«  2018年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年8月30日

こんにちは、口腔外科専門医の豊原です。

長かった夏休みもようやく終わりが近づき、
学生さんたちは宿題の追い込み、
お家の方は新学期の準備に追われている
今日この頃でしょうか。
この夏は猛暑、長雨、台風と自然の猛威を思い知らされ、
ここ名塩も随分交通機能麻痺のため、
多々苦労がありましたね。

今回は、以前にもブログで触れた
前癌病変の続きを書きたいと思います。
前は白板症と紅板症について触れました。
今回は口腔扁平苔癬について触れたいと思います。

20180830toyohara.png

20180830toyohara1.jpeg

扁平苔癬は幅1~2㎜ぐらいの
乳白色の細かい線状を示す難治性の病変で、
レース状、網状の模様を呈することが多く、
しばしば白い線状の内側は発赤やびらんを呈します。
しかし、このレース状模様は時間的経過とともに、
赤味を帯びたり、その形状が変わりやす特徴があります。
形状が変わるだけでなく、
接触により出血しやすくなったり、
疼痛が増したり(もしくは軽減してきたり)しやすいです。
この白色線状の病変は角化の異常を示しており、
病変は口腔粘膜のあらゆる所に生じます。
発生部位によりその病変がやや異なります。
頬粘膜では白色病変が主であり、
発赤やびらん、潰瘍を伴うことがあるのが特徴的です。
舌では斑状の白色病変が特徴的で、
小豆大~大豆大の境界明瞭な
乳白色の斑が見られることが多いです。
歯肉では白色線状であることが多く、
びまん性に紅潮しています。
このように扁平苔癬は多彩な像を呈するため、
種々の分類がなされており、
それらの病型を挙げてみると、


①網状型、②丘疹型、③線状型、④斑状型、
⑤びらんまたは潰瘍型、⑥小水疱型、
⑦色素沈着型、などです。

自覚症状としては、接触痛が最も多く、
食物(特にキムチや歯磨き粉などの刺激物、熱いものなど)
がしみたりします。
次いで口腔の荒れ、出血、不快感、
味覚異常、灼熱感などです。
症状は極めて慢性の経過をたどり、
網状型のものは自然治癒も期待できますが、
潰瘍型では自然治癒は期待できません。
経過期間は1~10年程度のものが
多いとされていますが、
まれに癌化することがあるため、
なるべく長期間の経過観察をした方が良い病変です。
扁平苔癬の原因は正確にはわかっておらず、
遺伝的素因や自己免疫疾患、
ストレス、代謝障害、歯科用金属を含むアレルギー、
ウイルス、菌、梅毒などの関与が考えられています。
一方、合併する疾患として、
高血圧や消化性潰瘍、慢性肝炎のうち
特にC型肝炎が報告されています。
C型肝炎との合併率は
日本では40~60%と非常に高値の報告があります。
治療では、局所的にはうがい薬や
副腎皮質ステロイド薬を含む軟膏を使います。
歯科用金属によるアレルギーが疑われる場合は、
まず、皮膚科でパッチテストを受け陽性ならば、
原因と思われる充填物や冠を除去するのが望ましいです。
その他ビタミンAや
ビタミンA誘導体の内服が有効とされていますが、
ビタミンA誘導体は副作用がかなり強く出るため、
安易な内服は避けるべきです。
どちらにしても、
この疾患は長く付き合っていく必要があるため、
当初は軟膏や含嗽薬を用いても結局のところ
効果が十分得られるとは限らず、
長期経過観察を必ずやっていくこと自体が
一番の治療と考えます。


まだまだ暑い日は続きそうですが、
体調を崩されないよう皆様お気を付け下さい。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年8月23日

こんにちは、歯科医師の久貝です。

はぁ~~、熱いですね!
ひたすら熱いです。
外に出たら気温が38℃とか・・・猛暑ですね。

みなさん体調はいかがですか?
暑さ対策はしていますか?
これだけ熱いと熱中症になりますので、
しっかりと水分補給をしてくださいね。
外に出かける時は必ず帽子を被るようにして下さいね。

さてさて、夏休みも もう後半戦になりましたね。
もう夏休みの宿題は終わりましたか?
テレビを着ければ連日甲子園の話題で持ち切りです。
大阪桐蔭凄いですねぇ~~!

史上初!2回目の春夏連覇!!

なかなか出来ない快挙です。
この暑い季節を、さらに暑く、「熱く」してくれました。

でも。やっぱり高校球児の「熱さ」と言うのは、
いつ見ても気持ちが良いものですね。
見ている人たちを感動させる清々しさがあります。

20180823kugai.png

僕の高校も8年前に、甲子園春夏連覇をしたことがありますが、
その時はあまり野球に興味の無い僕でも
流石に甲子園球場まで応援に行きました。


いやぁ~~、やっぱり甲子園は熱かったです。

何が一番熱かったか?

僕の後ろに「具志堅用高」が座っていたのが一番テンション上がりました(笑)。
高校の先輩なので、応援に駆けつけてくれたらしいです。

20180823kugai2.png

球場でも、テレビで見ている時でもそうですけど、
見ているこちらが
思わず「グゥゥッッ・・・・!!」と力が入ってしまい、
握りこぶしを作って、喰いしばってしまいます。
気が付いたら肩が凝ってしまいますね。

こんな感じで、何かに集中している時に
「グッ!」喰いしばっているコトは、皆さんありませんか?
または、寝ている時の「歯ぎしり」って無いです?

一言で「歯ぎしり」と言っても、3種類あります。
①グラインディング
グラインディングとは、
ギリギリと上下の歯を擦り合わせるタイプの歯ぎしりになります。
多くの人がしている歯ぎしりはこのグラインディングタイプの歯ぎしりになります。
ギリギリと音が聞こえるのがグラインディングの特徴です。
このグラインディングは無意識に行われる口腔習癖です。
そして歯や顎、顎間接などに大きな圧力がかかるので、
症状がさらに悪化し歯や顎に影響が及ぶことがあります。

②クレンチング
クレンチングとは上下の歯を強く噛みしめるタイプの歯ぎしりです。
大きなストレスなどがある時に歯を強く食いしばるのがこのクレンチングです。
グラインディングと違ってこのクレンチングは音がしません。
クレンチングは無意識に歯を食いしばっているため、
知らない間に歯を削ってしまったり肩こりを感じたりします。
顎のエラの部位に痛みを感じたり、
上下の歯の噛み合わせ面が擦り減っていたりしたら
クレンチングの可能性が高いです。

③タッピング
タッピングとは上下の歯を合わせてカチカチな鳴らす歯ぎしりです。
歯をリズミカルにカチカチと合わせるのがタッピングの大きな特徴です。
ギリギリと音が鳴るグラインディングとは音の種類が違います。

歯ぎしりをしてしまうことで
悪い影響が出るのは歯や顎だけではありません。
眠っている時、無意識に歯ぎしりを毎晩繰り返していると
熟睡ができず不眠の原因になります。

眠っている時に歯を噛みしめたり
歯ぎしりをしてしまったりすることを「睡眠時ブラキシズム」と言い、
その眠っている時にする歯ぎしりの場合、
無意識のため起きている時よりも抑制が効かず、
歯や顎により大きい負担をかけてしまいます。

それでは、「歯ぎしり」は何故起こるの?

歯ぎしりの原因は、科学的根拠が実証され、
明確となっているものはありません。
一概にこれが原因だと定義づけられたものがないのです。

しかしその中でも最も有力な原因の説は「ストレス」です。

人は強いストレスを感じると
無意識に体を揺らすなど仕草、行動にあらわれます。
なので歯ぎしりもストレスによる動作の一つと考えられ、
歯ぎしりによってストレスを発散しているといわれています。

・・・とは言ったものの・・・歯ぎしりの原因は人によって違います。

なので自分の生活や習慣を見直し、
歯ぎしりの原因となるような習慣などがないか、
思い返して確認してみるのが歯ぎしりの改善には必要です。

20180823kugai3.png

もしも、ご自身でのコントロールが難しいのなら、
一度 歯医者さんに相談してみて下さい。
歯医者さんでの歯ぎしりの治療の主流は
マウスピース(スプリント)を装着することです。
マウスピースは歯列矯正でも使用されますが、
歯ぎしりの改善にも効果があります。
マウスピースを装着している状態で歯ぎしりをしても、
直接歯や歯ぐきに負荷がかからなくなるので歯が削れるのを防げます。

また顎の関節にかかる力も軽くなるので顎関節症を予防できます。

さらにマウスピースを付けることによって
噛み合わせの位置が高くなり、
顎などの筋肉の緊張が解消されます。
それによって歯ぎしりが原因の肩こりや頭痛を軽減することができます。

たかが「歯ぎしり」
されど「歯ぎしり」です。

もしも、「歯ぎしり」でお悩みの方が居られるのならば、一度 近くの歯医者さんにご相談ください。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年8月16日

こんにちは、歯科医師の池田です。


暑い日が続きますね。
アイスクリームやカキ氷など、
冷たい物を食べる機会が多いと思いますが、
一瞬歯がしみて痛くなったことはありませんか?
ちなみに私はあります。笑
虫歯かな?と心配になりますよね。

他にも歯ブラシの毛先が触れたり、
甘いもの、風にあたった時などにも
歯が痛くなることがあります。


知覚過敏の原因としては、
歯の表層の見えている部分はエナメル質と呼ばれ、
その下に象牙質と呼ばれる層があり、
さらにその下に歯髄と呼ばれる歯の神経があります。
歯の最表層にあるエナメル質は削っても
痛みを感じることはありませんが、
象牙質は器具でこすったり、
冷たいものや熱いもの等に触れると、
その刺激は内部の神経に伝達されて、
歯は痛みを感じます。

通常、象牙質はエナメル質に覆われているので、
こうした痛みを感じることはありませんが、
極端に冷たいものなどではエナメル質の上からでも
温度が内部の象牙質に伝わって、
歯が痛みを感じることもあります。
しかし、様々な理由で象牙質が露出すると、
刺激が神経に伝達されやすくなり、
知覚過敏が生じるようになります。


象牙質が露出する原因は、

⑴歯肉の退縮
歯肉の位置は加齢とともに少しずつ下がってきます。
それに伴って歯の根っこが露出し、
象牙質がむき出しの状態になります。
このような象牙質表面では、歯ブラシが触れたり、
温度変化などの刺激で痛みを感じることがあります。
持続時間は長くても1分以内で、
時間が経てば痛みは消失します。
歯の表面に歯石がたくさん付いているような場合、
それを取り除いた時にも同様の状態となり、
歯石をとっている時にも器具が象牙質表面に触れたり、
水をかけて処置をするので、
知覚過敏と同様の痛みを感じることがあります。
これが原因で、
普段の生活で痛みがなくても、
お口のクリーニングの時だけ痛みが出ることがあります。


⑵歯の破折
打撲などにより歯が破折して、
象牙質が露出すると、知覚過敏症状が出ることがあります。
破折時には、残っている歯に亀裂が入っていることもあります。
亀裂の状態にもよりますが、
歯の神経の部分にまで細菌が侵入して炎症を起こすこともあります。
歯の神経に炎症が起きた場合は、
知覚過敏ではなく、歯髄炎という状態になります。
この場合では、
一時的ではなくずっと歯の痛みが続くため、
歯の神経を取る必要があります。


⑶歯がすり減ることによる象牙質露出
歯は使っていれば、
わずかずつですが擦り減っていきます。
その結果、
エナメル質がなくなって象牙質が露出することもあります。
歯の擦り減り方は人によって様々です。
大きく擦り減ってしまっても
知覚過敏が見られないこともありますし、
わずかな範囲の象牙質露出でも知覚過敏が起きることもあります。
歯ぎしりやくいしばりなどをしている人は、
すり減りがや欠けたりがよくみられます。


⑷歯が溶けることによる象牙質露出
エナメル質はpH5.5程度で溶け始めます。
私達の日常で口にする食べ物や飲み物の多くは酸性です。
こうした食べ物や飲み物を
全てやめるということは不可能ですが、
炭酸飲料を長時間かけて飲むような習慣や、
酸っぱい飲み物や食べ物を
頻繁にかつ長時間摂取するような習慣があると、
私達の歯は簡単に溶けて、
内部の象牙質が露出します。
このような状態の歯を酸蝕歯といいます。
当然象牙質も露出します。
象牙質はエナメル質よりも弱い酸で溶けますから、
さらに歯は溶かされていき、
知覚過敏も起きやすくなります。


⑸虫歯治療に伴う知覚過敏
虫歯の治療をした後、
その歯に知覚過敏が起きることも時としてあります。
歯を削るという処置そのもので、
歯の神経が痛みを感じやすくなってしまうことや、
治療法によって、
かみ合わせた時に痛みを
感じるようになるということもあります。
しばらく経過を見て知覚過敏がなくなる場合もありますが、
再治療を行うことや、
神経を取り除く治療が必要になることもあります。


⑹ホワイトニングに伴う知覚過敏
ホワイトニング(歯の漂白)治療によって、
一時的に軽度の知覚過敏が起きることがあります。
ホワイトニングで使う薬剤による影響であると考えられますが、
詳細なメカニズムは不明です。
家庭で行うホームホワイトニングの場合、
1-2日間ホワイトニングを中断すれば症状は消え、
再びホワイトニングを続けることが可能です。
またホワイトニング治療が終了すれば、
知覚過敏もなくなるのが通例です。
なので、知覚過敏のある人は
ホワイトニングは行わない方が良いことが多いです。


治療法としては、

⑴再石灰化を促す
知覚過敏症は、軽度なものでは期間が経過すると
自然に消失することもよくあります。
これは象牙質の露出部において、
唾液や歯みがき剤からの再石灰化成分によって、
象牙質の微細な空隙が封鎖されてくるためと考えられます。
露出した象牙質は歯みがきでも
痛みを感じやすくなっていますが、
歯みがきを十分に行わないとプラークが付着します。
プラーク中にはむし歯菌がいて、
酸を作りその歯の表面を溶かしています。
再石灰化とは逆の脱灰という現象です。
こうなると知覚過敏はむしろ悪化することも考えられます。
知覚過敏の改善にも歯みがきはとても重要です。
ただし、磨く力が強すぎたり
歯ブラシの当て方を間違えると歯肉退縮の原因になります。


⑵歯の神経の興奮を抑える
知覚過敏は歯の神経が刺激を受けて、
痛いという信号を中枢に送ることで私達は痛いと感じます。
神経を興奮させないという治療法もあります。
これは歯の神経の周囲を
カリウムイオン(K+)が多く取り巻いていると
神経の細胞が興奮しにくくなるということを利用したものです。
実際には歯みがき剤に硝酸カリウムという成分を含ませて、
この歯みがき剤を継続して使うことで、
知覚過敏の改善効果があることが確かめられています。


⑶象牙質の露出部分の内部の空隙を封鎖する

露出した象牙質の内部の小さな空隙を、
歯と同じような成分の結晶や、
その他様々な物質で封鎖することで、
歯の神経への刺激の伝達が遮断されて、
知覚過敏をなくすことができます。
そのための材料を歯科医院で塗布する方法の他、
歯みがき剤でも結晶の形成を促進する成分を含むものがあります。
歯科医院で塗布する方法の方が
歯みがき剤による方法よりも効果が高く即効性もあります。

2010816ikeda.jpeg


2010816ikeda1.jpeg


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年8月 9日

暑いですね・・・。
川村です。

「歯の裏側に歯石がついていますよ。次回除去しましょう。」
言われた経験のある方もいらっしゃると思います。
では、歯石って一体何者??

百科事典で調べてみました。
百科事典を調べてみると、
『歯および義歯などの表面に堆積する硬い物質をいう。
歯石は血清または唾液中の無機塩類が沈着して、
歯垢が石灰化することによって形成される。
形成初期の歯石は軟らかいが、
古くなると無機質の含有量を増して硬くなる。
歯石は歯垢と並んで歯肉炎または歯周炎の有力な原因である。
歯石中の無機質はリン酸カルシウム75.97%、炭酸カルシウム3.17%、
リン酸マグネシウム3.77%であり、有機質はタンパク質8.34%、脂肪2.71%、
水分その他6.04%となっている。
歯石は堆積する場所によって歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石とに分けられるが、
化学的組成はほぼ同じである。
歯肉縁上歯石は、歯肉の辺縁より上部(歯冠部)に堆積する帯黄白色の歯石で、
直接観察することができる。
歯肉縁下歯石は、歯周炎によって歯肉が歯の表面から剥離したために形成される
「すきま」(歯周ポケット)の歯根表面に堆積する黒褐白の歯石で、
歯肉縁上歯石より硬く、また強固に付着している。』と書いてあります。
少し分かりづらいですね・・・。

分かりやすく言うと、
歯石(calculus)とは、歯に付着したプラークが石灰化したもので、
容易に除去できない歯の沈着物のことです。
歯肉縁(歯と歯茎の境目)より上にできるものを歯肉縁上歯石、
歯肉縁より下(歯周ポケット内)にできるものを歯肉縁下歯石と呼んでます。
音だけ聞くの難解に聞こえますが、
漢字で書くと何となく分かってくれるような気がします。
歯肉縁上歯石は、少し黄色がかった白色をしています。
歯肉縁下歯石は、少し黒っぽい色をしています。

よく健診に来て頂いた時に、口の中の写真を見ると思います。
特に下の歯の裏側の写真を見ることが多いと思います。
その時に、歯の縁についている白い物・・・。
それが歯石です。

下の歯の裏側は、よく歯石が溜まりやすい部分になります。
では、どうして??
歯石は、どうやって出来るのでしょうか? 
上部に書いてある通り、歯石は、歯垢に唾液の成分が沈着して石灰化したものです。
なので・・・、唾液の出口の近くは歯石が出来やすいのです。
また、下の前歯の裏側は、歯ブラシでの清掃が難しい所で、
歯垢が溜まりやすいということも理由に加味されて、
歯石のつきやすい場所になっています。

因みに・・・、唾液の出る場所は大小あり、複数箇所ありますが、
一番多くの唾液が出る出口が、舌下小丘と言われる場所です。
(読んで字のごとく、舌の下にある小さな丘)
舌を上に上げるとスジの根元の両側に少し高まりがあると思います。
そこが舌下小丘です。
そこから唾液が出てきます。

下の前歯の磨き方は、歯ブラシを縦にして、
毛先を歯の裏にしっかり押し当てて、上下に動かして磨きます。
下の前歯の裏側は、ハブラシのかかとを使うと、うまく磨けます。
ただ、どうしても自分で磨くには限界があります。
いくら丁寧に磨いたとしても、細かなところは難しいです。
そこは定期的な健診、クリーニングで除去していきましょう。
3か月~4か月ごとに、齲蝕がないかのチェックと歯のクリーニングをしていくことで、歯・歯周組織の健康を保ちましょう。

20180809kawamura.png


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年8月 7日

こんにちは、タニダ歯科医院の片山です。

今回のブログは手足口病について書かさせていただきます。

手足口病は、
エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの感染により、
口腔内や口唇の周りや手足の先に
水ぶくれ状の発疹が現れる病気です。
数年に一度の頻度で乳幼児の間で流行します。
感染経路は3つあります。
特に2歳以下の乳幼児に感染が多く、
保育園や、幼稚園などの施設での流行に
気をつけなければなりません。
まず第一の感染経路は飛沫感染です。
感染者の「くしゃみや咳」と一緒に飛び
ウイルスを吸い込むことにより感染します。

二つ目は接触感染です。
感染者が手を触れたおもちゃなどに触れることにより
ウイルスが手に付着し、
さらにその手で粘膜、
つまり、口や鼻の中に手を入れることにより、
口腔内や鼻腔の粘膜よりウイルスが体内にはいり感染します。
3つ目の感染経路は経口感染です。
感染した後、1ヶ月近くに渡り、便にウイルスが排出されます。
トイレはおむつについた便を触った手で顔などに触れた時や、
排出された便が乾燥した場合に
便の粒子を吸い込むことにより感染します。
感染した後は潜伏期という期間があります。
潜伏期とは症状がほとんどなく、
体内でエンテロウイルスやコクサッキーウイルスなど
手足口病を起こすウイルスが
増えていってしまっている期間です。
症状は手のひら、足の裏や甲、口の中に
2~3mmの水ぶくれ状の発疹が現れます。
口の中の発疹は、
ほとんどの場合、潰れてしまい口内炎になります。
口内炎は痛みを伴う事が多いです。
さらには腹痛、下痢に加え、
発熱や鼻水などのかぜに似た症状を伴うこともあります。
発熱は患者の約30パーセントの患者にみられますが、
高熱が続くことはあまりありません。


ほとんどの場合は1週間前後で軽快し、
発疹のあとも残りません。
ただし、症状が治まってもウイルスの排出は続き、
感染から2~4週間はウイルスが便の中に排出され、
感染源になるため注意が必要です。
基本的には症状の軽い病気ですが、
まれに髄膜炎や脳炎など
中枢神経系の合併症などがおこる場合があります。
特に乳幼児が感染した場合は、
よく観察してあげることが大切です。

先程述べたように症状の軽い病気です。
しかし、油断は禁物です。
もしも、高熱が出ている、3日以上熱が続いている、
嘔吐し、頭痛を訴える、視線が合わず、
呼びかけに答えない、呼吸が速い、
ぐったりとしていて目が虚ろである、
このような症状がある場合は
速やかに医療機関に連絡ください。
手足口病は症状が治まった後でも
ウイルスの排出は続きます。
保育園や、幼稚園毎に取り決めがありますので、
通園される場合は確認後、通園してください。


20180802katayama.jpg


手足口病は、毎年、夏を中心として発生し、
7月下旬に流行のピークを迎えます。
過去10年間では、
平成23年に最大の流行が発生しましたが、
平成25年はそれに次ぐ規模の流行となっており、
注意が必要です。手足口病は、
ほとんどの場合、軽症で治りますが、
重症化する割合が高いといわれている
EV71による手足口病も流行していますので、
しっかりと経過観察をする必要があります。
また、鑑別診断として、
口腔内水疱を伴うことがあり
病気としてヘルパンギーナ、
ヘルペスウイルスによる歯肉口内炎、
アフタ性口内炎などが挙げられます。
手足の発疹に関しては、
水痘の初期疹、ストロフルス、
伝染性軟疣腫(水いぼ)などが鑑別の対象となります。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ