再生療法(エムドゲイン)~12年後の経過~

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

再生療法(エムドゲイン)~12年後の経過~

12年前にした顎の骨の再生療法(エムドゲイン)の方のレントゲン写真の比較です。

 

当時どこへ行っても「抜歯しかない」と診断され、当院を受診された患者さんです。
もちろんかなり厳しい状態の歯であったので、成功率は50%以下と説明したのを覚えています。
幸いにも骨が再生し(人工骨も入れていますが)現在に至っています。

そのおかげで、他の歯を削ってブリッジにすることもなく、入れ歯やインプラントの選択も避けれました。
もちろん患者さんも、定期検診には必ず来ていただいていたので、これも13年持った一因だと思います。

 

治療というのは、どちらかの一方通行ではなくて、双方の協力があって、初めて効果の出るものであることを改めて実感しました。

 

歯が植わってる骨がありません。
手で押すと今にも倒れそうです。

 

オペ直後の写真です。
人工骨も入れています。

 

完全に骨になっています。

 

 

関連する記事

  • 味覚2022年7月29日 味覚 歯科医師の川村です。 人間には、五感というものがあります。 五感とは、動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機 […]
  • 口角炎と口唇ヘルペス2022年8月18日 口角炎と口唇ヘルペス こんにちは、歯科医師の池田です。   今回は疲れやストレスなどで起きやすい口唇の病気を紹介しようと思います […]
  • 骨粗鬆症 その①2020年10月29日 骨粗鬆症 その① こんにちは、豊原です。朝晩はかなり冷え込むようになり体調を崩しやすい今日この頃ですが、 柿や栗、お鍋料理などが美味しく感じ […]