«  2020年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 「消毒」と「殺菌」、「滅菌」 | メイン | 食事時の姿勢について »

2020年3月19日

こんにちは、歯科医師の豊原です。

この春、御卒業の皆様、御卒業おめでとうございます!
東京オリンピックに向けて盛り上がっていくはずの2020年が、
まさかの新型感染症の流行で、世界中が色んな意味で心配な今日この頃ですが、
皆様は体調管理はいかがでしょうか?ここ兵庫県でも感染者の報告が相次ぎ、
近場では宝塚第一病院や三田市でも感染患者の報告がされており、
いよいよかと緊張の毎日ですね。

そこで今回はウイルスについて書きたいと思います。
ウイルスといえば、今まではインフルエンザウイルスや
ノロウイルスが良く知られていましたが、
ウイルスは細菌とは違うというのはご存知ですか?
多くの方々が、発熱やお腹・嘔吐風邪の時に抗生物質が必須とお考えですが、
必ずしもそうではないのは、これらの症状が細菌ではなく、ウイルスに起因するならば、抗生物質は全く効果を発揮しないからです。日本は国民皆保険制度の為か、
国民性としてお薬が大好きな民族な為、すぐに薬を飲もうとしますが、
基本的にウイルスが原因の病気では体の免疫力が重要なのです。
ウイルスに対抗する手段としましてはワクチン接種が挙げられますが、
今回のような新種のウイルスではまだワクチンが仕上がっておらず、
やはり自分の体の免疫力しか頼りになりません。個々のウイルスに対しては、
例えばC型肝炎だったり、ヘルペスだったり、インフルエンザだったり、
エイズだったりとそれぞれに治療薬は開発されています。
しかし、そういうウイルス治療薬は抗生物質と違いほんのわずかしかありません。
そのため、まずはウイルスに感染しないための手洗いうがいの励行が重要だし、
もし感染してしまっても、そのウイルスと自分の体の免疫細胞達が
戦って勝てるだけのパワーを蓄えておくことが大切です。
日頃のからの体作りの心掛けが大切なのです。

そもそもウイルスは細菌の50分の1程度の大きさで、
とても小さく自分で細胞を持ちません。ウイルスには細胞がないので、
他の細胞に入り込んで生きていきます。たとえば、ヒトの体にウイルスが侵入すると、
ヒトの細胞がもっているDNAやRNAの増殖機構を借りて、
自分のDNA(またはRNA)を増殖させ、自分のコピーを作らせて、
細胞が破裂することでたくさんのウイルスが飛び出し、
さらにほかの細胞に入りこみます。
このようにして、ウイルスはどんどん増殖していきます。
すなわち、ウイルスは、他の生物の細胞の中に侵入して
「寄生」しないと増えることができないのです。
こんな厄介なウイルスの新型の流行り病ですが、人類は感染症と常に戦ってきました。
必ずコロナウイルスに打ち勝つ新薬が開発されるでしょうし、
ワクチンも開発されるはずです!
20200319 toyohara 1.jpeg
それまでは、我々一人一人が自分の範囲内でできることをしっかり行っていきましょう!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tanidashika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4473

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タニダ歯科医院

医療法人社団
タニダ歯科医院

当院の勤務医が書いているブログです。笑顔になれる内容がいっぱいで、当院をもっと身近に感じることができます

院長ブログ

新スタッフブログ