トップへ » 当院が選ばれる理由 » 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群睡眠時無呼吸症候群は、良質な睡眠の妨げになるだけではなく、場合によっては死に至るとても危険な病気です。

厚生労働省の調査では、睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合、5年後の生存率は84%まで低下するという報告さえあります。また、2003年の2月に発生した居眠り運転による新幹線事故をおこした運転士も睡眠時無呼吸症候群であったといいます。

この事故をきっかけに、欧米にならって日本でも2007年より免許更新時に日中の眠気と睡眠障害の有無について質問されるようになりました。

睡眠時無呼吸諸侯群は自分の命だけではなく、人の命を奪う加害者になるリスクをひそめています。当院では、習慣的にいびきをかいている患者さまについて、一刻も早く治療をはじめることをおすすめしています。

こんな症状はありませんか?
自分が睡眠時無呼吸症候群(SAS:sleep apnea syndrome)であるかどうか、チェックしてみましょう。以下の症状があれば睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるかもしれませんので早めにご相談ください。

□ かなり大きないびきをかく。
□ 寝つきが悪く、夜中にトイレに行く回数が多い。
□ 息苦しくて夜中に目が覚めることがある。
□ 朝の目覚めが悪い。熟睡感がなく、睡眠時間を多くとってもなんとなく頭がすっきりしない。
□ 日中やたらと眠い。
□ 朝起きた時に頭痛がする。
□ 朝起きた時に口の中がカラカラに乾いている。
□ のど風邪をひきやすい。
□ 車の運転中などに一瞬記憶が飛ぶことがある。
□ 一日中体がだるい。
□ 上記の様な自覚症状があり肥満気味である。

いびきのメカニズム睡眠時無呼吸症候群
睡眠中、口呼吸をしていると、舌がのどに落ち込んで気道が狭くなり、空気が狭い気道を通るときに粘膜が振動していびきが発生します。また食生活の欧米化、グルメ嗜好、飽食などによる肥満も気道を狭め、いびきをかく原因になります。

【いびきによる弊害】
・眠りが浅くなり十分な休息がとれない
・日中の眠気をもたらし、記憶力や思考力の低下をもたらす
・仕事の効率低下や居眠り運転による事故を起こすリスクが高い
・高血圧、不整脈、心臓病、脳梗塞などの重大な疾患を誘発する
・最悪の場合、死に至る

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?
「こんな症状ありませんか?」に記載されている症状がある方や習慣的にいびきをかく方に多いのが睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。

睡眠時無呼吸症候群とは、「一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。または睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる」という紛れもない病気です。睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続すると、血中酸素の不足や強い睡眠不足によりストレス状態に陥ります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症候
1.日中の眠気や集中力の低下
2.起床時の頭痛、頭重感
3.運転中の居眠り
4.不眠、夜中に目が覚める
5.夜間頻尿
6.心疾患、脳卒中、高血圧症、糖尿病、腎炎、肥満の発症の原因になる場合もあります

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因
睡眠時無呼吸症候群は以下のような原因による口呼吸や気道への圧迫が引き起こされます。
1.肥満、もしくは肥満気味であごのまわりや首に脂肪がついている。
2.アデノイドなどの病気で、扁桃が肥大している。
3.花粉症やアレルギーなどで、よく鼻がつまっている。
4.あごが小さい
5.歯並びが悪く口がしまりにくいため、口を開けて寝ている。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療の流れと治療法鼻腔持続陽圧呼吸治療
いびきや睡眠時無呼吸症候群は歯科医院でも治療できます。

当院では原則として、いびきがひどい、もしくは、睡眠時無呼吸症候群の症状がある患者さまについては呼吸器内科や耳鼻咽喉科で診察を受けていただくことをおすすめし、かかり付けの医院をお持ちでない方についてはご紹介もしております。

しかし、中等度までの睡眠時無呼吸症候群であれば、当院でもスリープスプリント(マウスピース)を装着によるいびきの治療が可能です。

通常、睡眠時無呼吸症候群には鼻腔持続陽圧呼吸治療(CPAP=シーパップ)という装置をつかった治療方法が最も効果的であるといわれていますが、煩わしいマスクの装着を伴うため継続して治療を行えない患者さまが数多くいらっしゃいます。

また、高価な装置の購入もしくはレンタルと、定期的な診察を必要するこの治療方法は患者さまにとって経済的にも時間的にも負担になってしまいます。

治療にはスリープスプリントをおすすめしますスリープスプリント
当院がご提供するスリープスプリント(マウスピース)による治療は就寝時に装着するだけでノドを広げ、いびきや睡眠中に呼吸が止まることを解消する簡単で手軽な睡眠時無呼吸症候群の治療法です。

尚、当院では最新型のスリープスプリントを患者さまのお口に合わせて作成しております。従来のものより、上下がやや動くように設計されているため非常に楽に装着することができます。

【スリープスプリント治療のメリット】
・就寝時に装着するだけの治療であるため手軽。
・コンパクトであるため、持ち運びに便利。
・旅先や出張先でも治療できる
・装置の維持費を必要としない
・呼吸器内科や耳鼻科での診断書があれば保険適用内で治療できる

スリープスプリント治療は誰でも簡単に行うことのできる手軽さが魅力の治療ですが、患者さまのご状況によっては適用できないが場合がございます。スリープスプリント治療をご希望される患者さまは、下記をご確認の上、当院までご相談ください。

【スリープスプリント治療をお受け頂けない患者さま】
・重度の睡眠時無呼吸症候群の方
・鼻に疾患があるがある方
・残存歯数が少ないもしくは無い方
・顎関節症の方
・重度の歯周病の方

カテゴリー一覧


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 睡眠時無呼吸症候群


タニダ歯科医院へお越しの方

宝塚、三田、神戸、大阪からのアクセス

宝塚市宝塚市から 所要時間 約10
三田市三田市から 所要時間 約25
神戸、大阪阪神高速
神戸、大阪から 所要時間 約30~40
神戸駅神戸駅から 所要時間 約40
大阪駅大阪駅から 所要時間 約25

JR宝塚線「西宮名塩駅」徒歩4分

ご相談・ご予約はこちら インターネット初診予約 精密拡大治療のご相談


TOP