歯周病と位相差顕微鏡

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

歯周病と位相差顕微鏡

こんにちは。院長の谷田です。

 

今回は歯周病についてのお話をしたいと思います。

 

歯周病は感染症です。

 

口腔内には500~700種類の菌が存在しており、

互いが複雑に影響を及ぼしあっています。

 

これに様々なリスクファクターが作用して

歯周病が進行していきます。

 

リスクファクターの例を紹介しますと

 

・喫煙

・食習慣

・ストレス

・糖尿病

・歯石

・歯並び

・歯ぎしり

・口呼吸

 

等がございます。

 

当院では位相差顕微鏡も併用し、

口腔環境をしっかり把握した上で

歯周病治療を行っております。

 

 

早期の発見と治療が大切です。

現在、症状の自覚がない方も一度ご来院ください。

 

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/

関連する記事

  • 歯周病が招く全身の病気2021年1月8日 歯周病が招く全身の病気 あけましておめでとうございます。   昨年は社会的にも色々なことがおこり、 大変な一年でした […]
  • 見逃さない!2021年7月20日 見逃さない! こんにちは。院長の谷田です。   当院ではテレスコープ(精密拡大鏡)を 全ての歯科医師、歯科衛生士が装着して診療 […]
  • 骨粗鬆症関連の薬について2021年7月15日 骨粗鬆症関連の薬について こんにちは。歯科医師の法貴です。 今年は梅雨入りが早く毎日天気予報が傘マークで憂鬱な毎日でしたが、 もうすぐオリンピ […]