全身疾患や投与薬剤と歯科治療と関連

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

全身疾患や投与薬剤と歯科治療と関連

こんにちは、歯科医師の久貝です。
季節は「秋」、だんだんと朝晩の寒さが身に染みる季節になってきましたね。
皆さん体調はいかがですか?風邪を引いてはいませんか?
ウガイ、手洗いを行うように、日頃から十分に気を付けてくださいね。

さてさて、最近 医院にて診療をしていたり、

訪問診療にて患者さんを診ていて痛感することが1つあるのですが、
やっぱり「問診」は大切だなぁ・・・という事です。

どの歯科医院にも問診票が置いてあります。
初めて歯科を受診すると「問診票を書いて下さい」と言われます。
①「今までにどのような病気に罹ったことがありますか」
②「現在飲んでいる薬はありますか」

といった内容の質問が記載されています。

その問診票の質問に正確に答えることが大切なのです。
「歯が悪いのだから歯の病気について答えればいいだろう。」
「内科的な病気は歯科治療と関係ないだろう。」
と思われるかもしれませんが、

実は全身疾患や投与薬剤の中には歯科治療と関連のあるものが意外に多いのです。

たとえば、ある種の病気では血栓を予防するために抗凝固薬が処方される場合があります。

抗凝固薬は血液が固まらないようにする薬ですから、

歯科治療で歯を抜いたあと血が止まらなくなってしまう可能性があります。

抗凝固薬を飲んでいる患者さんには歯科医師が内科の先生と相談して、

抗凝固薬をそのまま続けるか、あるいは減量するか、

あるいは一時的に中止するかを決定します。

また、アスピリン喘息という病気がありますが、

アスピリン喘息の患者さんは抜歯後などに処方される痛み止めの薬で喘息発作が起こることがあります。

むしろ歯科医院でふつうに処方される鎮痛薬の多くはアスピリン喘息を起こしやすいのです。

もし歯科医師がアスピリン喘息であること知らないと、いつもの鎮痛薬を渡してしまう可能があります。

高血圧症で血圧を下げる薬を飲んでいる患者さんは、

その降圧薬の作用によって血圧が安定しているわけですから、

もしも降圧薬を飲まずに歯科治療を受けると、血圧がひどく上がってしまって、

めまい、吐き気、頭痛といった症状が出てしまうことがあります。

ですから、歯科治療を受ける日の朝も、いつものように降圧薬を服用して下さい。

長年、高血圧の薬を飲んでいる方の中には、「もう飲まなくてもいいだろう、どうもないから」

と自分で判断して降圧薬を中止してしまう方がいます。

そうすると知らないうちに血圧が上がっていて、

歯科医院で血圧を測ったら200を超えていたということになりかねません。
これでは歯科治療どころではありません。

内科の先生の指示をよく守って、血圧が安定した状態で歯科治療を受けてください。

なので、繰り返し言いますが「必ず問診票には処方されている薬の名前を書いて欲しい」のです。

薬の名前が分かれば歯科治療と関連があるかどうかを歯科医師が判断します。

ときとして歯科治療中に気分が悪くなることがあります。

内科的な病気がある患者さんばかりではなく、日頃から元気な患者さんでも、

歯科治療中に気分が悪くなることがあります。
たいていの場合は、歯科治療に対する「不安感」、「恐怖心」、「歯科治療中の痛み」などが原因です。

もしも歯科治療中に気分が悪くなったら、早めに歯科医師に知らせて下さい。

遠慮して我慢していると、もっと気分が悪くなってしまうことがあります。

早めに対処すれば治りますから、決して我慢しないで、歯科医師に「気分が悪い」とおっしゃって下さい。

関連する記事

  • 睡眠呼吸障害について2020年11月12日 睡眠呼吸障害について こんにちは。歯科医師の法貴拓也です。 日が暮れるのも早くなり徐々に寒くなってきました。 インフルエンザと新型コロナウ […]
  • 根面う蝕について2020年11月5日 根面う蝕について こんにちは。歯科医師の岩本です。   私が訪問診療に出始めたのは もう15年以上前になりますが、 […]
  • 【医療保障】2020年10月15日 【医療保障】 こんにちは。訪問歯科医師の村山です。 前回、社会保障制度についてお伝えしましたがここから社会保険のうちの1つ、 医療 […]