西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

親不知

こんにちは、歯科医師の川村です。

 

今回は、親知らずに関してです。

 

先ずは、親知らずって何?

専門的には、第三大臼歯(智歯)と呼ばれています。

前歯から数えると8番目にあたる歯になります。

一番最後に、一番奥に生えてくる永久歯です。

元々ない方もいます。

一番最後に生えてくるために顎骨の中で

生えてくるスペースが不足しがちで、

常に生えてくるのが難しくなります。

このことが原因で腫れたり痛みが出てきたりします。

 

<智歯の疾患として・・・>

①智歯周囲炎

奥歯の辺りが腫れて痛い場合、智歯周囲炎かもしれません。

齲蝕ではなく、智歯周囲組織の炎症です。

智歯は、歯列の最後方で半埋伏(中途半端に生えている状態)

になることが多いです。

この状態では、歯の一部が口腔内に出ていても他の部分は粘膜で覆われています。

そのために粘膜と歯との間に深い歯周ポケットが形成されて、

その中で細菌が増殖して炎症が起こることがあります。

また、盛り上がった粘膜を咬んでしまい、傷が出来て起こることもあります。

下顎に起こることが多いです。

 

②萌出するときの痛み

智歯が萌出するときに、周囲の歯茎や隣の第二大臼歯を押してしまうために生じ

ることがあります。

智歯が萌出するスペースがあれば断続的な痛みが続いた後、歯茎が膨らんできて

萌出してきます。

萌出スペースが不足すると押す力が強くなり痛くなることがあります。

 

③齲蝕

智歯は一番奥にあるため歯ブラシが届きにくいため、デンタルプラークの除去が

困難で不潔になりやすく、齲蝕になりやすい傾向があります。

他の歯と同様に齲蝕の痛みが出てきます。

 

 

<治療方法>

智歯周囲炎の場合、急性炎症時は安静と局所洗浄、

抗菌薬の投与、鎮痛剤の投与を行います。

加えて、膿瘍(膿がたまった状態)が出来ていれば、

切開して排膿(膿を出す)を行います。

ただし、炎症が軽快しても智歯がある限り再発を

繰り返すことがあるために、抜歯をすることが多いです。

症状があるときに抜歯をすると、麻酔が効きづらかったりするので、

症状が軽快してから抜歯を行うことが多いです。

 

 

<抜歯の後に・・・>

抜歯後に起こりやすいのは、腫れと痛みです。

特に下顎の智歯抜歯後には腫れることが多く、

骨を削ったりすると腫れが出やすいです。

腫れが外に広がると頬が膨らんで見えて、上方へ向かうと顎の関節周囲

に近づくために口が開けづらくなることがあります。

腫れに関しては、抜歯後23日がピークで大体は1週間程度で

収まることが多いです。

抜歯後に多いトラブルとしては、ドライソケットと呼ばれる症状があります。

抜いた箇所がズキズキと痛み出すことがあります。

通常は、抜いたところの穴の部分は、血餅(血の塊)で満たされます。

その血餅がとれた状態がドライソケットです。

下顎に起こりやすいですが、予測は困難です。

この場合は、傷口に軟膏のガーゼを詰めて蓋をし、

頻回のガーゼ交換、消毒をしながら傷口の回復を待ちます。

 

関連する記事

  • 骨粗鬆症関連の薬について2021年7月15日 骨粗鬆症関連の薬について こんにちは。歯科医師の法貴です。 今年は梅雨入りが早く毎日天気予報が傘マークで憂鬱な毎日でしたが、 もうすぐオリンピ […]
  • ポリファーマシー2021年7月8日 ポリファーマシー こんにちは。訪問歯科医師の岩本です。 今回は薬についてのお話です。   訪問診療先では、 外来診療と同様 […]
  • 在宅医療と介護2021年6月17日 在宅医療と介護 こんにちは。訪問歯科医師の村山です。 訪問歯科診療にあたっていると、これまでにおはなししてきた 「保険証」だけでなく […]