«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 口腔カンジダ症〜高齢者にみられる粘膜疾患〜 | メイン | 歯牙腫について »

2018年12月 6日

はじめまして、歯科医師の武田です。
今回から「歯のホワイトニング」について
数回にわけてお話していきます。
どうぞよろしくお願いします。

◆ホワイトニングって

さて、皆様は「ホワイトニング」にどのような
イメージをお持ちでしょうか。
ホワイトニングとは
歯を白くするための施術の総称であり、
歯の表面の汚れ落とし(クリーニング)も、
漂白(ブリーチング)も、「ホワイトニング」といえます。
いずれも歯を白く美しくするという施術ですが、
クリーニングが歯の表面の着色・歯石・歯垢の除去
などを指すのに対し、
ブリーチングは歯の組織内の色素を分解して
色調を改善する漂白・脱色を指します。
クリーニングは外側から、
ブリーチングは内側から歯を白くします。

このふたつは目的が大きく異なりますが、
どちらも歯を削ることなく白い歯を手に入れる
という施術になります。

◆歯の変色・着色も原因は?

・加齢による歯の黄ばみ
歳を重ねると歯は白色から黄色に変色していきます。
これは、表面を覆っている白色で
半透明の「エナメル質」が、加齢に伴って磨耗し
薄くなり、内側の象牙質が透けて
みえやすくなるためです。

・外からの着色
「ステイン」による着色と呼ばれるもの
ステイン着色の原因になりやすいものは、
コーヒー・お茶のほか、赤ワインや
チョコレート、タバコなどです。

また、歯垢(プラーク)が歯に付着する
ことでも着色を引き起こします。
歯垢(プラーク)は、食べカスと思われる
こともありますが、まったくの別もの
細菌と代謝物のかたまりで、白色または
黄白色のネバネバした物質です。
1mgには1億個以上の細菌が存在しています。
歯垢(プラーク)は、歯の黄ばみを目立たせますが、
歯ブラシで容易に除去することができるので、
着色の中でも比較的簡単に除去することができます。

・虫歯による変色
初期の虫歯では、
歯の表面が白く濁ったり、
薄い茶色に変色したりします。
虫歯が進行していくと歯の神経は死んでしまい、
神経が死んだ歯は全体が徐々に暗く茶色っぽく
変色してしまいます。

◆ステインって

ホワイトニングは、加齢や遺伝、食生活などによって
変色した歯を漂白剤で脱色して白くする方法です。

歯の表面にはさまざまなステイン(着色成分)
が付着しています。
ステイン着色の原因になりやすいものは、
コーヒーや紅茶、日本茶や赤ワイン
などに含まれるタンニンと呼ばれる色素です。
タンニンはポリフェノールの一種で、
赤ワインや一部の白ワインにとって、
タンニンはとても重要な存在であり、
渋みだけでなく風味の形成、熟成に関与しています。

◆ポリフェノールって

ポリフェノールはアントシアニン、カテキン、
イソフラボン、タンニン、クルクミンなどの物質の総称です。
健康食品でよく知られています。

アントシアニンは、ぶどう、ブルーベリー、
なすなどに含まれる天然色素で、
眼のための健康食品が知られています。

カテキンは緑茶や紅茶に多く含まれていて、
渋みの成分。
「抗酸化作用がある」「抗菌作用がある」
などと言われています。

イソフラボンは、大豆などの豆類に多く含まれ、
女性ホルモン様作用を示すことから、
植物性エストロゲンとも呼ばれています。

クルクミンは、
カレー粉のスパイスに混合してあるターメリック (ウコン) に
含まれる黄色の色素で、
「抗酸化作用がある」
「肝臓によい」などと言われています。

健康食品にご興味がおありなら
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
ウェブサイト:「健康食品」の安全性・有効性情報
もご参考ください。
消費者庁の「食品安全に関する取組」
からもご覧になれます。

20181129takeda.jpg


◆ホワイトニングのメリット

歯の白さは、第一印象を左右する大切な要素。
黄ばんでしまっていては、清潔感は消え、
不健康に見えてしまうこともあります。
ではホワイトニングをするメリットをまとめてみましょう。

・歯が白いと健康的で若々しい印象になる
・歯が白いと清潔感があって好印象
・口元を手で隠すことなく、笑顔が増え、明るくなれる
・肌がきれいに見える

第一印象は一度限り、仕事にもプライベートにも
好印象を手に入れたいですね。

◆イソフラボンが豆乳より多い!

抗酸化作用と女性ホルモンのエストロゲン作用
があるといわれるイソフラボン。
イソフラボンというと豆乳にたっぷり
含まれているイメージがありますよね、
でも豆乳が苦手という方は、
無理をして豆乳を飲む必要はありません。
大豆製品の中でもトップクラスの
イソフラボン含有量を誇るのが湯葉です。
そこで今回は湯葉鍋のご紹介を!

20181129takeda1.jpg


大きな湯葉をめくると


20181129takeda2.jpg

昆布だしの湯葉鍋が、湯葉の下には季節のお野菜と、
鶏肉がひそんでいますよ


20181129takeda3.jpg

湯葉の炊き込みご飯と一緒に、あったまりましょう。
「いただきます」。

ホワイトニングを知ることで、
ホワイトニングをしたいけど
迷っておられる方のサポートをしていきたいと考えております。
次回から徐々に詳しくお話していきます。

そして歯の白さ、美しさを保つには、
定期的なクリーニングがとても大切です
ぜひタニダ歯科クリニックで定期健診を。
ご来院お待ちしております。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4364

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ