「8020運動」

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

「8020運動」

皆さんこんにちは、歯科医師の久貝です。

 

そろそろ暑さが和らいで、過ごし易い季節になってきましたが、

どの様にお過ごしでしょうか?

コロナもずっと続く中ですが、みなさん健康に過ごせていますか?

この2年くらいはコロナの影響もあり、外出を控えている患者様も実際に多いです。

なので「痛くなったから、見てほしい」と言って、

2年ぶりに来院される患者様が、ここ最近に見られます。

でも、ここで痛感されるのが

「やっぱり定期健診は大事だなぁ!!」

と言うことです。

皆さん、「8020運動」って聞いた事ありますか?

「80歳までに20本の歯を残しましょう!!」

という運動なのですが

実際の統計データとしては、

 

○健診に行っている人:「平均15,7本」

 

○痛いときにだけ治療を受ける人:「平均6,8本」

 

との事でした。

これだけ差が生まれると思うと、やっぱり大事ですね。

また、年齢を経て「人生においての後悔」で上位にある項目が

「歯を失ったこと」だそうです

 

 

歯を失うと、人生の大きな楽しみである「食事の楽しみ」が失ってしまいます。

 

まぁ、中には「痛くないのになんで行かないとイケないの?」と言う方もおられます。

 

しかし、歯周病はご自身では気づかないうちに少しずつ進行していて、

 

自覚症状を感じた時点では悪化している事が多く、場合によっては抜歯になる事もあります。

 

定期健診では、ご自身では気づかない所に異常がないかをチェックし、

 

もし異常が発見されたら早期治療を行う事が出来ます。

 

しかし、僕が思うところの結論として言えるのは

 

「本人のやる気と、意識の問題なのかな?」と思います。

 

また、そのモチベーションを向上させるようにする、僕ら歯科医院の責任もあるのかな・・・

 

と思われます。

患者様でも、何かわからない事があれば遠慮なく聞いて下さい。

 

そのためにも、定期的な健診にて一緒に健康を保てるように、

頑張って行けたら良いなぁ・・・・と思います。

 

 

そうそう・・・ちょっと話しは変わりますが、

 

「皆さんの意識」で、気になったことを書いて良いですか?

 

この夏休みの経験を少しお話しさせて頂きます。

 

先日、沖縄に子供を連れて行った時のお話しです。

 

久しぶりにおじいちゃん、おばあちゃんと会って、遊んで、

 

空いた時間で海に遊びに行きました。

 

子供たちも数年ぶりの沖縄なので、おおはしゃぎです!!

 

1週間行ってましたが、5日間くらいは海で遊んでいました。

 

自分で言うのも何ですが、やっぱり沖縄の海は綺麗です!!

 

サイコーのバカンスを子供たちは過ごしていた事でしょう。

 

ビビるくらいに真っ黒になって、子供達も満足で兵庫に帰って来ました。

 

なんですが・・・・次の日に問題が起こりました・・・

 

帰ってきた次の日に、子供を連れて兵庫の海に行きました・・・

 

 

・・・が、まぁまぁビックリして声が出ませんでした。

 

「こんなにも汚れているものなのか!!」と

 

同じ海なのに、ゴミの山が半端なく

 

浜辺がゴミで埋め尽くされていました。

 

でもゴミの内容は、ほとんどが海に遊びに来た人達が捨てていった

 

バーベキューのカスであったり・・・タバコの吸い殻、浮き袋、弁当の殻・・・・

 

その他モロモロ・・・・

 

本当につくづく感じました。

 

全てがこれを行う人々の「意識」の問題なのだな・・・と

 

おそらく、コレをやる人は

 

「これくらいは良いじゃん」

 

「俺くらいは大丈夫だろ」

 

って、軽い気持ちでやっていると思いますが、

 

それが「チリも積もれば山となる」ではありませんが、

 

全員がやればコレだけのゴミの山になるのだ

 

みんなが意識をもってやって欲しいです。

 

みんなの海なので、綺麗にして欲しいものです