虫歯にならない!キシリトールの働き①

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

虫歯にならない!キシリトールの働き①

こんにちは。歯科医師の村重です。

砂糖は摂りたくないけど甘い物が食べたい。そ

ういった思いを満たすものとして代用甘味料があります。

そんな中でも虫歯に対して特に効果が高いのがキシリトールです。

キシリトールは、ソルビトールやマルチトールと

同じ糖アルコールという甘味炭水化物の仲間です。

自然界では多くの果実や野菜に含まれています。

例えば、イチゴには乾燥重量100g中に約300mg

キシリトールが含まれています。

また、人の肝臓でも、1日当たり約15gのキシリトールが作られています。

私達がガムやタブレットなどのお菓子の形で口にするキシリトールは、

白樺や樫などの木から抽出されるキシランヘミセルロースを原料にして、

工業的に作られています。

自然界にあるキシリトールも、工業的に作られたものも、

同じ分子式(C5H12O5)ですので、両者に差はありません。

 キシリトールは、日本では平成9年(1997年)4月に

食品添加物として認可されました。

しかし、それ以前から10年以上、輸液に含まれる糖質として使用されており、

人体にも安全であることが知られています。

キシリトールは、砂糖と同じ甘味度を持っており、

溶ける時に熱を奪うので、口に含むとスーッとした冷たい感覚があります。

そのため、ミントの味によく合うことから、キシリトールを使ったお菓子には、

ミント味が多く見られます。

また、果物の味をより新鮮にする効果や、苦味を消す効果もあります。

 さらに、冷却効果があることから、布地に応用した夏用の肌着や寝具、

そして化粧品も市場に出ています。

 先に虫歯に効果的と書いたように、キシリトールを始めとする糖アルコールは、

虫歯の原因になりません。

糖アルコールからは、口の中で歯を溶かすほどの酸は作られないからです。

ソルビトールやマルチトールからは、

少量ですが歯垢(プラーク)中で酸ができますが、

キシリトールからは酸は全くできません。

また、キシリトールの方が甘みが強いので、

その甘味により唾液も出やすくなります。

 酸を作らないこと、そして、唾液の分泌を刺激して酸を中和することが、

キシリトールが虫歯の原因にならない理由です。

さらにキシリトールには、「虫歯の発生や進行を防ぐ」という、

他の糖アルコールにはない特徴的な効果があります。
キシリトールをガムやタブレットの形で一定期間以上口の中に入れると、

虫歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、

歯の再石灰化を促し、歯を固くします。

さらに、キシリトールには、虫歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を

弱める働きも持っています。
このような働きは、他の甘味料には見られない、キシリトールだけの効果です。
次回は、キシリトールの上手な使い方について書きたいと思います。

関連する記事

  • 歯科医院に通いたくても通えない全ての方に2021年8月25日 歯科医院に通いたくても通えない全ての方に こんにちは。院長の谷田です。 超高齢社会を迎えてますます重要になっているのが 歯科訪問診療です。   […]
  • 骨粗鬆症関連の薬について2021年7月15日 骨粗鬆症関連の薬について こんにちは。歯科医師の法貴です。 今年は梅雨入りが早く毎日天気予報が傘マークで憂鬱な毎日でしたが、 もうすぐオリンピ […]
  • ポリファーマシー2021年7月8日 ポリファーマシー こんにちは。訪問歯科医師の岩本です。 今回は薬についてのお話です。   訪問診療先では、 外来診療と同様 […]