«  2019年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯内療法って | メイン | 口腔内における手足口病の症状 »

2019年7月25日

こんにちは、歯科医師の武田です。
「歯のホワイトニング」について数回にわけて
お話しさせていただいております。
どうぞよろしくお願いします。

◆ ホワイトニングで歯が白くなるしくみ

ホワイトニングは、白くしたい歯の表面(エナメル質)に
ホワイトニング剤を塗ることからはじめます。
塗ったホワイトニング剤の主成分である過酸化水素や
過酸化尿素が酸素と水に分解され、
歯の中に含まれる色素を分解し〈本来の歯の色自体〉を白くする
「ブリーチング効果」があります。

歯の着色物質は長い鎖状構造を持つ分子で、
ホワイトニングで発生した活性酸素は着色物質に作用し、
長い鎖状を短く変化させます。
着色物質は短い鎖状構造になると色が薄くなるので、
結果、歯の黄ばみが和らぐというわけです。
こうして歯の表面のエナメル質の着色物質は脱色されるわけですが、
これは、洗濯物が漂白剤で
漂白されるのと、ほとんど同じですメカニズムです。

実はエナメル質の色を無色透明にするだけでは完全に白くはなりません。
それはエナメル質の内側にある
象牙質の色によっても歯の色が決定されるからなのです。
象牙質を直接ホワイトニングすることは出来ませんから、
象牙質の色をごまかす為にエナメル質の表面構造に
マスキングをかける必要があるのです。

歯の表面を覆っているエナメル質の表面を拡大してみてみると、
まるでガラスの角柱を束にしてそれを
上から見ているような恰好をしています。
この、ガラスの角棒の一本一本に該当するものが
「エナメル小柱」と呼ばれるものです。
さらにエナメル小柱を仔細に見てみると、
見事な直方体であることがわかります。
エナメル小柱は透明ですから簡単に外からの光を内部に通してしまいます。
内部にある象牙質は黄色味がかった色ですので、
一見すると歯は黄色味がかってみえる訳です。

これはあくまでも電子顕微鏡レベルの微細な話ですが、
ホワイトニング剤から発生したフリーラジカル(遊離基=ゆうりき)作用は、
エナメル質表層の
エナメル小柱の構造を角状から球に変化させる働きがあります。
角状から球状に変わったエナメル小柱の表面は、
ホワイトニング前と異なり光が乱反射します。
その結果、摺りガラスのようなマスキング効果が発生し
ホワイトニングで歯が白く見えるというわけです。
ただしこの変化は、ミクロ単位の世界で起こる変化です。
そのため、歯にダメージを与えたり、歯の一部分が欠けて
なくなってしまうということはありません。

「ホワイトニングって怖い!」と思った方も、
安心していただきたいと思います。
歯科医師の指導の下、ホワイトニングを正しい方法でくり返せば、
歯のエナメル小柱の表面構造をほとんど丸くすることができるようになります。
このような適切なホワイトニング施術を繰り返すことで、
歯の表面で光の乱反射が頻繁に発生し
次第にほとんどの波長の光が、歯の内部に入っていきにくくなります。
このことは、
歯の表面でほとんどの光が跳ね返されてしまうことと同じになり、
結果として歯は白くみえるというわけです。
ただしこの「マスキング効果」は永遠に続きません。
エナメル質の形状は、
時間と共に必ず元に戻る変化(医学的に言うと「可逆変化」と言います)です。
ホワイトニング効果は、後戻りが発生するものだと
覚えておいてください。


今回の「いただきます」
20190725takeda.jpg

20190725takeda2.jpg

自家焙煎きな粉ラテ おすすめ!!

ホワイトニングを知ることで、ホワイトニングを
したいけど迷っておられる方のサポートを
していきたいと考えております。
次回から徐々に詳しくお話していきます。

そして歯の白さ、美しさを保つには、
定期的なクリーニングがとても大切です
ぜひタニダ歯科クリニックで定期健診を。
ご来院お待ちしております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4411

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ