根管治療-西宮市の歯医者はタニダ歯科医院|歯科治療、歯周病治療、インプラント

西宮市の歯医者│タニダ歯科医院患者さまの立場に立った治療。西宮市の歯科・歯医者なら当医院へ。

【診療時間】月火木金9:00~12:30/15:00~19:30 土9:00~12:30/14:00~17:00
【休診日】水曜午後・日曜・祝日

根管治療

できるだけ歯を抜きたくない方へ

生涯にわたって自分の歯で食事をするために大事なことは、できるだけ歯を削らない事だと考えています。しかし、むし歯が深い所にまで達した場合や、歯の根っこの先に病巣がある場合は、やむをえず歯の根の治療をせざるを得なくなります。この根の治療が歯の寿命を左右します。

根の治療は基礎にあたる部分です。根っこの治療が施されていない歯に被せ物を入れても、後々歯根の中に膿が溜まったり根の周りに腫れが起こって、せっかく被せ物をしても再度治療が必要になります。最悪の場合、歯を抜かなければならなくなるかもしれません。

根管治療の最大のポイントは、根っこの中をしっかり目視し感染物質を除去することです。

従来の根管治療の問題点

  • 根っこの中は複雑に入り組んでおり、入り口も小さいため、肉眼で直接見えない
  • 肉眼で見えないため、手探りの治療になる
  • 治療後に蓋をする際、細かな隙間ができて二次感染が起こる可能性がある

歯科医・歯科衛生士全員が精密拡大鏡を使っている歯科医院

当院は心臓血管外科医や形成外科医がオペ時に使う拡大鏡(テレスコープ)を使用した精密拡大治療で、インプラント、口腔外科、審美治療、歯周再生治療、歯内療法、口腔内診査などで成果を挙げています。

当院の歯科医師は高い技術と経験をもって治療を行っていますが、肉眼で見えるものは限界があります。歯科は精密な作業をするので、医科より高拡大のテレスコープを導入し、より精密で安全な治療を患者さまにご提供しています。

「精密拡大治療」とは

歯科の治療は30/1,000ミリ以下の噛み合わせの調整から、ミクロン単位の精密度が要求されます。しかし人間の肉眼で見える視野の限界は0.2~0.3ミリ程度と言われています。

歯科医師がテレスコープを使用することで細かな治療を行え、健康なところを傷つけず必要な部分だけを削れます。詰め物と歯の間に生じたわずかなすき間や、小さなむし歯も発見できます。

また、入れ歯や被せ物の治療をした場合は快適な噛み心地を患者さまにご提供でき、クリーニングも細かな汚れや歯石を残さず取り除けます。

テレスコープ(拡大鏡)治療のメリット

  • 削る量を最小限に抑え、歯の健康な部分を最大限に残せる
  • 肉眼で見えない部分の治療ができる
  • ごく小さなむし歯や歯石を取り残さない
  • 初期のむし歯を見落とさず、早期発見・早期治療に繋がる
  • 被せ物や詰め物の精度が向上い
  • 必要最小限の治療で済み、無痛治療が可能

歯科先進国のアメリカや北欧では高い技術力が必要な拡大鏡を使いこなす歯科医師が一流と認められますが、当院も治療に携わる全ての歯科医師、歯科衛生士がテレスコープによる治療と予防施術を行っています。患者さまの歯を「しっかり治す」「生涯守っていく」ことに常に全力で取り組んでいる証です。