子どもの歯から大人の歯へ

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

子どもの歯から大人の歯へ

こんにちは、歯科医師の久貝です。

 

さて、皆さん寒いです

 

ひたすら寒いです

 

だって、もう12月になっていましましたから

 

早い!! 本当に時間が過ぎるのは早いです。

 

ついこの間に令和4年になったばかりだと思ったら、もう師走です

 

そう思って、この一年を振り返ってみて、一番に思うのが

 

「子供の成長」です。

 

この一年を通して、最も痛感させられたのが

子供の成長の速さでした

私事ですが、昨年末に子供が産まれ、

家族が増え、その新しい家族を中心の一年でしたが

 

本当に子供の成長は早いです。

色々な成長を見ました。

 

驚かされたのは、お兄ちゃん、お姉ちゃんの成長です。

 

いつまでも子供だと思っていたのに

 

上のお姉ちゃんは自分から

「朝ごはん」を作ってくれるようになりました。

 

もちろん難しい事は出来ませんが、

朝5時半に起きて、作ってくれます。

 

2番目のお姉ちゃんは、

お皿洗いを自分からやってくれるようになりました。

 

みんなが食べ終わって、キッチンへ下げた

食器をいつも洗ってくれています。

 

お姉ちゃん達が、それを黙々と

続けてくれている姿にびっくりです。

 

お兄ちゃん達はその間、

赤ちゃんの遊び相手をしてくれています。

 

赤ちゃんと遊んでくれて、泣いたら あやして くれて、

 

兄弟・姉妹が急激に成長し

 

家族みんなが1つになって進んだ一年だと思います。

 

その家族の愛情を受けて、下の子供もスクスクと育ち

 

もう一歳です

 

家の中をウロウロし、転んで、泣いて

 

笑って、色んな物を触って、ひっくり返して、

 

いたずらして、ニヤ~ってしています

 

本当に、無事に健康に大きく成長してくれました。

 

最初はミルクを30~40mlくらいしか

飲めなくて、大丈夫かなぁ・・・

 

って不安でしたが、

ドンドン飲む量が増え、大きくなってきたら

 

知らないうちに下の歯が生え、

 

離乳食が始まって、気が付いたら上の歯が生え

 

今では、バクバクご飯を食べてくれます。

 

できれば、好き嫌いなく

何でも食べてくれると嬉しいですね

ちなみに皆さんは子供の歯、

いわゆる「乳歯」って何本あるか知ってますか?

乳歯は生後6か月ごろから

下の前歯(乳中切歯)から生え始め、

3歳くらいまでには生揃い、全部で20本になります。

上の歯が10本、下の歯が10本です。
そして、乳歯が抜ける時期には多少の個人差があります。

 

一般的には6歳前後から12~13歳ころまでに

乳歯から永久歯へと生え変わります。

最初に下の前歯が抜けて永久歯へと生え変わり、

 

ほぼ同時期に「6歳臼歯(きゅうし)」と呼ばれる

奥歯の「大臼歯(だいきゅうし)」が生えるのが一般的です。

 

「大臼歯」は、乳歯がなく永久歯と

生え変わる時期に初めて生えてきます。

 

この歯に関しては、気づかないうちに

「しれ~~~」っと、生えていて

気づかないうちに虫歯になっていることが多いため、

 

なるべくお父さん、お母さんのご協力で

仕上げ磨きが必要となってきます。

 

そして、だいたい14歳ごろには、

親知らず以外の永久歯が全て揃うでしょう。

 

もし良ければ、タニダ歯科での定期健診にて、

判らないことがあればご質問ください。

お父さん、お母さんだけで悩まず、僕らも一緒に悩んで、

お子様のお口の中を良い方向へ導ければ良いなと思います。

関連する記事

  • 口内炎について2022年10月6日 口内炎について こんにちは。歯科医師の西田です。 朝晩だいぶ過ごしやすい気候となってきました。 食欲の秋の到来です。 今年の夏は異例の […]
  • 口腔微生物叢2022年12月15日 口腔微生物叢 こんにちは。訪問担当の岩本です。 今回は、体内の細菌についての話をします。 人間の身体には、1000種類以上の微生物(細 […]
  • 睡眠不足は「アレ」が原因!?2021年12月28日 睡眠不足は「アレ」が原因!?