«  2019年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 多形腺腫について(唾液腺腫瘍) | メイン | 口腔扁平苔癬について »

2019年6月27日

こんにちは!
歯科医師の今泉です。
暑いい日が続きアイスや炭酸が美味しい季節になってきました。
そういう事もあり長岡京駅近くにあるサントリーのビール工場に行ってきました。
私はビールをあまり飲まないので、
そこまで興味を持って詳しく知ろうとしていませんでした。
しかし、ビール工場見学をする事で
サントリーのビールへの本気度と醸造家の方達の情熱を知ることができました。
今回の工場見学ツアーでは
神泡で有名なザ・プレミアム・モルツの製法を見てまわりました。

20190627imaizumi.png


ザ・プレミアム・モルツは
9割の天然水、ダイヤモンド麦芽、ホップのみでできており、
こだわりの製法を行うことで深いコクと華やかな香りをかもし出しています。


製法としては、
仕込→発酵→貯酒→ろ過→パッケージの流れを見学しました。
①仕込
仕込槽の中で温めた天然水の中に麦芽を入れ、
麦芽中のデンプンを糖に分解しホップを加えることで、
ホップ特有の香りと苦味を持った麦汁ができます。


②発酵
麦汁に酵母を加え低温発酵し、酵母が麦汁ちゅうの糖を取り込み、
アルコールと炭酸ガスを生成し若ビールになります。


③貯酒
若ビールを低温に調整されたタンクの中で熟成し、
ビールに炭酸ガスが溶け込むことで味や香りがまろやかになります。


④ろ過
熟成したビールをろ過することで黄金色に澄んだビールになります。


サントリー工場では店で使い終わった瓶や樽を回収し完全リサイクルしているため
エコにもこだわりを感じました。


最後に工場でできた生ビールを飲んだのですが、
神泡というだけあって喉越し良くクリーミーな泡で一気に飲んでしまいました。
ソフトドリンクもあり家族で行くのも楽しいと思います。

20190627imaizumi2.png


虫歯菌もビールのように工場を作り虫歯を作っていきます。
虫歯を引き起こすのは、口腔内に常在している細菌です。
虫歯の原因となる代表的な細菌は、
ストレプトコッカス・ミュータンス(Streptococcus mutans)です。
歯はさまざまな物を食べたりや力を振り絞る時に強い力がかかるため、
人体の中で最も硬い組織です。
では、口腔内に常在する細菌がどのようにして歯に穴を空けるのでしょうか。
虫歯菌は物理的に歯を打ち砕くような力は持っておらず、
酸を産生してジワジワと歯を溶かしてしまうのです。


それは歯にしっかりくっつく付着と糖代謝能力です。
虫歯菌は食事によって摂取された糖質を分解しグルカンと乳酸を作ります。
グルカンは歯の表面にしっかり付着することができるので、
虫歯菌は食べカスや他の口腔内細菌を含めて
歯の表面に粘度の高い「歯垢(しこう)」を作ります。
もう一つの産生物である乳酸により口腔内は食後急激な酸性になり、
歯の表面からカルシウムが溶け出してしまいます。
しかも、歯垢の内部には唾液も入り込むことができないため、
再石灰化が起こらず、歯の表面に穴が空いてしまうというわけです。
歯は一度穴があいてしまうと元には戻りません。
それを放置することでその穴に食べ物がつまりより大きくなっていく仕組みです。


虫歯工場を作らないように
食事の後はフロス・歯磨きが重要になります。
タニダ歯科では虫歯・歯周病のメカニズムを説明し、理解していただき
そうならないように徹底した予防処置を行います。
また、なってしまった場合もそれ以上進行しないよう早期治療を行います。
お困りの方や気になっておられる方、そうでない方も
タニダ歯科に是非ご来院下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4407

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ