«  2018年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年12月27日

こんにちは、歯科医師の池田です。

年末に入り忘年会やクリスマス、お正月と
イベント事が多くなると、
どうしてもお酒や間食が増えてきたりと
不摂生が多くなってくると思います。


今回は「糖尿病と歯周病の関係について」
お話ししていこうと思います。

歯周病は、
細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、
そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)
歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、
腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
そして、進行すると
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、
歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、
最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

この歯垢(プラーク)の中の細菌によって
歯肉に炎症をひき起こし、
やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、
結果的に歯を失う原因となります。
歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、
歯石と言われる物質に変化し
歯の表面に強固に付着します。
これはブラッシングだけでは取り除くことができません。
この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、
歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

ではなぜ、
歯肉の炎症である歯周病が
糖尿病に関わってくるのでしょうか。
出血や膿を出しているような歯周ポケットからは、
炎症に関連した化学物質が
血管を経由して体中に放出されています。

中等度以上の歯周ポケットが口の中全体にある場合、
そのポケット表面積の合計は
掌(てのひら)と同じ程度と考えられています。
歯周ポケットの中身は外からはなかなか見えませんが、
手のひらサイズの出血や膿が
治療なしで放置されていると考えると、
からだ全体からも
無視できない問題であることが理解できると思います。

ポケットから出て血流にのった炎症関連の化学物質は、
体のなかで血糖値を下げるインスリンを効きにくくします。
そのため、糖尿病が発症・進行しやすくなります。

20181227ikeda.jpg


歯肉の炎症をコントロールできれば
インスリン抵抗性が改善し、
血糖コントロールも改善するということが、
日本での研究を含めた多くの臨床研究で報告されています。


一方で、全ての症例で
血糖値の低下が生じないことも明らかになっており、
どのような糖尿病患者さんで
血糖値が下がりやすいのかを調査した
今後の研究成果が待たれています。


歯周病治療に際して、
歯周病は口の中全体の歯で同時に進行していくため、
全ての歯で
歯周ポケットの深さを計測するポケット検査や、
プラークの付き具合の検査を行います。
治療では
まずブラッシング指導により
患者さん自身で
プラークを取り除けるような練習を行います。
プラークを形成する細菌が
歯肉で引き起こしている炎症を減らすのが目的で、
これは「プラークコントロール」と呼ばれ、
歯周病治療の中心となります。


患者さん自身による
プラークコントロールが基本となりますが、
その上で歯科医院で定期的に受診を行い、
歯周ポケットの中に付着しているプラークや
歯石を超音波振動機器や手用器具を用いて取り除きます。
これは「スケーリング」といい、
歯科医療従事者が行う重要なプラークコントロールです。


一旦治療が終了しても、
歯周病は再発することが多いため、
「メインテナンス」
もしくは「サポーティブセラピー」
と呼ばれる定期的なチェックとケアを
行っていくことが必要です。
つまり大切なのは
予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。


イベント事などで忙しく、
疲れて歯磨きをさぼってしまった。
ということも多いと思いますが、
それが積み重なっていくと
口腔内のことだけではなく、全身へも実は影響があります。


歯石がついてないかなど、
気になる方は気軽に聞いてくださいね。

今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年12月20日

随分と寒くなりました。
こんにちは。歯科医師の川村です。


健診や治療に来た時
「歯の裏側に歯石がついていますよ。次回除去しましょう。」

口腔内写真で確認したり、
言われた経験のある方もいらっしゃると思います。
確かに、歯の裏側がざらつくような・・・。


では、歯石って一体何者なのでしょうか?

20181213kawamura.jpg

百科事典で調べてみよう!

百科事典を調べてみると、
『歯および義歯などの表面に堆積する硬い物質をいう。
歯石は血清または唾液中の無機塩類が沈着して、
歯垢が石灰化することによって形成される。
形成初期の歯石は軟らかいが、
古くなると無機質の含有量を増して硬くなる。
歯石は歯垢と並んで歯肉炎
または歯周炎の有力な原因である。
歯石中の無機質は
リン酸カルシウム75.97%、
炭酸カルシウム3.17%、
リン酸マグネシウム3.77%であり、
有機質はタンパク質8.34%、
脂肪2.71%、
水分その他6.04%となっている。
歯石は堆積する場所によって
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石とに分けられるが、
化学的組成はほぼ同じである。
歯肉縁上歯石は、
歯肉の辺縁より上部(歯冠部)に堆積する帯黄白色の歯石で、
直接観察することができる。
歯肉縁下歯石は、
歯周炎によって歯肉が歯の表面から剥離したために
形成される「すきま」(歯周ポケット)の
歯根表面に堆積する黒褐白の歯石で、
歯肉縁上歯石より硬く、また強固に付着している。』
と書いてあります。
少し分かりづらいですね・・・。

分かりやすく言うと、
歯石(calculus)とは、
歯に付着したプラークが石灰化したもので、
容易に除去できない歯の沈着物のことです。
歯肉縁(歯と歯茎の境目)より上にできるものを
歯肉縁上歯石、
歯肉縁より下(歯周ポケット内)にできるものを
歯肉縁下歯石と呼んでます。
音だけ聞くの難解に聞こえますが、
漢字で書くと何となく分かってくれるような気がします。
歯肉縁上歯石は、
少し黄色がかった白色をしています。
歯肉縁下歯石は、少し黒っぽい色をしています。


よく健診に来て頂いた時に、
口の中の写真を見ると思います。
特に下の歯の裏側の写真を見ることが多いと思います。
その時に、歯の縁についている白い物・・・。
それが歯石です。

下の歯の裏側は、
よく歯石が溜まりやすい部分になります。
では、どうして??
歯石は、どうやって出来るのでしょうか? 
上部に書いてある通り、
歯石は、歯垢に唾液の成分が沈着して石灰化したものです。
なので・・・、
唾液の出口の近くは歯石が出来やすいのです。
また、下の前歯の裏側は、
歯ブラシでの清掃が難しい所で、
歯垢が溜まりやすいということも理由に加味されて、
歯石のつきやすい場所になっています。


因みに・・・、唾液の出る場所は大小あり、
複数箇所ありますが、一番多くの唾液が出る出口が、
舌下小丘と言われる場所です。
(読んで字のごとく、舌の下にある小さな丘)
舌を上に上げると
スジの根元の両側に少し高まりがあると思います。
そこが舌下小丘です。
そこから唾液が出てきます。

下の前歯の磨き方は、
歯ブラシを縦にして、毛先を歯の裏にしっかり当てて、
上下に動かして磨きます。
下の前歯の裏側は、
ハブラシのかかとを使うと、うまく磨けます。
ただ、どうしても自分で磨くには限界があります。
いくら丁寧に磨いたとしても、
細かなところは難しいです。
そこは定期的な健診、クリーニングで。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年12月13日

こんにちは、
タニダ歯科医院の歯科医師の片山です。


今回のブログは歯牙腫についてです。


20181206katayama.JPG


歯牙腫は虫歯や歯周病などとは違い、
患者様皆様が罹患する病気ではありません。
しかしながら、気をつけなければならない点もあり、
油断は出来ない病気です。

なぜ油断ならないか、
また、歯牙腫とはどういった病気なのかということを
簡単ではありますがまとめさせていただけたらと思います。
歯牙腫の歴史、種類からまとめさせていただきます。


歯牙腫は1867年にPoul Brocaという方によって
名付けられた病気です。
歯の組織の過剰な増殖、
つまり歯のエナメル質や象牙質、セメント質などが
どんどん増えてしまうできものみたいなものと想像してください。
皮膚に脂肪腫などいわゆるイボと呼ばれるものが出来ますが、
それが歯の組織で、
かつ、歯が萌出している顎骨に出来る腫瘍です。

歯牙腫はエナメル上皮歯牙腫、
複雑歯牙腫、集合歯牙腫に分けられましたが、
今現在、歯牙腫は
複雑歯牙腫と集合歯牙腫の2つに分けられてます。
複雑歯牙腫は、歯の組織であるエナメル質、
象牙質、セメント質と歯の中身である歯髄、
歯原上皮の混合したもので、
組織の分化が進んだものであります。

集合歯牙腫は、
歯の組織の形態分化の完成したものであります。
つまり、複雑歯牙腫は組織がある程度育ったものが
バラバラにはいっているものであります。
集合歯牙腫は、
歯の形、又は形に使い物が集まったものであります。
次に、歯牙腫の特徴についてまとめさせていただきます。
複雑歯牙腫も集合歯牙腫も共に、好発年齢は10歳代です。
19歳以下の発症か97パーセントにもなります。
しかし、できやすい場所は違います。
複雑歯牙腫の場合は下の小臼歯、大臼歯部、
つまり奥歯付近にできやすいです。
集合歯牙腫は上の前歯の顎骨に出来やすいです。
歯牙腫は時に、中耳、上顎洞、頬部などにも
稀に出来る事があるそうです。


歯牙腫の自覚症状について。
歯牙腫の自覚症状は歯の移動、歯が萌出してこない、
歯茎が腫れているなどがあります。
なので、矯正治療が必要か判断するときに
パノラマ写真を注意深く観察していかなければなりません。
歯が傾斜している時に歯牙腫が原因であること、
又は、歯が萌出してこない時には
歯のスペース不足とともに、歯牙腫も頭の片隅において、
診察しなくてはならないです。

まとめますと、
歯牙腫は若い子に出来るもので、
歯牙腫が原因で歯並びが悪くなったり、
歯がはえてこない事があります。
なので、注意していかなければならない病気です。
治療は顎骨などをできるだけ保存した、
保存的外科療法が選択されます。


参考書、医歯薬出版、口腔外科学


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2018年12月 6日

はじめまして、歯科医師の武田です。
今回から「歯のホワイトニング」について
数回にわけてお話していきます。
どうぞよろしくお願いします。

◆ホワイトニングって

さて、皆様は「ホワイトニング」にどのような
イメージをお持ちでしょうか。
ホワイトニングとは
歯を白くするための施術の総称であり、
歯の表面の汚れ落とし(クリーニング)も、
漂白(ブリーチング)も、「ホワイトニング」といえます。
いずれも歯を白く美しくするという施術ですが、
クリーニングが歯の表面の着色・歯石・歯垢の除去
などを指すのに対し、
ブリーチングは歯の組織内の色素を分解して
色調を改善する漂白・脱色を指します。
クリーニングは外側から、
ブリーチングは内側から歯を白くします。

このふたつは目的が大きく異なりますが、
どちらも歯を削ることなく白い歯を手に入れる
という施術になります。

◆歯の変色・着色も原因は?

・加齢による歯の黄ばみ
歳を重ねると歯は白色から黄色に変色していきます。
これは、表面を覆っている白色で
半透明の「エナメル質」が、加齢に伴って磨耗し
薄くなり、内側の象牙質が透けて
みえやすくなるためです。

・外からの着色
「ステイン」による着色と呼ばれるもの
ステイン着色の原因になりやすいものは、
コーヒー・お茶のほか、赤ワインや
チョコレート、タバコなどです。

また、歯垢(プラーク)が歯に付着する
ことでも着色を引き起こします。
歯垢(プラーク)は、食べカスと思われる
こともありますが、まったくの別もの
細菌と代謝物のかたまりで、白色または
黄白色のネバネバした物質です。
1mgには1億個以上の細菌が存在しています。
歯垢(プラーク)は、歯の黄ばみを目立たせますが、
歯ブラシで容易に除去することができるので、
着色の中でも比較的簡単に除去することができます。

・虫歯による変色
初期の虫歯では、
歯の表面が白く濁ったり、
薄い茶色に変色したりします。
虫歯が進行していくと歯の神経は死んでしまい、
神経が死んだ歯は全体が徐々に暗く茶色っぽく
変色してしまいます。

◆ステインって

ホワイトニングは、加齢や遺伝、食生活などによって
変色した歯を漂白剤で脱色して白くする方法です。

歯の表面にはさまざまなステイン(着色成分)
が付着しています。
ステイン着色の原因になりやすいものは、
コーヒーや紅茶、日本茶や赤ワイン
などに含まれるタンニンと呼ばれる色素です。
タンニンはポリフェノールの一種で、
赤ワインや一部の白ワインにとって、
タンニンはとても重要な存在であり、
渋みだけでなく風味の形成、熟成に関与しています。

◆ポリフェノールって

ポリフェノールはアントシアニン、カテキン、
イソフラボン、タンニン、クルクミンなどの物質の総称です。
健康食品でよく知られています。

アントシアニンは、ぶどう、ブルーベリー、
なすなどに含まれる天然色素で、
眼のための健康食品が知られています。

カテキンは緑茶や紅茶に多く含まれていて、
渋みの成分。
「抗酸化作用がある」「抗菌作用がある」
などと言われています。

イソフラボンは、大豆などの豆類に多く含まれ、
女性ホルモン様作用を示すことから、
植物性エストロゲンとも呼ばれています。

クルクミンは、
カレー粉のスパイスに混合してあるターメリック (ウコン) に
含まれる黄色の色素で、
「抗酸化作用がある」
「肝臓によい」などと言われています。

健康食品にご興味がおありなら
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
ウェブサイト:「健康食品」の安全性・有効性情報
もご参考ください。
消費者庁の「食品安全に関する取組」
からもご覧になれます。

20181129takeda.jpg


◆ホワイトニングのメリット

歯の白さは、第一印象を左右する大切な要素。
黄ばんでしまっていては、清潔感は消え、
不健康に見えてしまうこともあります。
ではホワイトニングをするメリットをまとめてみましょう。

・歯が白いと健康的で若々しい印象になる
・歯が白いと清潔感があって好印象
・口元を手で隠すことなく、笑顔が増え、明るくなれる
・肌がきれいに見える

第一印象は一度限り、仕事にもプライベートにも
好印象を手に入れたいですね。

◆イソフラボンが豆乳より多い!

抗酸化作用と女性ホルモンのエストロゲン作用
があるといわれるイソフラボン。
イソフラボンというと豆乳にたっぷり
含まれているイメージがありますよね、
でも豆乳が苦手という方は、
無理をして豆乳を飲む必要はありません。
大豆製品の中でもトップクラスの
イソフラボン含有量を誇るのが湯葉です。
そこで今回は湯葉鍋のご紹介を!

20181129takeda1.jpg


大きな湯葉をめくると


20181129takeda2.jpg

昆布だしの湯葉鍋が、湯葉の下には季節のお野菜と、
鶏肉がひそんでいますよ


20181129takeda3.jpg

湯葉の炊き込みご飯と一緒に、あったまりましょう。
「いただきます」。

ホワイトニングを知ることで、
ホワイトニングをしたいけど
迷っておられる方のサポートをしていきたいと考えております。
次回から徐々に詳しくお話していきます。

そして歯の白さ、美しさを保つには、
定期的なクリーニングがとても大切です
ぜひタニダ歯科クリニックで定期健診を。
ご来院お待ちしております。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2018年11月 | メイン | 2019年1月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ