌をキレイにします。

口臭の主な原因は揮発性硫黄化合物(硫化水素やメチルメルカプタン)です。
歯周病原菌は、硫化水素より悪臭の強い
メチルメルカプタンを大量に産生します。
ですから、歯周病は強い口臭の原因となるのです。
また、進行した虫歯からも口臭は発生します。
20180726murasige2.jpg

以上のことからわかるように、
お口の中を清潔に保つことによって
かなりの部分口臭は改善します。
そのためには、ご自身で行うセルフケアに加えて、
歯科医院にて行うプロフェッショナルケアが大切となってきます。
"最近少し匂いが気になる"という方は、気軽にご相談下さい。

(セルフケア)
・歯ブラシや歯間清掃用具を使ってすみずみまでていねいに磨く。
・舌ブラシや柔らかめの歯ブラシなどで舌苔を除去する。
ただし、舌苔の付着する粘膜には、表面の形状が複雑で味を感知する「味蕾(みらい)という組織があり、非常にデリケートです。
力任せに何度もブラシをかけると傷つけてしまうだけでなく、
味がわからなくなどの障害を起こす可能性があります。
極力弱い力で、舌の後ろから前にブラシを動かすことを意識しましょう。
・義歯の清掃をする。
・鏡で口の中を見て異常がないか観察する。
・十分な睡眠とバランスのよい食生活で規則正しい生活を送る。
・気持ちにゆとりを持って、リラックスした状態で毎日を過ごす。
・口臭のセルフチエックを行う。

(プロフェッショナルケア)
・定期的に歯科健診を受ける。
・口腔内の状態に合った適切な口腔清掃の指導を受ける。
・専門的歯面清掃や歯石除去をしてもらう。
・歯周病やむし歯は早めに治療を受ける。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4338

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ