«  2019年6月 6日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年6月 6日

こんにちは。口腔外科専門医の豊原です。
新しい年号が始まり、今年限りの長いゴールデンウィーク、
皆さまいかがお過ごしになられましたか?
一年で一番過ごしやすい季節なだけに貴重なお休みとなられた方もいれば、
年末年始やお盆休みよりも長いためどのように過ごしていいか
わからない方もいらしたでしょうか。

今回は腎臓疾患と歯科受診について書きたいと思います。
腎臓は尿をつくる器官で、
腰の少し上の背中側に背骨をはさんで左右に1つずつ(2つ)あります。
人は毎日さまざまなものを食べたり、飲んだりしています。
摂取した食物は栄養分を吸収したあとで尿や便として、
尿には水に溶けやすいものが、便には水に溶けにくいものが排泄されます。
多少の暴飲暴食をしても翌日の体重があまり変わらないのは、
尿として体外に不要なものを排泄しているためです。
尿細管はナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、重炭酸イオンなどのうち
体に必要なものを取り込み、また、不要なものを尿中へ分泌して排泄しており、
これにより、体内のイオンバランスを一定に保ち、
血液を弱アルカリ性に保っています。
通常、腎臓では絶えず血液がろ過されて一日に約150リットルもの原尿が
作られていますが、尿細管で水分が再吸収されて1.5リットルほどの尿になります。
腎臓でのろ過機能が円滑に働くには、
血液の流れが一定に保たれている必要があります。
腎臓では血液の流れが悪くなるとそれを感知し、レニンという酵素が分泌されます。
レニンが血液中のたんぱく質と反応して生成されるアンジオテンシンIIが、
血管を収縮させて血圧を上昇させます。
腎臓はレニンの分泌量を増減させて血圧を調整しています。
また腎臓はエリスロポエチンというホルモンも分泌しています。
エリスロポエチンは骨髄の造血幹細胞に働いて、赤血球の数を調整します。
腎臓の機能が低下してエリスロポエチンの分泌が少なくなると赤血球も減少するため、
貧血症状があらわれます。


このように腎臓はかなりたくさんの役割を健康維持のため担ってくれていますが、
近年、慢性腎臓病(CKD)の患者は増加傾向にあります。
2011年現在、日本では成人人口の約13%、1,330万人が
慢性腎臓病患者と言われています。
CKD発症の背景因子として、糖尿病、高血圧などの生活習慣病が挙げられます。
CKDは末期腎不全や心血管疾患のリスクが高く、国民の健康を脅かしています。


腎疾患の患者は腎性高血圧を呈している場合が多いため歯科治療を行う際、
血圧を上昇させるようなことは極力避けるべきと言われています。
従って、歯科治療中の痛みなどは極力軽減するべきで、
我慢のしすぎはよくありません。
痛みに我慢できない時は術者に必ず伝えてください。
また、慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群では、
副腎皮質ステロイド剤を長期連用していることが多く、
副腎不全を起こしている可能性があるため歯科治療時にストレスを与えようにし、
術前に専門医と相談し、ステロイド剤の増量投与を行うこともあるようです。
ただ、余程の侵襲を伴う治療でなければ、そこまでの必要はありません。
しかし、処置内容にもよりますので、
予め、歯科と内科医師の間で連携をとるのが望ましいと考えます。
ただ、ネフローゼ症候群は頑固な低蛋白血症があったり、
易感染性の為、抜歯創などの治癒不全を招来する可能性があります。
したがって、低蛋白血症の状況を把握したり、
感染に対する抵抗力が減弱していることを考慮した上で
抜歯などの歯科処置を行うことが大切です。
すなわち、外科的処置を行う際には可及的に無菌的操作で行い、
かつ必要十分な抗生剤を使用する必要があります。

20190606toyohara1.png

腎臓を労わるため、暴飲暴食や塩分の取り過ぎにはくれぐれもお気をつけください。
そろそろ梅雨の季節ですが、
今年は穏やかな梅雨の季節でありますよう祈っています。

西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2019年5月31日 | メイン | 2019年6月13日 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ