「タバコと歯科の恐ろしい関係〜①」

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

「タバコと歯科の恐ろしい関係〜①」

こんにちは。歯科医師の村重です。

季節もそろそろ秋から冬へと移り変わり、肌寒くなってきました。

今年は新型コロナウイルスの影響であまり季節感を感じるタイミングもないですが、

インフルエンザも増えてくる時期ですので、より一層体調にはお気をつけください。

ところで、皆さんはタバコと歯科の関係についてご存知でしょうか。

タバコは害だ、タバコは身体に良くない、ということは、誰でも知っていますし、

喫煙者も含めて、誰もが認識していることと思います。

しかし、本当のことを理解する必要があります。

タバコの煙の中には、約4,000種類の化学物質が含まれ、

そのうちの約200種類が有害物質で、発がん物質が約70種類と言われていています。

さらに、タバコは、喫煙者だけの問題ではなく、

タバコから吸い込んだ主流煙を喫煙者が吐き出す呼出煙と副流煙からなる受動喫煙により

不特定多数の健康までにも悪影響を与える点、

さらに「タバコを消した後にも残っている煙による汚染、

残留タバコ成分による健康被害、三次喫煙による健康被害」までも留意する必要があります。

 

今までは、タバコは嗜好品で、喫煙は単なる習慣で、

本人の「意思」の間題であるとみなされていました。

しかし、現在では、タバコが止められないのは、

心理的依存とニコチン(依存性薬物)に対する身体的依存(ニコチン依存)より成り立つ

「ニコチン依存症(薬物依存症の一つ)」という精神疾患として認識されています。

医科では、このニコチン依存症に対して、

合同9学会による禁煙ガイドライン(200512月発表)に基づく禁煙治療が

2006年4月より一定の条件を満たした医療機関では保険診療可能となっています。

すなわち、タバコを吸うことは病気、

「ニコチン依存症とその関連疾患からなる喫煙病」という全身の病気で、

「喫煙者は積極的禁煙治療を必要とする患者」という考え方が基本になります。

タバコの煙が最初に通過するお口(口腔)は、

喫煙の悪影響が最初に貯留する器官になります。

すなわち、お口(口腔)に貯留、通過する煙による直接的影響と血液を介した間接的影響の双方が関わります。
タバコの煙の影響は、歯肉や口腔粘膜の上皮の厚さやその直下の粘膜下組織に分布する血管の分布度に依存します。

一般的に、歯肉は硬く角化し、口腔粘膜の上皮は、口腔底、舌の下、口唇、

歯槽粘膜(歯肉の下の部分)で薄く、硬口蓋(上顎内側)や舌背(舌の側面)で厚くなっています。

特に、口腔底粘膜は、物質透過性が高く、薬剤の迅速な吸収を期待して、

薬剤の舌下錠が使用されていることから、タバコの煙の影響を受けやすいことになります。
次回は、タバコが与える歯周組織(歯茎や歯を支える骨など)への影響について詳しく紹介したいと思います。

 

関連する記事

  • 在宅医療と介護2021年6月17日 在宅医療と介護 こんにちは。訪問歯科医師の村山です。 訪問歯科診療にあたっていると、これまでにおはなししてきた 「保険証」だけでなく […]
  • 親不知2021年5月20日 親不知 こんにちは、歯科医師の川村です。   今回は、親知らずに関してです。   先ずは、親知らずって何? […]
  • 虫歯にならない!キシリトールの働き①2021年5月13日 虫歯にならない!キシリトールの働き① こんにちは。歯科医師の村重です。 砂糖は摂りたくないけど甘い物が食べたい。そ ういった思いを満たすものとして代用甘味 […]