«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 口腔カンジダ症 | メイン | 口腔乾燥 »

2018年10月25日

歯科医師の久貝です。

少しづつ朝の気温も下がってきて、
布団から出にくくなってきましたね。

朝 出勤の時に家を出ると、
鼻の奥にツンと感じる寒い空気
公園の横を歩くと 紅葉に色付き始めた木々
体で感じる様々な出来事の中に、
少しづつ秋の到来を感じ始めます。

そこで、秋と言えば・・・

読書の秋・・・

運動の秋・・・

食欲の秋・・・

食欲の秋と言えば・・・・
はい、歯科医師の久貝です、よろしくお願いします。

いやぁ、食欲の秋・・・
ついつい食べ過ぎちゃいますよね・・・

まぁ、普段もよく食べているんですが、
この季節は更に食べちゃいますね。

嬉しい悲鳴が止まりません♪

さてさて、この前の過ぎた日の午後なんですが、
職場のお姉さま方とお昼のランチに行って参りました。

これがねぇ・・・
ちょっとテンションが上がったんですよ!!

僕、三田に住んで
もう6年近くなるんですが、ずっと見ていて

いまだに未経験だった事がありまして・・・

みなさん見たことありませんか?

キリンビールが走っている姿を?


20181025kugai.png


これです、思わず写メを撮ってしまったのですが

三田へ来たことがある人なら、
たまぁ~~~に見て、思った事無いですか?

「あれ?あそこで走っているのキリンラガーじゃね??」

そうなんですよ!!

キリンのビール工場の見学ツアー用に、

「三田駅~キリンビール工場」を
シャトルバスが走ってくれているんです。

まぁ、工場見学はしなくても、
そこにあるお店でランチを食べる事が出来るので、

今回は、ランチを食べに行ってきました♪

いや~~・・・・良いですね!!

平日の昼間っから、食事をしながらビール!!!

20181025kugai1.png


僕 そんな事するの初めてだったので、
かなりテンションが上がりました⤴

そこでですね、
この前 患者さんに言われた、お酒のエピソードがあります。

先日患者さんから

「先生ね、お酒を飲むと
歯が痛くなることがあるんだけど、なんでなん?」

って質問をされました。


20181025kugai2.png

ちょっとした量であれば、
お酒を飲むと人は血行が良くなって
身体がポカポカ温かくなったり、
顔が赤くなったりしますよね?

健康な時にはなんでもない事ですが、
虫歯の時に血行が良くなると痛みがひどくなります。

歯には神経があり、神経の直ぐ側には血管があります。
お酒を飲んで血行が良くなると、
血管が太くなって神経を圧迫するのです。
なので、大きな虫歯があるときは、
お酒を飲むと痛みが増大することがあります。

抜歯をした時に、
「今日はお酒は辞めて下さいねぇ」って、
言われたことのある人います?

理由としては、
上で述べたような血流量の増加があるからなんですね。
また、お酒の上での注意事項として、
飲んだ後はしっかりと歯を磨いて下さいね。
お酒には「利尿作用」という働きがあります。
お酒を飲んだ後ってトイレへ頻繁に行きたくなりません?
お酒には体内の水分を排出する作用があります。
そこで体の水分が少なくなり、
唾液の分泌まで減ってしまうことがあります。
唾液量が少なくなると
口腔内の殺菌作用や自浄作用が機能しません。
そのため、虫歯菌の増殖しやすい環境を生み出してしまいます。
その他、お酒の種類によっても
虫歯になり易いこともあります。
「ワイン」をよく飲まれる方で、
「酸蝕症」という名前を聞いた事ありませんか?
ワインのように酸性度が強いと、
それを常に接種することによって
歯の表面が溶かされて虫歯になってしまうことがあります。
まぁ、何をするにしても、

結果的には しっかりとしたホームケア、
セルフケアが虫歯の予防につながるので、
面倒臭いと思いますが、
日頃からの歯磨きを頑張り、
気になることがあれば、是非一度ご連絡を♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4358

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ