タニダ歯科医院ブログ

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

日々これ精進!ブラッシングのコツ

こんにちは。院長の谷田です。
蒸し暑い日が増えてきたように感じますが
いかがお過ごしでしょうか。

7月といえば七夕ですね。
現在では
「○○が欲しい」
「○○になりたい」など
幅広い願いごとが書かれる七夕の短冊ですが、
もともとは織物の上手な織姫にあやかって、
「物事が上達しますように」との願いを込めて
短冊をしたためていました。

 

みなさんはこの夏、何を上達させたいですか?
もし現在、目標としているものがあれば、
その上達をお願いしてみるのも
いいかもしれませんね。

 

 

 

さて、歯科において
上達しておいていただきたいこと
といえば、やはり
ブラッシング!

 

 

今回は、ブラッシングの基本と、
リスクとなりやすい部位ごとの
ブラッシングのコツをご紹介いたします。

 

 

◆ブラッシングの基本

 

まず大事なのは持ち方。

「えっ?そんなところから?」

と思われるかもしれませんが、
歯を傷つけないために大切なことです。

 

歯ブラシは力の入りすぎを防ぎ、
細かく丁寧に動かせるように、
えんぴつのように持ちます。

 

歯面には歯ブラシの毛先を垂直に当て、
小刻みに往復(5mm〜10mm程度を目安に)させながら、
1〜2本ずつ丁寧に磨きましょう。

 

この時、力を入れ過ぎて
ブラシの毛先が広がらないように注意してくださいね。

 

 

 

 

 

次は、少しコツが必要な部位について。

 

 

 

 

◆磨き残しが多い5か所

 

1.歯と歯の間
歯間ブラシやデンタルフロスの使用が効果的です。
歯と歯の間の歯垢(プラーク)は、
歯ブラシだけでは6割ほどしか除去できないのに対し、
歯間ブラシやデンタルフロスを併用すると
9割近くのプラークを除去できる
というデータがあります。

 

 

2.歯と歯ぐきの間
歯や歯ぐきの状態によって、歯ブラシを45度
または90度になるように当て、
弱めの力でマッサージするように細かく振動させます。

 

 

 

 

 

 

3.前歯の裏側
歯ブラシを縦に使い上下に動かして磨きます。
下の前歯の裏側はブラシのかかと部分を使い、
汚れをかき出すように磨いてみましょう。

 

 

4.奥歯のかみ合わせ
奥歯の「かみ合わせ面」は溝が深く、
磨き残しが多い場所です。
くぼみ部分にブラシの毛先を入れ込むように当て、
小刻みに動かして磨きます。

 

 

5.奥歯の後ろ側
歯ブラシを斜めに入れるなど
奥まで届くように角度を調整しながら、
ブラシのつま先を使って磨きます。
難しい場合には
ワンタフトブラシ(毛束が1つのみのブラシ)など、
ヘッドがコンパクトなブラシを使用してみましょう。

 

 

 

 

 

ちょっとの心がけで、
ブラッシングの効果はグンと高まります。

 

全てを一度にマスターするのは難しいかもしれませんが、
「今日はここを頑張ってみよう」と、
ひとつずつチャレンジしてみてください!

 

 

上手に磨けているか不安な方や、
自分に合ったブラシが分からない…など
お悩みの場合は、お気軽にご相談ください。
いつでもお待ちしております。

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/


唾液②

 こんにちは、歯科医師の豊原です。

今年はいつもよりもかなり早く梅雨入りしましたね。

昨年くらいからシトシト雨ではなくザーザーと

しっかり降る雨の印象を強く感じます。

まだ梅雨は続きそうですが、

今年は農作物への影響が少ないといいですね。

大きな災害が起こらないことを祈ります。

今回は前回に続き、唾液の作用について書きます。

まずは粘膜保護機能です。口の中に唾液が潤うことで、

粘膜同士や歯と粘膜との接触時のこすれを緩和し、

結果的に粘膜を保護をします。

歯自体も唾液に覆われることで摩耗や脱灰を防げます。

唾液は粘膜保護するとともに粘膜間に介在することで、

自浄作用も期待できます。唾液が多く流出される方はそれだけで食物が洗い流されやすく、

虫歯のリスクが減ります。

赤ちゃんや幼児は唾液がたくさん出ますよね!

あれもまだちゃんと歯磨きできない幼い時期には理に叶った現象なんです。

口腔内は呼吸することで乾燥しやすい環境になりがちですが、

唾液が流出されることでそれを免れます。

口腔内が乾燥すると細菌が繁殖しやすくなるため、

舌炎や口唇炎の原因にもなります。

こういうことから、唾液は粘膜にとってはすごく大切なものなのです。

また、唾液には炭酸・重炭酸・リン酸などの成分が含まれていて、

口腔内のpHバランスを保っています。これをpH緩衝作用といいます。

口腔内のpHは本来は中性ですが、

唾液が少なく口腔内に砂糖や酸がさらされる環境にあると、

虫歯菌がそれをエサにして、それらを分解したときに酸が発生し酸性に傾いて歯の脱灰につながります。

すなわち、虫歯の第一歩です。

何らかの原因で唾液が少ない方は虫歯のリスクが高いことを意識して、

より一層歯ブラシやデンタルフロスを頑張っていただきたく思います。

唾液はその他にも、リゾチームやペルオキシダーゼ、免疫グロブリン、

ラクトフェリンなどを含んでおり、口腔内に侵入した細菌の活動を抑え、

抗菌作用を発揮します。ラクトフェリンは母乳、特に初乳の中にもたくさん含まれていて、

新生児にとっては大事なタンパク質です。

口は消化管の入り口とよく言われますが、

外敵である細菌やウイルスなどの入入り口でもあります。

こういう点でも唾液の重要性がわかりますね。

次もまた唾液について書きますね。

そろそろ暑くなってきますので、みなさま、

水分接種をしっかりなさってくださいね。

 

 

 


今すぐストップ!4つの悪習慣


夏バテと歯医者さん

こんにちは、歯科医師の久貝です。
さぁ、もう6月も終わりに差し掛かり、これから7月・・・
夏真っ盛りになろうとしている、今日この頃ですが
皆さん、どうお過ごしでしょうか?

暑いからと言って、冷たい飲み物ばかり接種していませんか?
暑いからと言って、クーラーの効いた部屋にばかり籠っていませんか?

そんなんでは、体が着いて行けず夏バテにはなってしまいますよ。

夏バテになってしまうと、色々な障害・・・
たとえば体力の低下、免疫力の低下
そこからお口の中にまで影響を及ぼす事があります。

「えっ、夏バテと口の中って、関係なくね?」

と思われる方が多いですが、実は大いに関係があります。

では、どんな事が起こってくるのでしょうか?

例えば口臭です

夏バテが口臭を悪化させる原因のひとつに唾液の分泌量の減少があげられます。

唾液は単なる水ではなく、様々な成分が含まれ、その成分のうちの一つ「ヒスタチン」は傷の修復に貢献しています。

指などを小さく切ったとき「唾をつけて治す」と言う昔からの言葉は医学的に理にかなっているのです。

そしてハイドロキシアパタイトは、虫歯菌によって傷ついた歯の表面を修復します。

さまざまな作用を持つ唾液ですが、口臭と関係するのは「抗菌作用」と「虫歯修復」です。

抗菌作用が低下すると細菌が増え、それに伴って悪臭を放つ揮発性硫黄化合物が大量に作られます。
口臭の「生暖かいような臭さ」は硫黄の臭いなのです。

また虫歯自体が独特の臭いを放ちます。よって、唾液が減って虫歯の修復力が低下して虫歯になり、口臭が出てくるのです。

また、唾液の分泌が減少することにより、食材をうまく咀嚼できなくなります。

結果として、歯に歯垢がたまります。歯垢の原材料は食べかすなので、これも臭いを発します。

さらに歯垢は歯石へと形を変え、虫歯の進行に加速をつけます。

ここからも虫歯が進み、口臭を強くしてしまいます。

健康な成人は、1日に大体1.5リットルの唾液を分泌しますが、これが夏場になると人によっては0.5リットル/日にまで減ってしまいます。

夏は汗をたくさんかきます。その分の水分補給ができていないと、当然ですが唾液も減ります。

また、夏の暑さでイライラとストレスがかかると、人の脳は唾液量を減らそうとするのです。

人の脳は本能的に、なにかしらのストレスや要因があって、体に傷を負うことに備えて唾液の成分の濃度を高めておこうという本能の働きがあります。

その働きによって、唾液の濃度を高めるために、唾液中の水分を減らすのです。

また、こういう暑いときに頻繁に見られるのが水分摂取時の「スポーツドリンク」です。

スポーツドリンクは弱酸性のものが多いため「酸食症」になりやすいです。

まぁ色々書きましたが、結論「夏バテから口腔内が荒れてくる」というこです。

特に今は「コロナ」の影響もあり「Stay Home」のため、歯医者さんの定期健診に行きたがらない方も多いと思われますが、

夏の間はやはり「定期健診」は行っている方が良いと思います。

気になる事があれば、またタニダ歯科医院まで一度ご相談を

スタッフ一同お待ちしております。

 


歯科衛生士について

院長の谷田です。

 

歯周病の予防の上でとても重要な事が定期的なクリーニングです。

そのメンテナンスを担うのが歯科衛生士です。

 

 

 

当院には新卒から認定医の資格を持った超ベテランまで

多数の歯科衛生士が在籍しています。

そして全ての衛生士が、患者さんにデビューするまでは、

当院のいくつかの試験をクリアしなければ臨床の現場には立てません。

 

多くの医院では1ヶ月経たないうちに臨床に立っているケースもありますが、

当院では長ければ1年以上教育している場合もあります。

それが医院の文化になり、向上心のある衛生士が集まります。

もちろん最後にはドクターのチェックも入ります。

 

定期的な健診を受けて、できるだけご自分の歯を残すように頑張りましょう。

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/


...23456...10...