«  2018年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年9月27日

こんにちは。歯科医師の村重です。

猛暑の夏も終わり、グッと気温も落ちて
風邪を引きやすい季節となりました。
風邪を引いた際に鼻炎持ちの人は、
鼻詰まりがひどくて
辛い思いをすることも多いのではないでしょうか。
こういった症状が増悪すると、
稀に"副鼻腔炎"に移行する場合があります。
副鼻腔炎とはどういった疾患なのでしょうか。


20180927murasige.png

・副鼻腔炎とは

 鼻(鼻腔)の周りには「副鼻腔(ふくびくう)」
と呼ばれる4つの空間
(上顎洞・篩骨洞・前頭洞・蝶形骨洞)があります。
洞の奥の方では脳や眼に隣接しているとともに、
それぞれの洞は鼻腔と連絡しています。
洞内は小さな毛(せん毛)の生えた粘膜で被われ、
分泌物などをせん毛の運動により鼻腔へ排泄しています。

この空洞内で炎症が起きている状態を
「副鼻腔炎」といい、
以前は「蓄膿症(ちくのうしょう)」
という呼ばれ方もしていました。
急性期では鼻づまり、ドロっとした匂いのする鼻汁、
頬・鼻周囲・額及び歯の痛み、顔やまぶたの腫れ、発熱
などの症状を認めます。
これらの症状が一段落したあとも、
なかなかすっきりしないという場合には
炎症が慢性化している可能性があります。
炎症が慢性化すると粘膜が厚くなって、
鼻腔への出口を塞ぐことになり、
洞内で分泌される粘液、膿(うみ)などが
副鼻腔の中に溜まってきます。
また、炎症が続くことにより、
肥厚した粘膜の一部が成長してブヨブヨした塊となって
鼻腔の中に顔を出し、鼻腔をふさいでしまいます。
これが鼻茸(ポリープ)と言われるものです。
慢性副鼻腔炎の症状は、
鼻がつまる、嗅いがしない、
粘り気のある黄色い鼻汁が出る、
あるいは鼻汁がのどの方に流れるなどが一般的ですが、
頭が重い、集中力がないなどの症状を訴えることもあります。
さらには、鼻腔や副鼻腔の炎症が中耳にまで波及して
中耳炎を起こしたり、また、
のどに下がる鼻汁のために慢性咽喉頭炎、
慢性気管支炎を起こすこともあります。

・診断、治療法
鼻腔の内部の粘膜の腫れ、鼻汁、鼻茸などの状態を観察し、
レントゲン写真やCTスキャンで副鼻腔の状態を確認し、診断します。
慢性副鼻腔炎の治療は、
数回の外来治療で完全に治すことはなかなか難しく、
治療期間はある程度長くなります。
日頃の治療は薬の内服や鼻処置が行われます。
症状や洞の粘膜の変化が高度な場合には
手術が必要となります。
鼻茸が出来ている副鼻腔炎は手術が必要です。
手術は内視鏡を用いてポリープを切除し、
副鼻腔の病的粘膜を可能な限り鉗子で切除します。
鼻づまりを除く目的で、
鼻中隔(鼻腔を左右に区切っている中隔)
の弯曲を矯正したり、鼻茸だけを切除する方法や、
肥厚した下甲介粘膜を切除する方法を
単独あるいは組み合わせて行います。

この「副鼻腔炎」ですが、
実は歯が原因で起こることがあります。
副鼻腔炎の中で最も大きい空洞である上顎洞は
上の奥歯のすぐ上にあるので、
人によっては奥歯の根元が
元々上顎洞に突出している事があります。
上の奥歯に虫歯や歯周病があり、
根元の炎症が起きると、
根元の細菌が上顎洞にまで侵入してしまい、
上顎洞炎になってしまうことがあります。


20180927murasige1.jpg

このように歯が原因で起こる上顎洞炎のことを
「歯性上顎洞炎」と言い、
歯科医院での治療が必要となります。
上記の画像では赤い線で囲まれた歯の周りに炎症が起き、
上顎洞に波及している様子を認めます。
通常の副鼻腔炎の場合は両方の鼻に症状が現れますが、
歯が原因で起きた副鼻腔炎は、
原因の歯がある側だけの症状が多く、
急性の場合は、歯の痛み、頬の痛み、
臭いのある鼻水が出たりします。
上顎洞炎のうち、
歯が原因の「歯性上顎洞炎」は全体の10~30%を占めています。
急性の場合は、洗浄や抗生物質を投与し、消炎させます。
慢性の場合は、感染源の除去が必要ですので、
根っこの治療、歯周病の治療で
改善できないようであれば残念ながら抜歯となります。
抜歯を行うと抜歯したところと上顎洞が繋がりますので、
その穴から何度か洗浄を行います。
抜歯後の穴が小さい場合は自然に塞がります。
しかし大きい場合は、
いつまで経っても自然に塞がらず、
飲み物を飲んだ時に鼻から流れてきてしまいますので、
穴を塞ぐ処置が必要になります。
このように、一見歯科とは無関係と思われる疾患も、
思いがけず歯が原因となっていることがあります。
定期的な健診を行うことで、
可能な限り予防することが大切ですね。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年9月21日

こんにちは。
歯科医師の今泉です。
美味しいものが多い食欲の秋がやってきましたね🍁!
私は美味しいものに出会うと本当に幸せな気分になります。
そこで今回は味をテーマにしたいと思います。
みなさん食べ物を食べた時、
甘い、しょっぱい、すっぱいなど色んな味を感じると思います。
ではなぜそのように感じているのでしょう?

1️⃣食べ物の味ってなんで感じるの❓

食べ物の味は、
甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の5つの「基本味」に分類されています。
口の中で食べ物を噛むと、食品の組織が破壊されます。
それが唾液と混ざると、食品成分中の分子やイオンが溶出し、
これらの化学物質(味物質)が
舌にある「味蕾」で感知されることで味を感じるんです。

2️⃣味蕾(みらい)ってなに❓

味蕾とは、舌表面にあるざらざらした突起のくぼみにたくさん分布し、つぼみのような形をしたものです。
絵で説明すると以下のようなものです。
20180920imaizumi3.png

味蕾は舌以外に、軟口蓋や頬の内側、咽頭、喉頭にもあります。
食べ物や飲み物に含まれる化学物質(味物質)を感知すると、
電気信号となって脳に伝わり、甘味や酸味、塩味などの味を感じるわけなんです。
味がまさか電気信号で感じるとは意外ですね。

3️⃣味蕾の数と寿命はどれくらい❓

舌には約5,000個、口全体で約6,000個の味蕾があります。
ほとんどが舌にあります。
味蕾の中に味細胞があり、その寿命は約10.5日と比較的短く、
味蕾の味細胞は次々と新しい細胞に入れ替わります。

20180920imaizumi2].jpg

4️⃣人によって味の感じ方が違うのはなんで❓

自分が美味しいと思っても
家族や友人が不味いと思ったりすることってありますよね。
なんででしょう?
完全な理由は解明されていないのですが、
味蕾の数や場所によるものがひとつの原因として考えられています。

味の感じ方は年齢だけではなく、
性別や人種によっても違いますし、個人差もあります。
また、味覚は、気候や風土などの環境にも左右されます。
日本人は白人に比べて味蕾の数が多いので、
日本料理のように繊細な味の料理が発達したのだという説があります。
また、日本人の男性は女性よりも味蕾の数が多いので、
甘いものを甘く感じすぎて苦手であるという説もあります。
意外に男性の方が舌は繊細なのかもしれませんね👅


5️⃣年をとるにつれ味を感じにくくなったのはなぜ❓

年をとるにつれ、味蕾の数だけではなく、唾液の分泌も減少してきます。
すると食べ物がうまく唾液に溶けずに、
味蕾に届きにくくなるのも、味を感じづらくなるひとつの原因です。
ですから、老人になると、味を感じるまでに時間がかかったり、
どちらかというと味が濃い食べ物を好むようになります。


6️⃣若くても味が感じにくくなることがある⁉️

はい、あります。
それは味覚障害と呼ばれています。
味覚障害にもさまざまなものがあますが、
多くは味蕾に異常があるために起こります。
その原因で最も多いのが、亜鉛が足りないために起こる味覚障害です。
亜鉛というのは金属の一種で、
私たちの体の細胞が新しく作りかえられるとき、その亜鉛が必要になります。
先程味蕾の中の細胞は、寿命が10日ほどしかないと説明しました。
つまり、10日ごとに新しく生まれ変わらなければなりません。
そのとき、亜鉛の助けが必要になるのです。
しかも、亜鉛は、体の中では作り出せないので、
外から取り込まなくてはなりません。
亜鉛は、小麦の胚芽や生ガキ、カタクチイワシ、カボチャ、ココア、抹茶などに
多く含まれています。
病気や他の薬のせいでこの亜鉛の取り込みができなくなると、
亜鉛不足が起こります。
また、加工食品やインスタント食品に含まれる食品添加物により
亜鉛を取り込みにくくするものがあります。
無理なダイエットや、好きなものばかり食べる偏食によっても、
亜鉛不足が起こります。
ですから、若い人たちにも、味覚障害が増えもんだいにもなっています。


亜鉛無くして美味しいものにはであえんということですね!

苦いものもすっぱいものも一つの味覚ですので、
うま味だけでなく他の味覚も堪能し健康増進して下さい。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年9月13日

こんにちは、歯科医師の重田です。

前回ブログを書かせていだだいたときには西日本豪雨の直後でした。
今回は強力な台風に続き、北海道地震。


今年は本当に各地で災害が多く、
災害に対する人の無力さを感じるとともに、
自分自身対策が十分でないと痛感させられます。

一刻も早く日本全土に日常が戻ることを願っております。


一方、明るいニュースでは、
大坂なおみ選手が全米オープンで優勝しましたね!!

ぼくは今でもテニスをすることもあり、
非常にうれしいニュースでした。

グランドスラムで
優勝する日本人選手が出てくるなんて、、、、
夢のようですね。


テニスのシングルスで
優勝することって本当に大変なんです。

錦織選手が最近では当たり前のように
ベスト4に入ったりするもんですから

感覚が麻痺しているかもしれませんが、
数年前まではあり得ないような出来事だったんです。

いつか錦織選手にもぜひタイトルを獲ってもらいたいです。

それでは歯科にまつわるお話です。


歯科といっても、本日は口臭についてです。


まず口臭に悩んでるんだけど、
どこの科を受診すればいいの??という方。

歯科を受診して頂ければ結構です。

病院によっては
歯科に併設して口臭外来を設けているところもあるくらいです。


〜口臭の種類について〜


①生理的口臭

誰にでもあるにおい。
起床直後(起床時口臭)、
空腹時(飢餓口臭)、
緊張時(緊張時口臭)は特に口臭は強まります。

これは唾液の分泌が減少し、
細菌が増殖して口臭の原因物質である
揮発性硫黄化合物(VSC)がたくさん作られるためです。

しかし、歯みがきで細菌やVSCが減少し、
食事をしたり、
水分を積極的に補給するようにすることで
唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。

したがって生活習慣の改善でよくなり、
治療の必要がありません。
また女性の生理・妊娠時など
ホルモンバランス変化に伴う口臭、

乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期、
それぞれの年代固有の臭気、民族的な口臭もあります。


(特徴)

a)病的口臭ではないので
常に周囲の人たちを不快にするわけでなく、
時々不快にする事がある程度

b)極端に近づいた場合に感じる口臭周囲の人たちが
不快感を感じる距離は、
おおむね相手の顔からの距離は30cm以内である。

c)口臭は、あったりなかったりする。

d)身体のコンディション・ストレスに対する
感受性の違い(個性)・会話条件・生活習慣になどによって、
発生したり発生しなかったりする。

e)多くの場合は、病的口臭と異なり、
本人も気が付かない事がある。
口臭が気になり不安になると、より感じるようになる。

②飲食物・嗜好品による口臭

ニンニク、ネギ、酒、タバコ等による口臭は
一時的なもので、
時間の経過とともに臭いも無くなりますので
治療の必要はありません。

③病的口臭
鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、
消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが
原因で口臭が起こる場合もありますが、

病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、
歯周病、むし歯、歯垢、歯石、舌苔、唾液の減少、
義歯の清掃不良などがあげられます。

病気の原因を治療することで口臭を減らしたり、
治すことができますので診断、治療が必要です。


④ストレスによる口臭
ストレスにより唾液の量が少なくなると口の中が臭くなります。


⑤心理的口臭
自分自身で強い臭いがあると思い込んでしまうケース。

〜口臭の原因について〜


20180913sigeta.jpg

①歯周病

初期においては痛みもなく自覚できません。
放っておくと静かに進行する病気です。

一見何でもないようでも、
歯をみがくなど、
ちょっとした刺激で容易に出血があることがよくあります。

病気が進行すると
歯ぐきからの出血に膿が混じってくるようになり、
口臭もひどくなってきます。


②むし歯

むし歯は独特の臭いを持っています。

歯垢(しこう)が付着してくると
歯を磨いてもなかなかきれいにとれません。
そのためにむし歯ができます。

食べかすやむし歯菌が、
虫歯の穴の中にたまり臭いがきつくなり、
口臭の原因になります。

小さなむし歯で口臭が強くなることはありません。
しかしむし歯が進行してくると
次第に口臭がきつくなってきます。

神経まで侵され神経が腐ると、強烈な臭いがします。


③歯垢

歯の表面に付着する
柔らかい堆積物でほとんどが細菌のかたまり。

食べ物の残りかすを栄養とする微生物と
その代謝産物からなり、
長期間たつと歯石を作っていきます。
むし歯や歯周病の原因になります。


④歯石

歯垢が作ったかたく固まった石灰分です。
歯石がたくさん付くようになると口臭もひどくなってきます。

また歯石が付くことにより歯周病を進行させます。


⑤舌苔

体調が良くないときなどには、
舌の表面に白っぽいものが付着することがあります。
これは舌苔(ぜったい)と呼ばれているもので、

歯垢と同じような細菌の固まりです。
これも口臭の原因になります。
舌をきれいにすると口臭も軽減します。


⑥唾液の減少

唾液は口臭予防に大切なものです。
口の中を洗い流す作用、
細菌の増殖を抑える作用、
口の中の粘膜を保護する作用などがあります。

唾液の分泌が少なくなると口の中が
不潔にむし歯や歯槽膿漏になったり、
口の中が乾燥して口臭が強くなったりしやすくなります。


⑦プラスチックの人口歯

義歯(入れ歯)のプラスチック部分は
色やにおいを吸着しますので、
毎日きれいに清掃し
、消毒剤に浸しておくことをお勧めします。

一度吸着した色や臭いはなかなか取れません。


⑧不良な冠、かぶせた金属の腐食

歯にかぶせた金冠が古くなって穴が開いたり、
すき間ができたりすると汚れがたまり易くなります。

また歯にかぶせた金冠の金属材質が
体質に合わない場合があります。
これらがあると口腔内が不潔になります。

痛みがないために悪くなっていても気がつきません。
意外と口臭の原因になっている場合が多いものです。


⑨口腔ガン

口の中の癌(舌癌、頬粘膜癌、歯肉癌)
により口臭が発生することがあります。


⑩ 鼻や咽頭、気管の病気

鼻は口とつながっているため、
副鼻腔炎(蓄膿症)や咽頭炎、喉頭炎などの炎症があると、

たんぱく質を含む血液や膿が口の中に出てきて、
口臭が起こります。


このように口臭の原因は虫歯などが多く、
歯科治療で改善可能かもしれません。

口臭に悩んでいる方、
まずは歯科を受診してみましょう!!

(参考URL)日本口腔外科学会ホームページ



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年9月 6日

初めまして。訪問診療担当の岩本と申します。


今回より、勤務医ブログ当番のローテーションに加わります。
よろしくお願い申し上げます。

当院ホームページにも説明がありますが、
歯科の訪問診療とは、
病気や高齢のため、通院が難しい方のご自宅にお伺いして、
治療や口腔ケアを行うものです。
まずは、あらかじめ
「主訴(最も気になる症状)」をお伺いし、
訪問先ではお口の中を拝見してから、
どのように治療を進めて行くか
を相談させていただきます。
今回は、よくある主訴について、お話いたします。


まずは 「口の中が痛い」
訪問診療では「ここが痛い」
ときちんと説明できる患者さんは少数派です。
そして、一口に痛むと言っても、
色々なパターンがあります。

・歯周病で歯がぐらつき、食事のたびに動いて痛い
・歯周病で歯肉が炎症を起こしていて痛い
・義歯が合っていなくて、傷が出来てしまい痛い
・歯が折れて、尖った所で舌などを傷つけてしまって痛い
・虫歯が大きくなり、神経に炎症が起きたため痛い など

原因らしきものが見つかれば、
歯、歯肉の治療や抗菌薬の投与、義歯の調整などで
なるべく身体に負担をかけない方向で対処していきます。
ただ、あまりにもぐらぐらの歯に関しては、
その動きを止めることは難しく、
抜歯をおすすめする場合もあります。


「義歯が合わない」 というのも非常に多いです。


具体的には、
・外れてしまう
・痛いところがあって噛めない
・割れたり、欠けたりして使えない
・バネをかけていた歯が折れてしまった
などです。
ご高齢(特に認知症の方)である場合、
新しい義歯に一から慣れていただくのは
大変なことが多く、基本的には
古い義歯を何とかお使いいただけるよう調整します。
どうしても無理な場合は、
新しいものを作る場合もありますが、
義歯は、義手や義足同様、
元は自分の身体ではないものを、
自分の身体の一部として使いこなせるよう
訓練が必要なものです。
作ればその日から即、
何でも噛めるようになる物ではありません。
ですから、義歯を作ることに関しては、
ご本人様やご家族様と
よく相談してから決定していきます。
そのほか、 
「食事が進まないので原因を探してほしい」
これは主に介護者さんからの依頼です。
ここ最近、食が細くなった。でもご本人は「痛みはないよ」。
でもお口の中には大きな口内炎が見つかったりします。
とても我慢強いのか、
痛みを感じにくくなっておられるのかは分かりませんが、
痛みそのものを訴えることがない方もいらっしゃいます。
また、ご高齢の方の多くは、
だんだん自力で食事をとることが出来なくなります。
食べ物を食べ物と認識できなくなったり、
スプーンの使い方が分からなくなったり、
うまく飲み込むことが出来なくなったり、
様々な理由があります。
飲み込みがうまく出来ず、食道ではなく
気管に間違って入ってしまうことを誤嚥といいます。
誤嚥しても、
ムセて咳払いする力のある方はまだ良いのですが、
咳もできずに静かに誤嚥し続ける場合、
周りから見ても
普通に飲み込んでいるように見えたりします。
ですが、ご本人は苦しいので、
だんだん食べるペースが落ちたり、
元気が無くなったりします。
これを不顕性誤嚥というのですが、
これはそのままにしておくと
窒息や肺炎の原因にもなり、危険です。
誤嚥しているのかどうかは、
内視鏡検査で確認することができます。
内視鏡検査で誤嚥しているとわかれば、
飲み込みやすい食事のメニューに変更するなどの
対策をとることが出来ます。
なお、内視鏡検査については、
一般の訪問診療とは別の日に行いますので、
希望される方には担当の者からご説明させていただきます。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2018年8月 | メイン | 2018年10月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ