«  2019年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年1月24日

こんにちは。歯科医師の岩本です。

ご高齢の患者さんと話していると、時々、
「昔は歯が丈夫で、自慢だったのに...」
という言葉を耳にします。

20190124iwamoto.png


治療のあとが殆ど見られない、きれいな歯なのに、
ある時期から急に虫歯が増えてくることがあります。


これにはいくつかの要因が考えられるのですが、
そのうちの一つに、「唾液の減少」があります。

唾液は、私達の歯を守るために、色々と働いてくれています。
虫歯予防についての、唾液の働きをあげてみます。

1.口の中の食べかすや歯垢(プラーク)を洗い流す
2.抗菌作用により、虫歯の原因菌の増殖を抑える
3.飲食によって酸性に傾いた口の中を中和して、歯が溶けるのを防ぐ
4.溶けかかった(虫歯になりかけた)歯の表面を再石灰化し、元に戻す
  


このように、色々と力を尽くして
歯を守ってくれていた唾液が減ってしまうと、
今までと同じようなものを食べ、
同じように歯磨きを行っていても
虫歯になってしまったりするのです。


では何故、唾液は減ってしまうのでしょうか。


加齢に伴い、全身の筋肉は衰えていきますが、
お口の周りも同様です。
唾液腺は退化し、それを取り囲む筋肉も痩せてくるので、
唾液腺を刺激して唾液の分泌を促す力も落ちます。


また、降圧剤や抗不安薬などの薬剤の副作用も考えられます。
一般的な処方薬の80%は
口腔乾燥を起こすことが報告されているそうで、
高齢の方はそれを何種類も飲んでおられたりしますので、
その影響は大きいです。


その他、全身疾患の影響や放射線治療、ストレスなど、
あらゆる原因によって
お口のなかはパサパサになっていきます。
このような状態は「ドライマウス」と呼ばれています。

高齢者のドライマウスの場合、
先にあげた虫歯の多発のほかにも、
潤滑剤となる唾液の不足により、義歯が外れやすくなる、
傷ができやすくなるといった、
非常に困る事態が発生します。


お口の中が痛かったり、義歯がうまく使えないと、
食事の量が減り、栄養状態が悪化するので
筋肉が落ちて...と
悪循環になってしまいます。


乾燥の症状を和らげる方法としては、
保湿剤を使った唾液腺マッサージがあります。

ステップ1

1.うがいなどで十分に口の中を湿らせる
2.保湿ジェルを1〜2cm程度、指先にとる
3.舌の表面をゆっくりとマッサージする
4.舌の奥、付け根のところにも小唾液腺があるので、
刺激するつもりでマッサージ
  嘔吐反射の強い人は無理せず軽い力で、
  1回に5〜10秒程かけて、2〜3回繰り返す 
5.口蓋部(上顎の内側)もマッサージする
1回5〜10秒を2〜3回繰り返す
6.舌の下には舌下腺があり、唾液腺の開口部があるので、
その付近を丁寧にマッサージする

ステップ2

口の内側から頬粘膜を片方の指で押し、
反対側の手で頬を外側からマッサージする
1回10〜20秒を5〜6回繰り返す


ステップ3

唇と歯の間に指を入れ、
唇内面を上下30秒ずつ、ゆっくりとマッサージする

このようなマッサージを続けると、
唾液分泌を自分で感じられるようになります。
食後や就寝前に、
うがいなどで口を潤してから行うようにしてください。
  

参考図書:高齢者のドライマウス
阪井丘芳 医歯薬出版



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年1月17日

こんにちは、口腔外科専門医の豊原です。

年末年始、皆さまはいかがでしたか?
子供達にとっては
楽しい冬休みも親の立場からは一番忙しいお休みですね。
ようやく学校も始まり、
ほっとしている今日この頃です。


今回は全身疾患と歯科との関わりについて
書きたいと思います。

歯科で全身疾患が関係あるの??と
ひと昔前までは
問診票の記入すら面倒で端折られる有様でした。
しかし、
テレビの医療番組やインターネットニュースなどで
度々取り上げられるようになり、
ようやく一般の方にも
歯科と全身疾患との関わりが
認知されるようになってきました。
実はこれは一般にかかわらず、
医科と歯科との関係にも変化をもたらしました。
様々な基礎研究が進み、
今や歯科疾患と全身疾患に
相関性があるのは常識になりつつあります。
その中でも、
かなりの方に可能性がある高血圧について
今回は取り上げたいと思います。


高血圧は合併症の有無により、
その対応が大きく変わります。
高血圧の合併症って何があるの?
と思われる方が多いと思いますが、
高血圧はつまりは血管内圧力の異常なので、
その原因は心臓のポンプ機能の異常や
血管の老化などと深く関係しています。
血管は体内全体に行き渡っているため、
例えば、眼の異常だったり、
脳出血や脳梗塞、心臓肥大や心不全、
狭心症、心筋梗塞、腎不全など
多岐にわたる合併症を引き起こします。
通常、高血圧とは、
診察室で測定した血圧が140/90mmHg以上、
あるいは家庭で測定した血圧が
135/85mmHgを越えて高くなることを指します。
年齢や病気により目標血圧は異なりますが、
高血圧状態を長く放置すれば、
様々な臓器に負担がかかって、
上記のような合併症が生じます。
合併症のない方でも、
元々怖がりなどで歯科治療に緊張してしまう方なら、
歯科治療中の血圧は急上昇することがあります。
処置中に頭痛やめまいなどが起こるようなら、
無理な歯科治療はせず、
まずは血圧のコントロールを行う事が先決になります。
そうでない方でも、
歯科治療は痛みを伴う事があるため、
あまり痛みを我慢して治療を受けていると、
自分では気付かないうちに
血圧が高くなってたなんてことはよくあるので、
決して無理はせず痛みをとる手段を大いに利用するべきです。


すなわち、麻酔下での治療をお勧めします。
麻酔時のチクッと刺される感じが苦手な方は
遠慮なく歯科医師に申し出てください。
そういう場合も
表面麻酔で少しはチクッとする感覚を軽減できますので、
ご安心ください。
何はともあれ、
緊張や不安から血圧が上がるのが
一番コントロールが難しいので、
尋ねたい事があれば、
主治医に遠慮せずしっかり尋ね、
不安を少しでも軽減するのがとても大事だと考えます。
また、抜歯の際は高血圧の方は、
術後とくに麻酔切れの頃や
お風呂上がりに出血してきたり、
出血が止まらなかったりする事があります。
もし、その際の血圧が高いようだったら、
血圧を下げる処置が必要なケースもありますし、
抜歯後の痛みがあるようなら、
痛み止めを飲むことで血圧が下がり、
出血が止まる事があります。
こういったこともありますので、
抜歯当日は医師からの特別な指示がない限りは
高血圧治療薬を勝手に休薬せず、
必ず通常通り内服していく事が大事です。


合併症のある場合につきましては、
今後のブログにてまた書いていきたいと思います。
これから寒さ本番を迎えますが、
皆様、風邪やインフルエンザに
かからないよう、お体に気をつけてください。


20190117toyohara2.png

最後になりましたが、
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年1月10日

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

こんにちは、歯科医師の久貝です。

さぁ、ついについに新年を迎えてしまいました!
いやぁ~~、めでたい!!
皆さん、新年はどのように過ごされましたか?
家族で過ごされた方々も
故郷へ帰られた方々も
どこかへご旅行へ行かれた方々も
皆さん思い思いの年の瀬、新年を迎えられた事でしょう
僕も田舎の方へ帰り、
親戚一同が集まって暖かい時間を過ごさせて頂きました。
まぁ、また 年を一つとってしまう事が
本気で嫌すぎますけど・・・
さて、お正月と言えば 定番は「おせち料理」、
「お雑煮」ですけど、
皆さんのご家庭の「お雑煮」って、どんな感じです?
地域によって色んな種類がありますよね
「おすまし」であったり、
「味噌汁」であったり、
その味噌の種類も「白味噌」や「赤味噌」
中に入れるお餅も様々です。
大学の頃にいた四国では「白味噌」の「お雑煮」で
中に入っていたお餅は「あん餅」でした
衝撃です!!
だって「あん餅」ですよ!!!
しかも「白味噌」のお雑煮で
かつ、その中に「あん餅」がダイブ!!!
僕の故郷では、
カツオ出汁の「おすまし」だったので、
かなりの衝撃でした
・・・・って、
言っている僕の故郷の「お雑煮」も
別の地域の方が聞いたら、
「えっ!?」って思われるような事があるんでしょうね。
本当に地域差って、面白いですね。
さて、そのお雑煮の中に入っている「お餅」なんですが、
この時期はよく事故が起こるんですよねぇ・・・
アレですよ、アレ・・・

「誤嚥」です

この時期のニュースで頻繁に耳にしませんか?
「喉にお餅を詰まらせて、○○さんが救急車で運ばれました」
みたいなヤツ。

怖いですねぇ・・・、恐ろしいですねぇ・・・

65歳以上の高齢者の
「誤嚥(ごえん)等の不慮の窒息」による死亡者数は
毎年一定数おり、
その半分は「気道閉塞を生じた食物の誤嚥」によるもの。
要因となる食品では詳細不明なものを除くと
「おかゆ類」「餅」の順に多く、
また救急搬送者数を発生月別に見ると
1月が30.7%で最も多くなっています(2016年)。


20190110kugai.png

 専門家によると、
餅は、表面温度が40度以下に低下すると
硬さが増す特質があるため、
口から喉に入っていく過程で一層硬くなるとのこと。
また温度が体温以下になるとく
っつきやすさも増すといった理由から、
窒息につながることがあるとのこと。
さらに食べるときに重要になる唾液の出が悪い朝などはより注意し、
食事の前に口を動かしたり、
最初にスープ等で喉を潤してから食べることが、
窒息を防ぐために有効としています。

 高齢になるほど
①唾液の量が減り、
②歯の機能が衰え、
③噛む力や飲み込む力などが弱くなる

等の症状が見られるため、
高齢者の窒息事故は起こりやすくなってしまいます。
これを防ぐための餅の安全な食べ方として、

・「餅は小さく切っておく」
・「餅を食べる前に、先にお茶や汁物を飲んで喉を潤しておく」
・「餅はよくかんで、唾液とよく混ぜ合わせてから飲み込む」

の3つのポイントを挙げています。

 なお、これらは高齢者本人だけでなく、
家族など周囲の人も一緒に注意し、
知っておくことが事故を防止する上で大切となります。
 また、万が一、窒息事故が起きてしまった場合。
まず窒息した人は言葉を発せなくなるため、
顔色が急に悪くなったり、
喉に手を当てて呼吸ができなくなったことを示す
動作(チョークサイン)が見られたら窒息を疑いましょう。
その際には救急へ通報(119番)し、
速やかに異物除去の応急手当を行います。
 応急手当は、後ろから引くように
ヘソの上あたりを圧迫する「腹部突き上げ法」と、

20190110kugai1.png


後ろから肩甲骨の中間あたりを叩く
「背部叩打法」の2つ。
高齢者の場合には前者の
「腹部突き上げ法」を優先して行い、
また妊婦や乳児の場合には前者を行わず
「背部叩打法」のみを行います。


20190110kugai2.png



 季節がら まだまだ正月気分なので、
お餅を口にする機会が多いかと思われます。
なので、周囲にお年寄りや、小さなお子さんのいるご家族は
食事の際には充分に注意をして、
楽しい家族団らんの時間を過ごす様にして下さい。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2018年12月 | メイン | 2019年2月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ