«  2018年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年11月29日

こんにちは。歯科医師の村重です。

まだ11月ではありますが、
気温も一気に低くなり
冬の訪れを実感する季節となりました。
空気も乾燥し、体調を崩しやすい時期なので
皆さんもお体にはくれぐれも気を付けてお過ごし下さい。

さて、ご存知の通り我が国は
世界でも稀に見る超高齢社会に突入しており、
要介護高齢者の方の数も増加の一途をたどっています。
僕自身訪問診療に携わっていることもあり、
そういった現状は肌で感じているところですが、
そんな中でも高齢者の方(特に要介護高齢者)に
よく見られる疾患のひとつである
"口腔カンジダ症"について今日は紹介したいと思います。


口腔カンジダ症は
主にカンジダ・アルビカンスという
真菌(しんきん:かび)によっておこる口腔感染症です。
急性型と慢性型があり、
口腔粘膜の痛みや味覚障害が出ることもあります。
また、抗菌薬(抗生物質)や
副腎皮質ステロイド薬の長期使用、
糖尿病、低栄養などによる
日和見感染(免疫力が低下した時に起こる感染)であるため、
高齢者に好発し、
特に要介護高齢者では、
日常の口腔のセルフケアへの機能と意欲が
低下しているため高確率で発症します。
義歯性口内炎といわれる
義歯(入れ歯)の下の粘膜の炎症の主な原因は、
このカンジダ菌で、
総義歯を着けている方の70%に発症するという報告もあります。


20181129murasige.jpeg


急性型である偽膜性(ぎまくせい)カンジダ症は
灰白色あるいは乳白色の点状、線状、
あるいは斑紋状の白苔が粘膜表面に付着しています。
この白苔をガーゼなどでぬぐうと剥離可能ですが、
剥離後の粘膜面は発赤やびらんを呈しています。
白苔が認められない
萎縮性(いしゅくせい)あるいは
紅斑性(こうはんせい)カンジダ症は
舌乳頭の萎縮や粘膜の紅斑が特徴で、
偽膜性よりもヒリヒリとした痛みが強くなります。
口角の発赤、びらん、
亀裂を認める口角炎もカンジダが原因になっていることが
多くあります(カンジダ性口角炎)。
病変が慢性に経過した肥厚性(ひこうせい)カンジダ症では、
白苔は剥離しにくく、上皮の肥厚を伴うようになります。


では、こういった症状が現れた場合、
どういった治療法があるのでしょうか。
口腔カンジダ症の治療方法は、
重症度によって決定します。
軽症の場合にはうがいや義歯洗浄などで
口腔内の清潔環境を保つことで、症状の改善を待ちます。
比較的重度の場合には、
上記に加え抗真菌薬による治療を行います。
口腔カンジダ症の治療で使用する抗真菌薬は
うがい薬や塗り薬などのタイプがあります。


特に症状が強いものには、
内服治療を検討することもあります。
別の疾患によって口腔カンジダ症が出現した場合、
こちらの治療も併せて行うことが必要です。


20181129murasige1.jpeg

以上のようにお薬による治療がメインですが、
予防のことを考えても
まずは口腔内を清潔に保つことが前提となります。
義歯は夜寝る前には必ず外し、清掃する。
食後は歯を磨くといったことに加えて、
仮に歯がない場合でも、
舌や頬といった粘膜に付着した汚れを
綺麗に落とす習慣が重要となります。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年11月24日

こんにちは。
歯科医師の今泉です。
秋には美味しい食材が多く食べ過ぎたため、
年末までダイエットに励んでいます💦
そのため最近では、できるだけカロリーを抑えようと
食料品の原材料などをみてしまう癖がついてしまいました。
そんな時カロリー0や太らないチョコなどの
キャッチコピー商品に疑問を抱き調べてみました。


甘さは砂糖とほとんど変わらないのに
なぜカロリーが0なのと思ったことはありませんか?
それには人工甘味料が深く関わっていました。
そこで今回は人工甘味料について説明していきます。


人工甘味料とは
砂糖など天然の甘味料のかわりに
甘みをつけるために使われる食品添加物です。
種類としては
アセスルファムカリウム
甘さ:砂糖の200倍


アスパルテーム
甘さ:砂糖の100~200倍
使用頻度が高く味の素製の
「パルスイート」にも使用されています

スクラロース
甘さ:砂糖の600倍
コーラなどにも使用される

サッカリン
甘さ:砂糖の350倍
チューイングガム、歯磨き粉や
のどスプレーなどに添加されています


の4種類です。


歯科でよく話題になっているのがキシリトールです。
キシリトールは口腔内の細菌による酸の産生がほとんどなく、
またミュータンス菌の一部の代謝を阻害することから、
非う蝕性甘味料として
う蝕予防効果があることが証明されています。
しかし、キシリトールの再石灰化促進作用については
証明されておらず、
非う蝕原性であるが抗う蝕性と言うことはできない。
現状での結論として、
キシリトール配合のガムなどを
適切に利用することでう蝕の予防に一定の効果が認められるが、
う蝕が治るということはないとされています。
ガムをかむことにより
分泌される唾液による歯の再石灰化効果はあるものの、
それは「キシリトールそのもの」とは関係がありません。


甘さを感じるメカニズム

甘味などの味は前回ブログで紹介しました
舌の表面にある味蕾で感知されます。
味蕾に味細胞が集まっており、
味細胞の先端には特定の物質と結合し
物質を感知できるセンサーがあります。
甘味に対するセンサーが甘味の物質を受け取ると、
刺激が神経を伝って脳に届きます。
こうして私達は甘いを感じます。
このメカニズムは天然甘味料でも人工甘味料でも同じです。


20181122imaizumi.jpg

カロリーが0のわけ


砂糖はカロリーがあるのに対し
多くの人工甘味料はカロリーがありません。
その理由は、砂糖は体のエネルギー源を作れるのに対し、
人工甘味料は体のエネルギー源を作れないからです。
体のエネルギー源とはアデノシン三リン酸【ATP】です。
筋肉を収縮させたり
酵素を働かせたりといった生命活動は、
ATPを利用した化学反応によって引き起こされます。
ATPは、食べ物を消化・吸収してできる
グルコースやフルクトースなどの材料が
何段階も変化する化学反応によって作られます。
砂糖はデンプンなどの糖質は
体の中で分解されてグルコースやフルクトースになるため
ATPを作ることができます。
しかし、人工甘味料は化学構造が異なるため、
グルコースやフルクトースになりません。
このため人工甘味料から
体のエネルギー源であるATPは作り出せず
0カロリーととなります。

20181122imaizumi1.png


体への影響は❓


甘味受容体は腸内にもあり、
甘味物質が腸内の甘味受容体で受け取られると、
エネルギーになるグルコースを
小腸から取り込もうとする働きがうながされます。
また、消化に関わるホルモンの分泌もうながされる。
人工甘味料に対しても、
腸内の甘味受容体が反応して、同様のことが起きます。
つまり、カロリーのない人工甘味料でも、
大量摂取をし続ければ、
糖の取り込みに影響を与えることになります。
最近では人工甘味料が
糖尿病のリスクを高める危険性も指摘されています。
しかし、実験では日常生活では
摂取しないほどの多量の人工甘味料を使うなど、
普段の食事とはかけ離れた極端な条件です。
現時点では1日摂取許容量を守ることが大切と言えます。


むし歯の予防や肥満を防ぐために
人工甘味料とは今後も上手に付き合って行く必要があると思います。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年11月15日

こんにちは、歯科医師の重田です。


11月に入り、少し冷える日もあります。

ついに紅葉の季節ですね。

1日でも寒暖差があり、体調には十分お気をつけください。


ぼくは先日少し早めに紅葉を観に行ってきました!


20181115sigeta3.png


まだ見頃とはいきませんでしたが
十分に秋を感じることができました。

本日の歯のお話は、寒い季節になると苦労する方も多い、、、


そう、知覚過敏です。

水が冷たい!
風でも歯がしみる!

そんな症状が冬になるとよくあります。


みなさんもそんな経験はございませんか?


そもそも知覚過敏症とはなぜ生じるのか。
虫歯と知覚過敏ってどう違うのか。

その疑問を解決していきましょう。

①定義

むし歯とは関係なく、冷たい水が歯にしみたり、

歯ブラシで歯を磨いてるときに
その刺激で痛みを感じる症状がある状態を
知覚過敏症と呼びます。

当然、虫歯の場合も冷たい水などでしみたりしますので、
虫歯由来のものとの鑑別は重要になります、

②原因

痛みが生じる場所は、
歯茎がさがり歯の根が露出した部位が主になります。

歯根部分は歯の頭の部分にあるエナメル質よりもやわらかく、

表面には数多くの細い管の入り口があります。

その入り口に冷たい水、擦過刺激、
風などの刺激が入りこむと、
管の中にある液が移動し、

内部の歯髄神経を直接刺激し、痛みを生じます。

ですから、
歯の頭の部位よりも歯茎が下がった部位というのは、
知覚過敏症状が起きやすいです。


ここで、歯茎はなぜ下がるのか????


その原因は以下にあげられます。


a)歯周病の進行によるもの

b)ブラッシング圧が強すぎる

c)その歯の噛み合わせ異常

d)習慣的飲食物の過剰摂取

主にこの4つがあげられます。


そのため、知覚過敏症を防ぐにはこの原因を解決し、
歯茎が下がらないようにすることが必要となります。

ただし、これにはご自身でできるものと、
できないものがあります。


③対応

上記に挙げた原因の除去がまず必要です。

当然それぞれ異なるので、その人の原因が何かをつきとめ、

それに対して対処をしていきます。


ーー歯周病の進行に対してーー

歯周治療が必要になりますので、定期的に歯科を受診し、

歯石を取ってもらったり、
専門的なケアを受けることが重要です。

またホームケア(日頃のブラッシング)を正確に行うため、
各自に適したブラッシング方法の指導を

歯科衛生士より受ける必要があります。

ーーブラッシング圧に対してーー


力を入れすぎないように歯を磨く。

歯ブラシを大きく動かさないようにする。

歯茎が下がっている場合は、
歯の根元の汚れは他の部位と違い丁寧に汚れを取るように

清掃をする。

先ほどにもあった通り、
歯の頭の部分と根の部分では硬さが違います。

同じような力で磨いていると、
根の面がどんどんすり減っていく可能性がありますので、

根の面を清掃するときは
特に注意して磨くことが必要となります。

ーー噛み合わせの異常ーー

これは天然歯(治療をしていないご自身の歯)
でも起こりうることです。

例えば歯ぎしりをしている場合、
歯がすり減ってきて噛み合わせが徐々に変わってきます。

場合によっては、すり減るだけでなく
歯の一部が欠けてきたり、
ひどい場合は真っ二つに割れてしまうこともあるでしょう。

特に知覚過敏症で多いのは、
以下に示す図のように歯がかけてくる場合です。


20181115sigeta1.jpg


歯と歯茎の際あたりが欠けてしまっているのがおわかりですか?

これは噛み合わせの異常や過剰な咬合圧により生じるものです。


知覚過敏が生じるのはこの部位より起こることがほとんどです。

ーー習慣的飲料物に気をつけるーー

よく飲む飲み物、、、

みなさん一つぐらいはあるのではないでしょうか。

それがお酢であったり、コーラなどの炭酸飲料、
ワインや梅酒などのお酒ではないですか??

これらの飲み物は酸が強く、歯を溶かしてしまいます。

普通に適量飲むこと自体は問題ありませんが、
習慣的に、そして長時間かけて飲む場合は、

歯が頻繁かつ長時間の間、
酸にさらされてしまうため歯が溶けやすくなります。

対応としては少し控えるようにしたり、
何かで中和してあげると良いでしょう。


以上にあげたように知覚過敏は多くの人がかかえる悩みで、

様々な原因があります。

そして虫歯と症状が似ているため、ご自身で判断せず、
歯科医師の診断を必ず受けるようにしましょう。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年11月 8日

こんにちは。訪問担当の歯科医師の岩本です。


ここ最近すっかり涼しくなって、
車で回る訪問診療には良い季節になりました。
ただ、日が落ちるのも早くなったので、
遅い時間になると車の中の荷物が見づらくなったり、
車の中で書類を書きにくくなるのがちょっと不便です。

さて、今回は、認知症と摂食嚥下について書きます。

認知症とは、記憶力や判断力が衰え、
日常生活に支障をきたす疾患ですが、
進行するにつれ、「食べること」の障害も出てきます。
障害の様子は人それぞれで違うのですが、
認知症のタイプにより、大まかな傾向はあります。

20181108iwamoto.png

▶アルツハイマー型認知症における特徴

アルツハイマー型の場合、
初期においては飲み込み自体の障害は殆ど見られません。
嚥下する以前の段階での異変、
例えば食欲が落ちたり、逆に食べ過ぎたりするようになる
やたら甘いものが好きになる、甘いものしか食べようとしない

などの、食欲に関する障害が多く見られるようになります。
また、近時記憶
(少し前のことを覚えておくこと)
の障害により、
食事をしたあとに
「食事はまだですか?」と、
食べたことそのものを忘れてしまったりします。
病気が進行すると、
箸やスプーンの使い方が分からなかったり、
他の事に気をとられて食事を始められない
他人の食事を食べてしまう食事介助を拒否する
異食(食べ物ではないものを食べる)
という症状が見られることがあります。

さらに進行し、重度になると、
飲み込みにも障害が出始めます。
口の中の食べ物を喉に送り込めなかったり、
誤嚥を起こすようになりますが、
反対に、初期にみられた偏食や食欲に関する障害は減少します。


▶レビー小体型認知症における特徴

食べこぼしが増える姿勢が傾く
食べ物をうまく喉に送り込めない

などの症状が、比較的初期から見られます。
これらはパーキンソン症状と呼ばれる、
身体や動作のバランスがうまくとれないことによるものです。
その他、 認知機能の変動があるため、
食事がうまく進む時と
そうでない時の差ができる幻視症状のため、
ご飯の上の胡麻やふりかけが虫に見えたりして
食べられなくなる薬剤過敏性のため、
副作用も強く出てしまい、嚥下に支障が出る
などの特徴があげられます。


▶前頭側頭型認知症における特徴

自己中心的、短絡的行動や意欲の低下、
常同行動などを特徴とし、
具体的には 偏食や大食、大量の飲酒自分なりの
こだわり行動をしてからでないと
食べない食べる場所にひどくこだわる
などの症状が見られることが多いです。
中等度に進行すると、
しばしばアルツハイマー型と同じように
異食が見られます。

▶脳血管性認知症における特徴

脳血管障害のため、何らかの麻痺を伴うことが多いです。
そのため、食べ物を口に運び、咀嚼してまとめ、
飲み込むという一連の動作がうまく出来ずに
食べこぼしたり、誤嚥の原因となります。

脳血管障害の部位によっては、
認知症が軽度であっても嚥下は障害され、
誤嚥や肺炎のリスクが高い症例もあります。

それぞれの症状に応じて、
食事の環境を整える、
介助方法の対策を立てることなどが重要となります。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年11月 1日

こんにちは、口腔外科専門医の豊原です。
ようやく秋らしさを感じる穏やかな天候になってきましたね。
しかし朝晩は冷えこみ、
冬が近づきつつあるんだなぁと実感します。
咳風邪や秋アレルギーなどで
鼻の症状が出ている方も多くいらっしゃいますが、
皆さまは大丈夫でしょうか?

冬が近づくと徐々に空気が乾燥して、
口唇や口腔内がカピカピになってきます。
冬は知覚過敏の季節でもありますが、同時に口腔乾燥に伴う口唇炎、
舌炎、口内炎の季節でもあります。
ワセリンなどで口腔乾燥対策をすること、うがいなどで口腔内を保湿すること、
水分補給をこまめにすることがものすごく大事です。
炎症がひどくなる前に心がけて下さいね。
ただ、同じ口腔乾燥でも、空気の乾燥によるものではなく、
加齢により唾液腺の機能自体が低下している場合は、
優しくマッサージをしたり、よく噛んで食事をすることで
唾液腺が刺激されて唾液が出やすくなります。
もし、やり方などがわからない時は気軽に担当衛生士にお尋ね下さい。
口腔の専門家としてさらに挙げるとすれば、
上記のいずれにも該当しない疾患としての口腔乾燥もあります。
唾液腺腫瘍や唾液腺炎なども口腔乾燥を引き起こします。
炎症の場合は一時的なものなので、唾液腺の炎症が治れば、口腔乾燥は改善します。
唾液腺腫瘍の場合は根治手術をすれば改善することもありますが、
そもそも大きな唾液腺は6個あり、
腫瘍の場合はそのうちの1つに生じることが多いので、
1つがダメになっても残りの唾液腺が大丈夫なら
口腔乾燥はさほど生じません。
これらの他にもシェーグレン症候群といって、
自己免疫疾患と考えらる疾患の一症状に口腔乾燥があります。
シェーグレン症候群の場合、口腔乾燥以外に、
眼の乾燥、異物感、易疲労感、発赤、かゆみなどを伴います。
好発年齢は40〜50歳で、患者のほとんどは女性です。
唾液腺腫脹は三割程度の頻度でみられ、
主に耳下腺が両側性に腫れることが多いです。
口腔乾燥に伴い嚥下困難や味覚異常、舌乳頭萎縮や消失が起こります。
口腔乾燥を診断するに当たっては、
チューインガムをかませるgum試験や唾液腺シンチグラム、
耳下腺造影法、小唾液腺からの組織検査の他、血液検査を行うことがあります。
この疾患は膠原病に絡んでることも多いので、
多発関節炎、微熱、全身倦怠感を合併することもあります。
以上のことから、シェーグレン症候群と診断された場合は専門内科や眼科、
歯科と複数の科でフォローしていく必要があります。
原因不明の疾患のため対症療法になることが多く、
歯科では口腔乾燥に対し、人工唾液を処方します。
口腔乾燥は重篤な症状ではありませんが、
実際なってみると御本人様には結構苦痛の症状で、
放置すると粘膜炎に波及するため、早め早めの対策が大事です。
まずはこまめなうがいや水分補給、室内の加湿など、
できることから心掛けてくださいね。
ちなみに知覚過敏についても水がしみだしたら、
ぬるま湯を使用したり、風が冷たい日はマスクを着用したりするだけでも
かなり違いますので、試してみてください。

20181101toyohara2.png


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2018年10月 | メイン | 2018年12月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ