タニダ歯科医院ブログ

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

子どもの歯並びについて

こんにちは。歯科医師の森岡です。

最近、親御さんからの子供の歯並びについての相談が増えています。

その子たちにはある共通点があることが多いです。

今日はその共通点についてお話させていただきます。

今の子供たちの歯並びはこういったパターンが増えています。

 

 

まず1番最初に生え変わる永久歯は下顎の前歯の永久歯ですが、

この時点ですでに永久歯が並んでいない子がいます。

なぜ永久歯が並んでこないのか?これについてお話していきます。

 

まず、歯並びが悪いというのは顎に歯が並ばないということです。

何故歯が並ばないかというと顎が小さいため並ぶスペースがないため並ばないのです。

そして何故顎が小さいかというと、お口の周りの筋肉がうまく使えていない可能性があります。

顎の骨がしっかり成長していくためにはお口の周りの筋肉がとても重要になります。

最近の子供たちにはお口の周りの筋肉が弱い子たちがたくさんいます。

日本の保険診療でも「口腔機能低下症」という病名が出るほど、

お口周りの筋肉の成長が重要視されているのが分かります。

 

そしてお口周りの筋肉の成長において最も大切なのが「ベロの筋肉」です。

ベロの筋肉がうまく機能していないと顎がうまく成長してくれません。

常にお口が開いている状態、お口ぽかんの子であったり、

飲み込むときにうまくベロを使えていない子供たち、

こういった子供たちは歯並びが悪くなっていく可能性があります。

 

それではなぜお口ぽかんになったり、ベロの使い方がうまくいかない子がいるのか、

その根本的な原因は2つあると言われています。

1つ目はアレルギーです。もう1つは舌小帯というベロの下の帯が短いことがあります。

今の子供たちはアレルギーの多い子が増えています。

アレルギーが多いと鼻詰まりの原因となり、鼻詰まりを頻繁に起こしていると口で息をするしかありません。

これが習慣化してしまうとお口ぽかんの原因となります。

 

もう1つの舌小帯ですが、生まれつきべろを動かしにくい子たちがいます。

この舌小帯がきついとベロの力を顎に伝えにくいというわけです。

 

 

他にも指しゃぶりなど歯並びが悪くなる原因がたくさんありますが

根本の大きな原因というのはこの2つと言われています。

早いうちからアレルギーによる鼻詰まりや舌小帯にアプローチしながら

お口の周りの筋肉を鍛えてあげることで、

歯並びが悪くなるのを予防できる可能性があります。

なのでお子様の歯並びでお悩みの方は歯医者さんで1度相談してみてください。

 


「痛みの少ない歯科治療」には欠かせません


歯ブラシ

こんにちは、歯科医師の池田です。

1日の寒暖差が大きくて、体調管理が難しいですね。

 

今回は歯ブラシについて紹介しようと思います。

 

 

口の中を健康に保つには、口の中を清潔に保つ必要があります。

口の中をキレイにするには、毎日のブラッシングが大切になります。

ブラッシングには歯ブラシが重要になりますが、

歯ブラシには多くの種類があり、毛の硬さや形状が異なります。

自分に合う歯ブラシを使うことは、歯の健康を守るために重要です。

歯ブラシは、歯の表面や歯と歯茎の間につくプラークを除去する役割があり、

正しくプラークを落とすことで虫歯や歯周病、口臭を予防できます。

しかし、自分に合っていない歯ブラシを使うと十分にプラークを落とせず、

予防の効果が得られません。

 

歯ブラシはヘッドの大きさや毛の硬さ、毛先の形状などに種類があります。

口と歯並びの状態は1人1人違うため、自分の口と歯並びの状態に合った

歯ブラシを選ぶことが大切になります。

 

まず歯ブラシのヘッドの大きさから紹介していきます。

①大きめ

大きめサイズは一度に磨ける面積が広いのが特徴です。

細かい部分に毛先が届きにくく磨き残しやすいデメリットがありますが、

歯ブラシを細かく動かすのが難しい方に合っています。

 

②小さめ

小さめサイズは操作性が高く、細かい部分や奥歯まで届きやすいのが特徴です。

歯が重なってはえている方や歯ブラシが奥歯に届きにくい方、

嘔吐反射がでやすい方は、ヘッドが小さめのサイズが合っています。

ただし一度に磨ける面積が小さいため、細かく動かし、プラークを取る必要があります。

 

 

次は歯ブラシの毛のかたさを紹介していきます。

 

①かため

かための歯ブラシはしっかりとした磨き心地で、プラークを落とす効果が高いのが特徴です。

ただし、ゴシゴシ力を入れて磨くと歯や歯茎を傷める可能性があります。

そのため、歯を磨く力が弱い方に向いています。

 

②ふつう

ふつうの硬さの歯ブラシは適度な硬さで扱いやすいため、効率よくプラークを除去できます。

ただし、ふつうの硬さでも力を入れすぎると、歯や歯茎を傷める可能性があります。

 

③やわらかめ

やわらかめの歯ブラシは歯や歯茎を傷つけにくく、細かいところまで毛先が届きやすいのが特徴です。

刺激が少なく優しく磨けるので、歯茎に炎症がある方、歯茎が過敏な方に向いています。

 

 

次は歯ブラシの毛の材質を紹介します。

 

①人工毛

歯ブラシの毛は「人工毛」が多く、市販されている歯ブラシの

ほとんどはナイロンが使われています。

ナイロンは吸水性が低く、細菌が繁殖しにくいのが特徴です。

他にも、人工毛の歯ブラシにはPBT(飽和ポリエステエル樹脂)が

使われていることがあります。

PBTはナイロンよりも吸水性が低く、耐久性に優れています。

 

②自然毛

豚毛や馬毛などの「自然毛」を使った歯ブラシは適度な弾力があり、

「人工毛」より柔らかいため歯や歯茎を傷つけにくい特徴があります。

ただし、吸水性が高く雑菌が繁殖しやすいデメリットがあるため、

使用後はしっかりと乾かして衛生管理をすることが大切です。

 

次は歯ブラシの毛先の形状を紹介していきます。

①ラウンド毛

一般的な歯ブラシは、毛先を丸く加工した「ラウンドカット毛」を使用しています。

毛先が丸いため歯茎を傷つけにくく、歯の表面のプラークを効率よく除去できるのが特徴です。

②テーパード毛

テーパード毛は、先端に向かって細くなっているのが特徴です。

歯と歯の間や、歯と歯茎の間に毛先が届きやすく、

歯や歯茎への刺激が少ないメリットがあります。

歯周病ケアをしたい方、やさしい磨き心地が好みの方におすすめです。

 

歯ブラシのハンドルの形状を紹介します。

①太め

「太め」のハンドルはしっかり握ることができるため、

少しの力でも歯を磨きやすい特徴があります。

握力の弱い方は、太めのハンドルを選ぶのがおすすめです。

②細め

「細め」のハンドルはペンを持つように握りやすく、

細かく動かして丁寧に磨ける特徴があります。

基本的には、まっすぐで細めのハンドルを選ぶのがおすすめです。

また、磨く力が強い方は、「細め」のハンドルを使うと力の入れすぎを防げます。

 

また、歯ブラシの交換時期ですが、歯ブラシは、

毛先が広がるとプラークを除去する効果が低下します。

使い続けると毛先が開いていない状態でもブラシの弾力は落ちていくため、

プラークを除去しにくくなります。

歯や歯茎を傷める原因にもなるため、歯ブラシは1ヶ月に1本を

目安に定期的に交換してください。

 

 

自分の歯並びや歯茎の状態に合った歯ブラシ選びは重要です。

気になる方は、気軽に質問してくださいね。

 

 


「頼れるドクター」に当院が紹介されました

こんにちは。院長の谷田です。

連休も終わり、だんだんと夏のような陽気の日が増えてきました。
みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、当院が頼れるドクター神戸・阪神版に掲載されました。

頼れるドクターは、2008年に創刊後、エリアごとに年1回発行している人気のシリーズになります。


編集部が頼れるドクターに医療への熱い想いを取材し、頼れるドクターを紹介することで安心感を届けたいとの思いから創刊されています。


そんな頼れるドクターの掲載ページでは、当院の診療方針やスタッフに関してなど、当院がどんな歯医者なのかがわかる内容となっています。

ここに書かれているように、当院では外来診療から訪問診療まで、地域の皆様の健康にお役に立てるようこれからもスタッフ一同研鑚していく所存です。

これからもタニダ歯科医院をよろしくお願い致します。

 

「お知らせ」

4月~9月の予定で訪問ステーションの増改築をしております。
そのために第2駐車場が使用できなくなっております。
来院の患者様にはご不便をおかけしますがご理解のほどよろしくお願い致します。

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


「 歯を守るための力のコントロール Ⅷ 」

こんにちは、歯科医師の武田です。

「歯を守るための力のコントロール」について数回にわけて

お話しさせていただいております。

どうぞよろしくお願いします。

 

◆ 有歯顎における前方ガイドの設定基準

 

アンテリアガイダンス設定の原則は残存組織保全の見地から

適正な力のコントロールを図り、力学的負荷を顎口腔系の局所

に集中することなく均等に配分させることである。すなわち、

左右の顎関節、咀嚼筋に対して力学的負荷を均等に配分し、

ガイドする部分にも力学的負荷を生じさせない構成が望ましい。

 

有歯顎で前方残存歯によりガイドが構成できる場合は、

可及的正中に近接した位置でのガイドとし、前方誘導は切歯誘導、

側方運動は犬歯誘導が有利である。

 

有歯顎における前方ガイドは、まず咬頭嵌合位で

上顎前歯舌面は下顎前歯切端部を緩斜面でうけとめることにより

上下顎前歯の歯根膜全体へ機能圧を分散できるように設定する。

よって切歯による前方ガイドの設定は、咬頭嵌合位から前方へ

300μmの自由域を与えることにより、急速閉口時に切歯が急斜面での

衝突を避けることが望ましい。その後は矢状顆路傾斜度と同程度の

角度で前方へ2.0~2.5mm程度ガイドする。その後口唇等と調和した

位置まで2段階でガイドさせて切端咬合位に至る。この上顎前歯切縁

の位置は、リップサポートの要素や機能的下口唇閉鎖路との機能的

に調和する位置、さらに微笑時の下唇の示すスマイリングラインに

対する審美的位置関係により決定し、切端部の適正な厚さを確保する

ために2段階でガイドさせる。咬頭嵌合位から前歯の切端咬合位までの

矢状切歯路傾斜度の平均値は、矢状顆路傾斜度の10度増し、あるいは

20%増しであり、従来からこれがアンテリアガイダンスを設定する基準

とされてきた。また、中切歯の垂直被蓋は、切端咬合位までの

前方ガイドであり、臼歯部を適正にディスクルージョンさせる目的で

3.0~5.0mmの範囲に設定するとされているが実際の臨床では、

上顎前歯切端の位置を口唇との審美性と機能性の要素を主体として

決定することになる。

 

Rudolf Slavicek 前歯誘導路角と矢状顆路傾斜角は同じ角度が理想

◆ 歯列と口唇の調和と前方ガイド

 

歯列と口唇は、審美性と機能性の両面で調和させなければならない

上唇との審美的調和では、上唇線から下方に露出する上顎前歯歯冠部唇面

の長さは前方の歯ほど長く、犬歯:側切歯、側切歯:中切歯の露出量の比率

を、大和比(1:1.414)や黄金比(ゴールデンプロポーション1:1.618)を

参考にして設定する。実際の臨床では約1:1.5として治療に組み込むことが

合理的であり、この基準を無視してはならない。上顎前歯切縁と尖頭を連ねた

線をスマイリングラインと呼ぶが、このスマイリングラインと下唇との調和は

下唇の微笑線であるスマイリングラインと平行に移行させることにより

上唇線との1:1.5の審美的比率を浮き立たせることができる。

 

正常被蓋の機能的下口唇閉鎖路は、閉口時に下口唇の口輪筋やオトガイ筋が

緊張することなく下唇のドライウェットラインよりも舌側のウェットゾーンで

上顎前歯切端をくぐりぬけて、わずかに上顎前歯唇面を上方へ移動し、

上顎前歯歯冠の切縁側1/3の位置で下唇が上唇と接触する過程をとる。

もし過大にオーバージェットを設定すると、上下の口唇が結ぶ際に上顎前歯は

下口唇閉鎖路を障害し、口唇の筋疲労が増大し常時オトガイに過緊張による

しわがよることになる。

 

Rudolf Slavicek 各個人の骨格パターンによって連続性をもって変化

 

歯の健康、美しさを保つには、

定期的なクリーニングがとても大切です

ぜひタニダ歯科クリニックで定期健診を。

ご来院お待ちしております。