«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 唾液とは何者? | メイン | 誤嚥 »

2018年12月27日

こんにちは、歯科医師の池田です。

年末に入り忘年会やクリスマス、お正月と
イベント事が多くなると、
どうしてもお酒や間食が増えてきたりと
不摂生が多くなってくると思います。


今回は「糖尿病と歯周病の関係について」
お話ししていこうと思います。

歯周病は、
細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、
そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)
歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、
腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
そして、進行すると
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、
歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、
最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

この歯垢(プラーク)の中の細菌によって
歯肉に炎症をひき起こし、
やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、
結果的に歯を失う原因となります。
歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、
歯石と言われる物質に変化し
歯の表面に強固に付着します。
これはブラッシングだけでは取り除くことができません。
この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、
歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

ではなぜ、
歯肉の炎症である歯周病が
糖尿病に関わってくるのでしょうか。
出血や膿を出しているような歯周ポケットからは、
炎症に関連した化学物質が
血管を経由して体中に放出されています。

中等度以上の歯周ポケットが口の中全体にある場合、
そのポケット表面積の合計は
掌(てのひら)と同じ程度と考えられています。
歯周ポケットの中身は外からはなかなか見えませんが、
手のひらサイズの出血や膿が
治療なしで放置されていると考えると、
からだ全体からも
無視できない問題であることが理解できると思います。

ポケットから出て血流にのった炎症関連の化学物質は、
体のなかで血糖値を下げるインスリンを効きにくくします。
そのため、糖尿病が発症・進行しやすくなります。

20181227ikeda.jpg


歯肉の炎症をコントロールできれば
インスリン抵抗性が改善し、
血糖コントロールも改善するということが、
日本での研究を含めた多くの臨床研究で報告されています。


一方で、全ての症例で
血糖値の低下が生じないことも明らかになっており、
どのような糖尿病患者さんで
血糖値が下がりやすいのかを調査した
今後の研究成果が待たれています。


歯周病治療に際して、
歯周病は口の中全体の歯で同時に進行していくため、
全ての歯で
歯周ポケットの深さを計測するポケット検査や、
プラークの付き具合の検査を行います。
治療では
まずブラッシング指導により
患者さん自身で
プラークを取り除けるような練習を行います。
プラークを形成する細菌が
歯肉で引き起こしている炎症を減らすのが目的で、
これは「プラークコントロール」と呼ばれ、
歯周病治療の中心となります。


患者さん自身による
プラークコントロールが基本となりますが、
その上で歯科医院で定期的に受診を行い、
歯周ポケットの中に付着しているプラークや
歯石を超音波振動機器や手用器具を用いて取り除きます。
これは「スケーリング」といい、
歯科医療従事者が行う重要なプラークコントロールです。


一旦治療が終了しても、
歯周病は再発することが多いため、
「メインテナンス」
もしくは「サポーティブセラピー」
と呼ばれる定期的なチェックとケアを
行っていくことが必要です。
つまり大切なのは
予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。


イベント事などで忙しく、
疲れて歯磨きをさぼってしまった。
ということも多いと思いますが、
それが積み重なっていくと
口腔内のことだけではなく、全身へも実は影響があります。


歯石がついてないかなど、
気になる方は気軽に聞いてくださいね。

今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4369

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ

スタッフブログ