«  2019年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年8月29日

こんにちは。訪問担当歯科医師の岩本です。 暑さもやっと峠を越えた感がありますが、まだまだ蒸し暑いですね。

皆さんは「口腔機能低下症」という言葉をご存じでしょうか。 大昔、平均寿命が短かった時代は、 歯科医療は虫歯や歯周病の治療を行い、歯を失ったら義歯を作る、でOKでした。 ところが現代のように超高齢化が進むと「歯(または義歯)はあっても噛めない、 食べられない人」が非常に増えてきたため、口から食べる(咀嚼、嚥下)機能をできるだけ長く維持するためにはどうすればよいか、ということが研究されるようになってきました。

口腔機能低下症とは、 「加齢、疾患、障害など様々な要因によって、口腔の機能が複合的に低下している状態」 をさします。 放置しておくと咀嚼機能不全、摂食嚥下障害となって全身的な健康を損なうため、個々の高齢者の生活環境や全身状態を見据えて口腔機能を適切に管理する必要があります。 2018年春の診療報酬改定では、正式に疾患名として認められました。 20190829iwamoto1.pngのサムネール画像

(日本老年歯科医学会のホームページよりお借りしました。各検査をクリックしても資料は開きません、ご了承ください。)

診断基準には以下の7項目があり、そのうちの3項目以上あてはまる場合に「口腔機能低下症」と診断されます。 

①口腔衛生状態不良   高齢者の口腔内で微生物が異常に増殖した状態で、誤嚥性肺炎や口腔内感染症などを引き起こす可能性がある状態を指します。舌苔の付着度をスコア化して診断を行います。

②口腔乾燥 口腔内の異常な乾燥状態あるいは乾燥感を伴った自覚症状を示す状態です。口腔粘膜湿潤度の計測や、唾液分泌量の計測で評価を行います。

③咬合力低下 天然歯あるいは義歯装着時の咬合力の低下した状態を指します。咬合圧測定や残存歯数で判定を行いますが、結果は咬合圧測定を優先します。

④舌口唇運動機能低下 全身疾患や加齢変化によって、脳・神経の機能低下や口腔周囲筋の機能低下が生じた結果、舌や口唇の運動機能が低下した状態です。オーラルディアドコキネシス(単音節の発音速度)の計測で検査を行います。

⑤低舌圧 舌を動かす筋肉の機能低下によって舌の押す力が弱くなり、咀嚼、嚥下、発音時などに支障が生じ、将来的に必要栄養量を摂取できなくなる可能性がある状態です。舌圧測定器による最大舌圧の計測で検査を行います。

⑥咀嚼機能低下 噛めない食品が増加し、食欲低下や摂取食品の多様性が低下した状態で、結果的に低栄養や代謝量低下を引き起こすことが危惧される状態です。検査用のグミゼリーを咀嚼してもらい、その粉砕度を計測して検査を行います。

⑦嚥下機能低下 加齢による摂食嚥下機能の低下が 始まり,明らかな摂食嚥下障害を呈する前段階での機能不全を有する状態です。EAT-10 などの嚥下スクリーニング検査で評価を行います。

診断がついた後には、口腔機能のさらなる悪化を予防し、口腔機能を維持、回復することを目的として、管理計画を立案します。 その計画に基づき、必要な訓練指導や生活指導、栄養指導などを実施していくことになります。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年8月22日

こんにちは、豊原です。
夏真っ盛り、毎日暑い日が続きますね。
この夏はこまめな水分補給を自分なりに気をつけています。
水分といっても、水なのですが、一回につき100ccほどを思いついたらすぐ飲むようにしています。というのも、コーヒーの飲み過ぎで、軽い振戦が見られてからの反省です。皆様もカフェインの過剰摂取、気をつけてください。

さて、今回は肝疾患と歯科との関わりについて書きます。
肝臓は右の肋骨に守られるようにして存在するヒトの体で最も大きい臓器で、
体重の約50分の1を占めています。
肝臓の主な働きは3つあります。
1つ目は、私たちの体に必要な蛋白の合成・栄養の貯蔵、2つ目は、有害物質の解毒・分解、それと3つ目が、食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌です。
私たちが食べたものは胃や腸で吸収されやすい形に変えられた後、肝臓へ送られます。
肝臓でいろいろな成分に加工されると、動脈を通って必要な場所に配られていきます。
例えば、食事などからとった糖質は、グリコーゲンとして肝臓に蓄えられ、夜間にエネルギー源として血中に放出されます。利用されて不要になった老廃物は、今度は静脈を通って肝臓へ戻され胆汁へ排泄されます。その老廃物の一部は再び吸収されて肝臓で再利用されます。このように肝臓は栄養素の生産、リサイクルの中心となっています。
肝臓の病気は急性のものと慢性のものがあります。
特に注意が必要なのが、慢性の肝疾患です。
日本にはB型肝炎ウイルス感染者が約150万人、C型肝炎ウイルス感染者が約200万人います。B型やC型の肝炎ウイルスは血液を介して肝臓に感染します。
B型肝炎ウイルスは出産時に母から子へも感染しますが、現在では輸血血液のチェックやワクチンなどのお蔭で、感染を防げるようになりました。
またC型肝炎ウイルスについても、輸血血液のチェックがなされているので感染するリスクは極めて少なくなりました。
日本人に多いC型肝炎の場合は、感染したC型肝炎ウイルスを除去しようとして、リンパ球などの免疫細胞がウイルスと共に肝臓の細胞自体も攻撃を受け細胞が破壊され、その結果炎症が起こります。
肝臓での軽い炎症が半年以上続いている状態を、慢性肝炎といいます。炎症で傷ついた肝細胞の修復が追いつかなくなりますと、肝硬変・肝がんに病態が進行するケースも見られます。
また、お酒の飲みすぎや食べ過ぎは、肝臓内に中性脂肪がたまる脂肪肝の原因になります。お酒に含まれるアルコールは、肝臓で無毒化されますが、お酒を大量に飲めば、それだけ肝臓に大きな負担がかかります。
また、アルコールは水に溶け、脂肪を溶かし、蛋白を変性させる働きがあるので体の細胞を直接害します。
さらに肝臓ではアルコールが代謝されてできる毒性の強いアセトアルデヒドによって障害が強まり、肝臓の線維化(せんいか)が引き起こされます。
また、最近は食べ過ぎや運動不足による肥満が増えていますが、肥満者の約80%に脂肪肝がみられます。
また肥満や糖尿病の人に起こる炎症や線維化を伴って肝硬変へ進行する脂肪肝(非アルコール性脂肪肝炎:NASH)も知られてきました。
生活習慣を見直さずして肝臓の機能が改善することはありませんので、とにかく生活改善を実践することが大切です。
歯科受診に当たっては、肝機能が低下している場合は、処方薬の調整が必要だったり、止血困難を来たす事があるため、処置前に必ず主治医に自己申告してください。


20190822toyohara2.png


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年8月 8日

季節は もう「夏」

完璧に「真夏!!」って感じです

朝 起きたら、もう既に蝉の 鳴き声が・・・・

うるさいです・・・っていうか、余計に暑苦しく感じます。

すいません、挨拶が遅れました

こんにちは、現在 絶賛「夏バテ中」、歯科医師の久貝です。

年々気温が上昇してきているような気がしているんですが、気のせい?

「お天気ニュース」を見れば、連日「猛暑っ!熱中症に注意!!」みたいなニュースが報道されていますが、

皆さんは、体調はどうですか?

夏バテにはなっていませんか?

さて・・・これだけ暑かったら、何かしら涼しくなる事をしたくなりませんか?

最近は増えましたよ・・・・「冷やし素麺」、「冷やし中華」、「アイス」、「スイカ」的な冷たい食べ物が・・・

お腹の調子が悪くなりそうで怖いです

この前は、あまりの暑さに 子供達を連れて川遊びに行ってきました。

が・・・・やっぱり みんな考えることは同じですね。

かなり大勢の家族連れがいました。

まぁ、夏休みも真っ最中ですし、子供達も一日中家にいるのも
そろそろ飽きてきた頃でしょうし、

沢山のご家族さんが、レジャーを満喫していましたよ

三田の山奥に「野外活動センター」という施設があります。

小さい子供から大人まで、みんなが自然を感じて過ごせる場所になっています

子供が まだ小さいため、深めの川ではなく、足が浸かる程度の浅い川で遊びましたが、

それでも子供たちは大はしゃぎです。

20190808kugai3.png

この夏の暑さを吹き飛ばすにはちょうど良い

でもね・・・やっぱり・・・必要ですね・・・

下準備が・・・いや、準備運動が・・・

凄っっっっく・・・痛いんじゃ・・・・足が・・・・

川の中は砂利ばかりなので、裸足で入るとメチャクチャ痛いです

健康サンダルの50倍くらいは痛いです

なので足の裏をかばうように動いていたので、変な動きでもしていたか

足首がメチャクチャ痛いです

チョット前までは こんな事はなかったハズなのに・・・

えっ・・・歳ですか?

・・・・えぇ、歳ですね。

何事も、行う前には必ず準備体操が必要ですね
そうそう準備体操といえば、この頃 訪問歯科診療で施設へ行くときに

「見たり」、「聞いたり」する運動なんですが、聞いた事ありますか?

「パタカラ運動」

知ってます?


20190808kugai4.png20190808kugai.png

・「パ」は、口をしっかり閉じて空気をためた後、一気に吐き出すように発音

 この空気をためることで口回りの筋肉を鍛える事が出来ます。

 この筋肉が強くなると、口をしっかり閉じる事が出来ますので、

 食べ物がこぼれにくくなります

・「タ」は、上顎と舌の前の方をピッタリとくっつけて発音しますね

 これは食べ物を飲み込む機能、嚥下の機能維持に効果があります

 よく自分の口腔の動きを観察すると、

 飲み込む時にこのような動きをしているのがわかります。

・「カ」は、食べ物を飲み込んだ後、食道に「食べ物」を送り込む練習になります

 この力が衰えると、食べ物が気管に入ってしまい易くなり、
 
 誤嚥性肺炎や窒息の原因になります。

・「ラ」は下の筋肉を鍛え、食べ物を口の中で
上手くコントロールすることが出来ます

これらの4文字だけを発音することだけでも効果はありますが、

さらに「表情筋」や「呼吸筋」を鍛える目的でパタカラ以外に

「早口言葉」や、「歌」、「あいうえお体操」「あいうべ体操」などを取り入れている施設もあります。

これらの運動、体操の目的は、「顔」、「首」、「肺周り」の筋肉を使うことにあります。

それにより、人が生きる上で「当たり前」、でも凄く大切な

「食べる」、「話す」、「呼吸をする」という所作を行うための筋肉を鍛えることが出来ます

些細な事かもしれませんが、
その小さな事の繰り返し、積み重ねが

大切な事に繋がっていきます。

日々の生活の「準備運動」を大切にして生きたいですね。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年8月 1日

こんにちは、歯科医師の池田です。

今回は夏に多いウイルス感染「手足口病」を紹介しようと思います。
小さなお子さんのいらっしゃる方は、聞いたことがあるかも知れません。

夏を中心として発生し、7月下旬に流行のピークを迎えます。
どのような病気かというと、その名の通り口の中や、
手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。
子どもを中心に流行します。
感染症発生動向調査によると、
例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。
しかし、大人が感染しないというわけではありません。
乳幼児から大人に感染する場合が多いです。

症状は感染してから3~5日後に、
口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。
発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、
高熱が続くことは通常はありません。
ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。
しかし、まれですが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、
心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、
さまざまな症状が出ることがあります。
口の中にできた水疱がつぶれた後にできる口内炎(口の中にできた潰瘍)がひどく、
食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすこともあります。
また、手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもありますので、
注意が必要です。
なお、近年、手足口病の症状が消失してから、
1か月以内に、一時的に手足の爪の脱落を伴う症例も報告されていますが、
自然に治るとされています。

手足口病にかかったこどもの経過を注意深く観察し、
合併症に注意をする必要があります。

20190801池田DR1.jpeg

感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。
特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。
なぜなら、子ども達同士の生活距離が近く、
濃厚な接触が生じやすい環境であることや、衛生観念がまだ発達していないことから、
施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、集団感染が起こりやすいためです。
また、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。

手足口病には有効なワクチンはなく、
また手足口病の発病を予防できる薬もありません。
治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。
また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している場合があります。
これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはならず、
現実的でもありません。
衛生観念がまだ発達していない乳幼児の集団生活施設では、
施設内での感染の広がりを防ぐことは難しいです。
しかし、手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどであるという意味で、感染してはいけない特別な病気ではありません。
これまでほとんどの人が子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。

感染をしないようにするためには、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。
特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、
感染を拡げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。
特におむつを交換する時には、
排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。
手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。また、タオルの共用はしてはいけません。

手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、
また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切になります。


治療方法ですが、手足口病に特効薬はなく、特別な治療方法はありません。
また、基本的には軽い症状の病気ですから、
経過観察を含め、症状に応じた治療となります。
しかし、まれに髄膜炎や脳炎など中枢神経系の合併症などが起こる場合がありますから、経過観察をしっかりと行い、高熱が出る、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこがでない、ぐったりとしているなどの症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診してください。


もし手足口病により飲食に痛みがあり難しくなった場合は、
鎮痛薬で痛みを和らげたり、粘膜保護剤の軟膏などが処方されることがあります。
のどに痛みがでることもあるので、オレンジジュースなどのような刺激のあるものは避け、のどごしの良い少し冷たい飲みものがおすすめです。
例えば、麦茶や牛乳、冷めたスープなどです。
食べものは、刺激が少なく噛まずに飲み込めるものにしましょう。
ゼリーやプリン、冷めたおじや、豆腐などが良いです。


まずは感染しないように、感染症対策をしっかり行って夏を楽しく過ごしてください。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2019年7月 | メイン | 2019年9月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ