タニダ歯科医院ブログ

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

歯周病は〇〇病のリスクを上げる


歯科医院に通いたくても通えない全ての方に

こんにちは。院長の谷田です。

超高齢社会を迎えてますます重要になっているのが
歯科訪問診療です。

 

 

歯科訪問診療とは、歯科医院に通いたくても通えない方のために、
歯科医師がご自宅や各種施設へお伺いして、歯の診療をすることです。

 

当院ではこの歯科訪問診療に力を入れており、
曜日ごとに2~3人の訪問専属チームを組んで診療しています。

 

 

現在6台の訪問車両で診療に回っています。

 

 

また、訪問診療の他、各種施設の職員様や介護従事者様向けの
講演会や実習を定期的に実施しています。

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


知覚過敏症

こんにちは、川村です。

暑い夏になり、冷たい物を飲んだり、アイスクリームなどを食べる機会が多くな

ってきます。

歯がしみる・・・、そんな方も。。。

そこで、知覚過敏について書きます。

 

0.知覚過敏症って何?

象牙質知覚過敏症(Hys)のことで、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、

甘いもの、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛みです。

特に齲蝕(虫歯)や歯の神経(歯髄)の炎症などの病変がない場合にみられる症

状を言います。

1.歯の構造

歯というのは、表面をエナメル質という組織で覆われています。

しかし、エナメル質という組織は歯の全周を覆っているわけではありません。

エナメル質の下には象牙質という組織があります。

この象牙質ですが、エナメル質とは違いがあります。

有機質・無機質の割合、硬度など違いは多数ありますが、今回のことで言えば、

細管の存在です。

象牙質には、象牙細管(象牙質にある細い管)があります。

この象牙細管は歯髄(歯の神経)の所までつながっています。

つまり、この象牙細管に刺激が伝わってしまうと神経が感じてしまいしみてしま

うのです。

ちなみに、エナメル質には細管はありません。

通常、象牙質はエナメル質や歯肉に覆われているので、こうした痛みを感じるこ

とはありませんが、極端に冷たいものなどではエナメル質の上からでも温度が内

部の象牙質に伝わって、歯が痛みを感じることもあります。

そもそも、歯自体が冷刺激に敏感です。

しかし、様々な理由で象牙質が露出すると、刺激が神経に伝達されやすくなり、

知覚過敏が生じるようになります。

象牙質が内部の神経にまで刺激を伝えるのは、先程出てきた象牙細管です。

この小さな細管は加齢などにより、少しずつ塞がってくることもあります。

このような場合には知覚過敏は起きづらくなります。

したがって象牙質が露出している時には必ず知覚過敏が起きるということではあ

りません。

 

2.象牙質が露出する原因

①歯肉退縮

歯肉の位置は加齢とともに少しずつ下がってきます。

それに伴って歯根が露出し、象牙質がむき出しの状態になります。

このような象牙質表面では、歯ブラシが触れたり、温度変化などの刺激で痛みを

感じることがあります。

持続時間は長くても1分以内で、時間が経てば痛みは消失します。

歯の表面に歯石がたくさん付いているような場合、それを取り除いた時にも同様

の状態となり、歯石をとっている時にも器具が象牙質表面に触れたり、水をかけ

て処置をするので、知覚過敏と同様の痛みを感じることがあります。

 

②破折

歯が破折してしまい象牙質が露出することがあります。

破折時には、残っている歯に亀裂が入っていることもあります。

亀裂の状態にもよりますが、歯の神経の部分にまで細菌が侵入して炎症を起こす

こともあります。

 

③摩耗、酸蝕症による象牙質露出

摩耗、酸蝕によりエナメル質がなくなると象牙質が露出します。

すり減り具合により症状が出る場合があります。

 

 

3.治療

①知覚過敏用歯磨きの使用

歯の神経の周囲をカリウムイオン(K+)が多く取り巻いていると神経の細胞が興

奮しにくくなるということを利用し、硝酸カリウムという成分を配合した歯磨き

剤を継続使用していきます。

 

②知覚過敏抑制剤の塗布

露出した象牙質の内部の小さな空隙を、歯と同じような成分の結晶や、その他

様々な物質で封鎖することで、歯の神経への刺激の伝達が遮断されて伝わりにく

くなります。

 

③露出した象牙質の被覆

知覚過敏のある象牙質表面を樹脂やセメントで被覆します。

 

④抜髄

知覚過敏は一過性の痛みですが、痛みの持続時間が比較的長いような場合や、

その痛みが非常に激しい場合には、歯の神経を取ることもあります。

あくまでも、最終手段になります。

歯の神経を取ってしまうと歯自体の寿命、耐久性が低下してしまいます。

極力、歯の神経は残しましょう。

 

もちろん虫歯が原因で歯がしみることはあります。

気になる方は早めに診てもらいましょう。


虫歯にならない!キシリトールの働き②

こんにちは、歯科医師の村重です。

暑さの厳しい日が続いていますが、皆様お変わりないでしょうか。

本日は前回に引き続いて、キシリトールのお話。

キシリトールの上手な使い方について紹介します。

口腔の健康を保つ手段として最も重要なことが4つあります。

それは、

⑴歯を磨く

(ブラッシング)

⑵フッ化物配合歯磨き剤を上手に使う

(フッ化物の応用)

⑶発酵性の食品が口に中にとどまる時間を短くする

(正しい食生活)

⑷これらの手段がきちんと機能しているかチェックする

(定期的歯科健診)

 

これは子どもでも大人でも基本的に同じで、

変わることはありません。

すなわち、手や顔を洗い、体の清潔を保つことと同じように、

⑴歯の清潔を保つための基本であるブラッシング

⑵歯を硬くしてむし歯になりにくくするためのフッ化物の応用

⑶体や精神の健康を守るための基本である正しい食生活

⑷その効果判定のための歯科医院での定期的健診は、

生涯を通じて行わなければならない大切なことと言えます。

 

それでは、キシリトールはこれらのどこに位置するのでしょうか。

キシリトールを使う(食べる、摂取する)ことは、

前述の健康な歯を守る方法に取って代わるものではありません。

ただし、キシリトールを常用することは、

これらの手段の効果を向上させます。

例えば、キシリトールは歯垢を剥がしやすくするため、

ブラッシング効果を上げますし、フッ化物と一緒に使うことにより、

歯を硬くする効果を向上させます。

キシリトールの効果が期待できるお菓子は、

ガムかタブレット(錠菓)に限られます。

これ以外のお菓子や食品、例えば、ケーキやジュース類に

キシリトールが含まれていても、むし歯予防の効果は期待できません。

なぜなら、ガムやタブレット以外でキシリトールが口の中に

長くとどまるものがないからです。

また、これらのお菓子には、キシリトールが

できるだけ高濃度(50%以上)で含まれていることと、

砂糖などの発酵性の甘味料が含まれていないことが必要です。

ですから、「シュガーレス」表示を確かめるか、

パッケージの成分表示をよく見て、糖類が0gであることと、

糖質中におけるキシリトールの割合が50%を超えていることを確認してください。
キシリトールを摂取していれば虫歯にならない、

というわけではないため注意が必要ですが、

日々のオーラルケアにくわえて上手に用いることで

皆さんの口腔の健康に役立ててもらえればと考えています。


コロナ時代のお口の健康について

こんにちは。歯科医師の西田です。

今日はコロナ時代のお口の健康について、お話ししようと思います。

COVID-19拡大以降、マスク姿はすっかり日常になりました。

そのマスクの弊害としてむし歯になったり、

口臭が悪化したりするのではないか、

などのことが話題になっているようです。

実際そのようなことは起こるのでしょうか。

口の中の唾液量が減り乾燥するとむし歯、口臭の原因になります。

マスクで口を覆うことは逆に口の中の湿度を保つことに役立つでしょうから、

マスクそのものがむし歯や口臭の原因になるというのは根拠がありません。

しかし、with コロナでの生活様式により

口の中が乾燥し易くなっている可能性は考えられます。

例えば、マスクをつけ感染に警戒している状況では意識しないと

水を飲む機会が減るかもしれません。

また、三密を避けることで人と話す機会が減少すると

口の回りの筋肉が衰えることが考えられます。

なかには、感染を警戒するあまり、マスクを何重にもするため息苦しくなり、

口呼吸になってしまう方も見受けられます。このような状況は、

唾液分泌の減少を招くものです。

さらに、ストレスでも唾液の分泌量が減ることがわかっていますが、

with コロナの先の見えない状況でストレスを感じ、

唾液の分泌量が少なくなっている人が増えているのかもしれません。

感染拡大により歯科受診を控えざるをえない状況も

お口の状態に悪影響を与えているでしょう。

ところで、日頃の歯磨きはコロナ時代でもお口の健康を維持する有効手段です。

その歯磨きについてですが、同時に同じ洗面所を複数人が利用して歯磨きを

することに起因すると思われるクラスターも、報告されています。

歯磨きで周囲に飛ぶ飛沫が関係していると思われます。

歯を磨くとき歯ブラシを持たない方の手で口を覆ったり、

口の中のものを吐き出すときに顔をシンクに近づけて

低い位置で行うことが飛沫拡散防止になります。

飛んでしまった飛沫については、アルコールを含むウエットティッシュで

鏡やシンク周りを拭いておけば、次の人も安心して使用できます。

COVID-19から身を守りつつお口の健康も守る。

そのためにも、マスクはしっかり着用、口が乾いたなと思ったらこまめに水分補給、

そして周囲への思いやりを重視した口腔ケア。

以上を徹底してコロナ禍を乗り切りましょう。


12345...10...