«  2019年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年3月28日

こんにちは、豊原です。
すっかり春本番、気持ちの良い季節になりましたね。
こうなると花粉か気になりますが、皆さまはいかがですか。

今回も全身疾患と歯科との関わりについて書きたいと思います。
前回の高血圧と同じく循環器系の疾患の虚血性心疾患についてです。
虚血性心疾患って何?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
心筋梗塞や狭心症の類です。
虚血性心疾患の原因は心臓の栄養動脈である冠動脈の動脈硬化にあります。
この冠動脈は心臓を包み込むように左右二本に大きく分かれ、
さらにそれぞれ枝を分かれさせて心臓全体に酸素と栄養を与えています。
体中にある血管のうち、この冠動脈に動脈硬化が進行した時、
まだわずかに血液の通り道があるようなら狭心症、
完全に血液の通り道が塞がれ
心臓に栄養が行き渡らなくなり心筋が壊死した時が心筋梗塞となります。
壊死してしまった心筋は回復することはないため、
狭心症と心筋梗塞では胸痛の強さや持続時間が異なります。
歯科受診にあたり、虚血性心疾患の方に注意して頂きたいのは、
まずは心機能がどの程度安定しているかということです。
胸痛発作の誘発因子には痛みがありますが、
虫歯などで歯が痛いと血圧が上がるため、心臓には負荷がかかるので
歯科治療は必要です。
しかし、歯科では麻酔薬を使ったり、切削道具を使ったりします。
この際、麻酔薬が心臓に負担をかけてしまう事もあるため、
あらかじめ医科との連携は必須です。
また医科からの処方薬が歯科治療に影響を及ぼす可能性もあるため、
必ず歯科受診の際はお薬手帳を携帯してください。
特に観血処置といって、抜歯や歯肉を切るような処置を予定している場合は、
血栓予防のためにワルファリンなどの抗凝固薬や
バイアスピリンなどの抗血小板薬を服用している患者さんでは、
処置後に血が止まらなくなる可能性が考えられます。
一昔前まではこういった処置の前は医科の先生と相談して
一週間程度そういったお薬を休薬したものですが、
最近では、血栓予防薬の服用は中止せず、服用を継続したまま処置を行い、
止血をはかることが多いです。
しかし、どういう処置をしても止血しないこともあるし、
血圧が高く安定しないこともあります。
こういった場合はやはり一般の歯科医院での対応には限界があるため、
大きな病院の口腔外科で処置してもらう必要があります。
虚血性心疾患からはずれますが、心臓の弁膜疾患の方につきましても、
例えば、過去に心臓弁の手術を経験された方などでは、感染性心内膜炎に対する注意が必要です。
感染性心内膜炎とは、血液中に入った細菌が血流に流されて、
心臓の弁に付着し、感染を起こす疾患です。
重篤な合併症を引き起こすため、注意が必要です。
歯科治療を含め小手術によって血液中に細菌が入り込むことがあり、
特に心臓弁に異常があるか、もしくは人工弁に取り換える手術を受けた患者さんでは、
感染性心内膜炎を発症するリスクが高まると考えられています。
こうした患者さんは、治療の前に抗生物質を服用するなど、
感染予防が必要な場合があります。
歯科治療前に必ず歯科医師や循環器科医師にご相談ください。
また、最近では世界的に歯周病と全身疾患との関係についての研究が進み、
因果関係が証明されつつあります。
例えば、糖尿病や虚血性心疾患を引き起こす動脈硬化、血管炎などがあります。
動脈硬化を起こした血管を調べてみたら、
歯周病の細菌が血管壁に付着していてそこから硬化を起こしていたというのです。
また動脈瘤の瘤の中からも歯周病菌が見つかっています。
アメリカでの研究では、
60歳未満の骨吸収を伴う歯周病重度罹患患者では、
そうでない人達と比べて
2.48倍心筋梗塞を起こしやすいと報告されています。
20190328toyohara.GIF
高齢化社会になり、
何らかの全身疾患をお持ちの方が歯科受診するのは当たり前の時代になっています。
医療の現場でも、歯科と医科の連携が昔に比べて随分深くなりました。
主治医の先生に病身連携の手紙を書いてくださいと言いにくいと思われず、
遠慮なくおっしゃってください。
そういうのが当たり前の世の中になっていますので、何の遠慮もいりませんから!


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年3月14日

こんにちは、歯科医師の久貝です。

もう3月ですねぇ・・・・

早い! 早いです!!

この前のブログで「新年ですねぇ♪」って、書いていたのに

もう3月!!

今年も4分の1が終っちゃいます!!


20190314kugai.png


・・・て、思っちゃうのは僕だけでしょうか?

もうチョットしたら桜の季節!

花見ができますねぇ♪

また3月~4月は色々な事柄、物事の節目の季節ですね

世間では卒業式、別れと、旅たちの季節です

我が家でも4月から下の子が幼稚園の年少組に入園です

本当に子供、または人の成長というのは、

「あっ!!!!!」と、言う間に時間が過ぎていきます。

僕の周辺でも、
お腹の中に赤ちゃんを宿している女の子2人います。

若い頃から知っているため、
思う気持ちも余計に大きいです。


その子たちのお腹が少しづつ・・・少しづつ・・・


20190314kugai1.png

ですが、着実に大きくなっていっている様子には、
嬉しさを隠せません。

こんな事を言い始めたら、もうオッサンですね

さて、相変わらずネタ振りが無理やりですが・・・・

今回は「妊婦健診」について考えていきたいと思います。
皆さん聞いたこと位はありますよね。
妊娠するとホルモンバランスが大きく変わり、
体にもさまざまな変化が生じます。
お口の中も、
妊娠前とは状況が異なりトラブルが起こりやすくなります。
さらに、赤ちゃんが生まれると
生活パターンもがらりと変わり、
歯医者さんに通う時間を作るのが難しくなってきます。
そのため、妊娠しているときにこそ、
歯の健康を意識して、
治療などを受けておくべきであるといえます。
たとえ虫歯などの心配がなかったとしても、
念のため、妊娠中に一度は歯科検診を受けるようにしましょう。
妊娠しているときは、
次のような理由から虫歯や歯周病などになるリスクが高まります。

・つわりで歯をきちんと磨けない

・つわりによる胃酸逆流のほか、
酸っぱいものを好んで食べるので口内が酸性になりやすい
(お口の中が酸性に傾くと虫歯が繁殖しやすくなります)

・一度に食べられる量が少ないので、
食べ物を口にする回数が増える。
結果、歯の再石灰化(溶けだした歯を元の状態に戻す働き)
が起こる時間が短くなる。

・ホルモンバランスの変動によって
唾液がねばつくようになり、歯周病菌が繁殖しやすくなる

・産婦人科の通院などで忙しくなり、
歯医者さんに行く機会が減ってしまう


20190314kugai2.png

色々な理由がありますが、
妊婦健診の一番の理由は次の事柄だと思いますので
声を大にして言いますね・・・
「虫歯や歯周病で早産のリスクが高まる」
です。・・・・聞いた事あります?
あまり知らないでしょ。
昔の産婦人科では、
妊娠中に「歯医者さんに行って健診を受けてね」とは、
あまり言われませんでした。
ここ最近の研究で、
・妊娠中に虫歯菌や歯周病菌が
お口から体内に入り込んでしまうと、
妊娠37週未満で出産してしまう早産
・新生児の体重が2,500gに満たない低体重児出産を引き起こす
可能性があるといわれています。

また、飲酒や喫煙でも同様のリスクがあるとされていますが、
それよりも歯周病のほうが危険性は高いことが
アメリカの研究によってわかったのです。
それ以外には、出産後の話になってきますが、
「赤ちゃんに虫歯を移してします」というのも理由の一つです。
産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、
もともと虫歯菌は存在しません。
生後1歳7か月ころから2歳7か月ころの間に、
大人の唾液を介して感染してしまうのです。
つまり、子供を虫歯から守るためには
虫歯菌をうつさないことが重要となります。
食器の共有や、食べ物をフーフーして冷ますことで、
赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が入り込んでしまいます。
まぁ、親子のスキンシップですからね・・・
アレだめ、コレだめ、とは言いません
念のため、赤ちゃんが生まれてくる前に、
一緒に生活する大人たちの虫歯も治療しておくことが大切です。
最近は、子供虐待の聞くのも嫌なニュースが多いご時世です。
大事な大事な子宝が、
スクスクと健やかに成長できるように、
僕ら大人でしっかりと見守っていこうじゃないですか!!
その一端を、
僕らタニダ歯科のスタッフでお手伝いできれば嬉しいです。
気になる事があれば、一度健診を受けに来てくださいね。

20190314kugai3.png


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年3月 7日

こんにちは、歯科医師の池田です。

最近「誤嚥性肺炎」という言葉を耳にする機会が
少しずつ増えていると思いますが、
何が原因でどういった症状がでるのか、
どういう対策が必要か、
などはまだあまり広まっていないかと思います。


口から食道へ入るべきものが
気管に入ってしまうことを「誤嚥」と言います。
そして「誤嚥性肺炎」は、
嚥下機能障害のため唾液や食べ物、
あるいは胃液などと一緒に細菌を
気道に誤って吸引することにより発症します。
誤嚥をした際、嚥下機能が正常な人であれば
咳をして誤嚥物を吐き出そうという防御反応が働きます。
しかし嚥下機能が低下している場合には、
誤嚥をしても咳反応が乏しいことがあります。
そのため、誤嚥性肺炎で咳が出ない状況というのは、
誤嚥が引き続き生じる可能性のある危険な状況といえます。


嚥下障害を起こしやすい原因は、
嚥下機能の低下した高齢者、脳梗塞後遺症や認知症、
胃食道逆流症、円背・亀背、胃切除後、パーキンソン病などの
神経変性疾患や寝たきりの患者に多く発生します。
これらの病気は、
全身状態や意識レベルが低下しているということであり、
嚥下に関わる筋肉量の減少にもつながります。
また、嚥下反射が鈍くなり、誤嚥を起こしやすくなるのです。


肺炎球菌や口腔内の常在菌である嫌気性菌が
原因となることが多いとされます。
高齢者や神経疾患などで寝たきりの患者では
口腔内の清潔が十分に保たれていないこともあり、
この場合、口腔内で肺炎の原因となる細菌が
より多く増殖してしまいます。
また、高齢者や寝たきり患者では
咳反射が弱くなり嚥下機能が低下します。
その結果、口腔内の細菌が気管から肺へと吸引され、
肺炎を発症します。
そして栄養状態が不良であることや
免疫機能の低下なども発症に関与してきます。
他には、嘔吐などで食物と胃液を
一度に多く誤嚥して発症する場合もあります。


症状は、発熱、咳、膿のような痰が肺炎の典型的な症状です。
しかしこれらの症状がなく、
なんとなく元気がない、食欲がない、
のどがゴロゴロとなる、
などの非特異的な症状のみがみられることが多いのが
誤嚥性肺炎の特徴です。
特にこれらは、「不顕性誤嚥」でよくみられます。
「不顕性誤嚥」とは飲食物や少量の唾液が
気付かないうちに気管に入るもので、
食事中や夜間の睡眠中にみられます。


誤嚥性肺炎の診断は、
誤嚥が明らかな場合や
嚥下機能低下が確認されている患者では
胸部エックス線写真で肺炎像を確認することで診断できます。
また白血球増加や炎症反応の亢進も重要な所見です。
寝たきりの高齢者など
誤嚥性肺炎の高リスク患者で肺炎が発症した場合も疑われます。

治療法については、
急性期においては、抗生物質の投与が重要になります。
また、誤嚥のリスクを軽減させることを目的として、
嚥下リハビリテーションが行われることもあります。
誤嚥を引き起こしやすい食事形態があるため、
食事内容の指導を行うこともあります。
介護者は、患者の食事の際に十分に上体を起こし、
ゆっくりと咀嚼・嚥下するよう指導することが大切です。
嚥下機能に悪影響を及ぼす薬物を
内服していないかチェックも必要です。
さらに、口腔内の細菌が誤嚥性肺炎の原因であることから、
口腔内のケアをしっかり行うことも重要です。
事前に肺炎球菌のワクチンも受けておく方法もあります。

20190307ikeda.jpg

食事形態はその人の嚥下機能によって決まってきますので、
検査をしてからの食事形態の変更をお勧めします。
口からきちんと食事をすることで免疫力や体力も向上しますし、
ストレスも軽減されます。
本院では訪問診療にて、嚥下機能の検査も行っています。
何かわからないことなどがあるようなら
気軽に質問をしてくださいね。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2019年2月 | メイン | 2019年4月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ