乳幼児期の反対咬合

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

乳幼児期の反対咬合

こんにちは、歯科医師の森岡です。
本日は保護者の皆様にも気づきやすい、
乳幼児期の反対咬合(受け口)についてお話させていただきます。

そもそも反対咬合(受け口)とは?どういう状態のことをいうのか。
本来正常の噛み合わせでは、下の前歯は上の前歯の後方に位置します。
反対咬合とはその前後関係が逆になっている状態で、
下の前歯が上の前歯より前に出てしまっている状態のことをいいます。

それでは何故反対咬合(受け口)になったのか?
歯並びの不正には必ず原因があります。
遺伝的要因ももちろんありますが、乳幼児期の不正咬合は
悪習癖や筋肉のバランスのくずれなどの後天的な要因が
大きく影響していると考えられています。
またその時点で原因となる要因(トリガー)を取り除くことで、
早期改善が見込まれます。
逆にその要因(トリガー)を放置しているとどうなるのか?
乳歯列期では下顎の位置は固定的ではなく成長によって
どんどん変化していきます。
乳幼児期の反対咬合(受け口)を放置しておくと前歯を使った
食育ができず顎の骨を正しく育成することができません。
その結果、6歳ごろに前歯が乳歯から永久歯に生え変わり始めても、
成長不足の顎に合わせた反対咬合(受け口)が定着してしまいます。
反対咬合(受け口)に関しては治療に介入する時期が非常に重要です。
保護者の方からお子様のお口をみて「なにかおかしいな」
と感じたら様子をみてはいけません。
反対咬合(受け口)が定着する前の早い段階で原因を除去し、
正しい成長過程に誘導してあげることが大切になってきます。

悪習癖や筋肉のバランスの崩れなど後天的な要因からの
反対咬合(受け口)のお子様にはいくつかの特徴があります。
・上唇の圧力が強い
・口周りの筋肉の緊張がない
・舌の位置が正しくない、下がっている
などです。
お口は歯や口唇、舌、口周りの筋肉といった様々の機能が合わさり、
正しく機能することでようやく正しく発育します。
この機能をきちんと改善しておかないと、せっかく並んだ歯並びも
後戻りの可能性が高くなったり、歯列不正につながる可能性が高くなります。

最近では口周りの筋肉の状態や舌の位置を正しい位置(低舌位から挙上)へと
誘導する小児用のマウスピースのような装置もあります。

大人になってからの矯正治療も可能ですが、骨の完成前に適切な治療を
行った方が治療期間も短く、患者様自身の負担も小さくすみますので、
気になることがありましたら、気軽にお声がけください。

関連する記事

  • 訪問歯科診療2021年9月16日 訪問歯科診療 こんにちは。訪問歯科医師の村山です。 訪問歯科診療を依頼する時、それはどんな時でしょうか。   居宅 […]
  • 口呼吸はキケンがいっぱい!2021年9月7日 口呼吸はキケンがいっぱい!   こんにちは。院長の谷田です。 暑い夏が終わるとやってくる食欲の秋。 ぶどう、マツタケ、栗、サンマ […]
  • 歯周病2021年9月2日 歯周病 こんにちは、歯科医師の池田です。 よくコマーシャルなどで 歯周病という言葉を聞くと思いますが、 実際どんな病気 […]