「安全に美味しく⑤〜摂食・嚥下障害に対する精密検査〜」

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

「安全に美味しく⑤〜摂食・嚥下障害に対する精密検査〜」

こんにちは、歯科医師の村重です。
ようやく街も色付きはじめて、
秋を感じられるようになりましたね。
最近は一年のうち過ごしやすい時期が短いので、
この季節を精一杯楽しみたいと思います。
さて前回は摂食・嚥下障害のスクリーニング検査
(簡易検査)についてご説明しましたが、
今回は精密検査にあたるVE(嚥下内視鏡検査)及び
VF(嚥下造影検査)をご紹介します。

①VE(嚥下内視鏡検査)
この検査は、鼻咽腔ファイバーという内視鏡をのど(咽頭)に
入れ、食物の飲み込み(嚥下)の様子を観察する検査で、
唾液や喀痰の貯留の有無、食物を飲み込んだ後の咽頭内への
食物の残留の有無や気管への流入(誤嚥:ごえん)などを
評価することができます。また、嚥下に影響を与える
ことのある声帯の動きも評価することができます。

実際の手順としては、鼻の穴(鼻腔)から細い内視鏡を入れ
、のど(咽頭)の様子を観察します。その後、内視鏡を入れたまま、
見やすいように食紅などで着色したとろみつきの水、
とろみのない水、ゼリー、または実際のお食事の一部などを
飲み込んでいただきます。

VF(嚥下造影検査)と異なり、造影剤を用いたりレントゲン室に
出向いたりする必要はありません。
実際のお食事を食べて飲み込む際ののど(咽頭)の様子を
じかに観察できるのがこの検査の大きな利点です。
その一方で実際に嚥下反射が起こる瞬間は、内視鏡の先に
粘膜が触れるため、画面が真っ白になり
見ることができないという欠点があります。

②VF(嚥下造影検査)
この検査は、X線を用いて食物の飲み込みの様子を観察するもので、
嚥下時の食塊の通過の状態、喉頭、咽頭への貯留の有無、
誤嚥(ごえん)の有無を確認することができます。
嚥下障害がどの部位の障害で起こっているのか、
誤嚥(気管への流入)の有無、またどのような食べ物であれば
安全に食べることができるか、どのような姿勢で食べれば
安全に食べることができるかを評価することができます。

実際の手順としては、X線による透視下で、造影剤を混ぜた、
コーヒー、とろみの付いたコーヒー、ゼリー、
または実際のお食事の一部を飲み込んでいただきます。

X線による被曝や、レントゲン室での検査のため、
実際に患者さんに出向いていただく必要があるのが欠点ですが、
VE(嚥下内視鏡検査)では見ることのできない、
嚥下反射の起きる瞬間についても評価できるという利点があります。

次回は、これらの検査の結果に基づく対応についてご紹介します。

関連する記事

  • お口がくさい!?強烈なニオイの原因とは?2022年5月6日 お口がくさい!?強烈なニオイの原因とは?   こんにちは。院長の谷田です。 爽やかな五月晴れが心地よい季節になりました。 気温も上昇し、日中は […]
  • 「安全に美味しく〜食形態について〜」2021年11月11日 「安全に美味しく〜食形態について〜」 こんにちは。歯科医師の村重です。 今年は10月に入っても暑い日が続くと思ったら急にグッと 気温が落ちたりと、寒暖差の激しい秋 […]
  • 知覚過敏症2021年8月19日 知覚過敏症 こんにちは、川村です。 暑い夏になり、冷たい物を飲んだり、アイスクリームなどを食べる機会が多くな ってきます。 […]