トップへ » 当院が選ばれる理由 » 最新式歯科用CT診断装置 » 最新式歯科用CT診断装置

最新式歯科用CT診断装置

ct01.jpg

2次元のレントゲンでは見えないところを、3次元の3D画像をあらゆる角度から確認することが可能になります。
CT撮影は、すべての患者様に必要なものではありませんので、これからも2次元のレントゲン撮影を中心に行ってまいりますが、3次元の撮影が必要な患者様にはお撮りいただく予定です。

最新式の為、放射線量は胸部レントゲンの10分の1と非常に少なくなっており、とても安心です。
この最新式歯科用CT診断装置の優れているところは、患者様の負担を減らしつつ、より精度の高い診断と治療を行えることです。

例えば、3D画像と2次元画像の両方が必要な場合、1回の撮影で両方の画像が撮影できますので、気になる放射線量も1回分に抑えることが可能です。

普段レントゲン装置をじっくりご覧になられる機会はないと思いますので、ご希望の患者様にはご案内させていただきます。
これからもタニダ歯科医院を宜しくお願い致します。


歯科用CTを院内に設置するメリット
◆CTを設置されていない歯科医院に比べて、より正確な診断と安全で確実な治療が可能です。
◆検査結果や術後の評価が、その場で直ぐに分かります。
◆わざわざ提携医院にCT撮影の為に行かなくても、当院で撮影が可能です。
◆CT診断を行うことで立体画像による正確な診断が行えますので、患者様ご自身の安心、納得の治療を提供できます。

CT撮影によって、次のようなことが診断できます。

ct02.jpgインプラント治療
あごの骨に人工の歯根を埋め、その上に人口の被せものを作る治療です。
人工歯根を埋める部位の骨の状態(質、厚み、高さ、形態など)を術前に正確に診断する為に必要な情報が確認できますので、安全・安心の治療が可能になります。

ct03.jpg

ct04.png親知らずの抜歯
親知らずの抜歯は、神経麻痺(下唇の知覚異常)などの後遺症がでるリスクのあるある処置です。
そのため、術前にCT撮影し正確な診断を行うことで、神経の位置を確認することができ、神経麻痺の可能性が少なくなります。
また上顎(うわあご)では鼻の部屋と呼ばれる上顎洞(じょうがくどう)の距離を計測し、周囲の炎症有無、病巣の有無、大きさ及び位置も判断でき、より安全で且つ安心な治療が可能になります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 最新式歯科用CT診断装置 » 最新式歯科用CT診断装置


タニダ歯科医院へお越しの方

宝塚、三田、神戸、大阪からのアクセス

宝塚市宝塚市から 所要時間 約10
三田市三田市から 所要時間 約25
神戸、大阪阪神高速
神戸、大阪から 所要時間 約30~40
神戸駅神戸駅から 所要時間 約40
大阪駅大阪駅から 所要時間 約25

JR宝塚線「西宮名塩駅」徒歩4分

ご相談・ご予約はこちら インターネット初診予約 精密拡大治療のご相談


TOP