«  2019年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年11月28日

こんにちは。歯科医師の村重です。
ここ数日は真冬並みの寒さに見舞われ、
急いで冬用のコートを引っ張りだしてきたりと
季節の移り変わりの早さを実感しています。

そんな中先日、遅めの紅葉を見に行ってきました。
連休のせいもあってかなりの人でしたが、
天気にも恵まれて良い気分転換になりました。
20191128murasige.jpeg

前回のブログでは
皆さんが普段聞きなれない「摂食・嚥下」という概念について
紹介させていただきました。
今回はその続きとして、
原因やそれにより引き起こされる誤嚥といった内容を掘り下げていこうと思います。

さて、摂食・嚥下に障害が起こることで
安全に口から食事を行うことが困難になり、
前回紹介したような症状がサインとしてあらわれてきますが、
それらはどういった要因で起こるのでしょうか。
食べ物が口腔内から咽頭、食道、胃へと運ばれるまでには
多くの器官が関わっていますが、
摂食・嚥下障害は
これらの器官が何らかの理由で上手く働かないことが原因で起こります。
それらを大きく分けると以下の2つに分類できます。

●器質的原因
嚥下に関わる口腔内から胃までの気管に食べ物の通過を妨げる構造上の問題があり、
うまく嚥下ができなくなるケースです。
中でも多いのは、口内炎や喉頭がんによる腫瘍、炎症などです。
唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)などの先天的な奇形が原因となることもあります。

●機能的原因
器官の構造そのものには問題がなく、
それらを動かす筋肉や神経に問題があって嚥下機能が衰えるケースです。
運動麻痺や認知機能障害を引き起こす「脳血管疾患(=脳卒中)」、
または「パーキンソン病」に代表される神経と筋肉の伝達異常が生じる
「神経筋疾患」が原因の可能性があります。


以上の2つに加えて高齢者においては、
加齢に伴い、摂食・嚥下面の様々な機能低下を生じてきます。
例えば、歯の数が減少すると食塊形成には不利となります。
嚥下反射(飲み込みの反射)はゆっくり始まるようになります。
咳の反射が低下して、あまりむせなくなります。
小さな脳梗塞は加齢とともに増加し、嚥下機能に影響を及ぼします。
また、薬剤の影響としては、
抗コリン薬や抗ヒスタミン薬の服用により、唾液分泌は抑制されます。
抗てんかん薬や抗精神薬は嚥下反射を抑制します。

このように様々な原因によって摂食・嚥下に障害があらわれた際に、
一番の問題となるのは「誤嚥」です。
誤嚥とは食道に送り込まれるべき食塊や水分が
何らかの原因で声門を越えて気管や肺に入ってしまった状態を意味します。
誤嚥をした場合、通常は激しくむせて誤嚥物を喀出しようとする防御機構が働きます。
これを顕性誤嚥といいます。
しかし、気管の感覚低下などにより、
誤嚥してもむせや咳嗽などの反応がない場合もあります。
これを、不顕性誤嚥といいます。
不顕性誤嚥では外見上、誤嚥しているか否かが判断できないため、
誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。
現在、誤嚥性肺炎は大変問題になっており、
最新の統計では日本人の死因第7位となっています(2017年の統計より肺炎から独立)。

20191128murasige2.png

では、次回は摂食・嚥下障害に対する診査、診断方法について
お伝えしようと思います。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年11月21日

こんにちは。歯科医師の今泉です。
急に気温も下がり、秋から冬への移り変わりを感じ始めてきましたね。
インフルエンザや風邪が流行る季節なので予防接種や体調管理に気をつけてください。
最近私は風邪を引いてしまい、薬局に行ったのですが、
その時にふと気になり歯ブラシコーナーにも寄りました。
すると、ビックリするぐらい歯ブラシ・歯磨き粉・洗口液・フロスなど歯科材料が豊富にあることを知りました。
歯ブラシを1つ1つ見ていくと20種類以上あり違いがいまいち分かりません。
きちんと磨きたいと思っても、大きさや値段毛の硬さなどいろいろあってどうしたらいいのと感じる人も多いと思います。
そこで今回は歯ブラシの種類について説明します。


歯ブラシを選び基準は使い心地は重要ですが、自分の歯並び歯の状態や口の大きさや歯茎の状態などによって変わってきます。
20191121imaizumi1.jpg


基本的に歯ブラシの種類は
1️毛の硬さ
2️ブラシヘッドの大きさ
3️ブラシの毛の材質
の3つによって分かれます。


1️まず毛の硬さから解説します。
歯と歯茎に当たるブラシ部分の種類と力の加減が出来る人出来ない人によって変わります。
かため・ふつう歯ブラシ
一般の人向けに作られている歯ブラシのかたさは「ふつう」です。歯ブラシのかたさの種類は「ふつう」を中心に「かため」「やわらかめ」の3種類に分かれているのが一般的です。かための歯ブラシは歯や歯茎傷める可能性があります。
歯が歯ブラシによって削れてしまい歯がしみやすくなる、歯茎が傷つき歯茎が下がるなど問題が多く起こっています。
そのためかための歯ブラシはおすすめしません。
歯茎や歯に問題がないときはふつうの硬さがいいと思います。

柔らかめ歯ブラシ
柔らかめ歯ブラシが向いている人は、歯肉炎や歯周病を持っている人です。
このような人は「ふつう」のかたさに歯ブラシを使っても歯磨き時に痛いことがあります。
すでに歯肉炎や歯周病を発症している人は症状を悪化させないように歯磨きをよく行うことが必要なので、柔らかめのブラシでやさしく丁寧に磨くようにします。
また、このような人は歯周ポケットなども深いので、柔らかいだけでなく細めの毛のブラシを選ぶことをおすすめします。


2️ブラシヘッドの大きさについて解説します。
次に大事なのがブラシヘッドです。これは口の中の大きさによってかなり個人差があります。一般的には細かく磨けて磨き残しが少ない小さめのブラシがよいとされています。


大きめサイズが向いている人
一般にちょうどよいサイズとは、奥歯と同じ幅で歯2本分の長さといわれています。
口の大きさによって個人差がありますので、この目安を頭に入れて、自分に合うサイズを選びましょう。
人によっては大きめがちょうどいいこともあります。
大きめヘッドは口のサイズに合っていないと磨き残しができやすいので、サイズ選びで悩んだら歯科医師や歯科衛生士に相談してみるとよいでしょう。


小さめサイズが向いている人
「コンパクトヘッド」などという呼び名で、ブラシ部分の大きさが小さいものが出ています。一般の人向けの歯ブラシとしては、この小さめヘッドが向いています。
大きなサイズでも前歯や左右両側は磨きやすいですが、奥歯が磨きにくくなるからです。
全体を一本のブラシで磨かなくてはならないので、ブラシヘッドは小さめを選んだ方がよいです。歯周病などがあって歯茎がデリケートになっており丁寧に磨く必要がある人にも、小さめヘッドがおすすめです。


3️ブラシの毛の材質について解説します
ナイロン製の特徴
歯ブラシに一般的に使われている素材です。
適度なかたさがあるので、しっかり歯を磨くことができます。
かたさもかためから柔らかめまで、さまざまなかたさを作ることができるので、いろいろな人に合わせることができます。乾きやすく清潔さを保てるのもメリットです。


飽和ポリエステル製の特徴
ナイロン製の歯ブラシの交換時期は約1ヶ月で、毛先が広がったら取り替え時とされています。飽和ポリエステル製の歯ブラシの特徴は長持ちです。
ナイロン素材の製品と比べると寿命が長いと言われてます。
ブラシのコシもしっかりしていて磨きやすく、歯垢を落としてくれます。
水分の切れもよいので乾きやすく清潔な状態を維持します。
>
20191121imaizumi2.jpg

歯ブラシや歯磨き粉について分からないことなどありましたら、気軽にお聞きください。


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年11月14日

こんにちは
歯科医師の法貴です。今年も残すところ後2カ月を切り、段々と寒くなってきていますが、皆さん体調には気をつけて2019年をお過ごし下さい。

さて今回は悪性リンパ腫についてのお話です。
悪性リンパ腫は、主としてリンパ球、時に単球や組織球が腫瘍化した疾患であり、病理組織学的におよび生物学的特性からHodgkinリンパ腫と非Hodgkinリンパ腫(NHL)に、また原発部位により節性リンパ腫と節外性リンパ腫に分けられます。
 Hodgkinリンパ腫は、組織学的にHodgkin細胞あるいはReed-Sternberg細胞と呼ばれる特異な細胞が出現するリンパ細網系悪性腫瘍です。
20191114houki1.jpeg
一方、非Hodgkinリンパ腫は、腫瘍細胞の形態学的特徴や増殖パターンにより数種類に分類されていたが、その後さらに免疫学的特性に基づいて、Tリンパ球、Bリンパ球、NK細胞由来のものを、それぞれT細胞リンパ腫、B細胞リンパ腫、NK細胞リンパ腫と区別するようになりました。20191114houki2.jpeg20191114houki3.jpeg20191114houki4.jpeg 悪性リンパ腫の病理組織学的分類にHodgkinリンパ腫と非Hodgkinリンパ腫とに分類されます。 Hodgkinリンパ腫は、多核のReed-Sternberg巨細胞、あるいはそれと同様な形状の単核を有するHodgkin細胞が出現します。比較的均一な臨床病理学的特徴をもったリンパ腫です。
 非Hodgkinリンパ腫は種々の起源、病原性、臨床像をもった多彩なリンパ系組織病変であるため、その病理組織学的分類は免疫学、分子生物学の進歩に伴い大きく変化してきました。20191114houki5.jpeg
 
悪性リンパ腫の病期分類は、病歴、臨床所見、臨床検査、画像診断などを総合して決定されます。組織分類とともに予後を大きく左右する大きな因子であり、治療法の選択に重要です。
頭頸部領域の悪性リンパ腫瘍は、頸部のリンパ節に初発するHodgkinリンパ腫を除くほとんどが非Hodgkinリンパ腫で、Waldyer輪や頸部リンパ節初発のもが多く、そのほかには鼻腔、副鼻腔、口腔、眼窩、甲状腺などに節外性に初発します。
 顎口腔領域では節外性リンパ腫の占める割合が高く、歯肉、上顎洞、顎骨に多く見られます。その臨床症状は多彩で、腫脹あるいは腫瘤、潰瘍を形成したり、疼痛、歯の動揺、鼻閉などを伴いますが、悪性リンパ腫に特徴的な所見ではないため、生検による組織診断は不可欠です。

 悪性リンパ腫の治療法は口腔外科単独で行うことは少なく、血液内科や放射線科での治療が主体です。
 Hodgkinリンパ腫においては、限局性のⅠA、ⅡA期は通常放射線治療単独(40~50Gy/4~6週)あるいはABVD療法2~4コース+限局区域照射30~40Gyで70~80%の10年生存率が得られています。Ⅰ、Ⅱ期でも腫瘤の大きいもの(直径6cm以上)、あるいは全身症状を伴うⅠBの場合には、化学療法が併用されます。
 ⅡB、Ⅲ、Ⅳ期は進行期となり、国際予後スコアに基づいて、スコアが0~3ではABVD療法6~8コース、スコア4~7では強化BEACOPP療法8コースが行われます。

非Hodgkinリンパ腫は、初発リンパ節病変より連続性にリンパ節領域へ進展するHodgkinリンパ腫に対して、非連続的進行傾向が強い。リンパ腫の治療法は正確な病理診断と疾患単位ごとの治療方法を考える必要があります。

 何よりも早期発見が大事ですので何か気になることがあれば何でも気軽に相談ください


タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

2019年11月 7日

こんにちは。歯科医師の岩本です。
最近ではかなり知られるようになった歯科訪問診療ですが、初めての場合「何を準備しておけば良いのだろう?」と悩まれる方がたまにいらっしゃるので、
今回は、訪問診療の実際の流れについて書きたいと思います。
20191107iwamoto1.jpg

まず、電話やFAXにて訪問診療の依頼を行っていただきます。
患者様ご自身、またはご家族、ケアマネージャー様などの介護に携わる方、どなたでも構いません。
当医院は連絡先をお伺いしておき、担当者が折り返しお電話を差し上げます。

お電話にて主訴、訪問先のご住所、訪問可能な曜日(基本的には決まった曜日に週1回訪問します)と時間帯、などを伺った上で、初回訪問日時を決定します。
当医院では一日に複数のチームが訪問診療を行っており、割と遠方まで訪問しておりますので、なるべく多くの方の診療を行えるように考えてルートの計画を立てています。
ですので、 「〇日の△時ちょうどに来て」というようなピンポイントのご希望には沿えない可能性が高いですが、
いくつかの曜日と時間帯を挙げてくださればその中からご提案させていただきます。

訪問は乗用車でお伺いしますので、駐車できるスペース(ご自宅のガレージとか、近隣のコインパーキングなど)を事前に教えていただけると助かります。
診療のお部屋はどこでも構いません。
患者様が楽な姿勢をとれる場所であれば、ベッドに寝たままでもとりあえずは大丈夫です。
また、治療内容によっては、治療用機械を使うためのコンセントや、使用した水を捨てるために洗面所や台所などの水場をお借りすることがございます。

訪問当日は、診療のシステムやに診療費の支払い方法などの説明を行ったのちに、契約書にサインをしていただきます。
外来診療とは少し異なるシステムのため、わかりにくい点もあるかと思いますので、遠慮なくお尋ねください。
患者様の自筆署名が難しければご家族の代筆でも構いません。

訪問診療にあたって、あらかじめご準備いただきたいものを以下に挙げます。
・保険証類(医療保険、介護保険など有効期限内のもの)
・公費負担受給者証(お持ちの方)
・お薬手帳

治療を始める前には、まず患者様のご希望をお伺いします。
「歯磨きがしづらいので口腔ケアをしてほしい」「義歯が外れて合わない」「歯が痛い」など、
一番気になっていることをお聞きしてから、どのように治療していくかご相談させていただきます。

例えば、嚥下機能が落ちていて、虫歯を削る際に流れる水でひどくむせてしまうような場合は、機械を使わず手用器具のみで治療を行ったり、
長時間口を開けていられないような体調の方でしたら何回かに分けて治療するなどの工夫を行います。
そういった面で、一般の外来診療とは異なった進め方になることも多いです。

聴覚などの障害のある方や、認知症の方の場合でも、その方に応じた方法でなるべくご本人からお話を伺うように心がけていますが、
遠慮がちな方は病状を軽めに仰ることもありますので、初回の診療時は、可能な範囲でご家族やケアマネージャー様のご同席をお願いしています。

治療が終わりましたら、治療内容の記録用紙(診療情報提供書)と、次回予定がある場合はその日時を記載したものを一緒にお渡しいたします。
診療費は一か月分をまとめて翌月に請求(口座引き落とし)させていただきますので、毎回ご準備いただく必要はありません。

大まかには以上のような流れとなります。



タニダ歯科医院のホームページはこちら:
西宮市・宝塚・三田・神戸市北区の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

« 2019年10月 | メイン | 2019年12月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ